USB TYPE-Cケーブルのおすすめ13選【2020】充電やデータ転送に便利なアイテム

更新日:2020.09.01

USB TYPE-Cケーブルのイメージ

Micro USBケーブルに代わって主流となりつつあるUSB TYPE-Cケーブル。スマホやタブレットの充電だけでなく、利便性の高さからさまざまな用途で使用されています。
そこで今回は、おすすめのUSB TYPE-Cケーブルをご紹介。規格や便利な機能などについても解説しています。購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

パソコン周辺機器キャンペーン

USB TYPE-Cケーブルとは

USB TYPE-Cケーブルとは

USB TYPE-Cは2014年に策定されたUSBコネクターの規格です。Micro USBやUSB Type-Aなどとは違い、上下左右の区別がないのが特徴。デバイスなどに接続する際、向きを確認する必要がないので便利です。
また、USB TYPE-Cケーブルは、USB規格以外の信号を流せる「オルタネートモード」という機能も備えています。DisplayPortやHDMIなどの規格に対応しているので、USB TYPE-Cケーブルで映像出力も可能。製品によって性能や規格への対応状況は異なりますが、充電やデータ転送、映像出力などさまざまな用途で活用できるのがUSB TYPE-Cケーブルの魅力です。

USB TYPE-Cケーブルの選び方

両端の端子の形状

USBTYPE-Cケーブルの選び方 形状

TYPE-C - TYPE-C

両方の端子にUSB TYPE-Cを搭載したケーブルは、MacBookの充電用ケーブルなどに採用。TYPE-C端子を備えたACアダプターを使用する際にも活躍します。
また、TYPE-C端子を備えたパソコンとスマホなどを接続してデータの転送を行いたいときにも便利。USB PD(Power-Delivery)に対応していれば、ノートパソコンやPCモニターなどへの充電も可能です。

TYPE-C - TYPE-A

USB TYPE-A端子は新旧問わずさまざまなデバイスで採用されているので、TYPE-C端子とTYPE-A端子を備えたケーブルは最も幅広い用途で使用できるのがメリット。
TYPE-C端子が搭載されていないパソコンとスマホを接続して、データ転送を行いたいときなどにも役立ちます。また、製品数が多いので、豊富な選択肢のなかから選べるのもポイントです。

TYPE-C - その他

製品数は限られますが、片方がTYPE-CやTYPE-A以外の端子になったケーブルも販売されています。例えば、片方にLightning端子を備えたケーブルであれば、iPhoneの急速充電が可能。
また、なかには1本のケーブルに複数の接続端子を備えた製品もラインナップされています。ケーブルを複数持ち運ぶ必要がなく、1本でさまざまなデバイスと接続できるので便利です。

データ転送の規格

USBTYPE-Cケーブルの選び方 データ転送の規格

USBにはデータを転送する際の速度を表す規格があります。TYPE-CはUSB 3.1以降の高速な転送規格にも対応しており、USB3.0の2倍以上の速さでデータ転送が可能。ただし、技術上対応可能なので、販売されている全てのTYPE-Cケーブルがそうであるとは限らないので注意しましょう。
TYPE-CケーブルでもUSB2.0やUSB3.0などの規格にしか対応していない製品もあるので、購入前にスペック表などで認しておくと安心です。特に、データ転送を頻繁に行いたい方や、高速なデータ転送環境を手に入れたい方は必ずチェックしておきましょう。

電力供給に便利なUSB PD(Power-Delivery)

電力供給に便利なUSB PD(Power-Delivery)

USB PDは、大容量な電力の供給を可能にしたUSBの新しい給電規格です。今までのUSB規格はスマホなどの小型のデバイスにしか給電できませんでしたが、USB PDはノートパソコンや液晶モニターなど大容量の電力を必要とする機器への給電ができます。
USB PDに対応したケーブルは両側にUSB TYPE-C端子を備えている必要があります。ケーブルによってUSB PDに対応していないので購入前に注意が必要です。あらかじめ、パッケージやホームぺージの製品説明欄を確認しましょう。

ケーブルの耐久性

USBTYPE-Cケーブルの選び方 ケーブルの耐久性

多くのケーブル類は特別丁寧に扱う必要はありませんが、断線には注意が必要です。特に、機器と接続した状態で頻繁に動かしたり、ねじれた状態で使用していたりすれば断線の可能性が高くなります。
耐久性が気になる方は、ケーブルにナイロンを編み込んだ製品がおすすめです。耐久性が高く、絡みにくいので取り回しやすいのがメリット。コネクター部分の折り曲げテストなど、耐久性テストが実施されているかどうかも併せてチェックしておきましょう。

USB TYPE-Cケーブルのおすすめ|TYPE-C - TYPE-C

エレコム USB3-CC5P10NBK(1.0m)

エレコム USB3-CC5P10NBK(1.0m)

最大10Gbpsの高速なデータ転送が可能な「USB3.1 Gen2」に対応したTYPE-Cケーブル。難燃性の素材を採用した安全性の高い製品なので安心です。
コネクター内部のピンには、錆に強く信号の劣化を抑えるのに最適な「金メッキピン」を採用。細くて柔らかいケーブルは取り回しも良好です。また、USB PDにも対応しているので、ノートパソコンなどの充電にも使用できます。

サンワサプライ KU-CCP15MAC(1.5m)

サンワサプライ KU-CCP15MAC(1.5m)

MacBookシリーズの充電状況をコネクター部分のLEDが光って知らせてくれます。充電中は赤色に点灯し、充電が終了に近づくと緑色に点灯。一目で充電状況が把握できるので便利です。
ノートパソコンなどの充電が可能なUSB PDにも対応。抜き差し10000回の着脱試験も実施されています。比較的リーズナブルなので、予備の充電用ケーブルとして購入しておくのもおすすめです。

ANKER A8486011(0.5m)

ANKER A8486011(0.5m)

最大100Wの出力が可能な急速充電に対応したTYPE-Cケーブル。互換性のあるACアダプターと組み合わせることで、スマホやUSB PD対応機器を素早く充電できます。
また、大容量なデータも高速に転送できる最大40Gbpsの転送速度を実現。5Kや4Kなどの高画質な映像出力にも対応しています。また、ケーブルが短いので邪魔になりにくいのもメリット。幅広い用途で快適に使用できる高性能な製品です。

GRIFFIN GC42251(1.8m)

GRIFFIN GC42251(1.8m)

片方のコネクターにマグネットが採用されている「BREAKSAFEコネクタ」搭載のケーブルです。抜き差しする回数が少なくて済むので、故障や破損のリスクを軽減できるのがメリット。さらに、過度な力によって引っ張られた場合は安全に外れるようになっているので、安心です。
マグネット部分のコネクターの大きさは約12.8mm。パソコンやスマホに装着したままでも邪魔になりにくいコンパクトなサイズです。データの転送や映像の出力には対応していないので、充電用のケーブルを探している方に最適です。

ANKER「PowerLine II」A8485011(0.9m)

ANKER「PowerLine II」A8485011(0.9m)

ノートパソコンやスマホ、タブレットなどさまざまな機器への充電に対応し、USB PDによる最大100Wでの高速な充電が可能。USB規格推進団体が定める品質の基準をクリアした「USB-IF認証」取得済みの製品なので、安心して使用できます。
コネクター部分は抜き差しのしやすさを考慮した丸みを帯びたデザインを採用。ケーブルに使用されている「TPE素材」は柔らかく、取り回しのしやすさも魅力です。

USB TYPE-Cケーブルのおすすめ|TYPE-C - TYPE-A

ANKER「Anker PowerLine+」A8169091(1.8m)

ANKER「Anker PowerLine+」A8169091(1.8m)

最大5Gbpsのスピードでデータの転送が可能。明るい赤色をしたデザインなので、一般的な黒のケーブルと見分けやすいのもポイントです。ケーブルの外装部分には、耐久性の高い二重に編み込まれたナイロン素材を採用。
同素材は絡みにくさも定評があります。コネクター部分は折り曲げに強く、ケーブル内部にも高耐久素材を使用。故障や破損のリスクが少ない優れた耐久性を有した製品です。

PGA PG-CUC12M07(1.2m)

PGA PG-CUC12M07(1.2m)

3Aまでの出力に対応したUSB TYPE-Cケーブル。絡みにくいフラットケーブルが採用されています。折り曲げにも強く、高い柔軟性を発揮。
5色展開の豊富なカラーバリエーションを備えているので、使用している機器にあった好みのカラーを選択できます。また、便利なケーブルバンドも付属。持ち運びや収納の際に役立ちます。

ラスタバナナ RBHE251(0.1〜0.8m)

ラスタバナナ RBHE251(0.1〜0.8m)

ラスタバナナから販売されているコードリールタイプのTYPE-Cケーブル。最大約80cmまで伸ばせて、使用しないときはコンパクトに収納できるので便利です。
持ち運ぶ際、カバンやポケットに放り込んでおいてもケーブルが絡まる心配がなく、素早く取り出せます。また、必要に応じて好きな長さに調節可能です。

ミヨシ「ファスナー式充電ケーブル」SFJ-MC10/BK(1.0m)

ミヨシ「ファスナー式充電ケーブル」SFJ-MC10/BK(1.0m)

ケーブルにファスナーを採用した特徴的なデザインで、片側にはTYPE-CとMicro USBの2種類のコネクターを搭載。合計出力が2A以内であれば、2つの機器に接続して同時に充電できます。
ファスナーは開閉できるので、用途に合わせてケーブルの間隔を調節可能。パソコンやACアダプターのUSBポートの節約にも役立つ利便性の高い製品です。

PGA PG-LCMC05M03BK(0.5m)

PGA PG-LCMC05M03BK(0.5m)

1台で3役をこなせる3 in 1タイプのUSBケーブル。片側にはMicro USBに加え、TYPE-CとLightningへの変換コネクターが備わっています。変換コネクターはケーブルと一体になっているので、紛失の心配もありません。0.5mと短めなので、絡まりにくいのもポイント。
耐久性に優れたコネクターグリップが採用されており、摩擦や引っ張る力にも強いので安心して使用可能。収納や落ち運びの際に便利なケーブルバンドも同梱されています。

オズマ BKS-UDCJ10K(1.0m)

オズマ BKS-UDCJ10K(1.0m)

片側にMicro USB端子とTYPE-Cへの変換コネクターを搭載したUSBケーブル。充電とデータ通信に対応しています。ケーブルには耐久性が高く燃えにくい素材が採用されているので安心です。
普段ケーブルを2本持ち歩いていた方は、1本にまとめられるので荷物を減らせます。また、TYPE-C端子が非搭載の機器を頻繁に使用する方にもおすすめの製品です。

USB TYPE-Cケーブルのおすすめ|TYPE-C - その他

BELKIN「BOOST↑CHARGE」F8J239BT04-WHT(1.2m)

BELKIN「BOOST↑CHARGE」F8J239BT04-WHT(1.2m)

TYPE-C端子とLightning端子を備えたケーブル。USB PDに対応しており、18W以上のACアダプターを使用することでiPhoneを30分で最大50%まで充電できます。
TYPE-C端子を備えたパソコンにiPhoneを接続して、データの転送や同期をしたい方にもおすすめです。また、アップルが定める基準を満たした「MFi認証」を取得した製品なので、安心して使用できます。

ミヨシ SCB-4T10/BK(1m)

ミヨシ SCB-4T10/BK(1m)

本製品1本で4役をこなせる利便性の高さが魅力のケーブル。片側にTYPE-CとTYPE-Aが、もう片側にはTYPE-CとMicro USBが搭載されています。
接続する機器のポートに合わせて切り替えられるので、本製品1本あればさまざまな状況に対応可能。2.4Aの急速充電に対応し、データの転送も行えます。価格も比較的リーズナブル。さまざまな機器を所有している方におすすめです。

USB TYPE-Cケーブルの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのUSB TYPE-Cケーブルの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

USB TYPE-Cケーブルのランキングを見る

担当者からひとこと

USB TYPE-Cケーブルは幅広い用途で使用でき、対応機器を揃えればより快適な環境を構築できます。しかし、高い利便性を有している一方で、さまざまな規格や種類が存在し、わかりにくいのが現状。本記事ではおすすめの紹介に加え、選び方についても解説しているので、ぜひ製品選びの参考にしてみてください。

すべてのUSB TYPE-Cケーブルを見る

おすすめの関連記事