カテゴリから選ぶ

ショッピングローン分割払い最長36回まで無金利

ICカードリーダーのおすすめ6選 自宅で確定申告もできる

更新日:2021.11.12

ICカードリーダーのイメージ

確定申告の際にあると便利な「ICカードリーダー」。マイナンバーカード以外にも、電子マネーや交通系ICカードなど、さまざまなカードを読み取れます。

そこで今回は、おすすめのICカードリーダーをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ICカードリーダーとは

ICチップを内蔵したカードの読み取りができる

ICカードリーダーとは ICチップを内蔵したカードの読み取りができる

ICカードリーダーとは、ICチップを内蔵したカードを読み取れるデバイスのこと。マイナンバーカードや電子マネー、交通系ICカードを読み取り、内部の情報にアクセスできます。

読み取り方法には、カードを差し込んで読み取る接触型と、かざすだけで読み取れる非接触型の2種類が存在。マイナンバーカードは読み取れても電子マネーが読み取れない場合もあるので、用途にあったICカードリーダーを選ぶ必要があります。

ICカードリーダーの使い方

ICカードリーダーとは ICカードリーダーの使い方

ICカードリーダーは、一般的にパソコンに接続して使用します。Bluetoothで接続するタイプもありますが、通信が安定するUSB接続がおすすめです。なお、接続するだけで使える場合と、専用ソフトのインストールが必要な場合があります。

接触型の場合はICカードを差し込み、非接触型の場合はかざすと読み取り可能です。非接触型にカードをかざす際は、読み取り部分からズレないように注意しましょう。

ICカードリーダーの選び方

利用目的に対応できるカードリーダーを選ぶ

確定申告

 ICカードリーダーの選び方 利用目的に対応できるカードリーダーを選ぶ 確定申告

公的個人認証サービスに対応しているICカードリーダーは、マイナンバーカード内の電子証明書を読み取れます。e-Taxを利用して、自宅にいながら確定申告や納税が行えるので、個人事業主の方におすすめです。

マイナンバーカードの読み取りに対応したICカードリーダーの一覧は、公的個人認証サービスのポータルサイトから確認可能。非対応モデルを選んでしまわぬよう、必ず一覧に掲載されているモデルを選びましょう。

ネットショッピング

 ICカードリーダーの選び方 利用目的に対応できるカードリーダーを選ぶ ネットショッピング

ICカードリーダーのなかには、非接触決済技術であるFeliCaに対応し、電子マネーが扱えるモデルもあります。電子マネー対応モデルの場合、自宅にいながら楽天EdyやWAONの残高確認やチャージが可能です。

ECサイトが対応していると、ネットショッピングの商品代金の支払いにも楽天EdyやWAONを使用できます。電子マネーをよく使う方には、電子マネー対応のICカードリーダーがおすすめです。

交通系ICカードの履歴確認

 ICカードリーダーの選び方 利用目的に対応できるカードリーダーを選ぶ 交通系ICカードの履歴確認

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードを読み取れるICカードリーダーも存在します。チャージは行えないものの、残高や利用履歴の確認ができます。

日常的に交通系ICカードを使っている場合は、読み取りに対応したICカードリーダーを選ぶと、いつでも残高が確認できるのでおすすめ。自身の利用している交通系ICカードの読み取りに対応しているかどうか事前にチェックが必要です。

カードに合わせた読み取り方式を選ぶ

 ICカードリーダーの選び方 カードに合わせた読み取り方式を選ぶ

ICカードリーダーには、大きく分けて接触型と非接触型の2種類の読み取り方式が存在します。非接触型の場合はFelicaに対応しているモデルが多く、電子マネーや交通系ICカードの残高確認、履歴の照会が行えます。

一方、接触型は通信が安定している点が魅力。安価な場合が多いので、出費を抑えたい方は接触型がおすすめです。

接続方法で選ぶ

 ICカードリーダーの選び方 接続方法で選ぶ

ICカードリーダーとパソコンの接続方法も要チェック。接続方法には、Bluetoothを利用したワイヤレスタイプと、USBケーブルで直接接続する有線タイプの2種類があります。

ICカードリーダーをパソコンで利用する場合は、USB接続がおすすめ。有線の場合は接続の安定性が高く、データ転送時の遅延も発生しないので、安心して利用できます。Type-AやType-Cなど、接続するパソコンの端子を事前にチェックしておきましょう。

パソコンの対応OSをチェック

ICカードリーダーの選び方 パソコンの対応OSをチェック

対応しているOSのチェックもICカードリーダーを選ぶ際に重要なポイント。使っているパソコンがWindowsであればWindows OSに、Macであればmac OSに対応したICカードリーダーを選ぶ必要があります。

非対応OSのICカードリーダーは使えない場合がほとんどなので注意。Windows OSとmac OSの両方に対応したモデルだと、使用するパソコンを選ばず、パソコンを買い替えてOSが変わってしまっても使用できるのでおすすめです。

ICカードリーダーのおすすめ

ソニー「PaSoRi」RC-S380

ソニー「PaSoRi」RC-S380

読み取り方法:非接触型
マイナンバーカード:○
電子マネー:楽天Edy、WAON
交通系ICカード:○

多彩な用途に使えるICカードリーダー。SuicaやPASMOといった交通系ICカードをかざすと、残高や利用履歴を確認可能です。楽天EdyやWAONなどの電子マネーにも対応しており、残高確認はもちろんチャージやネットショッピングも行えます。

マイナンバーカードの読み取りにも対応。e-Taxを利用すれば、自宅にいながらインターネット経由で確定申告や納税も行える、おすすめのICカードリーダーです。

エレコム MR-ICD102BK

エレコム MR-ICD102BK

読み取り方法:接触型
マイナンバーカード:○
電子マネー:-
交通系ICカード:-

コンパクトなデザインのICカードリーダー。マイナンバーカードに対応しているので、e-Taxによる確定申告や行政手続きをオンラインで行えます。Mac OSを搭載したパソコンでも利用可能です。

LEDランプが搭載されており、カードが正しく検出されているかを視覚的に判断できます。付属の延長ケーブルを使えば、USBポートを塞がずに使用できるのも嬉しいポイントです。

サンワサプライ ADR-MNICU2

サンワサプライ ADR-MNICU2

読み取り方法:接触型
マイナンバーカード:○
電子マネー:-
交通系ICカード:-

カードを差し込んで利用する接触型のICカードリーダー。マイナンバーカードを差し込みe-Taxを利用すると、自宅からインターネット経由で確定申告が簡単にできるので、個人で仕事をしている方におすすめです。

Windows OS、mac OSの両方に対応している点も魅力。重量が約50gと軽量で、本体サイズも幅66×奥行き66×高さ16mmとコンパクトなので、使用しない際は場所を取らずに収納できます。

I-O DATA USB-NFC4

I-O DATA USB-NFC4

読み取り方法:非接触型
マイナンバーカード:○
電子マネー:-
交通系ICカード:-

豊富な種類のカードに対応したICカードリーダーです。マイナンバーカードはもちろん、さまざまなカードに対応。医師資格証(HPKIカード)・IC運転免許証・e-Passportなどを読み取りたい方におすすめです。

LEDランプの点灯や点滅で動作状態が把握できるほか、カード検出時や離脱時には「ピッ」という音も鳴ります。mac OSでも利用できるので、MacユーザーにもおすすめのICカードリーダーです。

GOPPA GP-ICCR

GOPPA GP-ICCR

読み取り方法:接触型
マイナンバーカード:○
電子マネー:-
交通系ICカード:-

マイナンバーカードに対応した接触型のICカードリーダー。住民基本台帳カードや税理士カードの読み取りも可能です。専用ドライバーや難しい設定を必要とせず、パソコンに接続するだけで簡単に使い始められます。

USBケーブルが一体になっており、使わないときは本体に収納可能。ケーブルを別途用意する必要がなく、紛失防止にもなります。コンパクトになるので、カバンに入れて持ち運びたい方にもおすすめです。

ソニー「PaSoRi」RC-S380S

ソニー「PaSoRi」RC-S380S

読み取り方法:非接触型
マイナンバーカード:○
電子マネー:-
交通系ICカード:○

さまざまな使い方ができる業務用途専用の非接触型ICカードリーダー。NFCに対応しているほか、仮想化システムやWindowsのシンクライアント環境でも利用できるので、セキュリティを重視した業務用のICカードリーダーとしておすすめです。

交通系ICカードの履歴を読み取って交通費精算や、社員証をかざして勤怠管理を行うなど、さまざまなアプリケーションと組み合わせることで業務の効率化が期待できます。

ICカードリーダーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのICカードリーダーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ICカードリーダーのランキングを見る

担当者からひとこと

ICカードリーダーは、マイナンバーカード以外にもさまざまなカードを読み取れます。確定申告に利用するイメージが強いものの用途は多岐にわたるので、使い方次第では非常に便利なアイテムです。発売されている種類も豊富なので、この記事を参考に、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

すべてのICカードリーダーを見る

おすすめの関連記事