SIMフリースマホのおすすめ13選【2020】最適なスマホ選びをサポート

更新日:2020.09.18

スマホを使っているイメージ

多様な通信事業者のSIMを挿して使用できる「SIMフリースマホ」。格安SIMを使えば月々の通信費を節約できることもあり注目が集まっています。
そこで今回は、SIMフリースマホのおすすめモデルを価格帯別にご紹介。メリット・デメリットや選び方についても解説するので、チェックしてみてください。

SIMフリースマホとは

SIMフリースマホの特徴

SIMフリースマホとは SIMフリースマホの特徴

SIMフリースマホは、多様な通信事業者が提供するSIMカードから、自分で選んで使えるのが特徴。端末を購入したキャリアに縛られることがなく、価格や使い勝手などで選ぶことができます。回線自体はドコモ・au・SoftBankといった大手キャリアのモノを利用しているので安心です。

また、現地のSIMが使用可能なモデルであれば海外で使えるのもポイント。ローミング費用が発生しないため、渡航先でも気軽に通話や通信ができます。

SIMフリースマホのメリット

SIMフリースマホとは SIMフリースマホのメリット

MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供している“格安SIM”を利用すれば、月々の通信費を大幅に節約できる可能性があるのがメリットです。

もちろん、大手キャリアのSIMを選択することも可能。SNSやメールなどほとんどデータ通信しか使用しない方や、逆に通話利用が主体の方など、使い方に応じて最適なSIMとプランが選べるので便利です。

SIMフリースマホのデメリット

SIMフリースマホとは SIMフリースマホのデメリット

MVNOが発行しているSIMを利用する場合、キャリアメールが使用できません。キャリアメールとは、大手キャリアが提供している、アドレスの末尾が「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」などになっているメールサービスのことです。

ネット上のサービスのなかには、GmailやYahooメールといったフリーメールの登録を受け付けていないところもあるため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

SIMカードのサイズをチェック

SIMフリースマホとは SIMカードのサイズをチェック

SIMカードのサイズは大きい順に「標準SIM」、「microSIM」、「nanoSIM」の3種類です。スマホやタブレット端末の性能向上にともない、SIMカードの小型化も進んでいます。現在販売されているほとんどのデバイスには「nanoSIM」が採用されていますが、SIMフリースマホを購入する際にはカードのサイズもしっかり確認しておきましょう。

ビックカメラでは「BIC SIM」という格安SIMを取り扱っています。気になる方はこちらをチェックしてみて下さい。

SIMフリースマホの選び方

SIMフリースマホの価格帯をチェック

8万円以上|ハイエンドモデル

SIMフリースマホの選び方 価格帯をチェック 8万円以上|ハイエンドモデル

ゲームや動画撮影をする機会が多い方におすすめのモデルです。高性能CPUと、8GBまたはそれ以上の大容量メモリを搭載しているモノが多いのが特徴。3Dなどの高度なグラフィック処理にも対応するので、快適に使用することができます。

なかにはゲームプレイに特化したモデルも販売されているので、スマホゲーム好きの方はチェックしてみてください。

4〜8万円|ミドルレンジモデル

SIMフリースマホの選び方 価格帯をチェック 4〜8万円|ミドルレンジモデル

ミドルレンジは比較的手頃な価格帯ながら、上位機種にも迫る性能をもった製品の揃っているのが特徴です。SNSの利用や動画の視聴など、一般的な使い方なら快適に使用することが可能。

カメラ性能が優れている製品も多く、コンデジ代わりとしても重宝します。また、ゲームを楽しめる製品などもなかにはあるので、自分の使い方にマッチしたモデルを選びましょう。

4万円未満|エントリーモデル

SIMフリースマホの選び方 価格帯をチェック 4万円未満|エントリーモデル

格安スマホなどとも呼ばれている、低価格が魅力の気軽に購入できるモデルです。格安SIMと組み合わせれば、購入時の負担も月々のコストも抑えることが可能。

学生の方はもちろん、初めてスマホを購入する方や2台目のスマホが欲しい方などにもおすすめです。おサイフケータイや防水対応のモデルも販売されているので、チェックしておきましょう。

SIMフリースマホの機能・性能をチェック

カメラの性能

SIMフリースマホの選び方 機能・性能をチェック カメラの性能

写真や動画を撮影する機会が多いのなら、カメラの性能にもこだわりたいものです。超高解像度の写真が撮れたり4K動画の撮影ができたりと、多様なモデルが販売されています。

望遠や広角など複数のレンズを搭載していれば、被写体までの距離を気にすることもありません。また、歩きながら撮影する方には、手ぶれ補正機能があるとブレにくいので安心です。

画面の大きさ

SIMフリースマホの選び方 機能・性能をチェック 画面の大きさ

大画面化が進む最近のスマホでは、6インチを超える液晶モデルもめずらしくありません。映画を視聴したりゲームを楽しんだりといったシーンでは、画面の大きい方が快適に使用できます。

一方、携帯性や操作性を重視するのなら、画面サイズの小さい製品の方が有利。4インチ以下のモデルならポケットにスッキリ収まるうえに、片手で持って操作もしやすいので手の小さい方などにもおすすめです。

データの保存容量(ストレージ容量)

SIMフリースマホの選び方 機能・性能をチェック データの保存容量

使い方によっては搭載しているストレージ容量もチェックが必要です。特にアプリをたくさんダウンロードする方や、写真や動画を撮影する機会が多い方などは、容量が小さいとすぐに一杯になってしまいます。

また、ゲームタイトルをたくさんダウンロードするといった方も同様。保存するデータ量が多い方は最低でも64GB、できれば128GB以上のストレージを搭載したモデルがおすすめです。

おサイフケータイ機能(電子マネー・キャッシュレス)

SIMフリースマホの選び方 機能・性能をチェック おサイフケータイ機能

おサイフケータイは、「FeliCa」を使ってお買いものができる決済機能です。電子マネーのSuica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayなどさまざまな決済が利用できます。

スマホのみで電車やバス、コンビニでの支払いが可能。登録した電子マネーのポイントも連動するので、会計のときにポイントの加算や利用ができます。

防水・防塵・耐衝撃性能

SIMフリースマホの選び方 機能・性能をチェック 防水・防塵・耐衝撃性能

アウトドアで使用する機会が多いのであれば、防水・防塵性能も大切です。スペックには「IP68」などと表記されています。1の桁が防水、10の桁が防塵性能を表し、数字が大きいと高性能であることを表します。たとえば、IP68程度であれば、埃っぽい屋外や突然の雨でも安心して使える性能です。また、高い耐衝撃性を備えているモデルなら、誤って落としてしまっても慌てる心配はありません。

SIMフリースマホのおすすめ

SIMフリースマホのおすすめ|ハイエンドモデル(8万円〜)

シャープ「AQUOS zero2」SHM13

シャープ「AQUOS zero2」SHM13

6.4インチの有機ELを採用したSIMフリースマホです。コントラストが高く、暗い場面もハッキリ見えるため、映画を視聴したりゲームを楽しんだりするのにおすすめのモデル。

高性能CPU「Snapdragon855」を実装しており、どんなシーンでも軽快に動作します。256GBのストレージを搭載しているので、たくさんの写真やゲームタイトルを保存しておくことが可能です。

HUAWEI P40 Pro

HUAWEI P40 Pro

被写体との距離や光量を問わず、目に映るものの美しさをハイクオリティーな画像や動画を撮影できる「Leicaウルトラビジョンクアッドカメラ」を搭載しています。

撮影した画像や動画は「HUAWEI Golden Snap」で手軽に編集が可能。完成度の高い写真を選んだり、背後の通行人や反射の削除も簡単です。さらにデュアルSIM、eSIM、Wi-Fi 6Plusなど、さまざまな通信環境に対応したSIMフリースマホです。

HUAWEI P30

HUAWEI P30

約800万画素の望遠カメラ、約1600万画素の超広角カメラ、約4000万画素の広角カメラと、AI搭載の約3200万画素インカメラで、あらゆる被写体を美しく撮影できます。

電力効率が高く高速処理が可能な「HUAWEI Kirin 980」を搭載。大容量の約3,650mAhバッテリーと相まって、長時間快適に使用できます。22.5Wの急速充電に対応しており、短時間で多くのバッテリーを充電可能です。

PLANETCOMPUTERS「Cosmo Communicator」10101JPNJ

PLANETCOMPUTERS「Cosmo Communicator」10101JPNJ

英国のベンチャー企業「プラネットコンピューターズ」が手がける、Android OS搭載のSIMフリースマホです。5.99インチの横型ディスプレイとキーボードを採用しているのが特徴。テキスト入力の機会が多い方にもおすすめです。

背面にタッチ機能付きの小型ディスプレイを搭載しています。閉じた状態でも電話をかけたり設定の変更をしたりできるので便利です。

Apple「iPhone11Pro」

Apple「iPhone11Pro」

2019年発売のモデルです。iPhoneで初めてトリプルカメラを搭載しているのが特徴。超広角・広角・望遠の3つのレンズを使い、遠くの景色から眼下に広がる街の全景まで、多様な風景を思いのままに撮影できます。

CPUには強力な「A13 Bionic」チップを搭載。4Kビデオの撮影や編集から3Dゲームまで、あらゆる用途に対応可能なSIMフリースマホです。

すべてのSIMフリースマホを見る



SIMフリースマホのおすすめ|ミドルレンジ(4〜8万円)

ASUS「Zenfone Max Pro M2」ZB631KLBL64S6

シャープ「AQUOS zero2」SHM13

5000mAhの大容量バッテリーを搭載したSIMフリースマホです。最大で約31時間の連続通話が可能なスタミナが魅力。外出する機会が多い方におすすめです。

1300万画素のアウトカメラを搭載しています。AIがシーンを自動分析し最適モードを選択してくれるため、手軽に綺麗な写真を取ることが可能。電子式手ぶれ補正機能を搭載しているので、歩きながらの撮影も安心です。

HUAWEI「nova 5T」NOVA5TPURPLE

HUAWEI「nova 5T」NOVA5TPURPLE

ファーウェイが開発した高性能CPU「Kirin 980」を採用しています。3Dゲームなど負荷のかかる処理も高速でこなせるのが特徴。ほぼノッチレスの液晶ディスプレイを採用しており、映像への没入感が得やすいので、動画の視聴やゲームに集中できます。

本体側面に指紋センサーを配置しているのも特徴。片手で持ったまま素早くロック解除ができるので便利です。

シャープ「AQUOS R2 compact」SHM09W

シャープ「AQUOS R2 compact」SHM09W

名前の通りコンパクトサイズが魅力のモデルです。手にしっくりと馴染むサイズ感にくわえ、約135gと軽いのがポイント。シャツやズボンのポケットに入れて、気軽に持ち歩ける製品が欲しい方におすすめです。

光学式手ぶれ補正機能を備えた2260万画素のカメラを搭載しているので、シーンに関わらず綺麗な写真が撮れます。デジカメ代わりにも使える、携帯性に優れた製品を探している方も要チェックです。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

Xiaomi Mi Note 10 Lite

6400万画素の広角カメラを筆頭に本体背面に4つのカメラを持ち、ポートレートやマクロなど、さまざまな撮影を楽しめます。

6.47インチの3D曲面有機ELディスプレイは画面占有率91.4%。ロック解除は画面内の指紋センサーにて行います。内蔵されているバッテリーは大容量の5260mAh。付属の30W急速充電器を使うと最短約64分で満充電が可能です。

Apple「iPhone SE」

Apple「iPhone SE」

手になじみやすい大きさの本体に、iPhone11にも搭載されている「A13 Bonic」チップを内蔵。4Kビデオ撮影やハイレベルな画像編集が楽しめる、コスパの高いiPhoneです。

画面は4.7インチの「Retina HDディスプレイ」。ロック解除はホームボタン内のTouch IDで簡単かつ安全に行えます。バッテリーは駆動時間が長いうえに急速充電にも対応。うっかり飲み物をこぼしたり、埃っぽい場所でも安心して使えるIP67等級の防塵、耐水、坊沫性能を搭載しています。

SIMフリースマホのおすすめ|エントリーモデル(〜4万円)

ASUS「Zenfone Live L1」ZA550KLBK32

ASUS「Zenfone Live L1」ZA550KLBK32

価格の安さが魅力のモデルです。初めてのスマホ購入を検討している方にもおすすめ。重さは約140gと軽量なので気軽に持ち運びができます。

トリプルスロットを搭載しており、microSDカード1枚とSIMカードを2枚挿入することが可能。 仕事とプライベート、それぞれの電話を1台のスマホで使い分けたい場合に重宝します。

HUAWEI「HUAWEI nova lite 3」NOVALITE3MIDNIGHT

HUAWEI「HUAWEI nova lite 3」NOVALITE3MIDNIGHT

気軽に購入できるSIMフリースマホを探している方におすすめのモデルです。安価なモデルながら、1300万画素と200万画素のデュアルレンズカメラを採用。ボケ感のある写真も簡単に撮ることが可能です。

ストレージ容量が32GBと少なめですが、microSDに対応しているので容量が不足しても拡張できます。コスパに優れたスマホを探している方におすすめです。

OPPO「OPPO Reno A」CPH1983BL

OPPO「OPPO Reno A」CPH1983BL

普段使いからゲームまで幅広い用途に対応しているSIMフリースマホです。CPUにはQualcomm社の「Snapdragon 710」を採用。さらに、6GBのメモリを実装しており、3Dゲームのようなアプリでも快適に使えます。

また、防水性能も備えているので多少の雨であれば心配ありません。そのほか、おサイフケータイ機能を搭載しており、毎日の買い物で活躍します。リーズナブルな価格で購入できる、幅広い用途で使用したい方におすすめのスマホです。

SIMフリースマホの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのSIMフリースマホの売れ筋はこちらをチェックしてみてください。

SIMフリースマホのランキングを見る

担当者からひとこと

大手キャリア以外のSIMが使えるなど、使い方によっては月々の利用料金を低く抑えることも可能なSIMフリースマホ。性能や価格帯もさまざまなので、今回の記事を参考に自分の使い方に合ったベストなモデルを見つけてみてください。

すべてのSIMフリースマホを見る

おすすめの関連記事