83時間限定オンラインセール ただいま開催中

動画編集ソフトのおすすめ10選 ゲーム実況や結婚式のムービーをつくろう

更新日:2019.10.29

osusume_movieeditingsoftware_title

動画配信が一般的になったことでゲーム実況や結婚式の動画作りに興味が出てきた方も多いと思います。最近は初心者向けに操作性が改善された動画編集ソフトが充実し、初めての方でも簡単に動画編集を楽しむことが可能です。
そこで今回は、動画編集ソフトの選び方を踏まえたうえで、初心者向けのモノを中心におすすめの製品をご紹介します。

動画編集ソフトの選び方

パソコンのOSに対応しているかどうか

動画編集ソフトによっては、Windows・MacどちらかのOSにのみ対応しているものがあるので注意が必要です。また、同じ種類のOSであっても、バージョンによっては対応していないものもあります。対応していないOSのパソコンではソフトが正常に動作しないこともあるので、購入前は必ず使用しているパソコンのOSに適合するかを確認しましょう。

対応ファイル形式

動画にはさまざまなファイル形式がありますが、動画編集ソフトによっては対応しないものもあるので注意しましょう。MP4やMOVなど一般的に使われているファイル形式には対応していても、古い形式や最新すぎる形式には対応していない場合があります。動画編集ソフトが扱いたい動画のファイル形式に対応するかを確認しましょう。

簡易編集機能

初心者向けの動画編集ソフトには、簡易編集機能が搭載されている製品もあります。動画・写真・BGMなどの素材を取り込んで好みの仕上がり方を指定するだけで、後はソフトが自動で見栄えのよい動画に仕上げてくれることが魅力です。特別な編集スキルは必要なく、プレビュー時に微調整も可能。家族のイベントなどのムービーを手軽に編集したい方にもおすすめです。

プラグインの種類

プラグインとは動画編集ソフトに機能を追加できるプログラムです。動画内の指定した対象に画像を表示し続けるモーショントラッキングや、動画全体の色合いを変えるフィルター、特殊な演出を加えられるエフェクトなどがあります。YouTubeなどへ投稿するために凝った作りの動画を編集したい場合は、使用したいプラグインに動画編集ソフトが対応するかも確認しましょう。

動画編集ソフトのおすすめ

adobe Premiere Elements 2020(Windows/Mac)

プロも多く愛用するAdobeの「Premiere Pro CC」から多くの機能を継承した、初心者にも人気の動画編集ソフトです。
AI技術「Adobe Sensei」を活用した簡易編集機能が充実しているほか、23種類のガイド付き編集機能を使えば凝った演出の動画も簡単に作成できます。Mac版とWindows版の両方が提供されているのも魅力です。

サイバーリンク PowerDirector 17 Ultra(Windows)

Windows専用で人気の高い本格仕様の動画編集ソフトです。
本製品にはいくつかのバージョンがありますが、「Ultra」は機能が厳選されているぶん手頃な価格で購入できるため、これから動画編集を本格的に学びたい方にもおすすめ。複数の映像を組み合わせられる「ネスト編集」や、800種類のエフェクト・テンプレートなどが使えるのも特徴です。

ソースネクスト B's 動画レコーダー 6+DVDビデオ(Windows)

ゲーム実況動画の作成におすすめの動画編集ソフトです。
もともとはパソコンの画面上に表示させたYouTubeやニコニコ動画などの映像と音声をキャプチャするためのモノですが、Minecraftなどパソコンゲームの録画にも対応可能です。録画した動画の編集機能も搭載されており、シーンの切れ目を自動検出する機能を使えば不要な部分を簡単にカットできます。

カノープス EDIUS Pro 9(Windows)

放送局や映像制作会社で働く映像編集のプロに御用達の高性能な動画編集ソフトです。
ソフトウェアの動作が軽く、4KやHDRなどの重い動画ファイルもスピーディーに編集できるのが魅力で、納期に追われるプロの現場で重宝されています。最新のものも含む多彩なファイル形式に対応するのもポイント。ただし、使いこなすにはある程度の知識と慣れが必要なので、プロを目指す中級者以上の方におすすめです。

コーレル VideoStudio Pro 2019(Windows)

趣味として動画編集を楽しむ方の間で人気の動画編集ソフトです。
動画・写真・BGMを再生順に並べて管理できるタイムライン機能を使えば、初心者でも直感的に動画の編集が進められます。手頃な価格でありながら360度動画の編集に対応するのも魅力。多彩なフィルターやエフェクトも使えるので、動画をただカット編集するだけではなく魅力的に演出できます。

GEMSOFT「Video MONSTER」 GA-0011(Windows/Mac)

全自動の高画質化機能を搭載したWindows・Mac両用のリーズナブルな動画編集ソフトです。
解像度・明るさ・手ブレ・ノイズなどを簡単操作で自動補正できるので、古いビデオカメラで撮影した動画も見栄えよく仕上げられます。また、通常の横撮り動画を縦方向に回転したり鏡像を反転したりもできるので、最近見かけることの多くなったスマホ向けの縦再生動画も作成が可能です。

コーレル Corel VideoStudio Pro for Wedding Produced by マイナビウエディング(Windows)

結婚式で上映するムービーの作成に特化した動画編集ソフト。
初心者に人気の「VideoStudio Pro」にマイナビウエディングが監修したテンプレートを同梱しているのが特徴です。テンプレートはオープニング・プロフィールビデオ・エンドロール、3つのシーンで合計15種類が使えるので、大切な一日を素敵に演出する動画が作成できます。

ジャングル「みんなのフォトムービー 10」Wedding(Windws)

結婚式・披露宴・二次会などを演出するイベントムービーの作成が手軽に行える動画編集ソフトです。
簡易編集機能を使えば、動画・写真を挿入して演出テーマを選ぶだけという最短2ステップで動画の作成が可能。「拡張編集モード」を使えば、エフェクトを時間と共に変えるなどのこだわった演出の動画も作れます。ウエディング用の素材を1700点以上収録し、4K出力に対応しているのもポイントです。

ジャングル Nero Platinum 2019

20年を超える歴史を持つドイツ発の本格的な動画編集ソフトです。
簡易編集機能の「エクスプレス編集モード」を使えば最短2ステップで作品が完成します。「拡張編集モード」に切り替えれば、タイムラインで細部にこだわった編集ができるほか、1映像に複数の動画を挿入するマルチトラックの編集も可能。また、スマホ・タブレット用の縦向き動画への変換に対応するのも魅力です。

GEMSOFT ZEUS Bundle

ゲーム実況やプレゼン動画の制作に必要なツールが全て同梱された動画編集ソフトのセットです。
「ZEUS CAPTURE」で録画範囲を決めてパソコン画面の映像と音声をキャプチャし、「ZEUS EDIT」でカット編集・画質補正・再生速度調節などの編集を行えます。目的に応じて使用ソフトを切り替えつつ動画編集を進められるのが魅力。また、BGMに使う音楽素材の検索機能が強力なのもポイントです。

動画編集ソフトの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの動画編集ソフトの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

動画編集ソフトのランキングを見る

担当者からひとこと

今回は初心者向けのものを中心におすすめの動画編集ソフトをご紹介してきました。一昔前までは動画編集というと敷居が高いイメージがありましたが、ソフトウェアの進化によって初心者でも気軽に動画編集が楽しめる時代になりました。これを機にぜひ動画編集にもチャレンジしてオリジナル作品を作ってみてください。

すべての動画編集ソフトを見る

おすすめの関連記事

人気の記事