ビックジャンボ!最大全額ポイントバック!

動画編集ソフトのおすすめ10選 初心者向けからプロ向けまで紹介

更新日:2021.03.16

動画編集ソフトのイメージ

撮影した動画を繋ぎ合わせたり、エフェクトをかけたりして魅力的な動画が作れる「動画編集ソフト」。ソフトの種類が豊富でどれを選べばいいか悩んでしまう方も多いはず。

そこで今回は、動画編集ソフトの選び方やおすすめの製品をご紹介します。選び方も解説するのでぜひチェックしてみてください。

動画編集ソフトの選び方

対応するファイル形式で選ぶ

動画編集ソフトの選び方 対応するファイル形式で選ぶ

動画ファイルにはさまざまなフォーマットがあり、動画編集ソフトによって対応するファイル形式が異なります。広く普及している「MPEG-4」「MP4」「AVI」などの入出力に対応していることが重要。入力と出力で対応可能フォーマットが異なるソフトもあるので注意が必要です。

また、対応している画質も要チェック。フルHDだけでなく4Kに対応していれば、高精細な4K動画の編集も楽しめます。

ソフトの動作環境をチェック

動画編集ソフトの選び方 ソフトの動作環境

OSの対応状況

動画編集ソフトなどのクリエイター向けソフトは、Macの方が優位な時代がありました。しかし、現在ではAdobeをはじめとするクリエイター向けソフトの多くはWindows版とMac版の両方をリリースするのが一般的です。

とはいえ、MacまたはWindowsのどちらかにしか対応していない動画編集ソフトも存在します。編集に必要な機能が備わっているかどうかを考慮して、パソコンに合ったソフトを選びましょう。

CPUやメモリなどのスペック

動画編集はCPUやメモリのリソースを必要とします。CPUはクアッドコア以上が快適で、メモリの容量も重要。動画ソフトによって「4GB以上を推奨」など動作条件が示されていますが、快適に動画編集をしたいなら16GB以上がおすすめです。

また、GPU(グラフィックチップ)が必要な場合もあります。動画編集ソフトが推奨するNVIDIAやAMDのGPUを使用することで、CPUの負荷を低減し効率のよい動画編集が可能です。

初心者は操作が簡単なモノを選ぶと安心

動画編集ソフトの選び方 初心者は操作が簡単なモノを選ぶと安心

動画編集ソフトは多機能な製品が多く、プロが使えば思いのままに動画編集が可能です。しかし、その分覚えなければならない操作や知識が多く、初心者だと戸惑ってしまう場合もあります。

動画編集が初めてという方には初心者向けソフトがおすすめ。シリーズの廉価版を販売しているメーカーがあるほか、直感的に使えるユーザーインターフェースを備えているものもあります。

動画編集ソフトのおすすめ|初心者向け

Adobe「Premiere Elements 2021」

Adobe「Premiere Elements 2021」

AI技術の活用で動画編集・制作・整理・共有が簡単に行える動画編集ソフトです。範囲を選択してエフェクトをかけたり、動画から静止画を抽出したりと便利な機能も充実しています。

また、25種類のガイド付き編集機能が付属。表示される手順を追って操作するだけなので、初心者の方でも迷わずに編集でき、自然と操作方法を覚えることができます。

ジャングル「動画×BD&DVD×メーカー 3」JP004723

ジャングル「動画×BD&DVD×メーカー 3」JP004723

マウス操作だけで動画ファイルからディスクを簡単に作成できる動画編集ソフト。特別な知識がなくても操作画面通りに進めるだけで、家庭用ディスクプレイヤーなどで再生できるDVDやBlu-rayディスクが作成できます。

さまざまな動画ファイルや字幕ファイルに対応しているのも嬉しいポイント。また、市販ディスクのような、メニューやチャプターの作成、再生順序の設定なども可能なので、少し手の込んだディスクを作成したい方にもおすすめです。

コーレル「VideoStudio Ultimate 2020」

コーレル「VideoStudio Ultimate 2020」

直感的な操作感が人気の定番動画編集ソフトです。基本的なビデオ編集はもちろん、クリエイティブなエフェクトやフィルターも自由自在。スライドショーメーカーにより、テンプレートを使って素早くスライドショーが完成します。

本製品の「Ultimate」バージョンでは、「NewblueFX」や「BorisFX」といったプレミアム効果も利用可能。エントリーレベルから次のステップに進みたい方にもおすすめです。

CYBERLINK「PowerDirector 19 Standard」PDR19STDNM001

CYBERLINK 「PowerDirector 19 Standard」PDR19STDNM001

速さと基本性能を備えた人気の動画編集ソフトです。DVDの作成や動画ファイル出力、オンラインアップロードなどの用途に最適。動作が軽く、初心者にも扱いやすいシンプルな操作性も魅力です。

エフェクトやテンプレートを700種類以上搭載し、音素材とBGMも合計150種類使用可能。加えて、2つのクリップの色味を統一できるカラーマッチやパソコン画面の録画、クロマキー合成、アンカーポイント移動などの機能を利用できます。

ソースネクスト「心に響くWeddingフォトムービー5」

ソースネクスト「心に響くWeddingフォトムービー5」

「ココフォト」の愛称で人気の動画編集ソフトです。ハイクオリティな動画を2ステップで簡単に作成できることがポイント。映像クリエイターが監修した動画テーマが用意されているので、テーマを選んで写真や動画を入れれば完成です。

さらにこだわりたい方なら、オーバーレイ・アニメーション効果などを追加可能。忙しいウエディング準備期間中に、素早く簡単にハイクオリティ動画を作成したいカップルにおすすめです。

GEMSOFT「Video MONSTER 」GA-0011

GEMSOFT「Video MONSTER 」GA-0011

WindowsでもMacでも使える初心者向けの動画編集ソフトです。画質や解像度などを全自動でキレイにできることがポイント。ノイズ除去や手ブレ補正も全自動で可能です。

また、作成した動画をスマートフォンやタブレットなどで観たい場合は、プリセットされたフォーマットを選ぶだけで簡単に変換できます。一昔前に撮影した古い動画や、あまりきれいに撮れなかった動画をワンタッチで高画質化したい方におすすめです。

動画編集ソフトのおすすめ|中〜上級者向け

GEMSOFT「変換スタジオ 7 Complete BOX」

GEMSOFT「変換スタジオ 7 Complete BOX」

動画フォーマットの変換に特化した動画編集ソフトです。プロファイルと呼ばれる変換の初期設定を150以上搭載しているのがポイント。目的に応じて選ぶだけの簡単操作で動画変換が実現します。

さらに、4K動画の入力、出力にも対応し、YouTubeなど動画共有サイトからダウンロードした動画をDVDやBlu-rayに書き込むことも可能。さまざまな動画の編集からディスクの作成までを1つのソフトで行えるのがうれしいポイントです。

ソースネクスト「VEGAS Movie Studio 16 Suite」

ソースネクスト「VEGAS Movie Studio 16 Suite」

プロ用の映像制作ソフト「VEGAS」エンジンを搭載した動画編集ソフトの最上位パッケージです。リアルタイムビデオモニタリングやモーション・トラッキングなど、高度な編集機能を備えているのがポイント。

さらに、映画風ロゴテンプレート「NewBlue Cinema Collection」やモーションロゴテンプレート「NewBlue Fluid Collection」を同梱し、映画のような動画制作環境が実現します。

ジャングル「Nero Platinum 2020 Unlimited」

ジャングル「Nero Platinum 2020 Unlimited」

ドイツ発の本格動画編集ソフト「Nero」シリーズのプレミアムパッケージです。初心者でも簡単に操作できる「エクスプレス編集モード」と、上級者向けの「拡張編集モード」の両方を使えるのがポイント。

また、ビデオエフェクトやトランジション、テーマ編集などの素材を多数収録しています。さらに、独自のデータ保護技術「SecurDisc4.0」を搭載し、長期保存や機密保持に強いディスク作成が可能です。

ペガシス「TMPGEnc Video Mastering Works 7」

ペガシス「TMPGEnc Video Mastering Works 7」

多様なフォーマットへの入出力対応が魅力の動画編集ソフトです。MPEG-1/2やH.265/HEVC、WebMなど日々進化する動画フォーマットに対応しています。出力用テンプレートが用意されているので、書き出し設定も簡単です。

また、HDR編集や3Wayカラーコレクションなどクリエイティブな編集も可能。YouTube動画をはじめ、さまざまな動画制作シーンに活用できるソフトです。

動画編集ソフトの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの動画編集ソフトの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

動画編集ソフトのランキングを見る

担当者からひとこと

動画編集ソフトはプロ向けの多機能ソフトから、初心者向けの簡単操作ソフトまでさまざまです。対応するOSや動作環境をチェックし、自宅のパソコンで使えるソフトを選びましょう。また、YouTubeやDVDなど作りたい動画のフォーマットに対応していることも重要。作りたい動画を想定してソフトを選んでみてください。

すべての動画編集ソフトを見る

おすすめの関連記事