オンラインセール

モニターアームのおすすめ15選【2020】縦横や自由な位置に配置できるアイテム

更新日:2020.08.22

モニターアームのイメージ

モニターを設置する際にあると便利な「モニターアーム」。デスク周りのスペースを広々と使用でき、高さや角度も自由に調節できます。また、複数のモニターを設置してマルチモニター環境を構築したいときにも役立つアイテムです。
そこで今回は、おすすめのモニターアームをご紹介。選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

モニターアームとは

モニターアームとは

モニターアームとは、主にPCモニターを机や壁に取り付けて、自由な角度や向きで動かせるようにするアイテムです。モニターを最適な角度・高さに調整することができ、作業中の疲労軽減にもつながります。

また、台座がなくなることでデスク上の作業スペースが広がり、モノを整理・収納しやすくなるため、効率的な作業の進行が可能。モニターを縦に使いたい方や、複数のモニターを使い分けて作業を行いたい方にも適しています。

モニターアームの選び方

モニターアームの設置方法

板を挟んで固定する“クランプ式”

モニターアームの選び方 設置方法 板を挟んで固定するクランプ式

クランプ式は、モニターアームをデスクなどの板に挟み込んで固定するタイプの設置方法です。天板に穴を空けずに、省スペースで取り付けることが可能。フレームなどがなく平らな場所であれば、どこでも自由に設置できます。

また、気軽に位置を変更できるのもメリットです。ただし、デスクの形状によっては挟めない場合もあり、特にガラスなどの割れやすい素材の天板には設置できないので注意が必要。最も一般的な設置方法ということもあり、製品数も豊富なので、はじめての方にもおすすめです。

ボルトで固定する“グロメット式”

モニターアームの選び方 設置方法 ボルトで固定するグロメット式

グロメット式は、デスクの天板に穴を空けて、ボルトで固定するタイプの設置方法です。強力に固定できるので、重量のある大型モニターなどの設置にもおすすめ。ただし、安定性に優れている分、天板に穴を開ける手間がかかるうえに容易に位置を変更できません。

なかには、天板に配線用の穴が開けられているデスクもあり、その穴を活用すれば、ほかの場所に穴を空けることなく設置できます。しっかりと固定できる安定性を重視する方は、グロメット式のモニターアームを検討してみてください。

壁を利用する“壁面固定”

モニターアームの選び方 設置方法 壁を利用する“壁面固定”

壁面固定式は、モニターを直接壁にねじ留めして設置します。デスク上にモニターアームを設置する必要がないので、スペースをより広く確保できるのがメリット。コンパクトなデスクを使用している方にもおすすめの設置方法です。

ただし、壁に穴を空ける必要があることと、一度取り付けてしまうと位置を変更しにくいのがデメリット。また、壁の素材によっては穴が開けにくい場合もあるので、事前にチェックしておきましょう。

単管パイプを利用できる“クリップ式”

モニターアームの選び方 設置方法 単管パイプを利用できる“クリップ式”

クリップ式は、メタルラックなどの単管パイプに挟んで固定するタイプの設置方法です。メタルラック以外にも支柱となるものがあれば場所を選ばず設置でき、デスクのスペースをとらないのもメリット。壁に穴を空けられない賃貸住宅に住んでいる方やデスクの天板に穴を空けたくない方にもおすすめです。

ただし、パイプ状のものがないと設置できないので、購入前にデスク周りや部屋の環境を確認しておきましょう。

VESAマウントの規格

モニターアームの選び方 VESAマウントの規格

PCモニター背面のネジ穴の距離は、国際標準規格のVESA規格で定められています。モニターアームとPCモニターの間にブラケットを取り付ける際に、ネジで固定をするため重要なポイントです。

サイズは、75×75mmの「VESA75」と100×100mmの「VESA100」の2種類があるので、PCモニターの規格と合っているか必ずチェックしましょう。

PCモニターのサイズと耐荷重

モニターアームの選び方 PCモニターのサイズと耐荷重

モニターアームには、設置できるモニターのサイズと耐荷重が定められています。耐荷重は何kgまでのモニターを支えられるかを表した数値です。モニターアームの耐荷重を大幅に超えたモニターを設置すると、アームが折れてしまったり、モニターが落下したりする可能性があります。

また、設置できるサイズも定められているので、耐荷重と同様に確認しておきましょう。今後大きめのモニターに買い替える予定がある方は、耐荷重と対応サイズに余裕をもった製品を検討してみてください。

PCモニターの台数

モニターアームの選び方 PCモニターの台数

モニターアームの設置可能台数は、製品によってさまざま。モニターを1台取り付けられるシングルアームタイプは、ノートパソコンなどと組み合わせて使用したい方や、大画面モニターを設置したい方におすすめです。

ダブルアームタイプはモニターを2台取り付けられるので、ひとつ用意しておけばデュアルモニター環境の構築ができます。デスク上のスペースを確保しつつ2台のモニターを設置できるのがメリット。3枚以上のモニターを設置したい方は、アームが3〜4本搭載されたモデルもあるのでチェックしてみてください。

ノートパソコン対応のモニターアームもある

モニターアームの選び方 ノートパソコン対応のモニターアームもある

ノートパソコンの設置に対応したモニターアームも販売されています。アームの先にノートパソコンを設置するためのトレーが搭載されており、設置できるノートパソコンのサイズなどは製品によってさまざまです。

ノートパソコンが宙に浮いた状態になるので、デスク周りのスペースを確保でき、外付けのキーボードを使用したい方にもおすすめ。通常のモニター用のアームとノートパソコン用のアームを搭載したダブルアームタイプの製品なども販売されています。

モニターアームのおすすめメーカー

Elgotron(エルゴトロン)

モニターアームの人気メーカー Elgotron(エルゴトロン)

エルゴトロンはアメリカの企業で、快適な作業環境構築を目指して多くの製品を製造販売しています。モニターアームは一般用から医療用まで幅広いラインアップを展開し、軽く手で押すだけで位置を変更できる上に、ピタリと止まる操作性の高さが特徴です。

人間工学に基づいた高度な技術による特許を取得し、使いやすさを追求。良いものを長く使いたいという方におすすめのメーカーです。

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)

サンワサプライは、日本の代表的なパソコン周辺機器の製造販売を手掛けているメーカー。モニターアームに関しては、32インチ以上のモニターに対応するモデルや4画面にまで対応できるモデル、タブレットPCを設置できるモデルなど、多彩なラインアップが大きな魅力です。

多関節アームや支柱に取り付けるタイプなど豊富な種類の中から選択することが可能です。

GREEN HOUSE(グリーンハウス)

GREEN HOUSE(グリーンハウス)

グリーンハウスは、1991年に設立された日本の企業です。最大30インチのモニターをしっかり支えられる高い耐久性がありながら、比較的お手頃な価格で買えるのが特徴。国際認証基準を3つ取得していて、製品の品質は国際的にも保証されています。

安全で高品質な製品が揃っているので、初めてモニターアームを購入する方でも安心のメーカーです。

モニターアームのおすすめ

エルゴトロン「LX デスクマウントアーム」45-490-216

エルゴトロン「LX デスクマウントアーム」45-490-216

ポリッシュドアルミニウム構造を採用することにより、優れた耐久性とデザイン性の高さを両立したモニターアーム。「VESA75」と「VESA100」の両方に対応しているので、幅広いサイズのモニターを設置できます。

耐荷重は3.2〜11.3kgで、10〜60mmまでの厚さの天板に対応。使用しないときはアームを折りたためるので便利です。また、「スナップフィットキャップ」により、アームとエクステンションの繋ぎ目がカバーされているので、安全性にも配慮されています。

サンワサプライ CR-LA1702BK

サンワサプライ CR-LA1702BK

高耐荷重水平アームで、32型のPCモニターまで対応しています。大型モニターやテレビ、医療用のモニターなどを設置したい方におすすめです。

全方向にモニターを移動させることができ、いつも最適な角度で作業を行うことが可能。耐荷重は20kgで、モニターやアームの重量に耐えられるデスクに設置することで安全に使用できます。

グリーンハウス GH-AMCS01

グリーンハウス GH-AMCS01

クランプ式のモニターアームで、耐荷重は2〜6.5kgに対応。ガススプリング式のアームを採用しているため、軽い力でも自在に動かせます。画面の前後移動ができる4軸タイプで、頻繁に位置を動かしたい方にもおすすめです。

モニターを回転させて縦向きで使用することも可能。また、デスク上のケーブルをすっきりまとめられる「ケーブルガイド」も搭載されています。自宅だけでなく、オフィスや公共施設での使用にも最適な1台です。

サンワサプライ CR-LA1001N

サンワサプライ CR-LA1001N

壁面固定式のモニターアームです。耐荷重は15kgまで対応しているので、大型のモニターやテレビなどの取り付けにも便利。ディスプレイの取り付け部は「VESA75」と「VESA100」の両方に対応しています。

アームには関節を2ヵ所設けてあるので水平可動でき、ディスプレイを90°回転させることも可能。モニターを縦向きで設置したい方にもおすすめです。また、アームにケーブルを通せるので、デスク周りがすっきりします。

ジャパンネクスト JN-GC24V

ジャパンネクスト JN-GC24V

ダブルアームタイプのモニターアームなので、モニターを2台設置できます。ゲーム用のモニターを増設したい方やデュアルモニター環境を構築したい方におすすめです。

耐荷重は1モニターあたり2〜6.5kgで、対応サイズは15〜32インチまでです。サイズの大きなモニターの取り付けに対応しているのも魅力のひとつ。取り付け方法はデスクに穴を空ける必要がないクランプ式で、モニターの重さに合わせてリフト強度を調節できます。

グリーンハウス GH-AMCR01

グリーンハウス GH-AMCR01

デュアルモニター環境の構築に便利なダブルアームタイプの製品です。設置方法はクランプ式で、2つのC型クランプで机にしっかりと固定することが可能。耐荷重は各アーム10kgまでで、30インチサイズまでのモニターを取り付けられます。

2本のアームが縦に並んでいるので、片方のモニターを縦向きで設置したり、1画面分の横幅で2画面を設置したりすることが可能。好みや環境に合った最適な設置方法で使用できます。

エレコム DPA-DL01BK

エレコム DPA-DL01BK

5軸方向に対応したロングアームタイプのモニターアームです。アームが長いことで可動域が広がり、前後左右に動かして自由な配置ができます。さらに、PCモニターの360度回転にも対応。アームの固定部はレバー式のネジタイプのため、高さの調整も簡単です。

2画面設置することができ、1つは縦方向、もう1つは横方向など、変則的なデュアルディスプレイ環境も可能。アームの固定はクランプ式とグロメット式に対応していて、設置する机の素材や設置状況によって選択できます。対応サイズは13〜27インチです。

グリーンハウス GH-AMCR02

グリーンハウス GH-AMCR02

4本のアームが搭載されているので、クアッドディスプレイ環境を構築したい方や、より広い作業領域を確保したい方におすすめのモニターアームです。耐荷重は各アーム10kgまでで、30インチまでのサイズに対応。モニターが360°回転するので、縦向きでも使用できます。

5軸タイプの水平稼働アームを採用したことにより、細かな位置調節も可能に。モニターをきっちり横に並べられ、ずれてしまっても簡単に微調整ができるので便利です。また、ポール内部には、ケーブルを通してすっきりとまとめられる「ケーブルガイド」が搭載されています。

グリーンハウス GH-AMCJ01

グリーンハウス GH-AMCJ01

支柱の中央と両サイドの2本のアームを使用して最大3枚のモニターを搭載できます。左右に搭載された2本のアームは、5軸タイプのロングアームを採用。長さは630mmあるので、大型のモニターを横並びで取り付けることも可能です。

設置方法はクランプ式とグロメット式の両方に対応。さまざまなタイプの机やテーブルに設置できます。ケーブルをまとめられる「ケーブルガイド」に加え、付属の六角レンチを収納しておけるスペースも搭載。紛失の心配がなく、いつでも関節の硬さなどを調節できるので便利です。

グリーンハウス GH-AMNB

グリーンハウス GH-AMNB

ダブルアームタイプの製品で、片方のアームはノートパソコンの取り付けに対応。ノートパソコンとPCモニターでデュアルモニター環境の構築が可能です。PCモニター用のアームは耐荷重が3〜7kgで、対応サイズは10〜27インチ。

ノートパソコン用のアームは耐荷重が0.5〜4kgまで、10.1〜17.3インチまでのサイズに対応しています。デスクへはクランプ式とグロメット式での設置が可能。ガススプリング式のアームは少ない力で動かせるので、頻繁に位置の調節を行いたい方にも最適です。

サンコー MARMGUS2030B

サンコー MARMGUS2030B

24インチサイズのPCモニターを横一列で3台並べられるモニターアームです。耐荷重は各アーム8kgで、VESAマウントは「VESA75」と「VESA100」に対応しています。

取り付け方法は、机の天板に挟んで固定するクランプ式。アームの長さと上下の高さは微調整できるので、環境に合った最適な位置で使用できます。ケーブルは、アームの中に通してすっきりまとめることが可能です。

サンワサプライ CR-LA352

サンワサプライ CR-LA352

メタルラックなどの単管パイプに固定するクリップ式のモニターアームです。丸形と角形の支柱に取り付けられ、フィットしやすい特殊なクリップでしっかりと固定できます。

VESAマウントは「VESA75」と「VESA100」の両方に対応。アームは水平3関節タイプなので、位置を細かく調節できます。また、ディスプレイを搭載する部分は360°回転が可能。モニターを縦向きで使用したり、水平に取り付けられたパイプに設置したりできるので便利です。

センチュリー CMA4A-SM

センチュリー CMA4A-SM

比較的リーズナブルながらも、細かい位置の調節が可能なコスパに優れた製品です。手前から奥への水平方向の移動や左右180°の向き調節、アームの高さ調節などが可能。ディスプレイを設置する部分には、向きを自由に調節できる「フリーアングルアジャスター」が搭載されています。

モニターを縦向きで使用したい方にもおすすめ。設置方法はクランプ式で、よりしっかりと固定できる「ダブルクランプ」を採用しているので、優れた安定性を実現しています。

オウルテック OWL-ATC20

オウルテック OWL-ATC20

ワイヤー式の「3D駆動多関節式アーム」を採用しているのが特徴。前後上下左右を自在に稼働させられ、モニターの360°回転にも対応しています。また、動きも滑らかなので、頻繁にモニターの位置を動かす方にも最適です。

アームの取り付け方法はクランプ式で、厚さ4.5cm以下の天板に対応。総耐荷重は10kgで、15〜24インチサイズまでのモニターを取り付けられます。

モダンソリッド LA-37G

モダンソリッド LA-37G

プレートにアームをひっかけて壁に取り付けるタイプのモニターアームです。壁にあらかじめ取り付けたプレートの溝にアームを差し込んでひっかけて固定します。

17〜20インチのモニターに対応し、3関節の高荷重アーム仕様のため14kgまでの重さのモニターを設置可能。壁掛けにすることで、デスク上のスペースをより有効に使うことができ、子どもやペットの届かないところに設置することで、モニターを触られたり倒されたりする心配がありません。

モニターアームの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのモニターアームの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

モニターアームのランキングを見る

担当者からひとこと

モニターアームはデスク周りをすっきりさせたい方におすすめのアイテムです。例えば、ケーブルガイドなどを搭載したモデルを購入すれば、邪魔なケーブルもきれいにまとめることが可能。また、デスクやテーブルの天板を掃除しやすくなるメリットもあります。購入の際はぜひ、本記事を参考にしてみてください。

すべてのモニターアームを見る

おすすめの関連記事