モニターアームのおすすめ15選 デュアルディスプレイも快適

更新日:2019.10.5

osusume_monitor_arm_title

長時間パソコンを使用すると目が疲れたり肩が凝ったりしやすくなります。そこでおすすめなのが姿勢に合わせてモニターの位置を調整できるモニターアーム。しかし、さまざまな種類がありどんな基準で選べば良いのかわからない方も多いはず。そこで今回は、モニターアームの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

モニターアームとは

モニターアームとは、主にPCモニターを机や壁に取り付けて、自由な角度や向きで動かせるようにするアイテムです。モニターを最適な角度・高さに調整することができ、作業中の疲労軽減にもつながります。また、台座がなくなることでデスク上の作業スペースが広がり、ものを整理・収納しやすくなるため、効率的な作業の進行が可能です。モニターを縦に使いたい方や、複数のモニターを使い分けて作業を行いたい方にも適しています。

モニターアームの選び方

モニターの台数

デュアルモニターにしたい場合や、ゲームや作業をする人は、設置できるモニターが2つのものがおすすめ。さらに画像や動画編集をする場合も複数のモニターがあることで、複数のウインドウを並べることができ作業効率がアップします。デスク上のスペースや所有するモニターの台数を取り付けられるモデルを選びましょう。

アームの可動範囲

モニターアームの関節部分を前後左右に動かすことで、PCモニターを適切な角度や向きに調整することができます。4軸、5軸と関節の軸数が多いほど、より細かく角度や向きを変えることが可能です。例えば、会議で周囲の方にモニター画面を見せるときに画面の角度を変えたり、長時間のデスクワークで目が疲れたときに画面の角度を調整したりする場合、適した位置に調整できるメリットがあります。

対応サイズ

モニターアームは取り付けできるPCモニターのサイズが製品によって異なります。対応サイズは、最大で32インチまで取り付け可能。対応できる規格以上のモニターを設置するとアームの機能性を損ねてしまうため、サイズに余裕のあるモデルがおすすめです。使用中のPCモニターをモニターアームに設置する場合は、あらかじめ対応状況をしっかり確認しましょう。

耐荷重

どれくらいの重さのモニターに耐えることができるかを示したものが耐荷重です。モニターが重すぎると重さでズレたり、故障や破損の原因になることもあります。一般的なモデルは10kgまでの重さに対応しているので、事前に手持ちのモニターの重さを把握しておくと安心です。

VESAマウント

PCモニター背面のネジ穴の距離は、国際標準規格のVESA規格で定められています。モニターアームとPCモニターの間にブラケットを取り付ける際に、ネジで固定をするため重要なポイントです。サイズは、75×75mmの「VESA75」と100×100mmの「VESA100」の2種類があるので、PCモニターの規格と合っているか必ずチェックしましょう。

取り付け場所をチェック

机・テーブル

机やテーブルに取り付ける場合は、C型クランプを使うクランプ式とグロメット式という2つの取り付け方法があります。クランプ式は机やテーブルの板を挟み込んで締め付ける方法で、机やテーブルに穴を開けたりする必要はなく初心者でも簡単に設置できる方法です。一方でグロメット式は、机やテーブルに直接ネジ用の穴を開けて固定する方法で、より強力で高い耐震性を保持することが可能。机やテーブルの配置によって、取り付けられる場所や方法が異なるためよく確認しましょう。

モニターアームを壁に設置する場合は、机上のスペースを有効に活用できるメリットがあります。天板の素材によって机やテーブルに設置できない方や、子どもやペットの届かないところにモニターを設置したいという方におすすめ。なお、壁に穴を開けて取り付けるため、どの位置に取り付けるのが一番良いかじっくり考えてから設置しましょう。また、賃貸物件や壁の素材によって使用できないことがあるので注意してください。

ポール

モニターアームには、ロフトベッドやメタルラックの柱など、既存のポールや支柱に取り付けることができるタイプもあります。取り付ける際にポールの太さに制限があるので、既存のポールの太さをあらかじめ確認してからモニターアームを選ぶのが失敗しないコツ。また、複数のモニターを1つのポールに設置する、または大きいサイズのモニターを取り付ける場合には、頑丈で安定したポールを選ぶことが大切です。

モニターアームのおすすめメーカー

エルゴトロン

エルゴトロンはアメリカの企業で、快適な作業環境構築を目指して多くの製品を製造販売しています。モニターアームは一般用から医療用まで幅広いラインアップを展開し、軽く手で押すだけで位置を変更できる上にピタリと止まる操作性の高さが特徴です。人間工学に基づいた高度な技術による特許を取得し、使いやすさを追求。良いものを長く使いたいという方におすすめのメーカーです。

エルゴトロンのモニターアームを見る

サンワサプライ

サンワサプライは、日本の代表的なパソコン周辺機器の製造販売を手掛けているメーカーです。32インチ以上のモニターに対応するモデルや4画面にまで対応できるモデル、タブレットPCを設置できるモデルなど、多彩なラインアップが大きな魅力といえます。モニターアームに関しても多関節アームや支柱に取り付けるタイプなど豊富な種類の中から選択することが可能です。

サンワサプライのモニターアームを見る

グリーンハウス

グリーンハウスは、1991年に設立された日本の企業です。最大30インチのモニターをしっかり支えられる高い耐久性がありながら、比較的お手頃な価格で買えるのが特徴。国際認証基準を3つ取得していて、製品の品質は国際的にも保証されています。安全で高品質な製品が揃っているので、初めてモニターアームを購入する方でも安心のメーカーです。

グリーンハウスのモニターアームを見る

モニターアームのおすすめ

エルゴトロン 45-490-216

エルゴトロン独自の特許であるCF技術で、操作が非常に簡単なモニターアームです。
PCモニターを上下に330mm移動させることもでき、人間工学的に見ても十分な高さ調節で作業中の疲労軽減が期待できます。少ない力でさまざまな方向に傾けたり、回転させたりすることが可能です。また、PCモニターを640mm先まで伸ばすことができ、アームは折り曲げることもできるため、コンパクトに収納できます。限られたスペースを活用して快適な作業環境を作りたい方におすすめです。

グリーンハウス GH-AMC03B

700mmのポールで高さ調節ができるクランプ式です。
アームを曲げ伸ばしして前後移動も可能で、作業に合わせて位置を調整できます。文章作成や表計算などの作業時は画面を近づけて、動画を見る際は画面を遠ざけるなど、さまざまなシーンで活躍します。C型クランプでしっかりと机に固定できる、高い耐震性を実現したモデルです。

エレコム DPA-SS01BK

取り付け方法がクランプ式とグロメット式の両方に対応しているショートタイプのシングルディスプレイアームです。
VESA75とVESA100の2つの規格に対応しており、8kgの耐荷重があります。13?27インチサイズのPCモニターに対応。可動範囲は水平に90度、垂直に+45度と-45度、360度回転が可能です。ケーブルホルダー付きで、配線をすっきり収納できるので、デスク回りを広々と使えます。設置できる画面は1つで余計な機能も付いていないシンプルな設計のため、お手頃価格で購入可能です。

グリーンハウス GHAMCF01

30インチの大画面ディスプレイに対応した高耐荷重モデルで、低価格で購入できる点が特徴です。
C型クランプで机に固定し、ネジをしっかりと締めることで耐震性もアップ。PCモニターを前後に移動させられるため、作業内容に合わせた調整がしやすく、使わないときには収納して机上を広々と使えます。大きな画面で作業したい、テレビや映画、動画を楽しみたいという方におすすめです。

HP BT861AA

耐久性に優れたアルミニウム構造採用のシングルタイプです。
組み立てや取り付けも簡単にでき、初めてモニターアームを購入する方にもおすすめ。ワンタッチで画面を上下左右に動かすことができ、ストレスなくスムーズに操作ができます。微調整可能な多関節で作業に合わせた位置調整が行えるので、疲れにくく作業効率がアップしやすくなります。

オウルテック OWL-ATC20

二段ワイヤー式のタイプで、耐荷重は10kgのモデルです。
3D駆動対応多関節式アームで、PCモニターを360度回転させた上下左右の動きにも対応します。ワイヤー式で柔軟でスムーズな動きを実現。相手にモニターを見せるために頻繁に位置や角度を変えたい方におすすめです。取り付けはクランプ式で、厚さが45mm以下の天板に使用することができます。

アーキサイト AS-MABS01D

2画面対応のガススプリング式デュアル液晶モニターアームです。
ガススプリング式は少ない力で動かせることができ、指一本で簡単にモニターの高さを調整できます。32インチまでのPCモニターの使用が可能で、360度回転できるので大きいモニターを縦に使いたい方におすすめです。取り付けは、クランプ式とグロメット式両方に対応。設置場所の状況によって選択できます。さらにモニターとアームの接続部が分かれていてセパレート式になっているので、モニターの取り外しもラクラクです。

サンワサプライ CR-LA302

耐荷重は12kgの壁面用のモニターアームで、壁にあらかじめ取り付けておいたブラケットに装着するだけでモニターを簡単に設置できます。
120mm四方あれば設置できる省スペースで小型なのが特徴。上下90度ずつ角度調整をすることができるため、一番作業しやすい環境を作ることができます。24インチまでの一般的なサイズのPCモニターを取り付け可能です。

グリーンハウス GH-AMCA03

1つのポールで2つの画面を縦位置でも設置できるモニターアームです。
文書作成やWebページなど、画面情報を下にスクロールすることが多い作業の効率アップにつながります。ポールが1つなのでシングルモデルと同じ設置範囲で、2つのモニターを取り付けられるのが特長。4軸式なので前後左右上下の移動調整に対応し、それぞれのモニターのバランスを見ながら配置をスムーズに決めることができます。モニターのケーブルをすっきりまとめるケーブルガイドが付いているので、デスク回りがごちゃごちゃしません。

I-Oデータ DA-ARMS2

シングルアームのディスプレイアームで、使わないときにはコンパクトに収納できるタイプです。
多関節の仕様は上下左右の角度調整が可能で、前方に画面を引き寄せることもできます。机の上を広々と使用でき、空いたスペースに小物や資料などを置き作業しやすい環境を整えることが可能です。クランプ式で取り付けでき、15〜70mmの厚さの机に対応しています。

サンワサプライ CRLA1702BK

高耐荷重水平アーム仕様で、32型のPCモニターまで対応しています。
大型モニターやテレビ、医療用のモニターなどを設置したい方におすすめ。全方向にモニターを移動させることができ、いつも最適な角度で作業を行うことが可能です。耐荷重は20kgで、モニターやアームの重量に耐えられるデスクに設置することで安全に使用できます。

グリーンハウス GH-AMCB1-F

4軸4アームで23型までのPCモニターを4台設置できるモニターアームです。
デイトレーディングや同時に複数の画面を表示して作業したい方におすすめ。画面は4つとも前後左右と自由自在に移動できる上、4つの画面を規則的に綺麗に配列することで1つの大きな画面として使用することができます。画面を拡大して作業したいクリエイティブな作業にもおすすめ。C型クランプ式でしっかりと固定できるのも安心して使えるポイントです。

エレコム DPA-DL01BK

5軸方向に対応したロングアームタイプのモニターアームです。
アームが長いことで可動域が広がり、前後左右に動かして自由な配置が可能。さらに、PCモニターの360度回転にも対応しています。アームの固定部はレバー式のネジタイプのため、高さの調整も簡単。2画面設置することができ、1つは縦方向、もう1つは横方向など、変則的なデュアルディスプレイ環境も可能。アームの固定はクランプ式とグロメット式に対応していて、設置する机の素材や設置状況によって選択できます。対応サイズは13?27インチです。

サンワサプライ CR-LA358

支柱に取り付けるタイプのモニターアームで、25〜40mmのポールに取り付けることができます。
また、耐荷重は15kgで軽い液晶テレビも設置可能。デスクサイドやメタルラックなどを有効活用してモニターを取り付けたい場合におすすめです。さらに、ディスプレイの取り付け部分は360度回転するため、ポールが水平になっている場合でも設置することができます。

モダンソリッド LA-37G

こちらはプレートにアームをひっかけて壁に取り付けるタイプのモニターアームです。
壁にあらかじめ取り付けたプレートの溝にアームを差し込んでひっかけて固定します。17〜20インチのモニターに対応し、3関節の高荷重アーム仕様のため14kgまでの重さのモニターを設置可能。壁掛けにすることで、デスク上のスペースをより有効に使うことができ、子どもやペットの届かないところに設置することで、モニターを触られたり倒されたりする心配がありません。

モニターアームの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのモニターアームの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

モニターアームのランキングを見る

担当者からひとこと

モニターアームをワークスペースに取り入れることで、デスク上のスペースを有効活用してモニターを設置が可能です。また、デスク回りをいつもすっきりした状態に保てるようになり、作業効率アップにもつながります。さらに、PCモニターの台数を増やしてさらに快適な作業環境の構築が可能。ただし、モニターアームそれぞれで耐荷重や設置方法に違いがあるので、手持ちのモニターの重量や大きさを事前に調べておくことが大切です。

すべてのモニターアームを見る

おすすめの関連記事

人気の記事