Webカメラのおすすめ11選 動画配信やビデオ会議にも使える

更新日:2020.05.22

osusume_webcamera_title

動画配信やビデオ電話など顔を映しながらの対話が可能な「Webカメラ」。高画質に映るモデルや使い勝手の良いモデルの購入を検討している方も多いはず。
そこで今回は、Webカメラの選び方や、おすすめの商品をご紹介します。

Webカメラとは

Webカメラとは、主にパソコンと接続してビデオ通話を楽しむ小型カメラです。個人だけでなく、観光地からの「パノラマ風景の配信」や、「交通・天気の観測」にも使われています。なかには動画配信や自宅の監視カメラとして使用できるモデルもあり、さまざまなシーンや目的で使用可能。ビデオ通話が可能なSkypeを使用することで、相手の表情を見ながらの会話や、離れた事業所との会議に使えます。

Webカメラの選び方|用途

動画配信

動画配信やゲームの実況放送をしたいときは、高画質のWebカメラを選びましょう。テレビやパソコンなどの画質が良く、カメラの画質が悪くて見にくいと、途中で見てもらえなくなる可能性があります。そのため、動画配信用にWebカメラを購入する際は、画素数と解像度が高いタイプであるかを確認しましょう。また、クリアな音声で動画配信をしたい方には、「ノイズキャンセリング機能」付きのマイクを搭載したWebカメラがおすすめです。

テレビ電話・会議

テレビ電話や会議では、クリアな映像と安定した音声が重要です。また、Webカメラのほかに、マイクとスピーカーも必要になります。しかし、マイク内蔵型のWebカメラであれば、ヘッドセットの装着が不要で快適。さらに、別途マイクを用意する必要もないので、パソコン周りがすっきりするだけでなく、会議に複数人参加することもできます。なお、参加人数が多い会議のときは、できるだけ多くの参加者が映るよう、画角の広いレンズを搭載したWebカメラがおすすめです。

監視カメラ

監視カメラ用のWebカメラは、広角レンズのものを選びましょう。なぜなら、広角レンズであれば死角が減り、不審者やちょっとした状況の変化も見逃さないからです。さらに、スピーカー内蔵タイプの監視カメラであれば、相手に音声を届けることも可能に。スマートフォンと連携できるタイプなら、不審者の存在を通知してくれるので、より防犯の強化に期待できます。暗いところでも撮影できる「ナイトモード機能」があれば、夜間でも安心して利用可能です。

Webカメラの選び方|機能

レンズ

「画角」はカメラが映す範囲のことで、Webカメラのレンズの種類によって異なります。一般的なWebカメラの画角は75°程度ですが、機種によっては広範囲の150°まで映せるレンズを搭載。狭い部屋でも広々と撮影できるので、ビデオ会議やパノラマ風景配信などにおすすめです。

画質

一般的なWebカメラの解像度は、720pや1080pです。解像度は、数値が高いほど細部まで綺麗に映せます。そのため、画質をより鮮明に映したいときは、1080pのモデルを選びましょう。また、カクつきの少ない滑らかな動画を映したいときは、「フレームレート」も重要です。フレームレートは?fps"という単位で表され、解像度と同じく、数値が高いほど1秒間のコマ数が増え滑らかな映像を写せます。ブレの少ない動きを撮影したい方は、フレームレートにも注目しましょう。

Webカメラのおすすめ|動画配信

ロジクール「プロストリーミングウェブカム」C922n

高画質のフルHD画質の撮影が可能なWebカメラです。
ガラスレンズとフルHD1080Pの性能により、鮮やかで臨場感のあるストリーミング配信ができます。「HDオートフォーカス」と「光補正機能」を搭載しているので、照明条件に合わせて微調整が可能。暗い室内など光が十分でないところでも、常に鮮明な映像を映し出します。

エレコム CUCAM-C750FBBK

「500万画素の超高精細映像」を楽しめる、高精細ガラスレンズを搭載したWebカメラです。
動画配信に最適なワイドスクリーンFull HDによって、「ビデオ通話ソフト」や「YouTube Live」などに対応。パソコンのディスプレイや、平面にも設置できるマルチスタンドを採用しているので、好きな角度での撮影が可能です。本体にマイクを内蔵しているので、複数人での会話にも適しています。

サンワサプライ MS-V37

ワイドスクリーンのフルHDで撮影できるWebカメラです。
色の再現を高める5枚のガラスレンズを搭載で、画質にこだわりたい方におすすめ。アルミ素材のボディによる、高級感あるデザインも特徴。マイクを内蔵しているので、ヘッドホンなしでのWindows Live MessengerやSkypeなどのビデオチャットが可能です。

ロジクール C615r

ロジクール C615r

カメラが360°回転するうえに、折りたためば持ち運びにも便利なWebカメラです。
オートフォーカス機能を採用しているため、ピント合わせの手間がかかりません。フルHD1080pと30fpsによる、滑らかな撮影が可能です。集音にはノイズリダクションマイクを採用しているため、周囲の雑音を減らしたクリアな音声を拾えます。

Webカメラのおすすめ|テレビ電話・会議用

エレコム UCAM-C520FBBK

上下に角度調節ができるほか、200万画素による高画質な映像が楽しめるWebカメラ。
パソコンに接続すればすぐに使用できる、簡単接続も魅力的です。動画や写真をきれいに撮れる高精細ガラスレンズを搭載。鮮明な800万画素の静止画も撮影できます。本体にマイクを搭載しているので、ビデオ会議などにも最適です。パソコンにも平面にも設置できるマルチスタンドを採用しているので、都合に合わせた設置ができます。

ロジクール C920s

https://image.biccamera.com/img/00000006647812_A01.jpg?sr.dw=600&sr.dh=400&sr.jqh=60&sr.mat=1

光が当たりにくい部屋でも、鮮明な画質を実現するWebカメラです。
内蔵されているHDオートフォーカスと光補正が映像を調整してくれるので、自宅など薄暗くなりやすい場所での使用にもおすすめ。高画質で、チャットやテレビ会議を進めることができます。また、2本のマイクがさまざま角度からの音声を拾うため、相手へ自分の声がクリアに届くのも魅力のひとつ。プライバシーシェードを使えば、レンズが傷つかないうえにプライバシーも保護できて便利です。

KANDAO「Kandao Meeting」

KANDAO「Kandao Meeting」

多人数の会議で円滑にコミュニケーションを取りたい場合におすすめの、360°オール・イン・ワン・カンファレンスカメラです。
2つの魚眼レンズ、8つの無指向性マイク、全二重スピーカーフォンを備えており、AIの技術を活用した音声認識と顔認識によって発言者に自動的にフォーカス。複数の発言者がいるときは画面が二分割され、発言者とと他の参加者全員を同時に捉えることができます。

ロジクール C270n

ロジクール C270n

音声のノイズリダクション機能が付いた、コンパクトなWebカメラです。
解像度がHD 720pで、滑らかな映像によるテレビ電話やビデオ会議が可能。ユニバーサルクリップで、ノートパソコンやPCモニターなど、自由に設置ができます。USBポートに差し込むだけで使えるプラグアンドプレイモデルのため、ドライバーのダウンロードなどの作業がなく、設定が簡単です。

サンワサプライ CMS-V50BK

サンワサプライ CMS-V50BK

ZoomやSkypeなどを利用したビデオ会議に最適な、視野角84°のウェブカメラです。
3倍ズームレンズと210万画素の2.9インチHD CMOSセンサーを搭載し、フルHDの画像を映し出すことが可能。付属のリモコンを使って水平350°、垂直60°の範囲でカメラの向きを変更できます。USBケーブル1本で作動し、別途電源は不要。壁取り付け金具を使えば、壁はもちろん天井にも設置できます。

Webカメラのおすすめ|監視カメラ

プラネックスコミュニケーションズ CS-QP80F

暗視機能が付いた屋外設置モデルのWebカメラです。
LANケーブル1本でカメラの電源供給ができます。防塵・防沫性能はIP66に対応しているので、玄関先や駐車場などの屋外にも設置可能。フルHD200万画素で撮影できるため、小さな対象物もくっきりと映像に残せます。赤外線LEDの暗視機能により、夜でもクリアに撮影でき、防犯カメラに最適です。カメラの映像に動きがあれば、メールで通知がくる動体検知機能も搭載しています。

アイ・オー・データ TS-WRLC

アイ・オー・データ TS-WRLC

1280×720の HD画質に対応した室内設置用のネットワークカメラです。
カメラの前を子供やペットが通るとメールで教えてくれる通機能を搭載。画面内で動きを検知するエリアを3か所まで設定でき、対応したHDDに録画を残せます。また、スマホ用アプリを使うと、共有ルーターを使用しているマンションでも、外出先から映像の確認ができて安心です。

Webカメラの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのWebカメラの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

Webカメラのランキングを見る

担当者からひとこと

Webカメラは「テレビ電話」、「動画配信」、「ビデオ会議」、「防犯カメラ」など、幅広い使い方ができます。しかし、Webカメラを選ぶときは値段だけでなく、用途に合わせた選び方も重要です。Webカメラの購入を考えている方や種類が多くて迷っている方は、今回紹介した選び方を参考にしてみましょう。

全てのWebカメラを見る

おすすめの関連記事