オンラインセール

Webカメラのおすすめ15選 テレワークや動画配信で映りのいいモノを選ぼう

更新日:2021.05.23

Webカメラのイメージ

テレビ会議や動画の配信に便利な「Webカメラ」。最近では在宅勤務用のアイテムとしても注目されています。さまざまな種類のWebカメラが登場しているため、どの製品を選ぶべきか迷ってしまいがちです。

そこで今回は、おすすめのWebカメラをご紹介します。選び方やおすすめメーカーも解説するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

Webカメラとは? 気になる使い方

Webカメラとは? 気になる使い方

「Webカメラ」とは、ノートパソコンやデスクトップパソコンなどのデバイスと接続して、ビデオ通話や室内の監視カメラなどに用いられる小型カメラのことです。ケーブルで外付けして使用するモデルが主にラインナップしています。

Webカメラは、相手のしぐさや表情を見ながら会話ができるのが魅力。また、YouTubeやVTubeのような配信用途でも使用されることもあります。

Webカメラの選び方

映りのよさは高画質モデルで決まり

Webカメラの選び方 映りのよさは高画質モデルで決まり

Webカメラを選ぶ際は画質にこだわりましょう。注目するべきは「ピクセル」という値で、ピクセル値が大きいほど解像度が高く、高画質であることを指します。高画質の目安は1080pで、HDなら720pのモデルを選びましょう。

特に動画配信やゲームの実況放送で使用する場合、視聴者はスマホだけでなくPCなどの大画面で観ることもあります。Webカメラの画質が悪いと最後まで見てもらえないこともあるので、選ぶ際は気にかけてみるのがおすすめです。

画質は“フレームレート”も重要

Webカメラの選び方 画質はフレームレートも重要

「フレームレート」とは、1秒間に記録できる画像を数値で表したものです。「fps」という単位で表記され、60fpsであれば1秒間に60フレームの記録が可能であることになります。

フレームレートの数字が大きいほど滑らかな映像になるため、残像が少なく見やすい映像にしたい方におすすめ。YouTubeやニコニコ動画などで使用する場合は、推奨の24〜60fpsに対応したモデルを選びましょう。

広角レンズで室内での撮影もばっちり

Webカメラの選び方 広角レンズで室内での撮影もばっちり

一般的なWebカメラの画角は75°前後ですが、なかには150°程度の画角が備わっている広角モデルもラインナップされています。Webカメラを選ぶ際には、どのぐらいの画角を持つのかを確認しておきましょう。

広角レンズが搭載されているモデルは複数人が同時に映りやすいので、会議やミーティングでの使用に便利。また、死角が少ないので、監視カメラや防犯カメラとして用いるのもおすすめです。

マイク・スピーカ―内蔵タイプで会議がスムーズ

Webカメラの選び方 マイク・スピーカ―内蔵タイプで会議がスムーズ

最近ラインナップされているWebカメラのなかには、マイクやスピーカーが内蔵されているモデルもあります。マイクやスピーカーが備わっていれば、ヘッドセットを装着することなく通話を楽しむことが可能です。

複数人の会議で使用する場合は広範囲の音がまんべんなく拾えるマイク、個人で参加する場合は指向性のあるモデルがおすすめ。また、音質にこだわりたい方はノイズキャンセリング機能が備わっているモデルを選びましょう。

三脚付属だと便利

Webカメラの選び方 三脚付属だと便利

見栄えにこだわってWebカメラを使用したい場合は、三脚が付属した製品を選ぶのがおすすめ。三脚があれば映りの良いアングルで本体が固定できるほか、画面を好きに動かすことも可能です。

パソコン本体に直接設置するモデルの方が手軽ではあるものの、下からのアングルになるため顔が視認しにくくなることがあります。三脚があれば顔の向きも合わせやすくなるので、会議やミーティングで好印象を残したい場合にも便利です。

Webカメラの人気メーカー

ロジクール(Logicool)

Webカメラの人気メーカー ロジクール(Logicool)

「ロジクール」は、1981年にスイスのローザンヌで設立されたパソコン周辺機器メーカー。ゲーミング向けのヘッドセットやキーボードを主としており、1984年に世界で初めてワイヤレスマウスを手掛けたことで有名です。

ロジクールには画質やビットレートに優れたWebカメラが多く、ゲームの実況配信におすすめのモデルが多くラインナップされています。また、見た目がスタイリッシュで、高いインテリア性を有するのも特徴です。

エレコム(ELECOM)

Webカメラの人気メーカー エレコム(ELECOM)

「エレコム」は、1986年に設立された大阪市に本社を置くコンピュータ周辺機器メーカーです。マウスやキーボードをはじめ多くの部門で業界トップシェアを誇り、最近ではスマホ関連の製品も手掛けています。

エレコムのwebカメラは、リーズナブルなモノからハイエンドモデルまで幅広くラインナップされているのが特徴的です。そのため、目的や予算に応じてアイテムが選択できます。

バッファロー(BUFFALO)

Webカメラの人気メーカー バッファロー(BUFFALO)

「バッファロー」は、1978年に設立された愛知県名古屋市に本社があるパソコン周辺機器メーカーです。主にストレージやメモリなどの製品を開発しています。

バッファローのWebカメラは、無線接続できるモデルや動画撮影に適した高ビットレートのモデルなど、幅広くラインナップされているのが特徴です。使用用途やシーンに応じて製品が購入できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

Webカメラの人気メーカー サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

「サンワサプライ」は1951年に設立された日本のコンピュータおよびパソコンサプライメーカー。マウスやUSBメモリなど幅広い製品を開発し続けています。

サンワサプライのWebカメラは、多人数で使用できる広角モデルを多くラインナップしているのが特徴です。Web上での会議やミーティング、防犯用のWebカメラを探している方はぜひチェックしてみてください。

Webカメラのおすすめ

ロジクール「プロ ストリーミング ウェブカム」C922n

ロジクール「プロ ストリーミング ウェブカム」C922n

1080pのフルHDに対応しているWebカメラ。720Pで60fpsビットレートを発揮するなど、高画質と滑らかさを同時に実現しているのが魅力です。また、三脚が付属しているので、好みのアングルで固定できます。

高速HDオートフォーカスと光補正機能を搭載。写りや見栄えにこだわりたい方にもおすすめです。また、ボディの両サイドにマイクが1本ずつ備わっているので、Web会議やミーティングにも役立ちます。

サンワサプライ CMS-V48BK

サンワサプライ CMS-V48BK

ボディにマイクとスピーカーが内蔵されているWebカメラ。画角が80°あり、広い範囲が映せるのでWeb会議におすすめです。エコーキャンセルとノイズリダクション機能が搭載されており、クリアな会話が行えます。

USBによる接続方式を採用し、ドライバーのインストールなしですぐに使い始められるのが魅力。また、パソコンのモニターやディスプレイの上へ簡単に取り付けられるスタンドも備わっています。

エレコム UCAM-C310FBBK

エレコム UCAM-C310FBBK

パソコンと繋ぐだけですぐに使用できるWebカメラ。ドライバーのインストールを必要としないため、手軽に始められるのが魅力です。マルチスタンドが付属しており、パソコンにも平面にも設置できます。

カメラの角度は上下に調節できるのが特徴。好みの角度で固定できます。また、本体に内蔵マイクを搭載しているので、Web会議や複数人での会話におすすめ。お手頃価格で、コストパフォーマンスに優れるモデルです。

プリンストン UB-UCAM200

プリンストン UB-UCAM200

USBビデオクラスに対応しており、専用デバイスのインストールなしで使えるWebカメラ。WindowsとMacの両方に使えて、ノートパソコンやデスクトップのディスプレイに取り付けられます。

本体取り付け後にカメラの角度を上下に調節することが可能。ボディサイドにマイクが内蔵されているため、複数人での会話やオンライン会議におすすめです。また、スタイリッシュなデザインでインテリア性も兼ね備えています。

ロジクール C980GR

ロジクール C980GR

1080pで60fpsのフレームレートを発揮するWebカメラ。高解像度と滑らかさを同時に実現しているので、動画配信におすすめです。また、本体を回転するだけで、InstagramやFacebookのストーリーに適した縦構図のポートレートモードに切り替わります。

「Logicool Capture」と併用することで、オートフォーカスや自動露出補正などの機能が使えるのが特徴。ハイエンドモデルを探している方にもおすすめです。

バッファロー BSW508M

バッファロー BSW508M

約120°の高視野角レンズを搭載したWebカメラです。一般的なWebカメラよりも広い範囲を撮影できるので、大人数の会議などに最適。カメラ部分には盗撮を防止できる開閉自在のシャッターを搭載しているため、プライバシーを保護できるのもポイントです。また、本体にはマイクを内蔵しているので、別途マイクを用意することなく手軽にWeb会議が始められます。

Webカメラ用の拡張ソフトウェア「CyberLink YouCam6 BE」をパソコンにダウンロードすれば、顔認証でログインできる「フェイスログイン」や、監視カメラとして使用できる「監視モード」などの便利な機能が使用できます。

KANDAO「Kandao Meeting」

KANDAO「Kandao Meeting」

画角が360°と広角なことが特徴のWebカメラ。オンライン会議の際に密集する必要がなく、多人数でのリモートミーティングにおすすめです。無指向性マイク8つとスピーカーフォン2つを搭載し、円滑に話し合いが進められます。

音声認識と顔認識の機能が備わっているのもポイント。「プレゼンテーション」モードにすると発言者がフォーカスされるので、臨場感が演出できます。ビジネスシーンで活躍するアイテムです。

マイクロソフト T3H-00019

マイクロソフト T3H-00019

16:9のワイドスクリーンで、映画のような動画が撮影できるWebカメラ。ビデオ通話は720pの解像度に対応。ノイズキャンセリング機能も搭載しています。

無指向性かつ集音性の高いマイクを採用しているのでオンライン会議におすすめ。また、取り付けクリップが付属で、デスクトップにもノートパソコンにも取り付けられます。最低限の機能が備わったお手頃価格のアイテムです。

コンピューケースジャパン JWC-C500A-BK

コンピューケースジャパン JWC-C500A-BK

2Kの画質を採用しているWebカメラ。画素数も500万画素と高く、YouTubeでの動画撮影やゲーム実況におすすめです。また、WindowsとMacの両方に対応しており、パソコンの買い替えを検討している方でも使用できます。

視野角が90°と広いうえに、デジタルマイクが内蔵されているのでオンライン会議などのビジネスシーンにもおすすめ。SkypeやZOOMを介したコミュニケーションにも役立ちます。

エレコム UCAM-C750FBBK

エレコム UCAM-C750FBBK

静止画最大2000万画素、動画500万画素に対応しているWebカメラ。ワイドスクリーンフルHDにも対応しているので、動画の配信にもおすすめです。繋げるだけですぐに使える一発接続モデルで、ドライバーのインストールを必要としません。

YouTubeライブやニコニコ生放送での動作が確認されており、ゲーム実況にも役立ちます。また、SkypeやZOOMでも動作確認が行われているため、ビジネスシーンにもおすすめです。

サンワサプライ CMS-V50BK

サンワサプライ CMS-V50BK

視野角が84°と広く、リモコンで水平方向に165°、垂直方向に30°の首振りが行えるWebカメラ。光学3倍ズームも搭載されているので、Web会議におすすめです。死角をほぼなくせるので、会議参加者全員の顔が視認できます。

USBでパソコンと接続するだけですぐに使い始められるのがポイント。ドライバーのインストールを必要としません。また、取り付け金具が付属しており、パソコンだけでなく壁や天井に設置できるのも魅力です。

ロジクール「HDウェブカム」C310N

ロジクール「HDウェブカム」C310N

自動光補正機能により、鮮やかかつ自然な色で撮影できるWebカメラです。最大解像度は720pのHD画質で、視野角は60°。フレームレートは30fpsに対応しています。

ノイズリダクションマイクを内蔵しているため、騒がしい環境でもクリアな音声を相手に届けることが可能。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、なるべく予算を抑えたい方にもおすすめです。

GOPPA GP-UCAM2FA

GOPPA GP-UCAM2FA

専用ドライバーを必要とせず、接続するだけで手軽に使い始められるのが魅力のWebカメラ。デジタルマイクやオートフォーカス機能が備わっているので、オンラインでの飲み会や会議に役立ちます。

スタンドの角度が変更でき、パソコンに取り付けたり卓上に置いたりとさまざまな設置方法が選択可能です。また、三脚穴が備わっているので、カメラ用の三脚などにも取り付けられます。

監視カメラとして使えるWebカメラのおすすめ

I-O DATA TS-WRFE

I-O DATA TS-WRFE

180°のパノラマビューで、室内のすみずみまで監視できるWebカメラ。スマートフォンやタブレットと連動して外出先から室内の様子をモニタリングできるので、家を空ける機会が多い方やペットを飼っている方におすすめです。

映像を拡大したりカメラを上下左右に動かしたりできるデジタルパン・チルト機能を搭載。気になる箇所が細かくチェックできます。また、本体は手のひらサイズで、幅広い場所に設置できるのもポイントです。

プラネックスコミュニケーションズ CS-QP80F

プラネックスコミュニケーションズ CS-QP80F

赤外線LEDによる暗視機能が搭載されているネットワークカメラ。暗くなると自動で切り替わり、クリアな映像が残せるので屋外用の監視カメラとしておすすめです。特別な操作を必要とせず、簡単に取り付けて使い始められます。

IP66相当の防水、防塵設計で、保護ケースなどを別途用意する必要がないのもポイント。さまざまな場所に設置できます。また、映像に動きがあるとメールで通知する機能が搭載されているのも特徴です。

Webカメラの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのWebカメラの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

Webカメラのランキングを見る

ライティングで美肌効果

ライティングで美肌効果

リングライトやLEDライトと組み合わせてWebカメラを使用し、ライティングすることで顔色を明るく見せられます。オンラインでの会議や飲み会の際、相手に自身の表情が伝わりやすくなるのでおすすめです。

また、YouTuberをはじめとする多くの動画配信者がライティングを行っています。コンテンツの見栄えがよくなるので、動画の投稿を考えている方は積極的にライティングを取り入れましょう。

LEDライトの売れ筋ランキングを見る

担当者からひとこと

最近のWebカメラは、あらゆる機能が備わっているモノから防犯カメラとして使用できるものまで、幅広くラインナップされているのが特徴。そのため、使用状況やニーズ、予算に応じてアイテムを選ぶことが重要です。この記事を参考に、ぜひお気に入りのWebカメラを手に入れましょう。

すべてのWebカメラを見る

おすすめの関連記事