【2022年】Wi-Fiルーターのおすすめ16選 戸建て向けとマンション向けで紹介

更新日:2022.11.07

Wi-Fiルーターのイメージ

スマホやパソコンでネットを利用する際に必要なのが「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」。Wi-Fi6対応モデルやメッシュ対応モデルなどがあり、機種選びで悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

今回は、Wi-Fiルーターを選ぶ際のポイントについて解説します。戸建て向け・マンション向けのおすすめモデルも紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

今選ぶなら“Wi-Fi6”対応モデルがおすすめ!

今選ぶならWi-Fi6対応モデルがおすすめ!

Wi-Fiには「Wi-Fi 4」や「Wi-Fi5」など、複数の規格があり、新しい規格の商品ほど通信速度が速いのが特徴です。今選ぶなら、発売されている製品のなかで高速な「Wi-Fi6対応」モデルがおすすめ。多台数同時接続にも強いため、買い替えるだけで通信環境の改善が期待できます。

ただし、端末側も同規格に対応している必要があるので留意しておきましょう。1万円前後で購入できるモノもあります。

また、対応しているモデルは少ないですが、「Wi-Fi 6E」という新しい規格も登場しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

Wi-Fiルーターの選び方

自宅の間取りに合わせて選ぶ

Wi-Fiルーターの選び方 自宅の間取りに合わせて選ぶ

自宅の間取りによってWi-Fiルーターに必要なスペックは異なります。バッファローをはじめNECやエレコムの商品には、「戸建て2階建」といったように、推奨環境が記載されているので購入時の目安にしてみてください。推奨環境に対して、少し余裕のあるモノを選ぶのがおすすめです。

また、あわせて周波数帯もチェックしておきましょう。周波数帯は2.4GHz・5GHz・6GHzの3種類。2.4GHzの電波は壁のような障害物に強く、5GHzは電子レンジなどと干渉せず安定して接続できるのが特徴。6GHzは「Wi-Fi 6E」で利用できる周波数帯です。設置場所や利用状況に合わせて使い分けられるので、2つ以上の周波数帯にモノをチェックしてみてください。

世代 規格名 新名称 最大通信速度 周波数帯
  • 新しい
  • 古い
IEEE 802.11ax Wi-Fi 6E 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz/6GHz
IEEE 802.11ax Wi-Fi 6 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac Wi-Fi 5 6.9Gbps 5GHz
IEEE 802.11n Wi-Fi 4 600Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11g - 54Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11a - 54Mbps 5GHz
IEEE 802.11b - 11Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11 - 2Mbps 2.4GHz

戸建て|全方位をカバーできるモデルをチェック

Wi-Fiルーターの選び方 自宅の間取りに合わせて選ぶ 戸建て|全方位をカバーできるモデルをチェック

2階建てや3階建ての戸建てに設置するなら、家全体に電波を届けられるモデルを選びましょう。2.4GHzに対応していることと、外付けの大型アンテナの搭載がポイントです。内蔵アンテナタイプに比べて電波の広がりに期待できます。

そのほか、メッシュ対応のWi-Fiルーターもおすすめです。複数のルーターで網目状のネットワークを構築するので、家の隅々まで電波を届けられます。

マンション|電波が干渉しにくいモデルをチェック

Wi-Fiルーターの選び方 自宅の間取りに合わせて選ぶ マンション|電波が干渉しにくいモデルをチェック

多くの住人が暮らすマンションの場合、電波干渉による通信速度の低下やつながりにくさがネックです。マンション暮らしの方におすすめなのが、電波が干渉しにくい5GHz帯の周波数に対応したWi-Fiルーター。壁のような障害物には弱いものの通信速度が速く安定するため、快適なネット環境を構築できます。

さらに、セキュリティ機能を搭載したモデルなら、Wi-Fi電波を無断利用されるリスクを軽減できるので安心です。

一人暮らし・ワンルーム|1万円前後のモデルでも十分

Wi-Fiルーターの選び方 自宅の間取りに合わせて選ぶ 一人暮らし・ワンルーム|1万円前後のモデルでも十分

ワンルームに一人暮らしであれば、同時接続可能な端末の台数や推奨される間取りなどを、それほど気にする必要はありません。1万円前後で発売されている、スタンダードモデルのWi-Fiルーターでも十分です。

ゲームを本格的に楽しみたい方は、通信速度が速いモデルやゲーミングルーターを検討してみてください。4K動画のストリーミング再生もスムーズです。

利用人数に合わせた同時接続数で選ぶ

Wi-Fiルーターの選び方 利用人数に合わせた同時接続数で選ぶ

Wi-Fiルーターは、利用人数に合わせて、全員が使用するデバイスの数に対応できるモデルを選びましょう。スマホ・タブレット・パソコンなど、1人で複数のデバイスを使用するケースも珍しくありません。プリンターや家電といった共用で使う機器も含めて、接続台数を確認しておくのがおすすめです。

また、各メーカーで公表している推奨利用台数や推奨利用人数を目安にすると、選びやすくなります。これからさまざまな製品がIoTやワイヤレス対応になることを考慮して、接続台数や人数に余裕があるモデルを選んでみてください。

セキュリティ機能があると安心

Wi-Fiルーターの選び方 セキュリティ機能があると安心参照:TP-Link

リモートワークが増えているからこそ、セキュリティ面もしっかり考慮して選ぶようにしましょう。ネットを安全に利用するなら、セキュリティ規格「WPA3」に対応したモデルがおすすめです。強力な保護機能を有しており、不正なアクセスなどから自宅のWi-Fiをしっかりとガードします。

あわせてチェックしたいのが、Wi-Fiルーターが採用している暗号化方式。Wi-Fiの暗号化方式はAES・TKIP・WEPの3種類あります。特にAESは通信中でも自動的に暗号化キーを変更し続けられるなど、非常に高いセキュリティ性能を備えているのが特徴。セキュリティレベルの高さを重視する方におすすめの方式です。

“引っ越し機能”があると買い替えるときに便利

Wi-Fiルーターの選び方 引っ越し機能があると買い替えるときに便利

引っ越し機能が備わっていると、Wi-Fiルーターを買い替えるときに便利です。「WPS(Wi-Fi Protected Setup)」を利用して、無線の設定情報を引き継ぐ便利な機能。ボタンを押すだけなので、初心者の方でも簡単にセットアップが行えます。

また、デバイス側の設定が不要なのも便利なポイント。再設定などもほとんど行わないため、買い替えの方はぜひチェックしてみてください。

ゲーム環境を快適にするなら“ゲーミングルーター”をチェック

Wi-Fiルーターの選び方 ゲーム環境を快適にするならゲーミングルーターをチェック

オンラインゲームなど、高速通信を必要とする場面では「ゲーミングルーター」を選ぶのも1つの選択肢です。ゲーミングルーターには、オンラインゲームの通信処理を高速で実行できる高性能CPUが搭載されています。

また、CPUの処理によって、ほかのデバイスが動画を閲覧しているときでもオンラインゲームの通信を優先して処理できるのがポイント。通信速度にラグが発生しにくく、快適にオンラインゲームを楽しみたい場面に最適です。

すべてのゲーミングルーターを見る

通信がさらに快適になる機能をチェック

離れた場所でもつながりやすい“ビームフォーミング”

Wi-Fiルーターの選び方 通信がさらに快適になる機能をチェック 離れた場所でもつながりやすいビームフォーミング参照:バッファロー

Wi-Fiの電波に指向性を持たせ、特定の方向・端末に向けて飛ばす機能「ビームフォーミング」。対応している端末を使用することで、Wi-Fiルーターから離れた場所でも快適な通信を維持しやすいメリットがあります。

また、ビームフォーミングはWi-Fiルーターと接続している端末の位置を検出し、最適な電波を送信する機能を備えているのもポイント。Wi-Fiの安定性を重視したい方は要チェックの機能です。

通信速度の低下を防ぐ“MU-MIMO”

Wi-Fiルーターの選び方 通信がさらに快適になる機能をチェック 通信速度の低下を防ぐMU-MIMO参照:NEC

従来のWi-Fiルーターは各端末と1台ずつ時間をずらして接続していたため、順番待ちによる通信速度の低下が発生していました。しかし、MU-MIMOは複数のデバイスを同時に通信できるのが特徴。通信速度を維持したまま安定して接続できるので、多くの機器を同時に使用したい方におすすめの機能です。

なお、デバイス側もMU-MIMOに対応している必要があるため留意しておきましょう。

通信を安定させる“バンドステアリング”や“オートチャネルセレクト”

Wi-Fiルーターの選び方 通信がさらに快適になる機能をチェック 通信を安定させるバンドステアリングやオートチャネルセレクト参照:NEC

Wi-Fiルーターのなかには「バンドステアリング」や「オートチャンネルセレクト」機能を搭載したモデルがあります。バンドステアリングは周囲の電波強度を判別し、2.4GHz帯と5GHz帯を自動で振り分けて、電波の混雑を軽減できるのが特徴。

一方のオートチャネルセレクトは、周囲のアクセスポイントを検出し電波干渉の少ないチャンネルを自動選択することで、通信を安定させる働きがあります。より安定した接続を求める方はこれらの機能の有無もチェックしてみてください。

インターネットの混雑を回避できる“IPv6”

Wi-Fiルーターの選び方 通信がさらに快適になる機能をチェック インターネットの混雑を回避できるIPv6参照:NEC

IPv6とはIPv4に続く、新しいインターネットプロトコル規格です。利用者の多いIPv4とは異なるルートでネットに接続するため、混雑を回避できるのが特徴。夜間など回線が混みやすい時間帯でもネットが快適に使用できます。

また、割り振りできるIPアドレスの数が非常に多く、IoTに対応しやすいのも特徴です。

Wi-Fiルーターの人気メーカー

バッファロー(BUFFALO)

Wi-Fiルーターの人気メーカー バッファロー(BUFFALO)

「バッファロー」は、Wi-Fi5対応とWi-Fi6対応の商品をメインで発売しています。独自のメッシュ技術を保有しているのが特徴。自社のアルゴリズムを採用しており、設置環境に合った高効率なメッシュネットワークを構築できます。

ストリーミング再生やゲームなど、幅広いシーンで快適に利用可能。広い間取りの家に住んでいる方に特におすすめのメーカーです。

バッファローのWi-Fiルーターを見る

エヌイーシー(NEC)

Wi-Fiルーターの人気メーカー エヌイーシー(NEC)

「NEC」のWi-Fiルーターは、アンテナ内蔵型のスタイリッシュなデザインを採用しているのが特徴です。自宅のリビングや書斎に、スッキリと設置できる商品を求める方におすすめ。Wi-Fi5対応とWi-Fi6対応の商品を取り扱っており、用途や予算に応じて選択できます。

公式Webサイト「AtermStationホーム」では、OFDMAやMU-MIMOなど、各機能の対応有無を一覧表で確認することが可能です。

NECのWi-Fiルーターを見る

エレコム(ELECOM)

Wi-Fiルーターの人気メーカー エレコム(ELECOM)

「エレコム」は、ネットワーク・メモリ・ストレイジといった幅広い分野の製品を取り扱うメーカー。Wi-Fiルーターはビームフォーミング・MU-MIMO・IPv6対応など、多機能なモデルを数多く展開しています。

独自の「e-Mesh」技術を有しているのも特徴です。広いエリアがシームレスにカバーできるので、仕切りの多い家に住んでいる方はチェックしてみてください。

エレコムのWi-Fiルーターを見る

Wi-Fiルーターのおすすめ|戸建て向けモデル

NEC PA-WX5400HP

NEC PA-WX5400HP

【Wi-Fi6対応】
3階建の戸建てや4LDKのマンションに対応するおすすめのWi-Fiルーターです。メッシュWi-Fiに対応しており、中継機としても機能するのが特徴。本機を複数台設置することで、より広い間取りにもしっかりと対応できます。

シームレスにつながる、ネットワーク環境を構築できるのがポイント。家のなかを移動しながら動画を見るようなシーンでも、ルーターと中継機を手動で切り替える煩わしさがありません。

バッファロー「AirStation」WSR-5400AX6S

バッファロー「AirStation」WSR-5400AX6S

【Wi-Fi6対応】
お手頃な価格が魅力のWi-Fi 6対応モデルです。コスパに優れた高速Wi-Fiルーターを求める方におすすめ。自宅のネットワーク環境を手軽に高速化できます。OFDMA機能を備えているため、多くのデバイスを接続してもスムーズに通信可能です。

「バンドステアリングLite」機能を搭載しているのも特徴。デバイスとの電波強度に応じて周波数帯を切り替えるので、多くの部屋で快適に使えます。

Google「Google Nest Wifi」GA00822-JP

Google「Google Nest Wifi」GA00822-JP

部屋のインテリアとしてもよく映える、おしゃれなデザインを採用したWi-Fiルーターです。1台で最大約120平方メートルの広いエリアに電波を届けられます。付属の拡張ポイントを設置すれば、より広範囲で快適なネット利用が可能。部屋数の多い間取りにもしっかりと対応できます。

さらに、Googleアシスタントを搭載しているため、スマートスピーカーとしても使えるのがポイント。音楽の再生や調べ物を音声操作で実行できます。

アイ・オー・データ WN-DAX6000XR

アイ・オー・データ WN-DAX6000XR

【Wi-Fi6対応】
Wi-Fi6に対応した高速モデルです。10Gbpsの有線LANポートを搭載しているのが特徴。ワイヤレスで接続するスマホやタブレットはもちろん、有線接続のデスクトップPCでも高速な通信環境を構築可能です。

クアッドコアのCPUを採用しているため、家族みんなが使用するような高負荷時でも、安定した通信が期待できます。

バッファロー「AirStation」WXR-6000AX12S

バッファロー「AirStation」WXR-6000AX12S

【Wi-Fi6対応】
バッファローが発売する、フラッグシップモデルのWi-Fiルーターです。5GHz帯で最大4,803Mbpsの高速通信が行えます。通信速度を重視する方におすすめのモデルです。

外付けの「デュアルスタックダイポールアンテナ」を搭載しているのが特徴。3軸回転機構を備えており、設置場所に合わせてアンテナの配置を変更できます。自宅の間取りに合った、快適なネットワーク環境を構築しやすいので便利です。

ASUS RT-AX86S

ASUS RT-AX86S

【Wi-Fi6対応】
デュアルバンドに対応したゲーミングWi-Fiルーターです。ネットゲームを思いっきり楽しみたい方におすすめのモデル。「Adaptive QoS」のゲームブーストを有効にすれば、回線が混雑している場合にゲームの通信を優先して処理するため、速度の低下を抑えられます。

複数の端末がインターネットを利用しているシーンでも、快適にプレイ可能。また、ゲーム通信を優先するゲーミングLANポートを搭載しているのも特徴です。

NEC「Aterm(エーターム)」PA-WX6000HP

NEC「Aterm(エーターム)」PA-WX6000HP

【Wi-Fi6対応】
5GHz帯の8×8高性能アンテナを内蔵したWi-Fiルーターです。多くの機器を接続したい方におすすめのモデル。コンパクトなうえ壁掛けにも対応しているため、設置場所に困りません。

ハンドステア機能を搭載しているのも特徴。電波強度に応じて2.4GHz と5GHzを自動で切り替えます。離れた場所でも接続が安定しているので、部屋数が多い家でも快適に使用可能です。

TP-Link「Archer GX90」AX6600

TP-Link「Archer GX90」AX6600

【Wi-Fi6対応】
トライバンドに対応した高性能なWi-Fiルーターです。最大速度4.8Gbpsのゲーム用バンドにより、スムーズなプレイを実現。ゲームストリームを検出して最適化する「ゲームアクセラレーター」を搭載しているため、ゲームを快適に楽しめます。

ダッシュボードからリアルタイムの遅延やプレイ時間などを一目で確認可能。また、HomeCareのセキュリティシステムが、大切なデバイスやアカウントを守ります。ストレスフリーかつ安全なゲームライフを求める方におすすめです。

Wi-Fiルーターのおすすめ|マンション向けモデル

バッファロー WSR-1166DHPL2

バッファロー WSR-1166DHPL2

Wi-Fi5に対応した、お手頃価格のエントリーモデルです。コスパがよいWi-Fiルーターを探している方におすすめ。設置環境は、3LDKのマンションなどが推奨されています。

「無線引っ越し機能」を搭載しているため、引き継ぎ作業を簡単に実行可能です。また、MU-MIMOやビームフォーミングを備えるなど、快適に利用できる機能も充実しています。

NEC PA-WG1200HS4

NEC PA-WG1200HS4

NECの独自技術「ハイパワーシステム」を採用したモデル。部屋数の多いマンションでも電波が遠くまで届きやすいのが特徴です。また、360°全方位に電波を飛ばす「μ(マイクロ)SRアンテナ」も備わっています。

「こども安心ネットタイマー」を搭載。子供が使っているゲーム機やスマホなどのWi-Fi接続時間をコントロールできます。高いセキュリティ性能を誇るWPA3規格に対応しているのも魅力です。

エレコム WRC-X6000XS-G

エレコム WRC-X6000XS-G

【Wi-Fi6対応】
10Gbpsの有線LANポートを搭載したWi-Fiルーターです。高速通信を実現しています。4Kや8K動画のストリーミング再生はもちろん、ネットゲームも快適にプレイ可能です。

また、IPv6に対応しており、回線の混雑による影響が少ないのも嬉しいポイントです。スリムでスタイリッシュなデザインなのでスッキリと設置できます。

TP-Link「Archer AX73」AX5400

TP-Link「Archer AX73」AX5400

【Wi-Fi6対応】
Wi-Fi6に対応しているTP-Linkのフラッグシップモデルです。合計5,400Mbpsの非常に高速な通信を実現しているのが特徴。可動する6本の外部アンテナやビームフォーミング技術の組み合わせにより、部屋数が多い間取りでも電波をしっかりと届けます。

最大80台の同時接続に対応しているのもポイント。エアコンや冷蔵庫など、多くのIoT機器を接続したい方にもおすすめです。

NEC「Aterm(エーターム)」PA-WX3600HP

NEC「Aterm(エーターム)」PA-WX3600HP

【Wi-Fi6対応】
複数の端末を同時接続できるWi-Fiルーターです。家族での使用におすすめのモデル。OFDMAとMU-MIMOにより、安定した通信環境を構築できます。

また、バンドステアリングとオートチャンネルセレクト機能を搭載しているため、干渉や混雑による通信速度の低下を抑えられるのも嬉しいポイントです。

バッファロー「AirStation」WSR-3200AX4S

バッファロー「AirStation」WSR-3200AX4S

【Wi-Fi6対応】
初めて購入するWi-Fiルーターにおすすめのモデル。Wi-Fi6対応でありながら手に届きやすい価格なのが魅力です。5GHz帯で最大2,401Mbpsの高速通信が行えます。スリムなボディを採用しており、ちょっとしたスペースに設置できるのも便利です。

「QRセットアップ」に対応しているのが特徴。付属のQRコードをスマホで読み取ってガイドの通りに設定すれば、インターネットがはじめられます。1人暮らしの方にもおすすめです。

NEC「Aterm(エーターム)」PA-WG2600HP4

NEC「Aterm(エーターム)」PA-WG2600HP4

2.4GHz と5GHz帯を同時利用できるデュアルコア搭載のWi-Fiルーターです。「Wi-Fi設定引っ越し機能」を搭載しているのも特徴。買い替え時の煩わしい設定作業をできるだけ省きたい方におすすめです。WPS対応製品であれば他社製のモデルでも「Wi-Fi設定引っ越し機能」が利用できます。

メッシュ中継機能を備えており、最大9台メッシュ中継機を接続することが可能です。万が一、電波が届きにくい場所ができても手軽にWi-Fiエリアを拡大できます。

アイ・オー・データ WN-TX4266GR

アイ・オー・データ WN-TX4266GR

トライバンド機能を備えたWi-Fiルーターです。たくさんの機器を同時接続する方におすすめのモデル。利用する周波数帯を分散させ、負荷を軽減させることで快適なネット環境を実現します。合計36台のデバイスを同時につなぐことが可能です。

「ビームフォーミングW」を採用しているのもポイント。ビームフォーミングに対応する端末だけでなく、非対応の機器でも安定した通信が期待できます。

Wi-Fiルーターの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのWi-Fiルーターの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

Wi-Fiルーターのランキングを見る

Wi-Fiルーターの寿命は?

Wi-Fiルーターの寿命は?

パソコンやスマホといったデバイスの性能は年々向上しています。最新型のスマホを購入してもルーターが同じ規格に対応していなければ、デバイスの性能に見合った速度は発揮できません。

通信速度や接続の安定性に不満を感じるようになったときが、買い替え時期の目安と考えておきましょう。

担当者からひとこと

Wi-Fiルーターを購入する際には、自宅の間取りや接続するデバイスの数など、事前に考慮すべきポイントがいくつか存在します。よく確認せずに購入すると、上手く接続できなかったり期待していた速度がでなかったりする可能性があるので注意が必要。本記事も参考に快適なネット環境を構築してみてください。

すべてのWi-Fiルーターを見る

おすすめの関連記事