USBケーブルのおすすめ13選 種類や選び方もまとめて紹介

更新日:2020.08.29

USBケーブルのイメージ

パソコンやスマートフォンの周辺アイテムとして使用頻度の高い「USBケーブル」。Type-AやType-Bといったコネクタの形状はもちろん、性能もさまざまなモデルがあります。
そこでこの記事では、おすすめのUSBケーブルをピックアップ。選び方やメーカーについてもご紹介するので、チェックしてみてください。

USBケーブルとは

USBケーブルとは

「USBケーブル」とは、パソコン周辺機器やパソコン本体、スマートフォンなど機器同士を接続するために使用するケーブルのひとつです。USBの正式名称を「ユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)」といいます。

USB以前の規格では、ケーブルでつないで電源をONにしたらOFFにするまでずっと接続しておかなければなりませんでした。しかしUSBケーブルは、電源がONの状態でも抜き挿しできるのが特徴です。

USBケーブルのおもな種類

USB Type-A

USBケーブルのおもな種類 USB Type-A

「USB Type-A」は、パソコンに接続できる標準的なUSBコネクタです。ほとんどのパソコンにUSB Type-Aが接続できるポートが搭載されており、USB機器の給電やパソコン周辺機器の接続にも用いられます。

USB Type-Aには2.0・3.0・3.1となどの規格があるのが特徴。互換性があるので、同じType-Aのであればどの規格でも接続可能です。また、変換ケーブルを使えば、幅広い端子にも対応できます。

USB Type-B

USBケーブルのおもな種類 USB Type-B

「USB Type-B」は、おもにプリンターやスキャナー、外付けHDDなどパソコンの周辺機器に搭載されることが多いUSBコネクタ。Type-Aの形状が長方形なのに対し、Type-Bは正方形に近い形状なのが特徴です。

Type-Bにはmini USBやMicro USBなど、異なる形状の端子が混在しているので、どの端子のUSBケーブルが必要なのかあらかじめ確認しておくことが重要。また、Type-Aと違い2.0と3.0では形状が異なるため注意しましょう。

USB Type-C

USBケーブルのおもな種類 USB Type-C

「USB Type-C」は、2015年頃からラインナップされたAndroidのスマートフォンやMacBookに、おもに搭載されているUSBコネクタ。上下左右が対称の形をしており、どちらを上向きにしても接続できます。

電力供給や映像出力などもできるので、使用するデバイスがすべてType-Cに対応していれば、配線がすっきりすることもポイント。最近ではノートパソコンにもポートが設けられています。

micro USB

USBケーブルのおもな種類 micro USB

「micro USB」は、おもにモバイルバッテリーやワイヤレスイヤホンなどUSB給電ができる機器に搭載されているUSBコネクタです。少し前のAndroidスマートフォンやタブレットに用いられていることもあります。

何度も抜き挿しされることを想定されて作られているため、耐久性に優れていて端子が抜けにくいのがポイント。規格には2.0と3.0があります。なお、2.0と3.0では形状が異なり、互換性がないので注意が必要です。

Lightning(ライトニング)

USBケーブルのおもな種類 Lightning

「Lightning」はiPhoneやiPadに搭載されているApple独自の接続端子。Type-Cと同様に上下左右が対称の形をしており、向きを気にせずに接続できるのが魅力です。

モバイル向けに作られており、非常に小型なのが特徴。充電やデータ転送もでき、Appleユーザーであればこれ1本で同期やバッテリーチャージができます。

USBケーブルの選び方

USBケーブルの選び方

USBケーブルの選び方 ケーブルの長さをチェック

USBケーブルの長さは15cm〜500cm程度が主流です。さまざまな長さのモデルがあるので、使用シーンに合ったモノを選ぶのがおすすめ。パソコンや周辺機器と端末を接続する場合は、移動範囲を考えた長さのモデルを選びましょう。

外出先でモバイルバッテリーを使用するなど、持ち運びの機会が多い場合は短いUSBケーブルがおすすめ。また、巻き取り式のモデルはケーブルをスッキリと収納できるので、携帯性に優れます。

データの転送速度をチェック

USBケーブルの選び方 データの転送速度をチェック

データの転送速度とは、1秒間にどれだけのデータ量を転送できるかを数値化したモノです。「bps」という単位で表記され、数値が大きいほどパソコンとの同期やデータの移行がスムーズに行えます。

USB 2.0が480Mbps、USB 3.0ならより大きい5Gbpsというように、USBケーブルの規格によって転送速度が決まっているのがポイント。特に、機器やデバイスがデータ転送速度の速い規格の場合、ケーブルがその速度に対応していないと低速になってしまうので注意しましょう。

急速充電対応だと便利

USBケーブルの選び方 急速充電対応だと便利

充電をおもな目的としてUSBケーブルを選ぶ場合は、急速充電に対応しているかどうかを確認しておくのがおすすめです。チェックすべき項目は最大電流容量。「A」という単位で表記され、2A以上だと高速で充電が可能です。

「Power Delivery」に対応したデバイスに使うのであれば、USBケーブルも同様に「Power Delivery」のモデルがおすすめ。従来のUSBケーブルよりも急速に充電が行えます。

耐久性も重要

USBケーブルの選び方 耐久性も重要

USBケーブルで充電しながらスマートフォンなどを使用する機会が多い方は、耐久性の高いモデルを選びましょう。USBケーブル故障で多いのが断線です。耐久性の低いUSBケーブルを選ぶと切れてしまうリスクも高くなるので注意しましょう。

ポイントはケーブルの素材です。ナイロンやケブラー繊維など、折り曲げや断線に強い素材が使われているアイテムがおすすめ。また、メーカー独自に断線しにくい工夫を施したモノもあります。

変換コネクタ付きなら使い分けできる

USBケーブルの選び方 変換コネクタ付きなら使い分けできる

USB Type-Cに対応した機器にLightningケーブルが挿し込めないように、タイプの違うケーブルと機器同士を接続することはできません。そのため複数のデバイスを持っている場合は、複数のUSBケーブルを購入する必要があります。

しかし、変換コネクタ付きのUSBケーブルであれば、タイプの枠を越えて使い分けられます。また、2in1や3in1なら1本のケーブルでさまざまな機器に対応できるのもポイント。複数のデバイスを使う方におすすめです。

USBケーブルの人気メーカー

サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

USBケーブルの人気メーカー サンワサプライ(SANWA SUPPLY)

「サンワサプライ」は、1951年に立ち上げられた日本のパソコン周辺機器メーカー。おもにパソコンデスクやアクセサリー、入力機器などを手掛けています。

サンワサプライでは、Type-Aなどの一般的によく使用されるタイプのUSBケーブルはもちろん、モデムと接続できるようなモデルも扱っています。また、L字型や全長が長いモノなど、使用状況に応じたアイテムも多いのが特徴です。

エレコム(ELECOM)

USBケーブルの人気メーカー エレコム(ELECOM)

「エレコム」は、1986年に設立されたコンピュータ周辺機器メーカーです。おもにサプライ製品やデバイス製品を扱っており、最近ではタブレットやスマートフォンの分野にも進出しています。

耐久性に優れるモノやノイズを低減するモノなど、さまざまな強みを持つUSBケーブルを扱っているのが特徴。また、スリムタイプや巻き取りタイプなど、持ち運びやすいモデルもラインナップされています。

USBケーブルのおすすめ|USB Type-A

サンワサプライ KU-RAA1(1m)

サンワサプライ KU-RAA1(1m)

USB Type-Aに対応したパソコンと周辺機器を接続できる、全長約1mのUSBケーブル。コネクタの表や裏を気にすることなく、両面どちらでも挿せるのが特徴のアイテムです。

銅製シールドの内側に密閉型のアルミシールド処理がなされた二重シールドで、幅広いノイズからデータを保護するのがポイント。耐振動性や耐衝撃性に優れ、サビにも強いのが魅力です。

アイネックス U30AA-MM15(1.5m)

アイネックス U30AA-MM15(1.5m)

全長約1.5mのUSB Type-Aケーブル。電源をUSBから供給するパソコン周辺機器とUSB Type-Aに対応したパソコン本体を接続する際に使用できます。RoHS指令に準拠しており、有害物質が使用されていないのが特徴です。

USB 3.0の規格で、最大データ転送速度が5Gbpsなのがポイント。容量の大きなデータでも短時間で転送できます。お手ごろ価格なことも魅力で、リーズナブルな製品を探している方におすすめです。

USBケーブルのおすすめ|USB Type-B

バッファロー BCUAB230WH(3m)

バッファロー BCUAB230WH(3m)

USB 2.0規格に対応しているパソコンと、USB 2.0規格に対応したプリンターやスキャナーなどの周辺機器を接続する際に用いる、Type-AとType-BのUSBケーブル。全長は約3mあり、機器同士が離れた場所にある場合でも接続できます。

USB 2.0規格の最大転送速度480Mbpsに対応しており、USB1.1規格の周辺機器にも使用可能。また、RoHS指令の基準値に準拠し、有害物質が使用されていないのもポイントです。

サンワサプライ KU-R5(5m)

サンワサプライ KU-R5(5m)

USB Type-Aに対応したパソコンとUSB機器を接続する、Type-AとType-BのUSBケーブル。USB Type-A コネクタの表裏を気にすることなく両面挿しできるのが特徴です。ケーブルの長さは5mで、機器とパソコンが離れていても接続できます。

銅製シールド材の内側に密閉型のアルミシールド処理を行った二重シールドケーブルで、ほとんどのノイズからデータを守れるのが魅力。ピンコネクターには信号劣化にも強い金メッキ処理が施してあります。

エレコム USB3-BF30BK(3m)

エレコム USB3-BF30BK(3m)

USB Type-Aを搭載したパソコンと、外付けHDDなどの周辺機器を接続できるUSBケーブル。フェライトコアや3重シールドケーブルが採用されており、ノイズからデータを守れるのが特徴です。

USB 3.0規格の最大通信速度5Gbpsに対応。容量の大きなデータも短い時間で転送できます。コネクタにはサビなどに強い金メッキピンコネクターを採用。RoHS指令に準拠しているのもポイントです。

USBケーブルのおすすめ|USB Type-C

オウルテック OWLCBKCA2SR12BK(1.2m)

オウルテック OWLCBKCA2SR12BK(1.2m)

SR構造とアラミド繊維を採用したType-CのUSBケーブル。屈曲試験15000回をパスするほどの高い耐久性を誇ります。付け根部分には丈夫で柔らかい素材を採用しており、取り回しがよく絡みづらいのが特徴です。

最大5V、3Aの高出力で電力の供給が可能。スマートフォンなどのデバイスを素早く充電できます。コストパフォーマンスがよく、長く愛用できるアイテムを探している方におすすめです。

ラスタバナナ RBHE251(0.1〜0.8m)

ラスタバナナ RBHE251(0.1〜0.8m)

2.4Aまでの高出力充電器に対応している、Type-CのUSBケーブル。スマートフォンやタブレットをすぐに充電したいときに便利なアイテムです。また、パソコンと接続することでデータのやり取りも行えます。

ケーブルの長さは最長で80cm。巻き取り式で好きな長さに調節できるほか、持ち運びに便利なのが魅力です。また、USB 2.0規格の最大転送速度480Mbpsに対応しており、データのやり取りが行えます。

アンカー・ジャパン A8465011(0.9m)

アンカー・ジャパン A8465011(0.9m)

TPE素材を使用しているType-CのUSBケーブルです。柔軟性と耐久性に優れ、折り曲げに強いのが特徴。丸みを帯びたコネクタを採用しておりスムーズに抜き挿しできるなど、使いやすいのが魅力です。

USB 3.1 Gen 2規格の最大転送速度10Gbpsに対応しており、HD動画など容量の大きなデータもわずか数秒で転送できます。また、Quick Charge 3.0対応機器の充電に使用できるのもポイントです。

USBケーブルのおすすめ|micro USB

オウルテック BKS-CBKMU15(1.5m)

オウルテック BKS-CBKMU15(1.5m)

防弾チョッキなどに用いられるアラミド繊維を内部に採用したmicro USBケーブル。50000回以上の折り曲げ試験をクリアするなど、高い耐久性を備えています。付け根部分にはロングブッシュ形状を採用しており、断線に強いのも特徴です。

最大5V、2.4Aの給電が可能で、スマートフォンなどの接続機器を充電できます。また、USB 2.0規格の最大転送速度480Mbpsに対応しており、容量の大きなデータのやり取りが行えるのもポイントです。

エレコム MPA-AMBS2U12(1.2m)

エレコム MPA-AMBS2U12(1.2m)

2A対応のmicro USBケーブル。急速充電対応のスマートフォンの充電時間の短縮が可能です。また、USB2.0規格に準拠した480Mbpsのデータ転送に対応しています。

パーツに金メッキピンを採用しており、サビに強いのもポイント。耐久性と安全性に優れ、信号劣化を低減します。また、表裏が分かりやすい仕様になっており、抜き挿ししやすいのが魅力です。

ラスタバナナ R08CAM2AR01(〜0.8m)

ラスタバナナ R08CAM2AR01(〜0.8m)

最大5V、2.4Aの給電が可能なmicro USBケーブル。スマートフォンやタブレットを短い時間で充電できます。また、充電だけでなく通信にも対応しており、パソコンと接続することでデータのやり取りをすることも可能です。

巻き取り式で、使用しないときには本体内にケーブルを収納できます。ケーブルが絡みにくく、持ち運びにも便利。また、スタイリッシュな見た目で、持ち物にこだわりたい方におすすめです。

USBケーブルのおすすめ|Lightning

エレコム MPA-CLPS20(2.0m)

エレコム MPA-CLPS20(2.0m)

二重シールド構造を採用しているLightningケーブル。配線の密度を高めることで高い耐久性を実現しています。長く愛用できるアイテムを探している方におすすめです。

Appleの正規ライセンスである「MFi」を取得。安定したデータ通信が行えます。また、Power Delivery規格に対応しており、iPhone8以降の対応機器を素早く充電できるのもポイントです。

オズマ UDM-SL010(0.1m)

オズマ UDM-SL010(0.1m)

全長が10cmのLightningケーブルです。取り回しがよく持ち運びに便利で、絡まりにくいのが特徴。MFi認証を取得しており、iPhoneやiPad、iPodなどに使用できます。

2.4Aの出力に対応しているのがポイント。モバイルバッテリーやAC充電器、DC充電器から素早く充電できます。また、データ通信が行えるのでiTunesにつなげられるのもポイントです。

USBケーブルの売れ筋ランキングを見る

ビックカメラ.comでのUSBケーブルの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

USB Type-Cケーブルのランキングを見る

microUSBケーブルのランキングを見る

Lightningケーブルのランキングを見る

担当者からひとこと

USBケーブルは、機器間でデータのやり取りができたり対応機器が充電できたりと便利なアイテムです。出力が高いモデルは素早く充電でき、巻き取り式のモノを選べば外出先でスマートに使用できるなど、状況に合わせて選ぶのがポイント。この記事を参考に、ぜひお気に入りのUSBケーブルをみつけてみてください。

すべてのUSBケーブルを見る

おすすめの関連記事