ビックジャンボ!最大全額ポイントバック!

デュアルモニターにおすすめのモデル17選 快適なゲームやテレワーク環境をつくろう

更新日:2021.05.28

デュアルモニターの使用イメージ

モニターが2つに増えるだけで、作業領域が倍になるので大幅に作業効率を上げられます。また、PCモニター自体は、画面が小さいモバイルノートパソコンなどを使用している方にも役立つアイテムです。

そこで今回は、デュアルモニターにおすすめのPCモニターをご紹介。選ぶ際のポイントや映像入力端子の種類についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

デュアルモニターとは

デュアルモニターとは

デュアルモニターとは、1台のパソコンで2つのPCモニターを使用することを指します。デュアルディスプレイとも呼び、ノートパソコンであればサブモニターを1つ用意することで、デュアルモニター環境の構築が可能です。

なお、PCモニターを2つ使用する場合はデュアルモニターですが、2つ以上接続して使用する場合は、マルチモニターとも呼ばれます。デュアルモニターおよびマルチモニター環境では、表示領域の拡張やメインモニターに映る映像の複製などが可能です。

デュアルモニターのメリット

デュアルモニターのメリット

デュアルモニター環境を構築することで得られる一番のメリットは、画面の表示領域を広げられることです。より多くの情報を画面上に表示できるので、作業効率のアップが期待できます。

例えば、同時に複数のウィンドウを立ち上げたり、複数のソフトを同時に使用したりしたいときに便利です。また、メインモニター画面の複製や外部モニターのみの表示も可能。用途や環境に合わせて表示モードを変更すれば自分に合った作業環境をつくれます。

デュアルモニターに使うPCモニターの選び方

大きな“画面"は情報が見やすい

デュアルモニターの選び方 大きな画面は情報が見やすい

PCモニターはさまざまなサイズの製品が販売されています。特に24〜27インチ前後のサイズは大きめで見やすいうえに、汎用性が高く人気ですが、購入前に設置する机のサイズをチェックしておく必要があります。

設置スペースが限られている方は、20インチ前後の小さめモデルもおすすめ。逆に設置スペースに余裕のある方やより多く画面上の作業エリアを確保したい方は、30インチ以上の大型モニターも検討してましょう。

作業効率重視なら“解像度"が高いモノ

デュアルモニターの選び方 作業効率重視なら解像度が高いモノ

PCモニターにおける解像度は画面上のピクセルの数を表し、縦と横をかけたものが総ピクセル数です。この数値が大きいほど高画質になり、より多くの情報を画面上に表示できます。

現在発売されている多くのPCモニターは1920×1080ピクセルの「フルHD」画質に対応。30インチ程度までのサイズであれば、フルHD画質でも十分きれいな映像を表示できます。
さらに大きいサイズのPCモニターを検討している方や、デザイン・イラストなどを手掛ける、高画質にこだわりたい方は、3840×2160ピクセルの4K画質以上に対応したモデルがおすすめです。

“ベゼル"と“フレーム"が狭いモノが快適

デュアルモニターの選び方 ベゼルとフレームが狭いモノが快適

縁の部分が狭くなっているPCモニターは「ベゼルレスモニター」や「フレームレスモニター」と呼ばれ、デュアルモニター環境を構築する際に適したアイテムです。同じサイズのPCモニターでもベゼルが狭い方がコンパクトなので、より多くの作業スペースを確保できます。

なお、2つのモニターを横に並べて設置したときに繋ぎ目が気にならないのもメリット。画面間のマウスのカーソル移動も視差が少なく、スムーズに行えます。また、ベゼルの幅だけでなく、内側の非表示領域の幅ついても確認しておきましょう。

見やすさや目的に合わせた“パネルの種類"を選ぶ

デュアルモニターの選び方 見やすさや目的に合わせたパネルの種類を選ぶ

液晶パネルの駆動方式は大きく分けて、IPS方式・VA方式・TN方式の3つがあります。IPS方式は、発色がよく視野角が広いので、どの角度からでも美しい映像を楽しむことが可能。少し離れた場所に置く際や画像編集などに適しています。

VA方式はコントラスト比を高くしやすく、特に黒い部分を美しくきれいに表現可能。映画などの視聴に適しています。

3つ目のTN方式は、消費電力が少なく応答速度が速いのが特徴。視野角はあまり広くないので、角度のついた位置から見るのには不向きです。基本的に価格が抑えめなPCモニターやゲーミングモニターに多く採用されています。

パネルの表面加工をチェック

デュアルモニターの選び方 パネルの表面加工をチェック

液晶パネルの表面加工には、光沢(グレア)タイプと非光沢(ノングレア)タイプの2種類があります。光沢タイプは画面にツヤがあるので映り込みが発生しやすいという難点はありますが、非光沢タイプよりも色鮮やかできれいな映像を楽しめるのがメリット。映画の鑑賞やグラフィックを扱う仕事などにおすすめです。

非光沢タイプは色の鮮やかさでは光沢タイプに劣りますが、光の映り込みが少ないのが特徴。また、光沢タイプと比べて目にかかる負担が少ないので、長時間の作業やゲーム用途などにも適しています。

入力端子をチェック

デュアルモニターの選び方 入力端子

HDMI

HDMIは「High-Definition Multimedia Interface」の略で、デスクトップパソコンやPCモニターだけでなく、ゲームやノートパソコン、テレビなど多くの機器で採用されています。映像と音声を1本のケーブルで転送できるので、デスク周りの配線をすっきりさせることが可能です。

HDMIにはバージョンがあり、ver.1.4以上なら4Kに対応し、Ver.2.1では8Kに対応。より美しい映像を楽しみたい方はHDMI端子の有無と対応しているバージョンをチェックしておきましょう。なお、HDMI端子には通常よりもコネクタのサイズが小さい「ミニHDMI」や「マイクロHDMI」なども存在します。

DisplayPort

DisplayPortは、後述する「DVI」の後継として登場した映像端子です。HDMIと同じく、音声と映像を1本でケーブルに転送可能。コネクタがHDMIよりもややコンパクトなのが特徴です。

DisplayPortはモニターを数珠つなぎにして接続できる「デイジーチェーン」に対応しています。映像出力端子がひとつしかないパソコンでも複数のモニターに接続できるので便利です。

USB-C

PCモニターにUSB-C端子が搭載されているモデルなら、モバイルノートパソコンやスマートフォンなどを含むより多くの機器と接続できます。

さらに、ケーブル1本で音声と映像を転送できる「USB PD(USB Power Delivery)」に対応していれば、PCモニターから接続機器への電源の給電も可能。ノートパソコンと接続した際、ACアダプターなどで充電する必要がなく、ケーブル1本で電源をまかなえます。使用するケーブルの本数を減らしてデスク周りをすっきりさせられるのもメリットのひとつです。

DVI

DVIは「Digital Visual Interface」の略で、デスクトップパソコンやプロジェクターなどに多く採用されています。劣化がない映像信号を送ることができ、ノイズのないきれいな映像データが送信可能です。

DVIは1920×1200ピクセルまでの画質に対応した「シングルリンク」と2560×1600ピクセルまでの画質に対応した「デュアルリンク」に分けられます。また、アナログ信号とデジタル信号の両方に対応した「DVI-I」とデジタル信号のみに対応した「DVI-D」という2種類の規格があるので、シングルリンク、デュアルリンクの違いと併せて購入前に確認しておきましょう。

VGA

VGAは「アナログRGB」や「D-sub15ピン」などとも呼ばれる、アナログ方式の映像端子です。古くからある端子で、DVIやHDMIが主流になる前はほとんどのパソコンにこの端子が搭載されていました。

送れるのは画像や映像のみで、デジタル式と比べて画質が落ちる上に4Kなどの解像度には対応していないため、高画質を求める方には向きません。同じパソコン長年使用している方やVGA端子にしか対応していない機器を使用している方はチェックしておきましょう。

縦長の情報が見やすい“ピボット機能”

デュアルモニターの選び方 縦長の情報が見やすいピポット機能

PCモニターを支えるスタンドにピボット機能が搭載されていれば、画面を縦に90°回転可能。画面を縦向きにすることで、縦に長いWebサイトの閲覧やプログラミングなどの作業が楽になります。

また、縦向きに設置することにより、横幅が短くなるので、デスク周りのスペースを節約することも可能です。価格に関しては、ピボット機能が搭載されていないモノよりも多少値段が上がる傾向にあります。

長時間使用するなら目にやさしいモノ

デュアルモニターの選び方 長時間使用するなら目にやさしいモノ

PCモニターには目の疲れを軽減する効果が期待できる機能を搭載した製品が多くあります。そのなかのひとつが「ブルーライトカット機能」。画面から発せられるブルーライトを軽減する機能で、製品によってはいくつかの段階に分けて調節できるモノもあります。

そしてもうひとつが画面のちらつきを意味する「フリッカー」を抑える機能。「フリッカーレス機能」や「フリッカーフリー機能」と表示されている場合が多く、ブルーライト機能と同様多くのPCモニターに搭載されています。

モニターアーム対応なら最適な位置に調整ができる

デュアルモニターの選び方 モニターアーム対応なら最適な位置に調整ができる

モニターアームの取り付けが可能なPCモニターは、背面にネジ穴が開けられています。ネジ穴の位置は「VESA規格」という国際標準規格で定められており、この規格に対応した製品同士であれば、メーカーを問わず自由に取り付け可能。

特に、2つのPCモニターを取り付けられるモニターアームは、デュアルモニター環境の構築に適しています。また、より細かい位置の調節ができることやデスク周りのスペースを広げられるのもメリット。モニターアームを購入するための追加費用が必要ですが、より快適な環境を手に入れたい方はチェックしてみてください。

デュアルモニターにおすすめのPCモニター

EIZO「FlexScan」EV2451-RBK

EIZO「FlexScan」EV2451-RBK

4辺フレームレスデザインを採用したスタイリッシュなモニター。フレーム幅が小さいうえフルフラットデザインも採用しているので、デュアルモニターにした際に視線の移動が妨げられず、集中できます。

環境光に合わせて輝度を調節する「Auto EcoView」機能や、紙の質感のような見え方にできる「Paperモード」を搭載。パネルにはアンチグレア処理が施されているため、映り込みが少ない点も魅力です。

アイ・オー・データ LCD-MF224ED

アイ・オー・データ LCD-MF224ED

21.5インチサイズのPCモニターで、液晶パネルにはIPS方式とほぼ同じADS方式を採用。視野角が広いので、複数人での映像視聴にも最適です。ブルーライトを低減させる「ブルーリダクション」機能や「フリッカーレス」機能も搭載されているので、目への負担を和らげる効果が期待できます。

映像入力端子には、VGA・DVI・HDMIを搭載し、スピーカーも内蔵。盗難防止ホールや設定操作をロックできる「OSDロック」機能を搭載し、学習活動ソフトウェア「SKYMENU Pro」にも対応しています。学校やオフィスへの導入にも適した1台です。

フィリップス 226E9QDSB/11

フィリップス 226E9QDSB/11

解像度1920×1080ピクセルのフルHD画質に対応し、液晶パネルにはIPS方式を採用。画面の縁が狭いシームレス仕様なので、本製品を2つ並べて使用したい方にもおすすめです。

映像入力端子にはVGA・DVI・HDMIを搭載。「VESA規格」にも対応しているので、モニターアームの取り付けや壁掛けでの設置も可能です。そのほか、「ちらつき防止テクノロジー」や「ローブルーモード」も搭載しています。

BenQ「ZOWIE esports」XL2411K

BenQ「ZOWIE esports」XL2411K

好みに合わせた姿勢で使用できるモニター。高さ調節とフリーチルト機能に対応しているので、ユーザーに合わせた環境で使用可能です。高さは指1本で調節でき、簡単に素早くセットできます。

コンパクトに設計されたベーススタンドは、キーボードやマウスなどのスペースを広く確保することが可能。独自のDyAc技術の採用により、激しい動きの際も鮮明な表示ができるので、ゲーム用にもおすすめです。

アイ・オー・データ「GigaCrysta」KH270V-Z

アイ・オー・データ「GigaCrysta」KH270V-Z

「オーバードライブ機能」を有効にすることで、高速な0.5msの応答速度に対応します。液晶パネルはTN方式で、サイズは27インチ。非光沢タイプなので、光の反射や映り込みを気にすることなく使用できます。

背面にはロゴが光るイルミネーションが搭載されており、色や発光パターンを好みに合わせてカスタマイズ可能です。映像入力端子には、HDMI×2・VGA・DisplayPortを搭載。PS4などのゲーム機と接続したい方にもおすすめのゲーミングモニターです。

DELL「Sシリーズ」S2421HN-R

DELL「Sシリーズ」S2421HN-R

3辺スリムベゼルを採用した、デュアルモニターにおすすめの23.8インチサイズPCモニター。解像度はフルHD画質で、表面はノングレアタイプです。パネルには広視野角なIPS方式を採用しています。

「ComfortView機能」により、フリッカーとブルーライトの発生を抑制。映像入力端子にはHDMIを2基搭載し、背面はモダンでエレガントな質感に仕上がっています。デザイン性にこだわりたい方にもおすすめです。

アイ・オー・データ LCD-CF271ED

アイ・オー・データ LCD-CF271ED

IPS方式と同じく広い視野角と鮮やかな色味を実現する「ADS方式」の液晶パネルを採用。ディスプレイサイズは27インチで、2W出力のスピーカー2基を内蔵しています。さらに、解像度の低い映像をくっきりときれいに映し出すことが可能な「超解像技術」にも対応。

映像入力端子には、機器への給電も可能なUSB Type-Cを備えています。USB Type-A端子のない機器やモバイルノートパソコンと接続してデュアルモニター環境を構築したい方におすすめです。

LG「LGSIGNATURE」27MP89HM-S

LG「LGSIGNATURE」27MP89HM-S

ベゼル幅約1.3mmのフレームレスデザインを採用したPCモニター。ディスプレイサイズは27インチで、IPS方式の液晶パネルを採用しています。並べても繋ぎ目を気にすることなく使用できるのでおすすめ。低解像度の画像を高精細に表示できる「Super Resolution+」が搭載されているのもポイントです。

また、高出力な5Wのスピーカー2基を内蔵しているので、別途コンポや外付けスピーカーを用意しなくても音声再生が可能。そのほか、暗いシーンの視認性を向上する「ブラックスタビライザー」や、「ブルーライト低減モード」、画面のちらつきを抑える「フリッカーセーフ」などを搭載しています。

JAPANNEXT JN-T2888UHDR

JAPANNEXT JN-T2888UHDR

28インチサイズのPCモニターで、解像度3840×2160ピクセルの4K画質に対応。非光沢タイプの液晶パネルにはTN方式が採用されています。「VESA規格」にも対応しているので、モニターアームでの設置も可能です。

また、白飛びや黒つぶれを軽減し、より滑らかに表示できる「HDR」にも対応。高画質ながらも比較的リーズナブルなため、予算を抑えつつ画質のよさも求めたいという方におすすめの製品です。

ASUS「VG245シリーズ」VG245H

ASUS「VG245シリーズ」VG245H

フルHD画質の24インチのゲーミングモニターです。リフレッシュレートが75Hzのパネルを採用しており画面の表示が滑らか。さらに、応答速度が1msと高速なため、残像の少ないクリアな映像でゲームが楽しめます。

AMDの「FreeSync」テクノロジーに対応しているのもポイントです。ちらつきやカクつきが抑えられるのでゲーム映像に集中できます。インターフェースには2つのHDMIとVGAを採用している1台です。

ACER HA240Yabmi

ACER HA240Yabmi

IPSパネルを採用した23.8インチのモニターです。視野角が広いので斜め方向からでも鮮明な画像を見ることが可能。「フリッカーレステクノロジー」や「ブルーライトシールドテクノロジー」を搭載しているため、長時間の使用でも目が疲れにくいモデルです。

画面上部は厚さ6.6mmと薄型の設計。スタイリッシュなデザインはオフィスや書斎のインテリアとしても映えます。チルト機構を搭載しており上に15°、下に5°の角度調節ができるので、見やすい位置で使用することが可能です。

LG「UltraGear」24GN650-B

LG「UltraGear」24GN650-B

23.8インチのゲーミングモニターです。144Hzのリフレッシュレートパネルを採用しているのが特徴。FPSなど激しく動くゲーム映像も滑らかに表示できるので快適にプレイできます。また、HDRに対応しているのもポイントです。白飛びや黒つぶれの少ない鮮明な画像の表示が可能。建物の影に潜む敵がいち早く見つけられるため、ゲームを有利に進められます。

調節機能が充実しているのも特徴です。高さや角度の調整機能に加え、ピボット機能も搭載。画面を縦方向に回転できるので、ウェブサイトを閲覧したり長文のレポートを読んだりする際にも便利です。

JAPANNEXT JN-315V4KHDR

JAPANNEXT JN-315V4KHDR

31.5インチサイズの大画面かつ高画質な4Kに対応したモデル。大きな画面で迫力のある美しい映像を楽しみたい方におすすめです。

液晶パネルには、コントラストが高く映像をより鮮明に映し出せるVA方式を採用。映像入力端子にはHDMI2.0・HDMI1.4とDisplayPortを搭載しています。また、5W×2のステレオスピーカーを内蔵しているのも嬉しいポイントです。

AOC G2590PX/11

AOC G2590PX/11

ブラックとレッドカラーのゲーミングデバイスらしいデザインが特徴の製品です。サイズは24.5インチで、解像度はフルHD画質。144Hzのリフレッシュレートと1msの応答速度に対応しているので、FPSなどの動きの速いゲームのプレイにも適しています。

また、フリッカーを抑える機能や4段階で調節可能な「ローブルーモード」が搭載されているので、長時間使用する方にもおすすめ。映像入力端子には、HDMI×2・VGA・DisplayPort が搭載されています。また、USB 3.0ポートが4基搭載されているので、キーボードを接続したり、機器を充電したりすることが可能です。

DELL U2415-R

DELL U2415-R

1920×1200ピクセルのWUXGA画質に対応しており、液晶パネルには視野角の広いIPS方式を採用。ディスプレイサイズは24インチで、モニターを2つ並べた際のつなぎ目が気にならない仕様の製品です。

映像入力端子には、2基のHDMIに加え、DisplayPortとmini-DisplayPortを搭載。「VESA規格」に対応しているので、モニターアームや壁掛けでの設置にも対応しています。また、ピボット機能で画面を縦向きにしても使用可能です。

ASUS「TUF Gaming」VG27AQL1A

ASUS「TUF Gaming」VG27AQL1A

ステルス戦闘機を連想させる、近未来的なデザインが特徴のゲーミングモニターです。リフレッシュレートが170Hzと高速なパネルを採用しており、動きの速いゲームに対応できます。

2560×1440ピクセルの非常に高い解像度に対応しているのも特徴です。フルHDと比較して最大77%も広い作業領域を確保することが可能。大きなスプレットシートでも広い範囲が見渡せるため、画面スクロールの手間が減らせます。インターフェースにHDMIを2つとDisplayPortを備えている1台です。

アイ・オー・データ LCD-MF224FDB-T

アイ・オー・データ LCD-MF224FDB-T

本製品は「10点マルチタッチ」に対応しているため、指での直感的な操作が可能。画面の拡大・縮小やスクロールなども指で素早く行えて便利です。ディスプレイサイズは21.5インチ。小さめのサイズなので、少ないスペースでも設置しやすいのがメリットです。

液晶パネルには、広視野角な「ADSパネル」を採用。角度のついた位置からでもきれいな映像が楽しめます。また、スピーカー内蔵で本製品のみでも音声の出力が可能。タッチ操作に対応したPCモニターを探している方は、本製品をチェックしてみてください。

PCモニターの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのPCモニターの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

PCモニターのランキングを見る

担当者からひとこと

より快適なデュアルモニター環境を構築するためには、自身の用途に合った製品を選ぶ必要があります。特にゲーミング用途で使用するPCモニターを選ぶ際は、リフレッシュレートや応答速度などについてもチェックしておくのがおすすめ。本記事では多彩なモデルを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

すべてのPCモニターを見る

おすすめの関連記事