液晶タブレットのおすすめ6選【2020】イラストやデザイン制作がはかどるアイテム

更新日:2020.09.16

液晶タブレットのイメージ

パソコンでイラストを製作する際に便利な「液晶タブレット」。紙に絵を描くような感覚で液晶画面にデジタル描画できるアイテムです。ひとくちに液晶タブレットといってもラインナップが豊富なので、どれを購入すべきか悩んでしまうのではないでしょうか。
そこで今回はおすすめの液晶タブレットをご紹介します。

液晶タブレットとは

液晶タブレットとは

液晶タブレットとは、搭載されている液晶画面にペンでイラストが描けるアイテム。略称で「液タブ」とも呼ばれます。多くのモデルはパソコンと接続して使用しますが、液晶画面がついているので単体でも使用できる製品が存在するのもポイントです。

また、パソコンで絵を描く場合には、液晶タブレットのほかに板タブレットと呼ばれるアイテムも存在します。板タブレットは比較的低価格ですが、初心者には画面に直接ペンで絵を描く感覚が得られる液晶タブレットがおすすめです。

液晶タブレットの選び方

描き方で画面のサイズを選ぶ

液晶タブレットの選び方 描き方で画面のサイズを選ぶ

液晶タブレットに搭載されている画面のサイズは、モデルごとにさまざまです。細かい描きこみが多い場合には、13〜16インチほどの液晶タブレットでも十分。一方で、スケッチや大きな構図を描く場合には22インチ以上の大きなディスプレイを搭載したモノがおすすめです。

搭載している液晶が大きいと表示できる情報量は多くなりますが、液晶タブレット本体の価格も上がる傾向があるので注意が必要。使用用途や予算にあわせて選択しましょう。

筆圧検知の数値が高いモノでよりリアルに近づける

液晶タブレットの選び方 筆圧検知の数値が高いモノでよりリアルに近づける

筆圧検知機能とは、微妙な筆圧の違いを検知して線の強弱や色の濃淡を表現できる機能です。この数値が高くなるほど微妙な違いを検知でき、より繊細な絵を描けるようになります。

筆圧の強弱を使った細かい絵を描く場合には、筆圧を2048〜8192段階で認識できる液晶タブレットがおすすめです。なお、筆圧はソフトウェア側でも設定できる場合があります。

傾きも検知できると便利

 液晶タブレットの選び方 筆圧検知 傾きも検知できると便利

よりリアルな描き心地を求めるのであれば、傾き検知の可否も確認しましょう。実際の筆は立てたり寝かせたりすることで太さの異なる線を描くことが可能ですが、傾きを検知する機能が液晶タブレットにあれば、ペンの角度を変えることで同様の表現ができるようになります。筆やコピックなどのようなアナログでの書き味を再現したい方は要チェックです。

色域のカバー率は高いモノを選ぶ

液晶タブレットの選び方 色域のカバー率は高いモノを選ぶ

色域のカバー率とは、代表的な色域である「Adobe RGB」、「sRGB」などのカバー率のことで、色域カバー率が高ければ高いほど色の再現率が高くなります。描いた絵を液晶ディスプレイ、スマホ、プリンタなどで表示したときの色の違いが生じにくく、イラストをプリントアウトしたときも、色合いをより正確に再現することが可能です。

カバー率は70%程度であれば十分ですが、液晶タブレットによっては色域カバー率が98%と大変高いモノもあります。

画面自体の解像度

液晶タブレットの選び方 画面自体の解像度

画面解像度は、液晶タブレットのディスプレイに表示される総画素数のことを示します。画素数が多くなればなるほど、繊細で美しい画像の表示が可能です。

一般的な液晶タブレットは1920×1080ドットのフルHDで、さらに広範囲を画面上で表現できる3840×2160ドットの4K対応のモノもリリースされています。解像度が高い液晶タブレットなら、イラストの一部を拡大して表示するときもぼやけたりしないので、大きなイラストが編集しやすくて便利です。

ショートカット機能

液晶タブレットの選び方 ショートカット機能

ショートカット機能がついていれば、機能のオンオフやよく使う機能のショートカットキーの登録ができるため、いちいちメニューを開く必要がなくなり、作業の効率化を図れます。

趣味だけでなく仕事で液晶タブレットを使う場合は、ショートカット機能があるかないかは選ぶときの重要なポイントです。拡大や縮小、ペン先の変更、ほかにはカラーパレットの表示などを設定しておくと作業がはかどります。

パソコンに繋げずに使うにはOS搭載モデルを選ぶ

液晶タブレットの選び方 パソコンに繋げずに使うにはOS搭載モデルを選ぶ

液晶タブレットはパソコンと接続して使用するのが基本。ただし、本体にOSを搭載しているモデルであれば、液晶タブレット単体でも使用できます。外出先に持ち運んで使用する場合は、OSを搭載した液晶タブレットが便利。描きたい絵を思い付いた際にすぐ作業できる点がメリットです。

また、絵以外の用途に使いたい場合は、iPadとApple Pencilを使用するのもおすすめ。イラスト作成やメモ書きであれば快適に作業できるスペックを搭載しています。

Apple Pencilが使えるiPadを見る

液晶タブレットのおすすめ

ワコム「Cintiq 16」DTK1660K0D(15.6型/フルHD)

ワコム「Cintiq 16」DTK1660K0D(15.6型/フルHD)

15.6型のフルHD液晶画面を搭載したエントリーモデルの液晶タブレットです。搭載する機能を絞って価格を抑えているので、液晶タブレット初心者でも購入しやすいのがポイント。上位モデルと同様に、筆圧やレスポンスが繊細な「Wacom Pro Pen 2」を採用しています。

液晶画面に、外光の反射や映り込みを抑えるアンチグレアフィルムが施されているのもメリット。HDMI・USB Type-A・電源用ACアダプタの3分岐ケーブルや、本体の左右どちらでも取り付けられるペンホルダーが付属している点もおすすめです。

ワコム「MobileStudio Pro 13」DTHW1321HK0D(13.3型/WQHD)

ワコム「MobileStudio Pro 13」DTHW1321HK0D(13.3型/WQHD)

13.3型のコンパクトな液晶画面を採用した液晶タブレットです。2560×1440の解像度を誇るディスプレイを搭載しており、精細な画像表示が可能。Adobe RGBカバー率最大82%の色域に対応しているのもポイントです。

本製品にはWindows OSが搭載されているので、外出時でも使用可能。インテルの高性能プロセッサー Core i7や16GBのメモリ、512GBのストレージが搭載されているなど、パソコン並みのスペックが採用されています。

ワコム「Wacom One」DTC133W0D(13.3型/フルHD)

ワコム「Wacom One」DTC133W0D(13.3型/フルHD)

初めてデジタルイラストに挑戦する方に最適な液晶タブレットです。13.3型の液晶画面は、1920×1080のフルHD解像度に対応。イラストや漫画制作のほか、アイデアをスケッチしたり、写真や動画の編集に利用したり、資料にメモを書き入れたりと、多彩な用途に使えます。

本製品にはバッテリーレスのペンが付属していますが、「STAEDTLER Noris digital」や「三菱鉛筆9800 デジタイザペン」など、さまざまなメーカーのデジタルペンも使用可能。価格が手頃なので、初めて購入する液晶タブレットとしてもおすすめです。

ワコム「Cintiq Pro 16」DTH-1620/AK0(15.6型/4K)

ワコム「Cintiq Pro 16」DTH-1620/AK0(15.6型/4K)

高精細な15.6型液晶画面を搭載した液晶タブレットです。3840×2160の4K解像度なので、精細な画像が表示可能。8192レベルの筆圧検知ができる「Wacom Pro Pen 2」が付属していますが、3D制作に使いやすい「Wacom Pro Pen 3D」にも対応しています。

マルチタッチジェスチャーで操作がわかりやすく、表示されている画像を簡単に拡大・縮小・回転可能。滑らかなフルフラットのガラス仕上げタッチスクリーンで、紙に描くような感覚で使えておすすめです。

ワコム「Wacom MobileStudio Pro」DTH-W1621H/K0D(15.6型/4K)

ワコム「Wacom MobileStudio Pro」DTH-W1621H/K0D(15.6型/4K)

15.6型の液晶画面を搭載した高性能な液晶タブレットです。3840×2160の4K解像度に対応しており、Adobe RGBカバー率最大85%の色域を誇ります。ガラス仕上げのディスプレイは、ピクセル1つ1つを鮮明に表示できるので、細かな表現を確認できる仕様です。

本製品は、パソコン並みのスペックとWindows OSを搭載。外出時にイラスト制作を行いたい方にもおすすめの液晶タブレットです。

ワコム「Cintiq Pro 24」DTK-2420/K0(23.6型/4K)

ワコム「Cintiq Pro 24」DTK-2420/K0(23.6型/4K)

23.6インチの大型ディスプレイを搭載した液晶タブレットです。解像度は3840×2160の4K画質に対応。Adobe RGBカバー率は最大99%を誇ります。

付属しているペンは、8192レベルの筆圧検知や傾き検知機能を搭載した「Wacom Pro Pen 2」。3D制作を行う方は、別売りの「Wacom Pro Pen 3D」も対応しているので、揃えて使用するのもおすすめです。

液晶タブレットの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの液晶タブレットの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

液晶タブレットの売れ筋ランキングを見る

担当者からひとこと

液晶タブレットは、紙に描くような感覚で液晶画面にイラスト制作ができるので、これからデジタル描画を始める方におすすめ。初心者に最適なモデルからプロ向けのモデルまでさまざまな製品が存在するので、使用用途にあわせて選んでみてください。

すべての液晶タブレットを見る

おすすめの関連記事