4Kモニターのおすすめ12選【2020】ゲーム機やパソコンの映像美を楽しもう

更新日:2020.06.22

4Kモニターのイメージ

高画質で美しい映像を楽しめる4Kモニターは、HPやDELL、LGといった有名メーカーから、さまざまな商品がリリースされています。動画を見たり、PS4やPS4Proといったゲームを楽しんだりと、多彩な使い方が可能です。ここでは、4Kモニターの選び方やおすすめのメーカー、商品についてご紹介します。

4Kモニターとは

4Kモニターとは

4Kモニターとは、画面を構成するドット密度を表す解像度が3840×2160のモニターです。フルHDの解像度1920×1080に比べて、映像の細かいところまでくっきりと表示できるのがメリット。映画鑑賞やゲームなどに利用する場合はもちろんですが、小さな文字を表示する際にも便利です。

フルHDの4倍程度の画素数なので、複数のソフトやブラウザを開いて作業する場合でも文字がつぶれにくいのもポイント。同等サイズのフルHDモニターと比べて作業領域を広く取れるので、マルチタスクがしやすいのが魅力です。

4Kモニターの選び方

画面サイズ

4Kモニターの選び方 画面サイズ

4Kモニターの画面サイズは、一般的な23インチから、大きなものだと50インチのものまであり、各メーカーからさまざまなモデルがリリースされています。映像の見やすさに関係する最適な視聴距離は、画面の高さの約1.5倍。例えば、高さ約40cmの32インチなら60cmほどあけるのが適切です。設置場所に合った画面サイズを選び、快適な視聴環境で使用しましょう。

パネルの種類をチェック

4Kモニターの選び方 パネルの種類をチェック

高発色な“IPS”

IPS(In-Plane-Switching)は高価格のモニターに使われることが多いのがIPSパネルです。発色が良い高視野角パネルで、応答速度はそれほど速くありませんが、その分本来の色を正確に再現でき、写真などの動きが少ない映像に向いています。特に大型パネルに使われることが多く、どこから見ても色の変化が少ないのが特徴です。

“VA”は発色と応答速度のバランスタイプ

VA(Vertical Alignment)はIPSパネルより比較的低価格なタイプです。液晶パネルのなかでは黒の表現が得意で、映画やドラマなどと相性が良く、迫力満点の映像を楽しむことができます。IPSパネルと比べて視野角は狭いですが、応答速度が速いので、動画再生やゲームにおすすめです。

残像が少ない“TN”

TN(Twisted Nematic)は3種類のパネルの中でも特に手に取りやすい価格で、最も普及しているパネルです。視野角が狭く、見る角度によって色に変化が見られますが、応答速度が速く残像が少ないので、FPSや格闘ゲームといったスピードが重要なゲームに向いています。また、動画再生にもおすすめです。

接続端子をチェック

4Kモニターの選び方 接続端子をチェック

モニターに搭載されている接続端子と、接続したい機器の出力端子が一致しているかをチェックします。4Kに対応できるのは、HDMIの場合Ver.2.0以上で、Display PortケーブルはVer.1.2以上です。なお、パソコンやPS4、XboxOne などを使うときは、ゲーム機本体が出力に対応している必要があります。

HDR機能で高コントラスト

4Kモニターの選び方 HDR機能で高コントラスト

HDRとは、ハイダイナミックレンジ(High Dynamic Range)の略称で、より細かく明るさや色の幅を表現できる技術。HDR機能を搭載していれば、黒つぶれや白飛びしにくく、色の再現度が高いので、より自然でリアルな映像を表示できます。
映画鑑賞やゲームで臨場感あふれる映像を楽しみたい方におすすめです。

応答速度をチェック

4Kモニターの選び方 応答速度をチェック

応答速度はスピードが速いほど、音と映像のズレが少なかったり、ゲーム中に入力したキー操作の反映が素早かったりします。単位は“ms”で表し、数字が小さいものほど速い反応スピードです。一瞬の操作がプレイを左右するような、FPSや格闘ゲームなどを楽しみたいときは、1ms以下の高レスポンスモデルを選ぶと快適です。

内蔵スピーカー

4Kモニターの選び方 内蔵スピーカー

4Kモニターを選ぶ際、モニター本体にスピーカーが内蔵されているかどうかも重要なポイントです。内蔵スピーカーがあればモニターから音を出せるので、ゲームや映画などに適しています。また、ヘッドホンとも接続できれば、臨場感のあるサウンドを楽しみたいときにもぴったりです。

4Kモニターの人気メーカー

LG(エルジー)

4Kモニターの人気メーカー LG

LGは「LGエレクトロニクス」の通称で、世界で初めて大型の有機ELテレビを製品化した韓国の総合通信メーカーです。最先端の技術を持ち、低価格なモニターを豊富にラインアップしています。また、フレームが細いスタイリッシュなデザインも特徴。コストパフォーマンスを重視する方におすすめのメーカーです。

EIZO(エイゾー)

4Kモニターの人気メーカー EIZO(エイゾー)

日本のディスプレイ装置専業メーカーで、高い品質と色の再現性に優れたモニターが魅力です。そのため、映画やアニメーションの制作現場、レントゲンや手術用モニターなど幅広く使われています。また、ブルーライトカット機能を搭載したモデルもあり、パソコン作業中の目への負荷を低減してくれるため、モニターの使用時間が長い方にもおすすめです。

ASUS(エイスース)

4Kモニターの人気メーカー EIZO(エイゾー)

台湾のパソコン周辺機器メーカーで、コストパフォーマンスに優れたスマートフォンやパソコンなどをリリースしていることで知られています。低価格でありながら充実した機能を持つモニターが人気で、使用目的に合わせたさまざまな機種が選べるのも魅力です。

4Kモニターのおすすめ

EIZO「FlexScan」EV2785-BK(27型)

EIZO「FlexScan」EV2785-BK(27型)

USB Type-Cでの接続が可能な4Kモニターです。ノートパソコンやタブレットとUSB Type-Cで接続すれば、映像表示・音声再生・USB信号の伝送・デバイスへの給電がケーブル1本で可能。デスク上をすっきりとさせたい場合におすすめです。USB Type-Cの給電能力は最大60Wを誇るので、Type-C給電に対応した大抵のノートパソコンへも給電できます。

本製品に採用されている27インチの4K対応IPSパネルは、自動で明るさを調節する「Auto EcoView機能」にも対応。周囲の明るさに合わせて調節するので省エネです。

JAPANNEXT JN-315V4KHDR(31.5型)

JAPANNEXT JN-315V4KHDR(31.5型)

お手頃な価格で購入できる4Kモニターです。31.5インチの4K HDR対応ディスプレイを搭載しているにも関わらず、比較的リーズナブルな価格で購入できるのがポイント。リアルで深みのある映像が表示できるので、映画鑑賞やゲームプレイにもおすすめです。

高コントラストで色彩表現に優れるVAパネルを採用しており、上下左右178°の広視野角を誇る点も魅力。ブルーライト低減やちらつきの軽減など、目に優しい機能も搭載されています。

ASUS「VPシリーズ」VP28UQG(28型)

ASUS「VPシリーズ」VP28UQG(28型)

1msの応答速度を誇るゲーミング向けの4Kモニターです。4K対応の28インチディスプレイは優れた応答速度を誇るだけでなく、「Adaptive-Sync(AMD FreeSync)テクノロジー」にも対応。AMDのグラフィックボードと組みあわせて使用すれば、滑らかな映像が表示できます。

画面に照準を表示したりタイマーを表示したりと、ゲームに特化した機能が搭載されている点もおすすめです。

ACER「Predator(XB1シリーズ) 」XB281HKbmiprz(28型)

ACER「Predator(XB1シリーズ) 」XB281HKbmiprz(28型)

ゲーム用に設計された4Kモニターです。ACERのゲーミング向け製品である「Predatorシリーズ」に属しており、迫力のあるゲームグラフィックを表示できます。

リフレッシュレートは60Hz、応答速度は1msを誇り、GeForce GTXを搭載したパソコンを使うことでより滑らかに映像を映す「NVIDIA G-Sync」にも対応しています。画面のちらつきやカクつきを抑える仕様なので、滑らかな映像を楽しみたい方におすすめです。

BenQ「Eシリーズ」EW3270U(31.5型)

BenQ「Eシリーズ」EW3270U(31.5型)

鮮やかな明るさと深みのあるコントラストを生み出せるHDRに対応した4Kモニターです。入力端子として、HDMIやDisplayPortに加えて、USB Type-Cを搭載。複数機器を接続して使用する方に最適です。

画面内の選択した部分だけをハイライトできる「スマートフォーカースモード」を利用すれば、目的のコンテンツを強調してくれるので集中できます。標準画質を高解像度にシュミレートできる「Super Resolution(超解像度)機能」を備えている点もおすすめです。

JAPANNEXT JN-V5500UHDR(55型)

JAPANNEXT JN-V5500UHDR(55型)

55インチの大型4Kモニターです。色再現性の高いHDRにも対応したVAパネルを採用。スマホと接続して映像、写真、ゲームなどを大画面で楽しめる「MHL」に対応しているのも魅力です。

400×200のVESAマウントで壁掛け設置が可能。大型モニターですが、壁に設置すればスペースを取らないのでおすすめです。

ASUS「ProArt」PA328Q(32型)

ASUS「ProArt」PA328Q(32型)

技術・安全・証明サービスに関するドイツの認証機関「TÜV Rheinland」が認定する、目に優しい機能を搭載した4Kモニターです。画面のちらつきを抑える「フリッカーフリー機能」やブルーライトを軽減する「Low Blue Light機能」などを搭載。HDMI・DisplayPort・Mini DisplayPortなど、入力端子を複数種類備えているのもメリットです。

スタンド調節は、高さ・左右角度・上下角度の調節と、縦回転が可能。VESA規格にも対応しているので、モニターアームなどを使用したい方にもおすすめです。

JAPANNEXT JN-IPS244UHDR(24型)

JAPANNEXT JN-IPS244UHDR(24型)

コスパに優れた24インチの4Kモニターです。178°の広視野角を誇るIPSパネルを採用。HDRにも対応しており、リアルな色再現が可能です。

入力端子はHDMIとDisplayPortを搭載。複数の機器から送られてくる入力信号を、画面を2分割にして両方表示する「Picture by picture」や、画面内に子画面を表示する「Piture in Picture」などの機能も備えている点もおすすめです。

EIZO「FlexScan」EV3285-BK (31.5型)

EIZO「FlexScan」EV3285-BK (31.5型)

4辺フレームレス、フルフラットデザインの4Kモニターです。ベゼル幅や奥行きが狭いので、31.5インチのディスプレイを備えているにも関わらず、省スペース化を実現可能。入力端子はUSB Type-Cに対応しており、接続した機器への給電も行えます。

紙のような見え方がする「Paperモード」は、画面を暖色系の色味にしてブルーライトを低減。自動で画面の明るさを調節する「Auto EcoView」と併用すれば、ブルーライトを約80%カットできる点もおすすめです。

LG 43UN700-B(42.5型)

LG 43UN700-B(42.5型)

光の反射が少ないノングレアのIPSパネルを採用した42.5インチ4Kモニター。HDMI、DisplayPort、USB Type-C、RS-232Cなどの入力端子を搭載しており、複数の機器を同時接続できるのも魅力です。

最大4つのデバイスの画面を「Picture by picture」や「Piture in Picture」で表示できます。また、暗いシーンの視認性を高める「ブラック スタビライザー」や、パソコンから送られた映像を低遅延で出力できる「DAS(Dynamic Action Sync)モード」など、ゲーム向けの機能が搭載されている点もおすすめです。

フィリップス「P Line」272P7VPTKEB/11(27型)

フィリップス「P Line」272P7VPTKEB/11(27型)

色ムラの少ない滑らかで自然なカラーを再現できる4Kモニターです。約10億色の表示が可能な10bitカラーに対応。178°の広視野角を誇るIPSパネルを採用しているのもポイントです。目に優しい「ローブルーモード」や「ちらつき防止テクノロジー」も搭載しています。

画面上部に収納可能なウェブカメラやマルチメディア用のステレオスピーカーを備えている点もおすすめです。

I-O DATA LCD-M4K321XVB(31.5型)

I-O DATA LCD-M4K321XVB(31.5型)

映像の細部まで鮮明に表示できる4Kモニターです。4K高解像度に加えて、10bitカラーやHDRにも対応。黒つぶれや白飛びを抑え、リアルな色再現を実現しています。

また、低画質映像を表示する際に解像感をアップさせる「超解像技術」が搭載されているのも魅力。映像の明るさを識別して、自動で輝度レベルを調節する「CREX」機能を備え、映画の視聴をする方にもおすすめです。

4Kモニターの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの4Kモニターの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

4Kモニターのランキングを見る

担当者からひとこと

今回はおすすめの4Kモニターをご紹介しました。フルHDに比べて多くの情報表示が可能な4Kモニターを採用すれば、臨場感あふれる映像を楽しめます。映画鑑賞やゲームプレイだけでなく、細かな文字も鮮明に表示可能。画面サイズや入力端子の種類、数に注意して、ニーズにあうモデルを見つけてみてください。

すべての4Kモニターを見る

おすすめの関連記事