カテゴリから選ぶ

ショッピングローン分割払い最長36回まで無金利 最大10万ポイントが当たる

【2022年】タワーファンのおすすめ12選 1年中使える温風対応モデルなどを紹介

更新日:2022.06.20

タワーファンのイメージ

スリムでスタイリッシュな形が特徴の「タワーファン」。設置場所をあまり取らないだけでなく、回転する大きな羽根がないので小さな子供のいる家庭でも安心して使えるのが特徴です。

今回は、タワーファンを選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。おすすめのモデルも紹介するので、気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

“タワーファン”とは?

タワーファンの特徴

タワーファンとは? タワーファンの特徴参照:ツインバード

「タワーファン」は、縦にスリムでスタイリッシュなデザインを採用しているのが特徴。省スペースに設置できる設計なので、ちょっとした空間があれば設置可能です。移動の際に邪魔になりにくいのもポイント。おしゃれなデザインの製品が多く発売されており、部屋のインテリアとしても活躍します。

また、羽根に直接触れにくい構造を採用しているので、小さな子供のいる家庭でも安心して使用することが可能です。

タワーファンと扇風機の違いとは?

タワーファンとは? タワーファンと扇風機の違いとは?

タワーファンも扇風機の1種ですが、大きな違いは搭載しているファンの種類。扇風機が大きな羽根で直接風を送るのに対し、タワーファンは細い板のような羽根が筒状に付いたシロッコファンで送風します。

温風や空気清浄機能を搭載している製品があり、1年中使えるのもタワーファンの特徴です。しかし、扇風機より音が大きい傾向にあるため、寝室など静かな場所で使うときは注意が必要。また、細かく分解して掃除ができない点にも留意しておきましょう。

タワーファンの選び方

静音性重視なら“DCモーター”搭載モデルをチェック

タワーファンの選び方 静音性重視ならDCモーター搭載モデルをチェック

部屋のなかで使う家電だけに、静音性はタワーファン選びの大切なポイント。寝室に置いて使うなら、静音性に優れたDCモーター搭載モデルがおすすめです。動作音が気になりにくいので、睡眠を邪魔される心配が少なく済みます。

また、ACモーターに比べて、細かく風量を調節できるのもポイント。モデルによっては10段階以上の設定ができるため、好みに合った風の強さが選べます。加えて、消費電力が少ないため、電気代を節約する効果が期待できるのも嬉しいポイントです。

温風対応モデルなら通年で使える

タワーファンの選び方 温風対応モデルなら通年で使える

タワーファンのなかには、温風機能を備えた製品も発売されています。夏は省スペースでおしゃれな扇風機、冬はファンヒーターとして使えるので非常に便利。リビング、寝室、子供部屋をはじめ、キッチンなどでも活躍します。

また、コンパクトなモデルであればトイレや洗面スペースに設置可能。1年中使えるため、出したままにしておけば保管場所を確保する必要もありません。

風向きが変えられるかチェック

タワーファンの選び方 風向きが変えられるかチェック参照:コイズミ

多くのタワーファンには、風の吹き出し方向を変える機能が備わっています。複数人で使用するときなど、できるだけ広範囲に風を届けたい場合は「自動首振り機能」付きのモデルがおすすめです。

また、手動でルーバーを上下に動かすことで風向きを調節できる製品も存在。設置する場所を考慮して、隅々に風を届けられるよう首振り角度のチェックも忘れずにおこないましょう。

より快適に過ごせるおすすめ機能をチェック

センサー機能

タワーファンの選び方 より快適に過ごせるおすすめ機能をチェック センサー機能

タワーファンを選ぶ際は、センサーの有無もあわせて確認しておくのがおすすめ。「温度センサー」が搭載されているモデルであれば、室温に応じて風量を自動で切り替えるため、少し寒い、もしくは暑いと感じたときに、わざわざ立ち上がって調節する手間が省けます。

また、「人感センサー」はトイレや脱衣所など人が頻繁に出入りする場所で使うと便利。入るたびに電源をつけるわずらわしさがないうえ、切り忘れも防げます。

タイマー機能

タワーファンの選び方 より快適に過ごせるおすすめ機能をチェック タイマー機能参照:シィーネット

電源の切り忘れを防止できる、「切タイマー」機能も要チェックです。主に、寝室で使用するときにあると便利な機能。就寝中の体の冷えすぎを防ぐ効果や節電効果が期待できるため、おすすめです。

また、タワーファンのなかには、「入タイマー」機能を搭載したモデルも発売されています。起床前の時間から稼動するようにセットしておけば、心地よい風で気持ちよく目覚めることが可能です。

空気清浄機能

タワーファンの選び方 より快適に過ごせるおすすめ機能をチェック 空気清浄機能参照:ダイソン

部屋の空気を清潔な状態に保ちたい方は、「空気清浄機能」を搭載したタワーファンがおすすめ。ダイソンの製品が有名で、ハウスダストや花粉などをキャッチし、きれいな空気を送風できるのが魅力です。さらに、温風機能を搭載しているモデルであれば、1年中快適に使用できます。

一般的なタワーファンより高額なのが難点ですが、空気清浄機を別で購入するコストを削減でき、設置スペースを取らなくて済むのがメリットです。

リモコンの有無をチェック

タワーファンの選び方 リモコンの有無をチェック

タワーファンで送風をしているとき、風量を調節したり首振り機能を使ったりと、操作する機会は意外に多いものです。リモコンを付属しているモデルなら、ソファでくつろいだ体勢のままでも遠隔操作できるので便利。

また、就寝前に読書をしているような場面なら、リモコンでタイマーセットができれば、わざわざベッドから出る必要もありません。

電気代を抑えたいなら消費電力をチェック

タワーファンの選び方 電気代を抑えたいなら消費電力をチェック

電気代が気になる方は、タワーファンの「消費電力」をよく確認しておきましょう。消費電力が大きい製品ほど電気代は高くなります。設定する風量にもよりますが、一般的なタワーファンの消費電力は30〜40W程度。なお、温風機能を使うと1000Wを超えるモノもあるので注意が必要です。

温度センサーや人感センサーを搭載していれば、室温が低いときに風量を下げたり、人がいなくなったら停止したりと、ムダな運転を抑えられるので電気代の節約につながります。

安全機能が搭載されているかチェック

タワーファンの選び方 安全機能が搭載されているかチェック

スリムでスタイリッシュな外観が魅力のタワーファンですが、背が高い分ぶつかると倒れやすいので注意が必要です。特に小さな子供のいる家庭では、多少触っても倒れない安定感のある製品を選ぶようにしましょう。

また、温風対応のモデルは発熱するヒーターを内蔵しているため、転倒すると火事につながる恐れがあります。「自動停止装置」が搭載されているモデルを選ぶと、万が一のときでも安心です。

掃除のしやすさをチェック

タワーファンの選び方 掃除のしやすさをチェック

掃除のしやすさも、タワーファンを購入するときの大切なチェックポイント。工具を使わずにフィルターを取り外せるモデルがおすすめです。お手入れが容易におこなえるため、常に清潔な状態を保てます。

なかには、古いフィルターを新しいモノに交換するだけで、面倒なお手入れが不要なモデルも存在。掃除の手間を極力省きたい方にピッタリです。

タワーファンのおすすめ|シンプルモデル

エスケイジャパン SKJ-KT35TF

エスケイジャパン SKJ-KT35TF

お手頃な価格で購入できる、シンプルなタワーファンです。スリムでスタイリッシュなデザインのため、寝室やリビングなど場所を問わずに設置可能。ワンルームにも適しており、一人暮らしの方にもおすすめです。

風量は3段階で、約50°の自動首振り機能を搭載。部屋全体へ均等に送風できます。フィルターが内蔵されているため、清潔な空気を送風できるのも魅力です。また、2時間経過すると自動で電源が切れるタイマーが備わっているので、切り忘れの心配がありません。

シィーネット CTAS103

シィーネット CTAS103

高さ92.1cm、ベースの直径が29cmのスリムなタワーファンです。ちょっとしたスペースがあればスッキリと設置できます。部屋のなかを移動するときに、邪魔になりにくいのも嬉しいポイントです。

左右の自動首振り機能を搭載しているのも特徴。また、内部ルーバーを手動で動かすことで上下の風向きを調節できます。さらに、3段階の風量調節機能も備えており、好みの風量で広範囲に送風できる使い勝手のよいモデルです。

ツインバード EF-D913W

ツインバード EF-D913W

掃除しやすい設計のタワーファンです。脱着式のファンを搭載しているため、取り外して丸洗いすることが可能。いつも清潔な状態にしておきたい方におすすめのモデルです。正面のパネルが大きく開くので、内部の掃除もできます。

「センサー自動運転モード」を搭載しているのも本モデルの特徴。周囲の温度が下がると自動で風量を弱運転に切り替えるため、電気代の節約につながります。

スタドラフォーム「Peter(ピーター)」9859

スタドラフォーム「Peter(ピーター)」9859

高さ110cm、本体幅13.5cmと、スリムなデザインが人気のタワーファンです。本体周りのカバーはヴィーガンレザーを使用。ブラウンカラーがモダンな雰囲気を演出してくれるので、おしゃれなデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

160°の「スイングモード」を搭載しているのも魅力。リズムボタンを押せば、自然に近い心地よい風を感じることができます。また、1〜7時間までのタイマー設定が可能。切り忘れ防止につながるので安心して使えます。

ヤマゼン YSR-T803

ヤマゼン YSR-T803

3段階の風量調節に加え、「リズム風」運転がおこなえるタワーファン。風量に強弱をつけることで、自然に近い風を部屋中に届けられます。就寝時の利用にもおすすめの機能です。

また、1・2・4時間から選べる切タイマーを搭載しているので、電源の切り忘れを防げます。さらに、リモコンを付属しており、ベッドから立ち上がることなく風量調節やタイマー設定ができるのも便利なポイントです。

ゼピール DT-TK100L

ゼピール DT-TK100L

リーズナブルな価格が特徴のタワーファンです。導入費用を抑えたいと考えている方にもおすすめのモデル。スリムなボディを採用しているため邪魔になりにくく、スッキリと設置可能です。

お手頃なモデルながら自動首振り機能を搭載しているので、広い範囲に風を送れます。高さ約73cmのミドルタイプで、上部正面に操作ダイヤルを配置しているため、椅子に座ったままでの操作が容易です。

タワーファンのおすすめ|温風対応モデル

コイズミ「送風機能付きファンヒーター」KHF0823W

コイズミ「送風機能付きファンヒーター」KHF0823W

全高約53cmのコンパクトな温風対応タワーファンです。トイレや脱衣所など小さなスペースでの利用におすすめ。人感センサーを搭載しているため、使うたびに電源を入れる面倒がありません。また、切り忘れが防げるので便利です。

脱臭フィルターを内蔵しているのもポイント。室内のイヤなニオイを軽減可能です。さらに、チャイルドロック機能を備えているので、子供のいる家庭でも安心して使えます。

コイズミ KHF1222W

コイズミ KHF1222W

高さ約104cmのスリムでスタイリッシュなタワーファンです。最大1,200Wの強力な温風機能を搭載しているため、冬でもあたたかく過ごせます。

人感センサーを内蔵しており、人を検知して電源を自動でオン・オフすることが可能。省エネ運転ができるので電気代を節約したい方にもおすすめです。また、約70°の首振り機能を備えているので、部屋の広い範囲へ風が送れます。

タワーファンのおすすめ|DCモーター搭載モデル

ダイソン「Dyson Purifier Cool」TP07

ダイソン「Dyson Purifier Cool」TP07

空気清浄機能を搭載したタワーファンです。HEPAフィルターと活性炭フィルターを内蔵しており、風を送りながらPM0.1レベルの微粒子をキャッチします。送風だけでなく、部屋の空気もきれいに保ちたい方はチェックしてみてください。

夜に使用する際は「ナイトモード」を活用するのがおすすめ。静音運転に切り替わり、部屋の照明に合わせてLCDディスプレイの明るさも調整します。また、交換式のフィルターを採用しており、メンテナンスも簡単です。

日立「うちわ風」HSF-DS500D

日立「うちわ風」HSF-DS500D

うちわで扇いだような穏やかな風を再現した、DCモーター搭載のタワーファンです。DCモーターの低速回転により、細かい風量調節が可能。利用シーンや使用する人の好みに合わせて設定できます。

また、部屋の温度を感知する温度センサーを搭載しているのも特徴。室温が変わると、風量を強めたり、弱めたりと自動で風量を調節します。電気代の節約にもつながるので、省エネ性能の高いモデルが気になる方におすすめです。

キララ「Kirala Air Mare(マーレ)」KAT-011

キララ「Kirala Air Mare(マーレ)」KAT-011

「マイルドオゾン発生システム」を搭載したタワーファン。オゾンを風にのせて送風できるため、ウイルスや生活臭を抑制する効果が期待できます。清潔で涼しい風を求める方におすすめのモデルです。

DCモーターを採用しており、6段階の風量調節が可能。「浜辺モード」や「睡眠モード」などを搭載しているため、シーンや気分に応じて好みの風が選べます。また、「睡眠モード」は静音性にも優れているので、寝室での使用にもピッタリです。

ダイソン「Dyson Purifier Cool Autoreact」TP7AWN

ダイソン「Dyson Purifier Cool Autoreact」TP7AWN

扇風機・空気清浄機の2つの役割をこなす高機能なタワーファンです。本体のなかに密閉性の高いフィルターを搭載しており、PM0.1レベルの粒子まで閉じ込めて、空気を清浄できると謳われています。

夏の暑い時期は扇風機として、花粉が飛散する季節には空気清浄機として活躍。年間を通して、便利に使える製品を求める方にもおすすめのモデルです。

タワーファンの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのタワーファンの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

タワーファンのランキングを見る

担当者からひとこと

タワーファンを購入する際は、モーターの種類や、温風機能を搭載しているかなど、事前にチェックすべきポイントがいくつか存在します。確認を怠ると、運転音がうるさくて眠れないといった不都合が発生する可能性があるので注意が必要。本記事も参考に、目的や用途に合ったモデルを選んでみてください。

すべてのタワーファンを見る

おすすめの関連記事