加湿空気清浄機のおすすめ9選【2020】シャープやダイキンなど人気メーカーを紹介

更新日:2020.09.30

加湿空気清浄機のイメージ

室内を加湿しつつ、空気中の細かいホコリや花粉、タバコやペットなどのニオイも取り除いてくれる「加湿空気清浄機」。各メーカーからさまざまな機種が販売されていますが、1人暮らしや赤ちゃんのいる家庭など、家族構成に合わせたモデル選択がおすすめです。
ここでは、加湿空気清浄機の選び方や、おすすめの商品などをご紹介します。

加湿空気清浄機とは

加湿空気清浄機とは

加湿空気清浄機とは、空気清浄機に加湿機能を搭載したものです。とくに冬場の乾燥した時期は、部屋の湿度を一定に保ちながら空気もきれいにしてくれます。

加湿器と空気清浄機を別々に置くより、省スペースで済む点もポイント。風邪やインフルエンザ対策だけでなく、春先に多く降り注ぐPM2.5にも対応できるモデルがほとんどなので、1年中活躍します。

加湿機能が備わっていない単機能の空気清浄機も気になる方はこちら。

加湿空気清浄機の選び方

部屋の広さに合わせた“適用床面積”

加湿空気清浄機の選び方 部屋の広さに合わせた適用床面積

加湿空気清浄機には、「適用床面積」があります。加湿と空気清浄では適用畳数が異なるので、使う部屋のサイズに合わせて選ぶのがおすすめです。

また、加湿機能の適用畳数は空気清浄機能と比べて狭くなることが多いので、加湿に合わせるとどちらの機能も十分な効果が期待できます。ちなみに、1人暮らしなら8〜10畳用、リビングは10〜20畳用などがおすすめです。

微粒子をキャッチする“フィルター”

加湿空気清浄機の選び方 微粒子をキャッチするフィルター

加湿空気清浄機は、フィルターによってキャッチできる微粒子が異なり、ほとんどが複数のフィルターを搭載しています。タバコやペットなどのニオイを取り除きたいのなら、「ニオイフィルター」が搭載されているかを確認しましょう。

また、花粉やPM2.5の対策をしたい場合は、微粒子もキャッチできる集じんフィルターを備えている必要があります。こまめな掃除が必要なフィルターもあるので、交換頻度が少なくて簡単にお手入れできるものを選ぶのもポイントです。

ニオイや花粉対策には“イオン”や”プラズマ”

加湿空気清浄機の選び方 ニオイや花粉対策にはイオンやプラズマ

イオンやプラズマ機能が備わっていると、空気中の汚れやタバコのニオイなどが減り、花粉対策も期待できます。浮遊ウイルスの作用を抑制する効果があるイオンやプラズマ機能が搭載されている機種などは、抵抗力が低い赤ちゃんがいる家庭にはとくにおすすめです。

メーカーによって、「ナノイー」や「プラズマクラスター」、「アクティブプラズマイオン」といった機能が備わっています。それぞれの効果には違いがあるので、使用する環境に合わせた機能を選びましょう。

夏にも使うなら“除湿”機能付き

加湿空気清浄機の選び方 夏にも使うなら除湿機能付き

夏にも空気清浄機を使いたい方は、加湿機能だけではなく、除湿機能を搭載した除加湿空気清浄機がおすすめ。除湿機能を搭載していると、梅雨から夏にかけての湿度の高い時期には除湿、冬の乾燥する時期には加湿といった使い分けが可能です。

季節ごとに出し入れする手間がかからないことも魅力のひとつ。除湿と加湿の両方に対応していると、1年中使い続けられるので、常に綺麗な空気を維持できます。

加湿空気清浄機のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

加湿空気清浄機のおすすめメーカー シャープ(SHARP)

シャープは、1912年創業の電機メーカーです。日本の家電企業で、シャープ独自の「プラズマクラスター」機能でも知られています。

プラズマクラスターは、浮遊カビ菌の増殖や浮遊ウイルスの作用を抑制するだけでなく、消臭や静電気の抑制も期待できるイオンです。加湿空気清浄機の加湿には、トレーに水を入れて、その中にフィルターを浸けて水を吸い上げる方式を採用しています。

ダイキン(DAIKIN)

加湿空気清浄機のおすすめメーカー ダイキン(DAIKIN)

ダイキンは、1924年創業の電機メーカーです。日本ではじめて、エアコンの開発に成功したことでも知られています。加湿空気清浄機の全機種に、プラズマ放電の1種の「ストリーマ」を搭載。

このストリーマによって、空気中の花粉やニオイ、PM2.5などの有害物質を分解・除去します。シンプルでおしゃれなデザインのモデルでなく、除湿機能が備わった機種も販売しているメーカーです。

加湿空気清浄機のおすすめ|1人暮らし向き

ダイキン MCK-40W(空気清浄19畳/加湿11畳)

ダイキン MCK-40W(空気清浄19畳/加湿11畳)

加湿設定を高め・標準・ひかえめの3段階から選べる加湿空気清浄機。ストリーマによって加湿フィルターや水の細菌を抑制するので、清潔に加湿できます。高い位置に給水タンクが搭載されているので、簡単に取り外し可能です。

定期的に空気の状態をチェックして、みはり運転と節電運転を切り替える無駄を省いた動作も魅力。インテリアに馴染みやすいスタイリッシュなデザインも特徴です。

シャープ KI-NS40(空気清浄18畳/加湿12畳)

シャープ KI-NS40(空気清浄18畳/加湿12畳)

空気を循環と背面吸引で、部屋全体の浮遊物をキャッチする加湿空気清浄機です。スピード循環気流によって、背面からほこりを強力吸引し、花粉や微細な粒子、カビ菌も吸い込みます。

フィルターは脱臭機能と集じん機能がひとつになっている一体型で、2年間交換しなくても使用可能。シャープ独自の高濃度25000プラズマクラスターも搭載しています。

ダダムマイクロ PuripotP1+(空気清浄10畳/加湿11畳)

ダダムマイクロ PuripotP1+(空気清浄10畳/加湿11畳)

アロマオイルを加えることで香りも楽しめる加湿空気清浄機。光触媒機能により、同時に除菌と脱臭の2つの効果が期待できます。自動運転モードでは、空気の状態を検知して空気清浄の強さを自動的にコントロール可能です。

フィルターの交換や掃除の手間がかからないことも魅力。運転音は30db程度なので、デスクの上や寝室でも安心して使えます。コンパクトサイズのため、一人暮らしにおすすめの加湿空気清浄機です。

加湿空気清浄機のおすすめ|家庭向き

ダイキン MCK-55WBK(空気清浄25畳/加湿14畳)

ダイキン MCK-55WBK(空気清浄25畳/加湿14畳)

加湿時、ストリーマによってフィルターやトレーの水の細菌の繁殖を低減してくれる加湿空気清浄機です。部屋になじみやすい、スリムでおしゃれなスクエアフォルム。風量は、「しずか」、「弱」、「標準」、「強」の4段階で、状況に合わせて自動運転してくれます。

また、吹き出し口の大きさや、内部構造を調整したことで、人が感じる音を低減。寝室や書斎など落ち着いた空間でも動作音が気になりにくいのがうれしいポイントです。

シャープ KC-N50(空気清浄23畳/加湿14畳)

シャープ KC-N50(空気清浄23畳/加湿14畳)

0.3μmの微粒子をキャッチする、「静電HEPAフィルター」を搭載した加湿空気清浄機です。薄型でスリムなデザインながら、スピード循環気流で遠くのホコリまで強力に吸引します。

加えて、交換不要の「ホコリブロックプレフィルター」と、10年間交換不要の「ダブル脱臭フィルター」の3種類のフィルターを採用。きれいな空気と一緒に「プラズマクラスター」を部屋中に放出し、静電気を除去することによって、花粉や微小な粒子が室内に付着するのを低減してくれます。

ダイソン「Dyson Pure Humidify+Cool」PH01WS(空気清浄-畳/加湿-畳)

ダイソン「Dyson Pure Humidify+Cool」PH01WS(空気清浄-畳/加湿-畳)

独自のセンサーによって微細な粒子やガス、ニオイを検知できる加湿空気清浄機。360°グラスHEPAフィルターと活性炭フィルターが浮遊ウイルスを含む粒子やガスを捉えます。料理や部屋干し、ペットなどのニオイも脱臭可能です。

タンク内の水は強力なUV-Cライトを照射することで除菌され、抗菌作用をもつ加湿フィルターを通して加湿します。アプリと連携すると、温度や湿度、空気の状態をいつでも確認でき、外出先からもコントロール可能です。

ダイキン MCK-70WBK(空気清浄31畳/加湿18畳)

ダイキン MCK-70WBK(空気清浄31畳/加湿18畳)

脱臭量が2倍になった「ツインストリーマ」を搭載した加湿空気清浄機です。ストリーマユニットが2つあることで、分解スピードと脱臭性能もほかのモデルの2倍とパワフル。搭載された節電自動運転機能が、風量を4段階で自動調整して消費電力を抑えてくれます。

また、スマートフォンの専用アプリを利用すれば外出先からも遠隔操作できるので、常に家をきれいな空気で満たしたい方におすすめです。

日立 EPNVG90(空気清浄42畳/加湿22畳)

日立 EPNVG90(空気清浄42畳/加湿22畳)

フィルターのゴミを定期的に掃除する「自動おそうじユニット」搭載の加湿空気清浄機。取り除いた汚れはダストボックスにたまり、ゴミ捨ては通常1年に1回程度です。

花粉はもちろん、PM2.5にも対応しており、微細な汚れもキャッチします。ペットやタバコのニオイもつかまえてくれるうえ、8畳の部屋なら6分ほどできれいな空気に入れ替え可能です。

ダイキン MCZ70WBK(空気清浄31畳/加湿18畳)

ダイキン MCZ70WBK(空気清浄31畳/加湿18畳)

加湿空気清浄に加えて除湿機能を搭載し、1台で1年中使える除加湿空気清浄機。春の花粉や梅雨の湿気、冬の乾燥対策など、四季に合わせた使い方ができます。

本体カラーは、落ち着きのあるビターブラウンで、インテリアと調和しやすいデザインです。また、スマートフォンと連動して電源のオン・オフや部屋の空気の状態をチェックできます。スマートスピーカーと連動させて音声操作も可能です。

加湿空気清浄機の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの加湿空気清浄機の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

加湿空気清浄機のランキングを見る

担当者からひとこと

加湿空気清浄機1台あれば、部屋の空気をきれいにしつつ加湿もできます。シャープやパナソニックといった有名メーカーからさまざまな機種が販売されており、それぞれにナノイーやプラズマクラスターなど、独自の機能も搭載。使用環境や家族構成のほかにも、除去物質や付随機能も確認してから購入しましょう。

すべての加湿空気清浄機を見る

おすすめの関連記事