3合炊き炊飯器のおすすめ10選 少人数にもぴったりなサイズ

更新日:2020.03.18

3合炊き炊飯器のおすすめ10選【2019】少人数にもぴったりなサイズ

ひと口に炊飯器といってもその種類はさまざま。加熱方法や内釜の素材によってお米の味が大きく違ってきます。
今回は、少人数にもピッタリな3合炊き炊飯器のなかから、お米が美味しく炊けるモノや、リーズナブルなモノをご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなども分かりやすく解説するので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

3合は一人暮らしにもおすすめ

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 3合は一人暮らしにもおすすめ

3合炊き炊飯器は、1〜2人で使うのにおすすめ。二人暮らしや小さな子供がいる3人家族なら、ちょうどよい量のご飯を炊くことが可能です。0.5〜1合の少量炊飯にも適しており、一人暮らしの方でも炊き立ての美味しいご飯が気軽に味わえます。3合より少し余裕のある3.5合炊きもおすすめです。
サイズが小さく扱いやすいのも特徴なので、狭いキッチンや一人暮らしのワンルームのような限られた空間でも邪魔にならず快適に使えます。

3合炊き炊飯器の選び方

加熱方法

圧力IH

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 3合炊き炊飯器の選び方 圧力IH

圧力IHは、内釜全体に圧力を加えながらコイルの電磁力で加熱する方法。100℃以上の高温で一気に炊き上げることで、お米の芯まで熱がしっかりと通り、ふっくらもちもち食感のご飯が味わえます。
高級モデルの炊飯器を中心にラインナップされており、もちもち食感のご飯を味わいたい方におすすめの加熱方法です。

IH

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 3合炊き炊飯器の選び方 IH

IHは、コイルを使って電磁力を発生させ、内釜全体を直接発熱させる方法。熱の伝わり方にムラがなく強い火力で炊き上げるため、粒立ちのよい美味しいご飯が味わえます。多くのメーカーからさまざまなタイプの製品が発売されており、機能やデザインの選択肢が充実しているのもポイント。
圧力IHタイプよりも価格が安く、気軽に美味しいご飯が味わえるため、価格と性能のバランスで選びたい方におすすめの加熱方法です。

マイコン

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 3合炊き炊飯器の選び方 マイコン

マイコンは、炊飯器の下部に搭載したヒーターで内釜を直接加熱する方式。局所的に加熱するため、どうしても炊きムラが発生しやすくなるデメリットがありますが、製品の価格が安くコストパフォーマンスに非常に優れています。
なかには、1万円以下で購入できる低価格モデルもあるので、安くて機能が豊富な炊飯器が欲しい方におすすめの加熱方法です。

本格派なら土鍋もチェック

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 3合炊き炊飯器の選び方 本格派なら土鍋もチェック

ひと口に炊飯器といっても内釜の素材はさまざま。お米の味にこだわりたいなら、遠赤外線効果や蓄熱性に優れた「土鍋」を選ぶのもおすすめ。かまどで炊いたようなふっくら美味しい本格的なご飯が味わえます。
他にも、冷めてもハリのあるお米に炊き上げる「炭釜」や、IHとの相性がよく発熱効率に優れた「鉄器」などがあり、素材の違いによってお米の食感や味が大きく違ってきます。

あたたかさをキープする”保温機能”

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 3合炊き炊飯器の選び方 あたたかさをキープする”保温機能”

家族で食事のタイミングがバラバラだったり、朝多めに炊いたご飯を昼や夜に分けて食べたりする場合は、保温機能はなくてはならない機能です。
保温機能といっても単にご飯を温めるだけでなく、美味しい状態が長時間キープできるモノや、ご飯が硬くなりにくい「スチーム保温機能」など、さまざまな種類があります。自分に合った保温機能を選ぶことが大切です。

短時間で炊ける”早炊き機能”

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 3合炊き炊飯器の選び方 短時間で炊ける”早炊き機能”

毎日が忙しい方には、短時間でご飯が炊ける「早炊き機能」を搭載した炊飯器がおすすめ。炊飯器で白米を炊くと、通常モードでだいたい50〜60分の時間がかかりますが、早炊き機能を使えばモデルによっては20〜30分ほどでご飯を炊くことが可能。
忙しい朝やすぐにご飯を食べたいときに大活躍する機能なので、炊飯器を選ぶ際には早炊き機能の有無も合わせてチェックしましょう。

3合炊き炊飯器の人気メーカー

象印(ZOJIRUSHI)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 象印(ZOJIRUSHI)

象印は「極め炊き・炎舞炊き」シリーズで有名なメーカーです。もともと魔法瓶を製造していたメーカーということもあり、内釜の品質には定評があります。なかでも、「南部鉄器極め羽釜」「プラチナ厚釜」などの保温性の高い内釜が人気。
安価なマイコン炊飯器から、高性能な圧力IH炊飯器まで、さまざまな炊飯器を扱っているバリエーションの多さも魅力です。

象印の3合炊き炊飯器を見る

タイガー(TIGER)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 タイガー(TIGER)

タイガーは「炊き立て」シリーズを展開しているメーカー。マイコン炊飯器から圧力IH炊飯器まで、さまざまな炊飯器を扱っています。
なかでも人気なのが、土鍋で炊いた食感に近い炊き上がりが楽しめる「土鍋IH炊飯器」です。もちもち食感の美味しいご飯が炊き上がるので、味や食感にこだわりたい方におすすめ。ご飯とおかずが同時に調理できるユニークなモデルも人気です。

タイガーの3合炊き炊飯器を見る

パナソニック(Panasonic)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、お米を躍らせるように炊く「Wおどり炊き」が人気のメーカー。内釜の素材にもこだわっており、大火力・可変圧力によるダブル効果で、ふっくらもちもちとしたご飯が味わえます。
お米の劣化具合を自動検知する機能や、お米にスチームをかけて新米のようなツヤを出す機能などの機能を搭載しているのも魅力。見た目がおしゃれなモデルも充実しているので、機能やデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

パナソニックの3合炊き炊飯器を見る

3合炊き炊飯器のおすすめ

象印「極め炊き」NP-RM05(圧力IH)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 象印「極め炊き」NP-RM05(圧力IH)

価格と性能のバランスに優れた圧力IH炊飯器です。
圧力IHのなかではリーズナブルでありながら、ご飯の食感を炊き分ける「炊き分け圧力」や、お米の栄養素を引き出す「熟成炊き」など、便利な機能を多数搭載。熱が伝わりやすい「黒まる厚釜」を採用することで、炊きムラの少ない美味しいご飯が味わえます。
30時間美味しく保温できる「うるつや保温」、熱々のご飯が食べられる「高め保温」の2つの保温機能に加えて、再加熱機能を搭載しているのも大きな特徴です。

シロカ「かまどさん電気」SR-E111

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 シロカ「かまどさん電気」SR-E111

伊賀焼窯元である長谷園が開発した土鍋電気炊飯器です。
職人の手でひとつひとつ丁寧に作られた炊飯専用土鍋「かまどさん」を採用。土と釉薬から出る遠赤外線により、噛むたびに甘さがにじみでる美味しいご飯が味わえます。
ほかの土鍋よりも肉厚に成型することで、時間が経っても冷めにくい高い蓄熱性を実現。お手入れの手間を軽減させる「乾燥モード」や、ワンタッチで炊飯できるシンプルな操作方法も魅力です。

パナソニック「Jconcept」SR-JW058(圧力IH)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 パナソニック「Jconcept」SR-JW058(圧力IH)

最新機能が詰まった圧力IH炊飯器です。
対流を変化させながらお米を激しくおどらせる「Wおどり炊き」、お米の甘みともちもち感を引き出す「加圧追い炊き」を搭載。お米の旨さを生み出す2つの炊き技で、少量でも一粒一粒に甘みが詰まった美味しいご飯が炊けます。
お米の特性に合わせた火加減で炊き上げる「銘柄炊き分けコンシェルジュ」や、炊飯後の気になるニオイを低減させる「お手入れ機能」などの便利な機能も魅力です。

バーミキュラ「VERMICULAR RICEPOT MINI」RP19A(IH)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 バーミキュラ「VERMICULAR RICEPOT MINI」RP19A(IH)

さまざまな使い方ができる多機能炊飯器です。
美味しくご飯が炊けるのはもちろん、無水調理や低温調理など複数の調理モードに対応。これ1台あれば焼き芋からローストビーフまで、バリエーション豊富な料理が楽しめます。
本体サイズは、幅約258×奥行250×高さ173mmとコンパクトなので、キッチンに置いても邪魔になりません。おしゃれでスタイリッシュなデザインと、選べる2色のカラーバリエーションもポイントです。

シャープ KS-CF05B(マイコン)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 シャープ KS-CF05B(マイコン)

コストパフォーマンスに優れたモデルです。
手にとりやすい価格でありながら、短い時間で素早く炊飯できる「おいそぎ炊飯」や、手作りパンが手軽に作れる「パン調理機能」、玄米や雑穀米もおまかせ「多彩な炊飯メニュー」などを搭載しています。
ふっくら美味しく炊き上げる球面の黒厚釜を採用。内釜でそのまま洗米しても大丈夫なように、「Wコーティング」を施しています。LED表示の天面操作で使いやすいのも魅力です。

三菱「炭炊釜」NJ-SU06R(IH)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 三菱「炭炊釜」NJ-SU06R(IH)

美味しさにこだわった三菱のIH炊飯器です。
大火力でふっくら炊き上げる「ダブル炭コート2層厚釜」に加えて、上部にも遠赤外線効果のある「炭コート遠赤放熱板」を採用。内ふたには、炊飯量に応じて火力を細かく調節する「ダイレクトセンサー」がついているので、0.5〜3.5合まで美味しく炊けます。
「超音波吸水」を採用し、微振動でお米の吸水を促進。時間が経って冷めたご飯も美味しく味わえます。

タイガー JPD-A060(圧力IH)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 タイガー JPD-A060(圧力IH)

機能性とデザイン性に優れた圧力IH炊飯器です。
内釜の上部・下部にそれぞれ別のコーティングを施して対流を促進させる「熱流&熱封土鍋コーティング」や、大小2つのボールで気圧をコントロールする「可変W圧力炊き」を採用。まるで土鍋で炊いたかのようなふっくらもっちりしたご飯が味わえます。
どこに置いても美しく見える360°デザインを採用しているのも大きな特徴です。

アイリスオーヤマ「米屋の旨み」ERCMC30W(マイコン)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 アイリスオーヤマ「米屋の旨み」ERCMC30W(マイコン)

お手頃価格ながら機能が充実したモデル。
釜の内側にムラなく熱を伝える「極厚火釜」に加えて、炊飯器の下部とふたにそれぞれヒーターを搭載。マイコン式ながら炊きムラの少ない炊飯を実現しています。
機能面では、31銘柄それぞれのお米の特徴を引出して美味しく炊き上げる「銘柄炊き分け」や、シチューやカレーなどの料理が手軽に作れる「煮込/蒸しモード」を搭載。コストパフォーマンスを重視する方におすすめの1台です。

タイガー「tacook」JAJ-G550(マイコン)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 タイガー「tacook」JAJ-G550(マイコン)

同時調理ができるタイガーの人気シリーズです。
付属の調理プレートを使えば、炊飯しながらおかずの調理が可能。40種類の調理メニューを掲載した専用の「クックブック」が付いてくるので、普段あまり料理をしない方でもバリエーション豊かなメニューが楽しめます。
気になる蒸気と電気代を抑えて炊飯する「エコ炊き」メニューや、一人暮らしのワンルームにもスッキリ溶け込むシンプルなデザインなども魅力のひとつです。

東芝「備長炭鍛造かまど釜」RC-6XM(IH)

3合炊き炊飯器のおすすめ10選 東芝「備長炭鍛造かまど釜」RC-6XM(IH)

シンプルで使いやすい東芝のIH炊飯器です。
力強い熱対流で釜全体にしっかり熱を伝える「備長炭鍛造かまど釜」を採用。お米一粒一粒をふっくら美味しく炊きあげます。パン発酵やケーキ、温泉卵などが手軽に作れる多彩な調理コースが備わっているのも魅力です。
カラーバリエーションは、レッド・ブラックの2色。キッチン雰囲気に合わせて好きな色が選べるのも嬉しいポイントです。

3合と3.5合炊き炊飯器の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの3合と3.5合炊き炊飯器の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

3合炊き炊飯器のランキングを見る

3.5合炊き炊飯器のランキングを見る

担当者からひとこと

内釜の素材にこだわったモノや、加熱方法にこだわったモノなど、メーカーごとに特徴が全く異なる炊飯器。選ぶ際には自分に必要な機能をしっかりと見極めることが重要なポイントです。今回ご紹介した製品を参考に、お気に入りの1台を見つけてみてください。

すべての3合と3.5合炊き炊飯器を見る

おすすめの関連記事