炊飯器の一人暮らし向けおすすめモデル13選【2020】おいしいご飯をたべよう

更新日:2020.03.06

炊飯器でご飯が炊きあがったイメージ

一度に炊けるお米の量がモデルによって異なる炊飯器は、自分の食べる量や生活スタイルにあったものを購入する必要があります。また、それ以外にもさまざまな機能が備わっており、使い方にあわせて欲しい機能をチェックしておくことが大切。そこで今回は、基本的な炊飯器の選び方と、一人暮らしの方向けのおすすめ炊飯器をご紹介します。

一人暮らし向け炊飯器の選び方

炊飯器の種類

マイコン

一人暮らし向け炊飯器の選び方 炊飯器の種類 マイコン

マイコンは、単純な構造をしていることからお手ごろなものが多く、最低限の機能が備わっていれば安いもので構わないという方におすすめです。最も一般的なマイコン炊飯器は釜の下にヒーターがあり、その熱によってお米が炊ける仕組み。ほかのタイプと比べて熱が弱めですが、味にこだわりがない場合はさほど気にする必要はありません。

IH

一人暮らし向け炊飯器の選び方 炊飯器の種類 IH

お米をシャッキリと炊き上げることができるIH炊飯器は、「電磁誘導加熱」で加熱をおこなう炊飯器です。コイルによって内釜自体が発熱するのでまんべんなく加熱され、ムラが少ないことが特長。マイコンと比べて粒立ちがいいご飯が炊けるので、多めに炊いて作り置きをする方にもおすすめです。

圧力IH

一人暮らし向け炊飯器の選び方 炊飯器の種類 圧力IH

圧力IHの炊飯器は、電磁誘導による加熱に加えて、炊飯時に圧力をかけることでより高火力を実現し、お米をもっちりと仕上げることが可能です。近年のIH炊飯器は、圧力IH炊飯器に分類されるものが多くなっています。ほかのタイプと比べてお手入れが必要なパーツが増えますが、高い火力ならより甘く、よりはやく炊けるので、味にこだわりがある方や時間を短縮したい方におすすめです。

サイズ・容量

一人暮らし向け炊飯器の選び方 サイズ・容量

一般的な一人暮らし用の炊飯器の容量としては、3合か5合のものがおすすめです。こまめに炊く、もしくは自炊の頻度があまり多くない場合は3合が適しています。一方で、作り置きやお弁当など、自炊でお米を多く消費するなら5合のものが便利です。なお、本当にたまにしか炊かない場合は、1食分だけ炊けるモデルをラインアップしているメーカーもあります。

蒸気カットなら置き場所の幅が増える

一人暮らし向け炊飯器の選び方 蒸気カットなら置き場所の幅が増える

置ける場所が限られる場合は、蒸気カットモデルを選べばキッチンのレイアウトがしやすくなります。炊飯器の置き場所を選ぶ際に気をつけたいのが、炊飯時に発生する蒸気です。ほかの家具や家電にあたってカビが生えやすくなったり、劣化させてしまったりすることがあります。また、コンセントの下に炊飯器を置く場合も、蒸気によるショートの危険性があるため注意が必要です。なお、蒸気が出るタイプを選ぶ場合は、せり出る棚や上部がひらけた場所に設置するようにしましょう。

搭載機能

一人暮らし向け炊飯器の選び方 搭載機能

炊飯器の購入時には、搭載機能を比較することも大切です。その中でも、「炊き分け機能」が多いものだと、多くの種類の穀物がおいしくいただけます。特に、上位の機種になるほどお米の銘柄や食べる人の好みにあわせて炊き方を微調整できるため、とにかくおいしいご飯を食べたい方におすすめ。また、おかずやお菓子を作れるタイプの炊飯器もあり、自炊に時間をかけたくない方であれば重宝する機能です。

炊飯器の人気メーカー

象印マホービン

炊飯器の人気メーカー 象印マホービン

象印マホービンは、さまざまな調理器具の製造販売を行っているメーカーで、炊飯器は代表的な製品のひとつです。同社ではマイコン、IH、圧力IHの各タイプの炊飯器をラインアップ。それぞれの商品には炊き分けなどの機能や、かまどの火力に着目して開発された釜などのこだわりが見られます。

象印マホービンの炊飯器を見る

タイガー

炊飯器の人気メーカー タイガー

電気ポットやオーブントースター、ステンレスボトルなどの製造販売をおこなう「タイガー」。炊飯器のラインアップにはマイコン、IH、圧力IHのほかに土鍋IHと呼ばれるタイプがあり、それぞれの製品の機能性が高いことも大きな魅力です。また、3合炊きタイプが多く、一人暮らし用の炊飯器が選びやすいメーカーです。

タイガーの炊飯器を見る

炊飯器の一人暮らし向けおすすめ商品

象印マホービン「極め炊き」NP-RY05(圧力IH/3合)

象印マホービン「極め炊き」NP-RY05(圧力IH/3合)

好みにあわせて炊き分けができる圧力IH炊飯器です。
3合炊きの少し小ぶりなサイズであるにもかかわらず、機能性に優れていることが特長。炊飯機能だけでなく保温機能も優れており、水分の蒸発を押さえながら最長で30時間にわたってご飯を温めておくことが可能です。また、釜の内側にはプラチナナノ粒子加工が施されており、ご飯の甘味を引き出せます。

タイガー「炊きたて tacook(タクック)」JAJ-A552(マイコン/3合)

タイガー「炊きたて tacook(タクック)」JAJ-A552(マイコン/3合)

付属のクッキングプレートと内釜を使って、炊飯しながらおかずも作れるマイコン炊飯器。
蒸気カットが可能な構造なうえにコンパクトな設計なので、蒸気やスペースを気にせずにテーブルや狭いスペースなどにも置けます。また、「エコ炊き」を選択すれば、節電しながらの炊飯も可能。コロンとしたボックス型の見た目がかわいく、デザインを重視したい方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ「米屋の旨み 銘柄炊き」KRCMC30B(マイコン/3合)

アイリスオーヤマ「米屋の旨み 銘柄炊き」KRCMC30B(マイコン/3合)

マイコンタイプでありながら31銘柄のお米を炊き分けられる機能が備わっており、コストパフォーマンスが良い炊飯器です。
コンパクトな本体と、特徴的なカラーリングが目を引きます。底部とふたの両方向から加熱する仕組みになっており、吹きこぼれが少なく保温性能も優れているのが特徴です。また、釜の縁部分は3.1mmと、この価格帯のものとしては厚く、炊きムラの少ない炊飯ができます。

三菱「炭炊釜」NJ-SU06R(IH/3.5合)

三菱「炭炊釜」NJ-SU06R(IH/3.5合)

内ふたの「炭コート遠赤」が炊きムラをなくし、全体にしっかりと熱を加えて炊き上げることが可能なIH炊飯器です。
振動でお米に水を吸わせる「超音波吸水機能」も備わっており、ご飯がハリとツヤのある状態に仕上がります。釜は「ダブル炭コート」が施された2層構造になっており、熱伝導性が非常に高い点が大きな魅力です。0.5〜3.5合までの炊飯が可能なので、少しだけ炊きたいときにも適しています。

象印マホービン「炎舞炊き」NW-KB10(圧力IH/5.5合)

象印マホービン「炎舞炊き」NW-KB10(圧力IH/5.5合)

底部の3つのヒーターを独立制御することでかまどの炎を再現し、ふっくらとした甘味のあるご飯に炊き上がる圧力IH炊飯器です。
好みの炊き加減に調整する「わが家炊き」メニューを使えば、前回炊いたときより炊き上がりを自分好みに進化させることも可能。なお、5.5合炊きができるので多めに炊けます。味にこだわることができる炊飯器が欲しい方には特におすすめの1台です。

タイガー「炊きたて」JBH-G102W(マイコン/5.5合)

タイガー「炊きたて」JBH-G102W(マイコン/5.5合)

お手ごろな価格が魅力的な、5.5合炊きのマイコン炊飯器です。
シンプルな機能で容量が大きい、低価格帯のモデルが欲しい方におすすめ。機能面では、「エコ炊きメニュー」で電気代を節約できる点や、炊飯時の蒸気を30%カットできる点が特徴です。また、厚さ1.7mmの「黒遠赤厚釜」を使用しており、炊きムラの少ないふっくらとしたご飯に仕上がります。

バーミキュラ「VERMICULAR RICEPOT MINI(バーミキュラ ライスポットミニ)」RP19A(IH/3合)

バーミキュラ「VERMICULAR RICEPOT MINI(バーミキュラ ライスポットミニ)」RP19A(IH/3合)

鋳物ホーロー鍋でもあるので、炊飯だけでなくカレーやスープなどの調理もでき、汎用性が高いIH炊飯器です。
最大で3合のお米を炊けるコンパクト設計で、オーブンに入れて調理することも可能。取っ手のついた少し変わった見た目が大きな特徴のひとつで、おしゃれなキッチンにもよく映えます。なお、無水調理にも活用できるので、幅広い料理にチャレンジしたい方にもおすすめです。

日立「おひつ御膳」RZ-BS2M(圧力IH/2合)

日立「おひつ御膳」RZ-BS2M(圧力IH/2合)

本体からおひつ部分を外して持ち運べる、小型の圧力IH炊飯器。
分離させても約65℃を2時間保つので、テーブルに置けばおかわりのたびに席を立つ必要がありません。メニューは「保温」と「炊きこみ」、「おかゆ」の2種類で、雑穀米、玄米、おこわ、赤飯なども応用して炊くことができます。また、アルミ合金製の内釜の底部に鉄の粒子を打ち込んであり、内部の温度上昇のばらつきを抑制。少量のお米もおいしく炊き上げます。

バルミューダ「BALMUDA The Gohan」K03A(3合)

バルミューダ「BALMUDA The Gohan」K03A(3合)

二重の釜を利用して、蒸気で炊飯をおこなう少し変わった炊飯器です。
蒸気で炊くことで、急激な温度変化をなくして釜の内部が100℃を超えないようコントロールできます。米粒を崩さず甘味や旨味を閉じ込めることも可能です。また、保温の機能はあえて備えていないので、一度炊いたら食べきる方におすすめ。3合までの炊飯が可能な、一人暮らしにピッタリなコンパクト設計となっています。

象印マホービン「STAN.」NW-SA10(IH/5.5合)

象印マホービン「STAN.」NW-SA10(IH/5.5合)

シンプルなデザインが特徴的な5.5合炊きのIH炊飯器です。
炊き方を選べる「炊き分け3コース」が備わっており、お米の硬さを自分の好みにあわせられます。IHならではの強い火力を活かした炊飯は吹きこぼれが少なく、お米本来の旨味をしっかりと引き出すことが可能。それに加え、内部の構造もシンプルなため、お手入れに手間がかからないことも魅力です。

シャープ KS-CF05A(マイコン/3合)

シャープ KS-CF05A(マイコン/3合)

内釜に取っ手がついているのが便利な3合炊きのマイコン炊飯器です。
取っ手部分には、熱くなりにくい素材が使用されており、炊き上がったばかりのタイミングでも持ち運びができます。また、時間の短縮ができる「おいそぎ炊飯」やパンの調理機能がついているのも魅力。価格もお手ごろで手にとりやすいモデルです。

コイズミ「ライスクッカーミニ」KSC-1512(マイコン/1.5合)

コイズミ「ライスクッカーミニ」KSC-1512(マイコン/1.5合)

1.5合までの少量炊飯が可能なので、食べる量が少ない方や毎回炊きたての状態で食べたい方に最適です。
お手ごろな価格で手にとりやすく、気軽に試せるのもポイント。本体は縦長で、内釜を取り外して丸洗い可能です。機能面では20分で炊けるスピード炊飯やタイマーを搭載し、忙しい朝やお弁当準備でも活躍します。

タイガー「炊きたて」JPC-H100(圧力IH/5.5合)

タイガー「炊きたて」JPC-H100(圧力IH/5.5合)

内釜に熱封土鍋コーティングが施されており、蓄熱性が高いところが魅力の5.5合炊き炊飯器です。
炊き上げ時と炊き上げ直後の圧力を変化させる「可変W圧力炊き機能」でご飯のべたつきを抑えられるので、粒立ちのいいお米が炊き上がります。大きくなりがちな圧力IHタイプでありながら、コンパクトな本体も魅力です。

炊飯器の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの炊飯器の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

炊飯器のランキングを見る

担当者からひとこと

一人暮らしには3合炊き、もしくは冷凍保存などをしておきたい場合は5合炊き程度の炊飯器が使いやすくておすすめです。加熱方法は「マイコン」、「IH」、「圧力IH」の3種類で、火力が高くなるにつれて価格も上がります。価格重視か、機能重視かで加熱方法や機能を選んで、最適な1台を選びましょう。

すべての炊飯器を見る

おすすめの関連記事