一人暮らし向け浄水器のおすすめ10選 蛇口やポットで飲み水を手軽に

更新日:2021.05.31

一人暮らしの方が浄水器を使っているイメージ

安全でおいしい水が手軽に飲め、一人暮らしにあると便利な「浄水器」。浄水器があれば、重たいペットボトルの水を購入する手間が省けるうえに、買い忘れて困ることもありません。しかし、浄水器の種類はさまざまで、製品によって性能も異なります。今回は、浄水器を選ぶ際のポイントを解説し、種類別におすすめの製品をご紹介します。

一人暮らしに浄水器は必要?

一人暮らしに浄水器は必要?

日本では、水道法という法律に基づいて水道水の品質と安全性が管理されており、家庭の蛇口から出てくる水道水をそのまま飲むことができます。しかし、その中には水質を保つための塩素などの物質も含まれており、においや口当たりが気になることもしばしば。

物質自体は少量であれば体に害がないことがほとんどですが、飲みやすい“飲み水”を確保するには、浄水器を使用するのがおすすめです。

浄水器とペットボトルやウォーターサーバーどちらがいいのか

味や衛生面で比較

浄水器とペットボトルやウォーターサーバーどちらがいいのか 味や衛生面で比較

ペットボトルやウォーターサーバーは、メーカーごとに成分が調整されているため、それぞれミネラルの含有量や風味が異なります。自分の好みに合わせて味や舌触りを選べることがメリット。また、1本ごとに密閉されているので、口をつけて飲むことや開封して放置することをしない限りは衛生的であることもポイントです。

一方、浄水器は水道水のカルキを抜くだけなので、クセが少ない水が飲めます。ただし、衛生面では、水道周りや専用容器などを清潔に保ち、一定期間ごとにカートリッジを交換する必要があることを留意しましょう。

コスパで比較

浄水器とペットボトルやウォーターサーバーどちらがいいのか コスパで比較

浄水器は、本体とカートリッジ代のほかは、使った分だけ水道料金として加算されるので、お手頃な価格のモデルを使えばランニングコストも抑えることが可能。また、蛇口をひねればいつでも飲み水を得られます。

さらに、ペットボトルやウォーターサーバーだと、大量にストックしたりサーバーを設置したりするスペースが必要。特別おいしい水やミネラルの含有量などにこだわらないのであれば、省スペースでコスパのよい浄水器がおすすめです。

浄水器の選び方

浄水器の種類

蛇口直結型|一人暮らしに1番おすすめ

浄水器の選び方 種類 蛇口直結型

水道の蛇口に直接取り付ける蛇口直結型は、一人暮らしにおすすめの浄水器。工事不要で簡単に取り付けや取り外しができるため、賃貸住宅でも使用可能です。コンパクトで邪魔にならず、飲み水のほか、料理にも手軽に使えます。浄水器によっては取り付けられない形状の蛇口があるので、事前に確認しておきましょう。

ポット型|手軽に使える

浄水器の選び方 種類 ポット型

ポット型は、水道水をポットに注ぎ、なかにあるフィルターで水道水をろ過するタイプ。価格が安く手軽に使えるのが魅力ですが、ろ過に時間がかかり量も少ないので、料理に使うよりは飲み水専用にするのがおすすめ。また、ポットに入っている水は冷蔵庫で保存し、早めに飲み切る必要があります。携帯できるボトルタイプもあるので、興味のある方はチェックしてみてください。

据え置き型|たくさん使う人向け

浄水器の選び方 種類 据え置き型

据え置き型は、キッチンの蛇口と浄水器をホースでつなぎ、ろ過してから使用するタイプ。本体が大きい分、カートリッジの寿命が長いのがメリットです。水の使用量によりますが、だいたい年1〜2回程度の交換ですむため、浄水した水をたくさん使用したい方におすすめ。設置するスペースが必要になるため、シンク周りや壁面など、事前に置き場所の確認が必要です。

ビルトイン型|キッチンがすっきり

浄水器の選び方 種類 ビルトイン型

ビルトイン型は、浄水カートリッジをシンク下や専用水栓の胴部・ヘッドなどに設置する、蛇口と一体化したタイプ。普段見えない場所に浄水器を設置するため、キッチンがすっきり整います。浄水能力が高いモノもあるうえに、カートリッジも長持ちするので、頻繁な交換が面倒な方におすすめです。しかし、大掛かりな工事が必要となるので、賃貸の場合は、建物所有者の許可が必要です。

対応する浄水カートリッジをチェック

浄水器の選び方 対応する浄水カートリッジをチェック

浄水器を購入する際は、対応する浄水カートリッジの能力もチェックしましょう。カートリッジに使われているフィルターによって、除去できる物質に違いがあります。カルキやカビのニオイを除去するのが浄水器の最低限の目的ですが、より小さな穴のフィルターを備えることで細かい不純物を取り除けるモノもあります。なお、機種によってカートリッジの交換時期が異なるため、ランニングコストを考慮して選びましょう。

一人暮らし向け浄水器のおすすめ

一人暮らし向け浄水器のおすすめ|蛇口直結型

三菱ケミカルクリンスイ「クリンスイ(Cleansui) CBシリーズ」CB073-WT

三菱ケミカルクリンスイ「クリンスイ(Cleansui) CBシリーズ」CB073-WT

比較的リーズナブルで、コンパクトサイズの蛇口直結型浄水器です。狭いキッチンでも省スペースで設置できるのがポイント。約3ヵ月ごとにカートリッジの交換が必要ですが、液晶画面に交換時期が表示されるので一目で分かります。

カートリッジ内には活性炭と中空糸膜フィルターを採用し、ダブルで不純物を除去。交換方法は、スライド着脱で簡単です。水道水を30%節水できるシャワー切換が備わっており、節水効果も期待できます。

東レ「トレビーノ スーパーシリーズ」SX606V

東レ「トレビーノ スーパーシリーズ」SX606V

外して洗える浄水口キャップを搭載したモデルです。水はねで汚れが気になる浄水口が手軽にお手入れできるので、衛生面が気になる方におすすめ。浄水の使用残量が大きくデジタル表示され、カートリッジの交換時期が分かりやすいもポイントです。

コンパクトで洗い物をするときも邪魔になりにくく、節水機能も備わっていて経済的。約30%節水しても水圧が弱くならないよう、シャワーの穴の大きさが工夫されています。

パナソニック TK-CJ12

パナソニック TK-CJ12

長持ちカートリッジを搭載した浄水器です。カートリッジ1個につき約4000Lの浄水できるため、約1年交換せずに使い続けられます。交換の手間が省けるので、コスパのよいモデルとしておすすめです。

浄水口と原水が出てくるシャワー部分の両方を、取り外して洗えるため衛生的。不織布・粒状活性炭・中空糸膜を組み合わせたフィルターで、全部で17項目の物質をろ過できるなど、浄水機能も優れています。

三菱ケミカルクリンスイ「クリンスイ(Cleansui) MONOシリーズ」MD301-WT

三菱ケミカルクリンスイ「クリンスイ(Cleansui) MONOシリーズ」MD301-WT

3種類の素材を組み合わせた独自の高性能カートリッジが魅力の浄水器です。15項目の物質を高度除去。適正に浄水できる水量かどうかと、カートリッジの寿命をランプで教えてくれるので、安心して使えます。
さらに、カートリッジと浄水の出口が一体化しているため、交換するたびに浄水口が新しくなり衛生的なことも特長です。

東レ「ウォーターボール」WB600B

東レ「ウォーターボール」WB600B

丸くてかわいいデザインとカラフルな色使いが魅力の浄水器です。シンク周りもおしゃれにこだわりたい方におすすめ。フィルターには活性炭のみを使用し、カルキ臭やカビ臭の元となる物質を5項目除去します。

1〜2ヵ月でカートリッジ交換が必要なタイプのため交換頻度が高くなりますが、本体もカートリッジもお手頃価格なのがポイントです。コンパクトなので、一人暮らしの狭いキッチンでも省スペースで取り付けできます。

一人暮らし向け浄水器のおすすめ|ポット型

ブリタ「リクエリ」KBLQCW1

ブリタ「リクエリ」KBLQCW1

冷蔵庫のドアポケットに収まるスリムさが魅力のポット型浄水器です。1回に1.1Lの水道水が浄水できます。フタ以外の本体は食洗機で洗浄できるため、お手入れも簡単。

「マクストラプラス」と呼ばれるカートリッジを採用し、水アカなどの汚れや塩素などの不純物を除去します。カートリッジ交換は約2ヵ月に1回。使い勝手のよいアイテムとしておすすめです。

三菱ケミカルクリンスイ「クリンスイ(Cleansui)ポットシリーズ」CP012-WT

三菱ケミカルクリンスイ「クリンスイ(Cleansui)ポットシリーズ」CP012-WT

従来品に比べ、約半分の時間で高速浄水できるポット型浄水器です。メーカー独自の中空糸膜フィルターにより、活性炭だけでは取り除けない細かい雑菌や赤サビまでしっかり除去します。

コンパクトで冷蔵庫のドアポケットにも収まりがよく、サイドに設けられた深めの溝が滑り止めとなるので、片手でも持ちやすいのがポイント。また、注水用の口を設けることで、フタを外さずに手間なく給水できるよう工夫されています。

東レ「トレビーノ」PT502SV

東レ「トレビーノ」PT502SV

従来の高性能除去フィルターに、高速浄水スピードがプラスされたタイプのポット型浄水器です。粒状活性炭とイオン交換体を備えたフィルターにより、ミネラル分を損なうことなく12項目の物質を除去。1Lの水道水を約3分で浄水できるので、待たずにすぐ使えます。

冷蔵庫内での横置きができるため、ドアポケットがいっぱいでも棚に収納可能。使用開始日を簡単にマークできるタグも備わった、高コスパなおすすめモデルです。

一人暮らし向け浄水器のおすすめ|据え置き型

パナソニック TK-CS30

調理に特化した据え置き型の浄水器です。軟水カートリッジから浄水カートリッジの順で水を循環させることで、ご飯の甘みを引き出す「まろやか軟水」が作れます。ダイヤル切り替えで浄水や原水のみでの使用も可能です。

ボタン操作で各カートリッジの交換時期を簡単に確認できます。飲み水はもちろん、料理に活かしたい方におすすめです。

キッツマイクロフィルター「ピュリフリー」PF-W4

キッツマイクロフィルター「ピュリフリー」PF-W4

本製品は据え置き型に分類されますが、吐水口を蛇口に設置するタイプの浄水器です。据え置き型の高い浄水能力と、蛇口直結型の使い勝手のよさを兼ね備えています。1分間に3.5Lの浄水が可能。約2年の長い期間使用でき、その後はカートリッジとホース、切り替えコックを丸ごと取り替えます。

吐水口は分解して洗浄できるため、いつも清潔に保つことが可能。使い勝手がよいうえに、コスパが高いモデルです。

浄水器の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの浄水器の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

蛇口直結型のランキングを見る

ポット型のランキングを見る

据え置き型のランキングを見る

浄水器の人気メーカー

三菱ケミカルクリンスイ(MITSUBISHI CHEMICAL)

浄水器の人気メーカー 三菱ケミカルクリンスイ(MITSUBISHI CHEMICAL)

三菱ケミカルクリンスイは、浄水器の主力ブランドである「クリンスイ」を扱っています。蛇口直結型・ポット型・据え置き型・ビルトイン型のすべての種類において、消費者のニーズに応えた豊富なラインナップが特徴です。メーカー独自の中空糸膜フィルターを開発しているのがポイント。高い浄水能力で、おいしく安全な水が確保できるのでおすすめです。

三菱ケミカルクリンスイの浄水器を見る

ブリタ(BRITA)

浄水器の人気メーカー ブリタ(BRITA)

ブリタは、さまざまな種類の浄水器を発売しており、スタイリッシュなデザインが魅力。ポット型のほかに、カラフェ型やボトル型のモデルがあり、個人のライフスタイルや必要な水分量に応じて最適なアイテムが選べます。

ブリタの浄水器を見る

パナソニック(Panasonic)

浄水器の人気メーカー パナソニック(Panasonic)

パナソニックの浄水器は、アルカリイオン水や還元水素水、まろやか軟水など、浄水後の水の質にこだわったモデルが多数展開されているのが特徴。美容や健康、料理などこだわりの水を確保したい方におすすめです。なお、蛇口直結型浄水器については、カートリッジの交換時期が約6〜12ヵ月とほかのメーカーの製品より長めなのがポイントです。

パナソニックの浄水器を見る

東レ(TORAY)

浄水器の人気メーカー 東レ(TORAY)

東レの浄水器は「トレビーノ」というブランドが代表的。1986年の発売以来、さまざまなタイプのモデルが開発されています。自然に育まれた水本来のおいしさを追求することがブランドコンセプトです。浄水器の主要メーカーとして、時短浄水や高性能除去などの機能面だけでなく、キッチンの景観を損なわないデザイン性にもこだわった製品を追求しています。

東レの浄水器を見る

担当者からひとこと

料理にたくさん水を使う方や、コストを抑えたい方、賃貸住宅の方などにおすすめの浄水器。蛇口直結型は一人暮らしの狭いキッチンでも無理なく設置でき、ポット型はリーズナブルなので浄水器を試してみたい方にも向いています。記事を参考にして、毎日の生活に安全でおいしい水を取り入れてみてください。

すべての浄水器を見る

おすすめの関連記事