トースターのおすすめ16選【2021】人気メーカーやおしゃれなモデルもピックアップ

更新日:2021.11.10

トースターのイメージ

オーブントースターをはじめとするトースターは、朝食にパンをよく食べる方にとって欠かせない家電です。他にも、お惣菜を温めなおしたり、焼き芋やお菓子、ホイル焼きを調理したりと、その活用方法は多岐にわたります。安くてシンプルなモノから機能性重視の高級モデルまで、多くのモデルがラインアップ。
なかには、バルミューダやアラジンなどのメーカーのようにパンをおいしく焼けることで話題のトースターも存在し、どれが自分に最適なのか悩んでしまいがちです。そこで今回は、トースターの選び方とおすすめの商品を紹介します。

トースターの種類

オーブントースター

トースターの種類 オーブントースター

オーブントースターは、トースターのなかでも最も一般的なタイプです。内部の網やトレイの上などに食材を並べ、内部のヒーターで加熱します。

オーブン機能が備わっているため、トーストを焼く以外にもクロワッサンや菓子パンをあたためたり、グラタンなどのグリル料理を作ったりするのにも便利。簡単な調理にも使えるので、1台あると調理の幅が広がります。

ポップアップトースター

トースターの種類 ポップアップトースター

ポップアップトースターは、縦に食パンを挿入して焼くタイプのトースター。各スロットに挿入してレバーをおろし、焼きあがったらポンッと跳ねるようにパンが上がってきます。

基本的に食パンを焼くことがメインですが、モデルによってはロールパンやクロワッサン、ベーグルなどをあたためられる機能が備わったアイテムがあるのも特徴。コンパクトサイズなので、スペースを抑えたい一人暮らしの方にもおすすめです。

トースターの選び方

焼ける枚数をチェック

トースターの選び方 焼ける枚数をチェック

トースターを選ぶ際には、同時に何枚のトーストを焼けるのか確認しておきましょう。家族の人数や1度に食べるトーストの枚数に合わせて選ぶのがおすすめです。目安として、1〜2人暮らしの方の場合、2枚焼けるモデルが適しています。

一方、3人以上で暮らす方には、3〜4枚焼ける大型のトースターがおすすめ。また、一人暮らしなどで設置スペースを確保するのが難しい場合は、1枚だけ焼けるコンパクトなモデルもあります。

焼き上がりが変わる“加熱方法”

トースターの選び方 焼き上がりが変わる加熱方法

こんがりと焼き上げる“電熱”

電熱線を固い石英で覆った熱源を使う加熱方法です。
つくりがシンプルなので、比較的安価なモノが多いのがこのタイプ。表面をジリジリと加熱するので水分が飛びやすく、パンに焼き目をつけてカリッと仕上げることができます。

じっくりあたためる“遠赤外線ヒーター”や“グラファイト”

遠赤外線で食材の内側までじっくりあたためながら、外もカリッと仕上げることができる加熱方法です。内側まで熱が届くので、パンだけでなく焼き芋などもおいしく焼き上げることが可能。

また、素早く発熱させ、トーストの水分を飛びにくくする「グラファイト」と呼ばれる遠赤外線ヒーターなど、メーカーごとにさまざまな特徴があるので比較して選ぶのがおすすめです。

“スチーム”なら外はカリッと、中はふんわり

スチーム機能を備えたトースターでは、ヒーターに加えて蒸気を使って焼き上げます。給水口に少量の水を入れ加熱することで水分の蒸発を抑えて焼き上げ、外側をカリカリに、内側はふんわりと柔らかく焼き上げられるのが特徴です。

その食感のよさから人気があり、「スチームオーブントースター」とも呼ばれます。トーストをより美味しく食べたい方におすすめです。

もちもちな焼き上がりの“過熱水蒸気”

100℃以上に熱せられた過熱水蒸気を使って、“水で焼く”オーブントースターです。
スチーム式と違うのは、ヒーターで焼いてから蒸気を使うのではなく、熱せられた蒸気自体が食材を焼くこと。シャープの「ヘルシオグリエ」に搭載されています。トーストだけでなく、お惣菜の温め直しにも活躍する方法です。

ムラが少ない“コンベクション”

循環ファンで熱の対流を起こし、トースター庫内をまんべんなくあたためる加熱方法です。庫内に熱気が充満するため食材に熱が均一に伝わり、ムラを少なく仕上げることができます。

コンベクション方式のモデルは、比較的価格が高い傾向がありますが、トーストだけでなくグリル料理やノンフライ料理など、普段の調理でも役立つ機能を搭載しているので便利です。

温度調整機能

トースターの選び方 温度調整機能

トースターの温度調節には、アナログ式のダイヤルやマイコンのボタンタイプを採用しているのが主流です。とくにグリル料理などを楽しみたい方には、食材ごとに焼き上げ温度などを細かく調節できるモデルが適しています。

また、カリッとした食感を楽しみたい方は、強火で素早く焼けるモデルがおすすめ。消費電力は大きくなりますが、その分高い火力で一気に焼き上げられます。

調理機能

トースターの選び方 調理機能

料理のラインナップを増やしたい方には、調理機能が備わっているトースターがおすすめです。とくに、調理コースを搭載したモデルでは、トースター1台でさまざまな料理が楽しめます。

たとえば、クッキー・餅・焼き芋などのコースを搭載したモデルなら、ちょっとしたお菓子作りにも便利。なかには魚などに対応したモデルもあるので、お好みやライフスタイルに合わせて選びましょう。

掃除のしやすさをチェック

トースターの選び方 掃除のしやすさをチェック

パンくずトレイ以外にも、各部品が取り外せるとお手入れしやすくて便利です。トースターは網に直接パンを置くので庫内が汚れやすくなります。

一般的に、トースター下部にはパンくずトレイが設けられていますが、食材を置く網や前面の扉、スチームの管などの部品も取り外せるモデルであれば隅々まで掃除することが可能。清潔さを保つために、お手入れ方法を確認しておくことも大切なポイントです。

トースターの人気メーカー

アラジン(Aladdin)

/topics/osusume_toaster_ranking/osusume_toaster_ranking_aladdin.jpg

アラジンは石油ストーブやファンヒーターでも有名なメーカー。アラジンのトースターは、千石が開発した特許技術「遠赤グラファイト」を採用しているのが特徴です。

「遠赤グラファイト」は、わずか0.2秒ほどで発熱する立ち上がりのよさが魅力。短時間で焼き上げられるため、外はこんがり、中はもちもちの食感が楽しめます。トーストを美味しく食べたい方におすすめのメーカーです。

バルミューダ(BALMUDA)

トースターの人気メーカー バルミューダ(BALMUDA)

バルミューダのトースターは、おしゃれなデザインが魅力の高級トースターです。高価ですが、パンを美味しく焼き上げられるのが特徴。独自のスチームテクノロジーや温度制御機能を搭載し、フランスパンやクロワッサンなどパンの種類に合わせて焼き上げられます。

また、バルミューダのトースターはオーブン機能も備わっており、餅やグラタンなどの調理も可能。料理の幅を広げたい方や、トーストにこだわりたい方におすすめです。

デロンギ(DeLonghi)

トースターの人気メーカー デロンギ(DeLonghi)

デロンギのトースターは世界的にも有名なデザイナーたちが手がけたスタイリッシュなデザインが魅力。グッドデザイン賞を何度も受賞しており、インテリア家電としてもおすすめです。

また、オーブン料理などが作れる調理機能を備えたモデルもあり、料理の幅を広げられます。高機能ですがシンプルで使いやすく、操作も簡単です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

トースターの人気メーカー 象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印マホービンのトースターは、お手入れのしやすさが魅力です。取り外し可能な扉に対応したモデルが多く、庫内に散ったパンくずなどの掃除が簡単。さらに、内部の網の取り外しや丸洗いに対応したアイテムもあり、手軽に掃除できます。

また、細かい温度調節機能や調理機能も搭載。機能が充実しているので、トースト以外にもスイーツやグラタンなどさまざまな料理を楽しめます。

タイガー(TIGER)

トースターの人気メーカー タイガー(TIGER)

タイガーのトースターは、庫内の料理を取り出しやすいのが特徴です。扉を開けると焼き網が手前へスライドしてくる「取りやすいん棚」を採用。背が高めの大きな料理も、熱い庫内からより安全に取り出せます。

また、ハイパワーの遠赤ヒーターを搭載しているのも特徴です。細かい温度調節もでき、冷凍ピザやグラタンなどを手軽に調理できます。

トースターのおすすめ|オーブントースター

アラジン「グラファイト グリル&トースター」AGT-G13ABK/H(グラファイト)

アラジン「グラファイト グリル&トースター」AGT-G13ABK/H(グラファイト)

特許技術の「遠赤グラファイト」という加熱方法を使用したトースターです。わずか0.2秒ほどで発熱し、トースター庫内を短時間で急加熱します。高温で素早く焼き上げることで、中の水分が蒸発するのを抑制。中のもちもち感を残したまま、外をこんがり焼き上げます。

また、庫内は食パンが4枚入る広めの仕様。100〜280℃で温度調節できるダイヤルがついており、調理にあわせた温度の使い分けが可能です。


バルミューダ「バルミューダ ザ・トースター」K05A(スチーム)

バルミューダ「バルミューダ ザ・トースター」K05A(スチーム)

パンのおいしさを最大限に引き出してくれる、おしゃれなオーブントースターです。5ccの水を入れることで庫内にスチームを充満させて料理の表面をコーティングし、その後水を蒸発させて中のしっとり感を保ったまま外側をカリカリに仕上げます。

また、トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサンの専用ダイヤルが設けてあり、それぞれに合うよう温度制御をおこなうことで、まるで焼きたてのようなおいしさを再現。トースター庫内は食パン2枚まで同時に調理できるサイズです。


タイガー KAT-B130-KM(遠赤外線ヒーター)

タイガー KAT-B130-KM(遠赤外線ヒーター)

トーストを1度に3枚焼けるワイド幅のトースターです。「断熱Wガラス」によって庫内の水分蒸発を抑制し、表面はカリカリ、中はふわっとしたトーストを焼き上げられます。扉を開けると焼き網が前にせりだす「取りやすいん棚」により、取り出しも簡単です。

また、約80〜250℃まで無段階温度ができ、食材に合わせた焼き上げが可能。30分までのロングタイマーも備えているため、ピザやグラタンなどもじっくり調理できます。

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE067(スチーム・コンベクション)

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE067(スチーム・コンベクション)

4枚のパンを1度に焼ける広い庫内が魅力のトースター。食パンを外はカリっ、中はもちっと仕上げる「スチームモード」、ムラなくあたためる「コンベクションモード」、表面にこんがりとした焼き目をつける「ノーマルモード」により、料理の幅が広がります。

スタイリッシュなデザインで、お手入れも簡単。365日、朝から夜までマルチな料理で使いたくなる1台です。

TAGlabel by amadana AT-TOS11(スチーム)

TAGlabel by amadana AT-TOS11(スチーム)

トーストを美味しく焼き上げたい方におすすめのスチームオーブントースター。スチーム用カップに水を注いでセットし、タイマーをひねれば外はサクサク、中はもちもちの食感が楽しめます。上下2本のヒーターは最大火力1000Wで3段階の調整が可能。

タイマーの設定時間は最大15分なので、トースト以外の料理にも対応できます。また、スチーム用カップやパンくずトレーは取り外しできるためお手入れも簡単。キッチンに溶け込みやすいシンプルなデザインも魅力的です。

象印マホービン「こんがり倶楽部」EQ-SA22(遠赤外線ヒーター)

象印マホービン「こんがり倶楽部」EQ-SA22(遠赤外線ヒーター)

小さめのキッチンにも置きやすいコンパクトサイズのトースターです。小型ながら食パン2枚までに対応しており、1〜2人暮らしの方にもおすすめ。80℃〜250℃まで調節できる「温度調節」機能を搭載し、料理や食材によって使い分けられます。

また、「はずせるとびら」に対応。フロントの扉を取り外せるため、庫内に手を入れて隅々まで掃除できます。料理中に飛び散ったソースやパンくずなどの掃除も簡単です。

デロンギ EO12562JWN(コンベクション)

デロンギ EO12562JWN(コンベクション)

モダンなデザインが魅力的なトースターです。ヒーターとファンを使って庫内を熱風で満たすコンベクションに対応しており、隅々までムラなく焼き上げられます。オーブン機能単体でも使用でき、魚や肉などの調理にも便利です。

また、幅広い面積の「新型オイルラック」を採用しており、健康志向の方にもおすすめ。魚や肉の余分な脂を落としながら調理できます。グリル料理や保温、自然解凍などにも便利な多機能モデルです。

アイリスオーヤマ CMOTS040W(コンベクション)

アイリスオーヤマ CMOTS040W(コンベクション)

スチーム用素焼きを一緒に焼くことで、外はカリッと中はふんわりとした食パンが焼けるトースターです。コンベクション機能付きで、焼きムラも軽減できます。最大4枚まで焼けるので人数が多い家庭にもおすすめです。

35〜95℃の低温調理と100〜230℃のオーブン調理機能も搭載し、さまざまな料理を楽しめるので便利。コンベクション機能を使用してノンフライやドライフードなども作れます。

ORIGINAL BASIC SOT901BK(―)

ORIGINAL BASIC SOT901BK(―)

パステルカラーのピンクとブルーをラインナップした、爽やかなデザインのトースターです。シンプルな機能を搭載したコンパクトタイプで、手軽に使いたい方や一人暮らしの方におすすめ。本体幅は31cmと小さめながらも、食パンを2枚同時に焼けます。

また、扉を開けると焼き網が手前へスライドするため、背の高いモノの取り出しも簡単。15分のダイヤル式タイマーが備わっており、付属の受け皿を使えばピザや餅なども手軽に焼けます。

ラドンナ「Toffy」K-TS1(―)

ラドンナ「Toffy」K-TS1(―)

スリムなデザインの2段式オーブントースターです。置き場所を取らずに、パンを2枚焼くことが可能。また、同時に別の料理も作ることができるので、調理時間の短縮にもなります。

さらに、庫内が高温になると自動でヒーターの温度調整を行ってくれる「庫内温度調整器」を搭載。火力は250・650・900Wの3段階で調節ができるため、付属のレシピブックを参考にしながら、さまざまなオーブン料理を楽しめます。

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE052(―)

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE052(―)

レトロなカラーリングがおしゃれなトースター。バイカラーのデザインはキッチンのインテリアとしてもよく映えます。また、広々とした庫内には、食パンを横に2枚並べて置くことが可能。付属のベイキングトレイを使えばトースト以外の調理でも活躍します。

ヒーターは上下それぞれでオン・オフの切り替えができ、15分までタイマーのセットができて便利。下部にはパンくずトレイも備わっているので、掃除も簡単です。

パナソニック「Bistro」NTD700

パナソニック「Bistro」NTD700

火力や時間を設定しなくても、メニューと焼き色を設定するだけで簡単においしい食パンが焼けるトースター。7200通りのトーストプログラムを搭載した「インテリジェント制御」により、食パンの焼き方を最適化します。

「遠近トリプルヒーター」により、冷凍パンも中まで火を通すことが可能です。クロワッサンやフランスパン、アレンジパンのオートメニューも便利。手動なら120〜260℃のオーブン調理にも対応しています。

デロンギ「Distinta(ディスティンタ)」EOI408(―)

デロンギ「Distinta(ディスティンタ)」EOI408(―)

かわいらしいデザインが魅力のトースターです。トーストを1度に4枚焼ける広々としたスペースを確保しながら、本体サイズはコンパクト。内部は高さのある設計を採用しているため、トーストだけではなくケーキも焼けます。

45分まで設定できるタイマー機能にも対応しているので、食材を入れてスタートさせるだけで簡単に調理可能です。付属のピザストーンを使用すると、ピザはもちろん餅や焼きおにぎりも香ばしく仕上げられます。

トースターのおすすめ|ポップアップトースター

プラスマイナスゼロ XKT-V030

プラスマイナスゼロ XKT-V030

食卓に置いたり、不要なときは収納したりできる食パン1枚分のコンパクトトースターです。スリムでシンプルなのでどんな部屋にもあう万能デザイン。スロットは少し厚めの4枚切りからサンドイッチ向けの8枚切りのパンに対応しており、熱源がパンに近いためしっかり熱が伝わってサクッと仕上がります。

また、焼き色調整つまみで6段階の焼き色に調整が可能。程良い仕上がりになる「3」を基準に、自分好みの焼き加減を楽しめます。

デロンギ「icona VINTAGE collection(アイコナ・ヴィンテージ コレクション)」CTOV2003J

デロンギ「icona VINTAGE collection(アイコナ・ヴィンテージ コレクション)」CTOV2003J

レトロなデザインがおしゃれなポップアップトースターです。4〜10枚切りまで幅広い厚みの食パンに対応。焼けたトーストが上がってきた後、さらにレバーを持ち上げられるので簡単に取り出せます。

また、1〜6まで無段階の焼き目調節が可能。加えて、「解凍」「温め直し」「ベーグル」「キャンセル」の4モードを搭載し、パンの種類やお好みに合わせて焼き上げられます。

アイリスオーヤマ IPT-850

アイリスオーヤマ IPT-850

ステンレス調の洗練されたシンプルデザインが魅力的なポップアップトースターです。約850Wの高火力で冷凍パンも素早く焼き上げ可能。1〜7段階で焼き色も調節でき、お好みの焼き加減にできます。

4〜8枚切りのパンに対応しており、冷めたパンの温め直しができるモードも搭載。シンプルで使い勝手がよいモデルながら手に取りやすい価格のため、手軽にトーストを焼きたい方におすすめです。

トースターの人気売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのトースターの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

トースターの人気ランキングを見る

トースター使用時の注意

トースター使用時の注意

トースターは熱をもちやすく、設置場所やお手入れが適切でないと火災の危険性があります。カーテンの近くや放熱スペースを十分に確保できない場所は熱がこもってしまうので避けましょう。なお、冷蔵庫や電子レンジの上に置く場合は、キッチンラックなどを使えば安心です。

また、庫内にたまったパンくずも長期間放置すると、使用しているうちに焦げて発火する可能性があるので、定期的なお手入れを行いましょう。

担当者からひとこと

食パンを焼くのに便利なトースターの価格帯は幅広く、安価で使いやすいモノから高価で機能の充実したモデルまで、さまざまなモデルがラインナップされています。機能が充実したモデルならお菓子作りも可能。設置スペースやインテリアとの兼ね合いもみながら、自分に合ったトースターを選んでみてください。

すべてのトースターを見る

おすすめの関連記事