冷凍庫のおすすめ10選 小型モデルなら釣りやちょっとしたストックに便利

更新日:2019.11.28

冷凍庫のおすすめ10選 小型モデルなら釣りやちょっとしたストックに便利

冷凍庫は、買い置きのストックなどに役立つ便利なアイテム。アイスや冷凍食品に加え、まとめ買いした大量の肉や魚を冷凍しようと思うと、普通の冷蔵庫では容量が足りないことがあります。そんな時にサブの冷凍庫が1台あれば重宝すること間違いなしです。
そこで今回は、冷凍庫を選ぶときのポイントと、おすすめのアイテムをご紹介します。

冷凍庫の種類

直冷式(自然対流式)

冷凍庫のおすすめ10選 冷凍庫の種類 直冷式(自然対流式)

直冷式の冷凍庫は、庫内の冷却器から出た冷気を庫内で自然に循環させて冷やします。冷気が対流することで食材に直接当たらず、冷却能力が高いので、製氷にも向いています。また、ファンを回さないので運転音が静かで省電力。停電した際も扉を開ける回数が少なければ、庫内の冷たさが長く保てます。
ただし、直冷式の冷凍庫は庫内の水分も凍らせてしまうので霜が付きやすく、自分で霜取り作業をする必要があります。自然対流であるがゆえに、庫内を冷やす温度にムラが生じやすい点もデメリットです。

ファン式

冷凍庫のおすすめ10選 冷凍庫の種類 ファン式

ファン式の冷凍庫は、冷却器で作った冷気をファンで庫内に送り込んで冷やします。それにより、冷気を庫内全体にムラなく行き渡らせることが可能。さらに、自動霜取り機能がついていることがほとんどで、手間のかかるお手入れが不要なことも魅力です。
一方で、ファン式の冷凍庫は、風を起こすことで強制的に冷気を循環させているので、消費電力が大きく電気代も直冷式より高くなる傾向があります。また、ファンが回る音がするため、寝室などの静かな場所に置くのにはあまり向きません。

冷凍庫の選び方

容量

冷凍庫のおすすめ10選 冷凍庫の選び方 容量

冷凍庫を選ぶときは、中に入れたいモノを考慮して容量を決めることが大切です。釣りなどで1匹丸ごと魚を入れたい場合は仕切りが少ない容量が大きめのモデルがおすすめ。一方で、アイスなどのちょっとしたものを入れておくだけであれば、ベッド再度などにも起きやすい小型の小容量タイプで十分です。

収納方法と開き方

引き出しがあると便利な「ドアタイプ」

冷凍庫のおすすめ10選 冷凍庫の選び方 収納方法と開き方 引き出しがあると便利な「ドアタイプ」

ドアタイプは、前に向かって扉が開く、一般的な冷蔵庫と近い形のタイプです。
容量の大きいモノは、庫内に引き出しが設けられているタイプがあり、食品を分けて収納できます。一方、小型の冷凍庫には棚しか備わっていませんが、ドアを開けたときに庫内を見渡せるのがメリットです。
また、ドアタイプは冷凍庫の上部が空いているので、耐熱加工が施してあるものであればトースターや電子レンジなどを置くなどしてスペースを有効活用できます。
なお、購入時にはドアが開く方向も確認が必要です。設置場所の右側に壁があるなら右開きの冷凍庫を、左側に壁があるなら左開きのモノだと使いやすい傾向があります。

大きなものも入れやすい「チェストタイプ」

冷凍庫のおすすめ10選 冷凍庫の選び方 収納方法と開き方 大きなものも入れやすい「チェストタイプ」

チェストタイプの冷凍庫は、天面部分がドアになっています。冷気は上から下へ逃げる性質があるため、上部にドアがあることで、開けても内部の温度が上がりにくいのが特徴です。魚や肉など食材の鮮度を保ちやすく、長期保存したい食材を入れておくのにぴったり。また、容量が大きいものが多いので、釣りで釣ってきた魚やブロック肉のようなかさばる食材でも無理なく入れられます。
ただし、深さのある冷凍庫だと下部にある食材が取り出しにくくなるため、頻繁に使う食材や小さいモノはかごなどに入れて上部に置いておくのがおすすめです。

設置場所と本体サイズ

冷凍庫のおすすめ10選 冷凍庫の選び方 設置場所と本体サイズ

冷凍庫を購入する際は、事前に設置するスペースをきちんと測っておきましょう。冷凍庫は、庫内を冷やすときに発生した熱が本体にこもらないよう、放熱スペースをとる必要があるため、壁にぴったりと置けません。
一般的には、冷凍庫の左右は5mm以上、上部も50mm以上の空きスペースに加えて、背面も壁から離して設置する必要があります。放熱スペースがないと冷凍庫が冷えにくくなることがあるので、モデルごとに決められた分は壁から離すようにしましょう。

冷凍庫のおすすめ|直冷式

シャープ FJ-HS9X(86L)

冷凍庫のおすすめ10選 シャープ FJ-HS9X(86L)

引き出し式ケースが備わっている冷凍庫。
サイズは幅約550×高さ865×奥行575mmと大きく、棚は4段あるのでたくさんの食材を整理して収納できます。各段がすべてケース式で、ドアを開けたときに冷気が逃げにくいのも魅力です。上部は耐熱100℃のトップテーブルを採用し、電子レンジなどの加熱調理器を置いて便利に使えます。

ハイアール JF-WND120A

冷凍庫のおすすめ10選 ハイアール JF-WND120A

チェストタイプとドアタイプを組み合わせた、2段式の冷凍庫です。
上段は上から開くチェストタイプで、冷凍・冷蔵の切り替えが可能。容量が大きいので、ブロック肉や魚1尾など、かさばる食材を入れるのにも適しています。下段は取り出しやすい引き出し式。頻繁に使う食品や小さなモノを見やすくしまっておけます。一人暮らしでメインの冷蔵庫代わりに使うのもおすすめの1台です。

エスキュービズムエレクトリック WFR-1060

冷凍庫のおすすめ10選 エスキュービズムエレクトリック WFR-1060

高さ約840mmで、容量60Lの1ドア冷凍庫。
庫内は引き出し式フリーケースが3段設けられているので、食品の種類ごとに分類して収納できます。ケースは透明で中身が見えるため、食材のストックをひと目で確認することが可能。
シルバーカラーの本体がスタイリッシュな冷凍庫です。

ハイアール JF-NC145F

冷凍庫のおすすめ10選 ハイアール JF-NC145F

省エネ性能に優れた、ノンフロンタイプの冷凍庫。上部から開けるチェストタイプなので、冷凍庫内を広く使えて、魚や肉、1kgのロック氷などのかさばるモノも入れられます。
145Lと深めの大容量モデルですが、付属の「引っ掛けバスケット」を使えば、小物が底に落ちていくのを防ぐことが可能。本体は移動に便利なキャスター付きです。

三ツ星貿易 KM-100(134L)

冷凍庫のおすすめ10選 三ツ星貿易 KM-100(134L)

シルバーグレーの本体カラーがスタイリッシュなチェストタイプ冷凍庫。
約838mmの高さがあり、大きめの魚も丸ごと冷凍できます。温度調節ダイヤルを備え、食材に応じて設定ができるのも魅力。かご式のバスケットも付属しているので、下に沈み込みがちな小さい食材も取り出しやすいように収納可能です。

シャープ FJ-HS17X

冷凍庫のおすすめ10選 シャープ FJ-HS17X

大量のストック食材を、整理してしまっておきたい人におすすめの冷凍庫です。
約1435mmもの高さがあり、容量も167Lとたっぷり。内部には6段の引き出し式ケースが付いているので、ドアを開けても冷気がムダになりにくい仕様です。なお、上部にトースターや電子レンジを置けるよう、天板には耐熱100℃の素材を採用しています。

アイリスオーヤマ ICSD10AW

冷凍庫のおすすめ10選 アイリスオーヤマ ICSD10AW

容量100Lのチェストタイプ冷凍庫。入れる食材の量や種類に合わせて、冷却温度を6段階調節できるのが特徴です。大きな魚などの冷凍保存にもおすすめ。
上部のドアを開けると庫内灯が点灯する仕様で、庫内を確認しやすくなっています。食材を探したり確認したりするときに便利です。

冷凍庫のおすすめ|ファン式

三菱 MF-U12D

冷凍庫のおすすめ10選 三菱 MF-U12D

幅約480mmとコンパクトで、狭い空間にも設置しやすいドアタイプの冷凍庫。
下の4段は引き出し式ケースになっているので、たくさんの食品を見やすく収納できます。また1番上の棚は、食材をアルミトレイにのせて「急冷ボタン」を押せば急送冷凍が可能。おいしさや鮮度を損なわずに冷凍できます。

アクア AQF-GS13G

冷凍庫のおすすめ10選 アクア AQF-GS13G

光沢のある黒いガラスドアがおしゃれな印象を与える冷凍庫です。
高さがある本製品の庫内は、5段に分かれています。最上段はフリー棚で、大きな魚なども置くことができる上に急速冷凍にも対応。下4段は引き出し式ケースになっているので、食材を分けて収納できます。冷凍だけでなく冷蔵・チルドに切り替えられることも魅力です。

ハイアール JF-NUF138B

冷凍庫のおすすめ10選 ハイアール JF-NUF138B

約1175mmの高さにすることで、容量とスリムさを実現した、狭いスペースにも置ける冷凍庫です。
容量は138Lで、スーパーの買い物かご4個分以上の食材を入れられます。庫内には引き出し式のクリアバスケットを採用しているので、ひと目で中を確認することが可能。加えて、食品のおいしさを保てる「急冷凍モード」付きです。

冷凍庫の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの冷凍庫の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

冷凍庫のランキングを見る

担当者からひとこと

買いだめなどが多い人にとって便利な「冷凍庫」。冷蔵庫に加えてサブとして1台あれば、大量買いしたアイスや冷凍食品、まとめ買いした肉、釣ってきた大きな魚などもすっきり入れられます。今回ご紹介した冷凍庫選びのポイントを参考に、ライフスタイルにマッチした冷凍庫を見つけてみてください。

すべての冷凍庫を見る

おすすめの関連記事