一人暮らしにおすすめの冷蔵庫10選 ライフスタイルに合わせたサイズを選ぼう

更新日:2020.03.11

冷蔵庫のイメージ

一人暮らしを始めるときに、自炊や外食を問わず必要になる「冷蔵庫」。特に、夏場は飲み物を冷やしておくために、なくてはならない家電です。しかし、1人用の小型冷蔵庫はどれも同じに見えてしまい、価格だけで選んでしまいがち。
そこで今回は、一人暮らし向けの冷蔵庫の選び方と、おすすめの商品を紹介します。

新生活応援2020

一人暮らしの冷蔵庫を選ぶときのポイント

一人暮らし用冷蔵庫のサイズ目安

一人暮らし冷蔵庫 サイズ

一人暮らしの冷蔵庫は、100L以上の容量のモデルを選ぶと安心です。中でも自炊する方は、野菜や調味料、作り置きなども入れることを考えて、150〜250Lの大きめの冷蔵庫がおすすめ。また、自炊はせず冷凍食品をよく食べるという方でも、130〜150Lであれば買い置きができます。
なお、100L以下の小さい冷蔵庫を選ぶ場合は買い置きなどができないので、飲み物だけ入れたり、毎日こまめに買い物へ行ったりするようにしましょう。

「設置スペース」と「搬入経路」をチェック

一人暮らしの冷蔵庫を選ぶときのポイント 「設置スペース」と「搬入経路」をチェック

部屋の設置スペースと搬入経路が、冷蔵庫の大きさ以上のスペースであることを確認してから購入しましょう。一人暮らしの部屋には設置可能スペースが限られていることが多いので、まずは“置けるかどうか”の確認が必要。次に部屋の扉の幅や、自分の部屋までの通路、階段も要チェックです。
なお、設置場所の寸法を測るときは、本体の幅・高さ・奥行に加えて、放熱スペースも考慮しましょう。

扉の開く向きを確認

一人暮らしの冷蔵庫を選ぶときのポイント 扉の開く向きを確認

設置場所とキッチンなどの設備との位置関係で、冷蔵庫の使い勝手は良くも悪くもなりえます。
冷蔵庫は、一定のサイズ以下のモデルは右開きのモデルが多くラインアップ。冷蔵庫の右側にキッチンがある場合、扉はキッチンとは反対方向に口を開くので導線がさえぎられてしまいます。ただし、シャープの冷蔵庫であれば扉の軸を付け換えられるモデルがリリースされているので、左開きにしたい方は検討してみましょう。

一人暮らしにうれしい機能

電子レンジがのせられる「耐熱天板」

一人暮らしの冷蔵庫を選ぶときのポイント 一人暮らしにうれしい機能 電子レンジがのせられる「耐熱天板」

耐熱天板を備えた冷蔵庫であれば、上に電子レンジをのせられるので、一人暮らしの限られたスペースを効率よく使えます。なお、本体外側が100度以上の高い熱をもつ製品は、耐熱天板でも直置きは危険。トースターなどを置きたい場合はキッチンラックを活用しましょう。

霜取り不要な「間冷式」

一人暮らしの冷蔵庫を選ぶときのポイント 一人暮らしにうれしい機能 霜取り不要な「間冷式」

冷蔵庫の冷却方式は「間冷式」だとお手入れが少なくてらくちんです。
冷蔵庫には庫内に設置した冷却機で直接冷やす「直冷式」と、本体の奥に設置した冷却機の冷気をファンの風で庫内におくる「間冷式」があります。直冷式はしっかりと冷やすことができる反面、庫内に霜が付いてしまうため、定期的なお手入れが必要。一方、間冷式は自動霜取り機が搭載しているので、お手入れが簡単です。

1人だからこそ気になる「静音性」

間冷式の冷蔵庫は、庫内の空気循環や霜取りのためにファンを回すので、そのぶん音が発生します。特にワンルームの部屋だと、寝ているときにも冷蔵庫が動作音を発するので、なるべく静音性の高いものがおすすめ。動作音のレベルを公表しているメーカーと、していないメーカーがあるので、重視する方は公表されている製品から選ぶと安心です。

一人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|外食派・見た目派

シャープ SJ-D14F(間冷式/左右開き/137L)

左右の軸を付け換えることで扉の開き方を変更できる「つけかえどっちもドア」を採用した冷蔵庫。
自分でもできるように説明書に手順が明記されているので、もし引っ越して間取りが変わっても簡単に変更できます。また、本体上部には100℃の耐熱天板が備わっているので電子レンジを置いても安心。転居回数が多くなりそうな方におすすめの1台です。

三菱「Pシリーズ」MR-P15E(間冷式/右開き/146L)

三菱「Pシリーズ」MR-P15E(間冷式/右開き/146L)

つやのある扉がスタイリッシュな静音設計モデルです。
動作音を約22dBと公表しており、音が響きにくい設計。庫内は3段の棚と低温ケース、扉には2Lボトルが立てられる下段ポケットと500Lボトルが立てられる上段ポケットが備わっており、ある程度の買い置きや、飲み物の保存も安心です。

ハイアール「Global Series」JR-NF148B(間冷式/右開き/148L)

ハイアール「Global Series」JR-NF148B(間冷式/右開き/148L)

冷凍室がひろびろ2段引き出し設計の「区っ切り棚冷凍室」を採用した冷蔵庫です。
54Lの冷凍室は棚になっており、2つの引き出しに収納できるようになっています。冷凍食品とアイスなどのデザートを分けて入れることも可能。なお、冷蔵室は食材の大きさに合わせて棚の高さを調節できるので便利です。

アクア AQR-13J(間冷式/右開き/126L)

容量124Lでコンパクトな間冷式冷蔵庫です。
容量が少ないぶん高さが116cmと低めなので、低身長の方でも上に電子レンジを置いたときに使いやすい大きさ。また、冷凍室のスペースは46Lでしっかり確保してあり、予備の冷凍食品も問題なく収納できます。

ハイセンス HR-D15C(間冷式/右開き/150L)

ハイセンス HR-D15C(間冷式/右開き/150L)

リーズナブルな価格と収納性を備えた、お手ごろ冷蔵庫です。
3段の棚とケースに食材を収納できるのはもちろん、扉の上段ポケットは500ml缶を2列にして収納可能。飲み物もたっぷりストックしておけるので、自宅に人を呼んで一時的に食料や飲料が多くなったときも安心です。

一人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|自炊派

パナソニック NR-B17CW(間冷式/右開き/168L)

凹凸のある仕上げでマットな質感になっている扉が、インテリアにもなじみやすい冷蔵庫です。
ビターブラウン単色のデザインなので、生活感が出がちなキッチンもシックに決まります。168Lの容量がありながらもスリムな形状なので、そのぶん少し背が高いですが、本体上部は耐熱天板が備わっているので電子レンジも設置可能です。

東芝 GR-R15BS(間冷式/右開き/153L)

東芝 GR-R15BS(間冷式/右開き/153L)

3段の棚と、3つのドアポケットでたっぷり収納できるモデルです。
棚はガラス製なので汚れを落としやすくなっており、清潔性を保ちやすい仕様。また、棚下のケースは前面がひらけているフリーケースになっているので、ねぎや大根などの長い野菜も入れやすくて便利です。

アクア AQR-17JBK(間冷式/右開き/168L)

58Lのたっぷり入る冷凍庫と、電子レンジが上における利便性を兼ね備えた冷蔵庫です。
冷凍庫は、2段式でスペースを最大限に使うことができます。背の低いアイスクリームや、タッパーにいれた作り置きの料理の保存に便利です。冷蔵室には、肉やチーズなどの生鮮食品の保存に便利な「低温フリーケース」を搭載。背の高い容器に入れた料理も棚の高さを変えて保存できます。

ツインバード HR-E919PW(間冷式/右開き/199L)

ツインバード HR-E919PW(間冷式/右開き/199L)

3ドアで野菜も冷凍食品もたっぷり入る大きめ冷蔵庫です。
冷蔵室とは別に野菜室が中段に設けられているので、大きなキャベツやカボチャや、長さのあるネギ、ゴボウなどが収納可能。また、冷凍室の4段引き出しは、スペースを無駄にせず収納できる上に、食品を取り出しやすくなっています。

日立「真空チルド Sシリーズ」R-27KV(間冷式/右開き/265L)

日立「真空チルド Sシリーズ」R-27KV(間冷式/右開き/265L)

136Lの大きめ冷蔵室が料理の作り置きに便利な冷蔵庫です。
冷蔵室内は棚の高さを変えられるので、料理の大きさに合わせて調節可能。大きな瓶に入った調味料やボウルに入れたサラダもしっかり収納できます。中段の野菜室と下段の冷蔵室は、スペースを無駄にせず収納できる2段ケースを採用。場所をとりがちな根菜や、買いだめした冷凍食品の収納に便利です。

一人暮らし向け冷蔵庫の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの一人暮らし向け冷蔵庫の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

冷蔵庫100L〜149Lの売れ筋ランキング

冷蔵庫150L〜199Lの売れ筋ランキング

紹介した冷蔵庫の比較一覧

紹介した商品の、機能や価格の比較表を見たい方はこちらをチェック。

一人暮らし向け冷蔵庫の比較表を見る

冷蔵庫の人気メーカー

パナソニック

パナソニックの冷蔵庫は、7日間鮮度を保つ「微凍結パーシャル」や、清潔性を保つ「ナノイー」イオンが特徴。小型の冷蔵庫に関しては、シンプルな機能とシックなデザイン、が使いやすい上にインテリアにもよくなじみます。

シャープ

シャープの冷蔵庫は、左右どちらからも開ける「どっちもドア」や、「プラズマクラスター」イオンが代表的な機能。特に「どっちもドア」は小型冷蔵庫にも採用されており、幅広い間取りに対応できるので便利です。

三菱

三菱の冷蔵庫は、食材の鮮度と調理のしやすさを重視した「切れちゃう瞬冷凍」や「氷点下ストッカー」で有名。小型の冷蔵庫においては、静音性と扉のポケットの収納性が特徴です。

担当者からひとこと

冷蔵庫は一人暮らしを始めるときには欠かせない家電です。大型な製品なので、まずは自分の部屋の間取りと生活スタイルに合ったサイズから選ぶことが大事。その上で見た目や機能にも注目し、素敵な新生活を始められる最適な1台を選びましょう。

すべての一人暮らし向け冷蔵庫を見る

おすすめの関連記事