ナイトセール

安い電子レンジのおすすめ13選 コスパの良いモデルも紹介

更新日:2023.07.28

安い電子レンジのイメージ

生活に欠かせない電子レンジですが、製品のバリエーションが豊富で、多機能なモノからシンプルな製品までさまざま。購入時に悩んでしまうことも多いものです。

本記事では安い電子レンジの選び方について解説。安いモデルや使いやすいコスパの良いモノもあわせて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

安い電子レンジの相場は?

安い電子レンジの相場は?

単機能の安い電子レンジの価格相場は5,000〜10,000円前後です。また、オーブン機能が付いた電子レンジの価格は安いモノでも20,000円前後、スチーム機能が付いた電子レンジだと30,000円前後になります。できるだけ安く購入したい場合は、型落ちモデルやセールの時期などを狙うのも方法のひとつです。

機能が少ないモデルほど安い傾向にあるので、あたためのみで十分な方や一人暮らしの方は単機能のレンジがおすすめ。どのような機能が必要なのか、予算がどれだけあるのかなどに応じて選んでみてください。

安い電子レンジの選び方

種類をチェック

とにかく安く買いたいなら“単機能レンジ”

安い電子レンジの選び方 種類をチェック とにかく安く買いたいなら単機能レンジ

とにかく安く電子レンジを手に入れたい方は、単機能レンジの購入がおすすめです。単機能レンジとは、マイクロ波で食品や飲み物などをあたためるモードだけを備えている電子レンジのことを指します。

単機能レンジはシンプルな作りで、簡単に操作できるのが特徴。また、コンパクトなモデルが多く、省スペースに設置できます。お弁当屋のお惣菜のあたためなど、必要最低限の機能が備わっていれば良いという方におすすめです。

調理の幅を広げたいなら“オーブンレンジ”・“スチームオーブンレンジ”

安い電子レンジの選び方 種類をチェック 調理の幅を広げたいならオーブンレンジ・スチームオーブンレンジ

自炊する機会が多く、あたためだけでは物足りない方は、オーブン機能付きの電子レンジがおすすめです。オーブン・グリル調理などが可能。クッキーやケーキなどのお菓子作りも楽しめます。

スチームオーブンレンジは、過熱水蒸気を発生させて調理することが可能。余分な油や塩分を落としたヘルシー調理など、料理の幅が広がります。機能に応じて価格が高くなるため、予算と用途に応じて選んでみてください。また、大型の製品も多く、設置できるか事前に確認しておきましょう。

使用人数で選ぶ

安い電子レンジの選び方 使用人数で選ぶ

電子レンジを購入する際、使用人数に応じて庫内の容量を選びましょう。一人暮らしの場合、庫内の容量は20L前後で十分です。

また、4人以上で使用する場合は、容量が30L以上のモデルを選ぶのがおすすめ。なお、容量が大きくなるほど価格が高くなる傾向にあります。

庫内の形状で選ぶ

より価格を抑えたいなら“ターンテーブル”

安い電子レンジの選び方 庫内の形状で選ぶ より価格を抑えたいならターンテーブル

リーズナブルな製品を探している方は、ターンテーブルタイプの電子レンジがおすすめ。ターンテーブルタイプは下皿が回転することで、加熱ムラを低減するのが特徴です。

ターンテーブルタイプのデメリットは、大皿の料理をあたためる際に下皿が回転しない場合があること。また、お手入れの際に下皿を取り外す手間がある点にも留意しておきましょう。

お手入れのしやすさなら“フラットタイプ”

安い電子レンジの選び方 庫内の形状で選ぶ お手入れのしやすさならフラットタイプ

お手入れのしやすさを重視する方は、フラットタイプの電子レンジがおすすめ。掃除するたびに下皿を外す手間を省けます。フラットモデルはマイクロ波を多方向から料理に照射し、あたためるのが特徴。回転させる必要がないため、ターンテーブルタイプよりも大きめのお弁当などを入れられます。

オーブンレンジやスチームオーブンレンジはフラットタイプが主流。赤外線センサーや重量センサーなど機能性の高い製品が多いことも魅力です。

引っ越しや転勤が多い方におすすめの“ヘルツフリータイプ”

安い電子レンジの選び方 引っ越しや転勤が多い方におすすめのヘルツフリータイプ

引っ越しや転勤が多い方には、ヘルツフリータイプの電子レンジがおすすめです。一般に静岡県の富士川を境にして、東日本は50Hz、西日本が60Hzと定められています。

50Hzもしくは60Hz専用の電子レンジを異なるヘルツで使用すると、故障や事故につながる場合があるので注意が必要。ヘルツフリータイプを選べば、ヘルツの違いを気にする必要はありません。

設置場所をチェック

安い電子レンジの選び方 設置場所をチェック

オーブンレンジやスチームオーブンレンジなどは放熱スペースを確保することが一般的。購入前に設置場所のサイズをチェックしておきましょう。

また、扉の開き方も縦開きと横開きがあるため注意が必要です。縦開きは左右方向からの出し入れがしやすいことがメリット。横開きは高い位置に設置しても出し入れしやすいため、冷蔵庫の上などに設置したい方におすすめです。

安い電子レンジの人気メーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

安い電子レンジの人気メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマの電子レンジは、さまざまなモデルを取り扱っています。価格がお手頃ながらも多機能なのが魅力。オーブンレンジだと映えレシピや時短料理など多彩な自動メニューを搭載したモデルが発売されています。

また、蒸し料理ができるスチームオーブンレンジが手軽に購入可能なのも嬉しいポイントです。自炊する方はチェックしてみてください。

ハイアール(Haier)

安い電子レンジの人気メーカー ハイアール(Haier)

ハイアールの電子レンジは、単機能レンジとオーブンレンジをラインナップ。操作パネルも見やすく、簡単に操作できるのが特徴です。単機能レンジは、コンパクト設計で高出力に対応したモデルがあります。

オーブンレンジは、材料を入れてボタンを押すだけで調理してくれる「エコ煮込み」機能を搭載。また、シンプルなデザインなので、キッチン空間に馴染みやすいのもポイントです。

安い電子レンジのおすすめ|単機能レンジ

ハイアール JM-17K(17L)

ハイアール JM-17K(17L)

シンプルなデザインを採用した安い単機能の電子レンジです。インテリアにもマッチします。本体サイズは幅44×高さ25.8×奥行き32cmとコンパクト。コンパクトながら、庫内高さは19cmあるなど、使い勝手も考慮されています。

最大出力は700Wとハイパワー。解凍に便利な200Wや普段のあたために便利な500Wへの切り替えが可能です。

アビテラックス ARE-1701(17L)

アビテラックス ARE1701(17L)

操作性が高い単機能の電子レンジです。最小限の必要な機能のみ搭載。誰でも簡単に使用でき、直感的に操作可能。ヘルツフリーなので、東日本・西日本のどちらでも使えます。引っ越しする機会が多い方におすすめです。

また、ターンテーブルはお手入れのしやすいガラス製。取り外しも簡単で、庫内を清潔に保つことができます。

NEOVE NMG-AM018(18L)

NEOVE NMG-AM018(18L)

簡単な操作でどんな人にも使いやすい、安い単機能の電子レンジです。よく使う時間を記載した「ワンタッチスタート」ボタンを搭載。30秒・1・2・3分の4段階あり、その時間あたためたい場合にボタンを押すだけなのでラクチンです。

出力を3段階に切り替えられるのもポイント。より操作がシンプルで分かりやすいモデルを探している方はぜひチェックしてみてください。

ヤマゼン NERM-017HF(17L)

ヤマゼン NERM-017HF(17L)

ヘルツフリーに対応した安い単機能の電子レンジです。地域を問わず使えるので、引っ越しが多い方にもおすすめ。「ごはん」や「解凍」など使用頻度の高い機能がワンタッチで操作できるのが特徴です。

本製品はターンテーブルタイプ。また、出力が切り替えられるのもポイントです。50Hzなら200・500W、60Hzなら200・500・650Wに対応しています。

ユアサプライムス PRE-703C(17L)

ユアサプライムス PRE-703C(17L)

200・500・700Wと出力を3段階に調節できる、安い単機能の電子レンジです。用途に応じて使い分けられます。また、つまみを回すだけのシンプルな操作で、簡単に設定できるのも魅力です。

ターンテーブルタイプで、ムラなく加熱できるのがポイント。回転皿は取り外し可能で、丸洗いできます。なお、東日本と西日本の2種類発売しているので、住んでいる地域に合わせて選んでみてください。

シャープ RE-TM18(18L)

シャープ RE-TM18(18L)

おしゃれで安い単機能の電子レンジを探している方におすすめ。黒と白の2色展開でインテリアに合わせやすいことも魅力です。

解凍はグラムでのセットが可能。ご飯やお弁当など、あたため時間の目安がプリントされており、セットのしやすさも考慮されています。ダイヤル式のタイマーは光るため、暗い部屋での操作が簡単です。

安い電子レンジのおすすめ|オーブンレンジ

アイリスオーヤマ KMO-T1605(16L)

アイリスオーヤマ KMO-T1605(16L)

時短料理や映えレシピなど、さまざまなメニューを搭載した安いオーブンレンジです。操作も簡単で、レシピの幅が広がります。さまざまな料理にチャレンジしたい方にもおすすめです。

本体サイズは約幅46.2×高さ29.3×奥行き32.9cmとコンパクト。庫内は約幅28cmと広々としており、大きなお弁当などをあたためられます。

ハイアール JM-V16G(16L)

ハイアール JM-V16G(16L)

調理の手間を省きたい方におすすめの安いオーブンレンジです。カレーや肉じゃがなどは、材料を容器に入れて、「エコ煮込みモード」のボタンを押すだけで完成します。

冷凍食パンのトーストや牛乳のあたためなど、日常使いしやすいオートメニューが魅力。重量センサーを搭載しており、ワンタッチでの自動あたためも可能です。

ヤマゼン NERP-018FV(18L)

ヤマゼン NERP-018FV(18L)

おしゃれな見た目の安いオーブンレンジです。ブラックとホワイトの2色展開で、ほかの家電とも合わせやすいことがポイント。部屋の雰囲気づくりを楽しみたい方におすすめです。

オーブンの最高温度設定は250℃。また、トーストやお惣菜、ケーキなど18種類の自動メニューを搭載しています。料理のバリエーションを増やしたい方にもおすすめです。

パナソニック NE-SA1(16L)

パナソニック NE-SA1(16L)

重量センサーを搭載しているため、ワンタッチでさまざまな料理があたためられるお手頃なオーブンレンジです。自動メニューを使えば時間やグラムの設定を必要としません。加えて、フラットタイプなので、お手入れも簡単に行えます。

スープご飯やゆで葉野菜などの自動メニューが備わっているのがポイント。庫内容量は16Lで、料理のレパートリーを増やしたい一人暮らしの方におすすめのアイテムです。

ツインバード DR-E857(18L)

ツインバード DR-E857(18L)

ミラーガラスを採用したスマートデザインが魅力の安いオーブンレンジです。マットブラックを基調としたスタイリッシュでおしゃれな外観なので、キッチンや部屋にマッチします。

機能性の高さもポイントです。赤外線センサーを搭載。料理ごとにあたため時間を設定する必要がありません。性能と価格のバランスに優れており、コスパの高い製品を探している方にもおすすめです。よく使う機能は専用ボタンを設けるなど、使いやすさも考慮されています。

安い電子レンジのおすすめ|スチームオーブンレンジ

ヤマゼン PRK-F250TSV(25L)

ヤマゼン PRK-F250TSV(25L)

ブラックを基調とした落ち着いたデザインの安いスチームオーブンレンジです。自動メニューを使えば、カレーやグラタンなどを簡単に調理可能。忙しい方にもおすすめです。スチーム機能を利用すれば、茶碗蒸しなども作れます。

スチームメニューの場合は、角皿の四隅に水を注げば調理可能。お手入れがしやすいことも魅力です。庫内はフラットタイプなので掃除を簡単に行えます。

アイリスオーヤマ MO-FS2403(24L)

アイリスオーヤマ MO-FS2403(24L)

分かりやすい操作パネルを搭載した安いスチームオーブンレンジ。簡単に操作できるため、機械の操作が苦手な方にもおすすめです。スチーム機能を使えば、余分な塩分や油分をカットして調理することができます。

スチーム機能は専用カップに水を入れて、庫内に一緒に入れるだけとシンプル。角皿やスチーム用カップなど付属のパーツは水洗いでき、清潔さを簡単に保てます。

担当者からひとこと

安い電子レンジの選びのポイントは、使いたい機能を明確にすることです。あたためだけであれば、単機能のシンプルなモデルがおすすめ。料理の幅を広げたい方はオーブンレンジやスチームオーブンレンジも便利です。紹介したおすすめモデルや選び方を参考にお気に入りの1台を見つけてみてください。

安い単機能レンジを一覧で見る

安いオーブンレンジを一覧で見る

安いスチームオーブンレンジを一覧で見る

おすすめの関連記事

キッチン家電 人気の記事