全自動コーヒーメーカーのおすすめ10選【2021】人気のデロンギやシロカなどを紹介

更新日:2021.11.29

全自動コーヒーメーカーのイメージ

自宅で手軽に本格的なコーヒーを味わえることで人気の「全自動コーヒーメーカー」。水、コーヒー豆、フィルターをセットするだけで簡単に美味しいコーヒーが作れます。ただ、種類が多いため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、家庭用のおすすめ全自動コーヒーメーカーをご紹介します。

全自動コーヒーメーカーとは?

全自動コーヒーメーカーとは?

全自動コーヒーメーカーの特徴は、豆を挽くところから抽出するところまでを全自動で行えること。コーヒー豆、水、フィルターをセットしてボタンを押すだけで、手軽に本格的なコーヒーを作れます。

また、豆を挽いたあとすぐに抽出を行うため、豆本来の風味やコクを損ないにくいのもメリット。ほかの作業をしながらでも挽きたてのコーヒーを味わえるので、朝の忙しい時間帯に使いたい方にも適しています。

全自動コーヒーメーカーの選び方

コーヒーの抽出方法をチェック

ドリップ式

全自動コーヒーメーカーの選び方 コーヒーの抽出方法をチェック ドリップ式

コーヒー豆をミルで挽いて粉にしたモノに、お湯をかけて抽出するタイプが「ドリップ式」です。このドリップ式は、家庭でも簡単に行えるほどシンプルな方法といえます。

しかし、手動で行うと、お湯の温度、蒸らしの時間、お湯の注ぎ方などで、コーヒーの香りや風味が変わりやすいのが難点。全自動コーヒーメーカーのドリップ式なら、これらを自動で制御し、安定して美味しいコーヒーを味わうことができます。

エスプレッソ式

全自動コーヒーメーカーの選び方 コーヒーの抽出方法をチェック エスプレッソ式

短時間で蒸気を使って圧力をかけ、瞬時に抽出するモノが「エスプレッソ式」です。コーヒーを直接カップに注ぐスタイルで、ドリップ式に比べると雑味が少なく、濃厚なコーヒーを味わうことができます。

ほとんどのモデルが豆を挽いて抽出する本格的なモノで、ドリップ式よりも高額なモノが多い傾向。高性能なマシンになると「カフェラテ」や「カプチーノ」など、さまざまな種類の飲み物を淹れることができます

ミルの種類をチェック

プロペラ式

全自動コーヒーメーカーの選び方 ミルの種類をチェック プロペラ式

刃がついたプロペラを回してコーヒー豆を砕く、一般的なミルです。豆の大きさを揃えることが難しく、挽き方にムラが出ることがあります。また、熱が発生しやすい構造で風味が劣化することがあり、微粉が多く出てきます。

一方で、粗く挽きたいときは短めに、細かく挽きたいときは長めに挽く、と感覚的に操作しやすいうえ、単純な仕組みなのでお手入れがしやすいのも特徴です。

臼式(フラットカッター式)

全自動コーヒーメーカーの選び方 ミルの種類をチェック 臼式(フラットカッター式)参照:ツインバード

臼式のモノは、薄い刃が上下に重なっており、切り刻むように豆を挟んですりつぶすので、ムラが少なく、均一にコーヒー豆を挽くことができます。微粉や摩擦熱が発生しにくく、ほとんど風味が劣化することはありません。

一般的に粗挽きから細挽きが可能で、ダイヤルを使って調整するタイプがほとんどです。

コニカル式(コーン式)

全自動コーヒーメーカーの選び方 ミルの種類をチェック コニカル式(コーン式)参照:メリタ

コニカル式は「コーン式」とも言われ、刃の片方が円錐状になっていて、回転する刃と固定された刃の間を豆が通り、すりつぶすようにして粉砕していきます。極細挽きまで対応し、エスプレッソ用として使用できるタイプがほとんどです。

プロペラ式に比べるとムラはなく、コーヒー豆を均一に挽くことが可能。雑味も出にくく、本格的な豆の風味を味わうことができます。

フィルターのタイプをチェック

全自動コーヒーメーカーの選び方 フィルターのタイプをチェック

コーヒーのフィルターには、大きく分けて「ペーパーフィルター」と「メッシュフィルター」の2種類が存在。それぞれ特徴が異なるので、自分に適したモノを選んでみてください。

ペーパーフィルターは、コーヒーの油分を吸収してすっきりとした味わいを楽しめるのが特徴。ただし、使い捨てのため、ランニングコストが発生します。メッシュフィルターは、コーヒーの油分や微粉などもストレートに味わえるタイプ。洗って何度も使用できるので、コスパが良好です。

サーバーの素材をチェック

全自動コーヒーメーカーの選び方 サーバーの素材をチェック

全自動コーヒーメーカーの多くのモデルには、サーバーと呼ばれるコーヒーポットが付属しています。汚れやニオイがつきにくい「ガラス製」のサーバーは、お手入れも簡単。誤って落としてしまった場合や、加熱後に急冷した場合に破損する可能性はあるものの、透明でコーヒーの残量も分かりやすくおすすめです。

一方、「ステンレス製」のサーバーは、保温性に優れているのが特徴。ヒーター機能を使用せずとも、あたたかいコーヒーを長時間楽しめるメリットがあります。また、サーバーが付属した全自動コーヒーメーカーは、氷を入れて簡単にアイスコーヒーが作れる点でもおすすめ。サーバーごとテーブルに持っていき、複数人でコーヒーを楽しむ場合にも便利です。

使用人数に合わせてタンク容量をチェック

全自動コーヒーメーカーの選び方 使用人数に合わせてタンク容量をチェック

全自動コーヒーメーカーを選ぶ際は、使用人数に合わせたタンク容量のモノを選びましょう。1〜2人で使用する場合は、3〜5杯抽出できるモデルがおすすめ。3〜5人で使用する場合は5杯以上抽出できるモデルが適しています。

とはいえ、タンク容量が大きくなると本体サイズも大きくなる傾向がある点には注意が必要。設置スペースも考慮した上で、選んでみてください。

決まった時間に飲むならタイマー機能をチェック

全自動コーヒーメーカーの選び方 決まった時間に飲むならタイマー機能をチェック

タイマー機能を搭載している全自動コーヒーメーカーは、コーヒー豆や水を入れてタイマーをセットしておけば、設定した時間に自動でコーヒーを淹れられます。就寝前にタイマー機能を使用して予約しておくことで、朝の忙しい時間でもコーヒーが楽しめるので便利。毎朝のコーヒータイムが日課になっている方におすすめです。

設定時間になれば自動で淹れたてのコーヒーを抽出できるので、毎日決まった時間にコーヒーを楽しむ方にも向いています。

自動洗浄機能付きならお手入れ時間を短縮

全自動コーヒーメーカーの選び方 自動洗浄機能付きならお手入れ時間を短縮

お手入れ時間を短縮したい方は、自動洗浄機能を搭載したモデルがおすすめ。コーヒーを入れるたびに洗浄できるため、汚れにくく、清潔に使い続けられます。

カビなどが発生しやすい給水タンクは、着脱ができると簡単にお手入れできて便利です。また、ミルのお手入れも重要。一部のモデルではミルも自動洗浄に含まれていますが、ほとんどのモデルが別でお手入れが必要になります。長く使い続けるためにも、しっかりお手入れするよう心がけましょう。

全自動コーヒーメーカーの人気メーカー

デロンギ(DeLonghi)

全自動コーヒーメーカーの人気メーカー デロンギ(DeLonghi)参照:デロンギ

デロンギは、全自動コーヒーメーカーをはじめ、エスプレッソマシンや電気ケトル、オーブントースター、フードプロセッサーなど幅広い製品を取り扱っているメーカーです。

全自動コーヒーメーカーに関しては、エスプレッソ式をメインでラインナップ。家庭用・業務用・プロ用などユーザーに合わせたモデルが揃っているので、自分に合ったモノを見つけられます。

シロカ(siroca)

全自動コーヒーメーカーの人気メーカー シロカ(siroca)参照:シロカ

シロカは、全自動コーヒーメーカーをはじめ、オーブントースターやホームベーカリー、スロージューサー、ノンフライオーブンなど、さまざまなキッチン家電を発売しています。

シロカの全自動コーヒーメーカーは、ただ家で本格的なコーヒーが楽しめるだけではありません。スタイリッシュなデザインになっているので、キッチンやリビングをおしゃれな空間に演出してくれます。

パナソニック(Panasonic)

全自動コーヒーメーカーの人気メーカー パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、洗濯機や掃除機などの生活家電、冷蔵庫やスチームオーブンレンジなどのキッチン家電、テレビやレコーダーなどのAV機器など幅広い家電製品を手掛けています。

全自動コーヒーメーカーに関しては、ミルの自動洗浄機能を搭載したモデルをラインナップ。粗挽きと中細挽きの2種類のフィルターによる挽き分けと、マイルドとリッチの淹れ分けにより、4種類の風味のコーヒーが楽しめます。

ツインバード(TWINBIRD)

全自動コーヒーメーカーの人気メーカー ツインバード(TWINBIRD)参照:ツインバード

機能的でスタイリッシュな理美容器具や健康器具、生活家電を多く発売しているツインバード。全自動コーヒーメーカーは中身が見える構造なので、豆を挽く音や、シャワードリップの湯気、コーヒーの香りなど、コーヒーを淹れているひとときを五感で楽しめます。

豆の粒度や温度、蒸らし湯量の調整をして淹れたコーヒーは、自分だけの究極の1杯です。

全自動コーヒーメーカーのおすすめ

シロカ「カフェばこ」SC-A351

シロカ「カフェばこ」SC-A351

容量:3〜4杯
ミルの種類:プロペラ式

おしゃれなデザインが魅力の全自動コーヒーメーカーです。スタイリッシュながらシンプルデザインなので、どんなキッチンのレイアウトともマッチします。また、コンパクト設計のため、省スペースで設置できるモデルです。

タイマー機能を搭載しており、起きる時間にセットしておけば、起床と同時に淹れたてのコーヒーが楽しめるのも魅力。水タンクは取り外せる仕様なので、お手入れも簡単です。

パナソニック NC-A57-K

パナソニック NC-A57-K

容量:5〜6杯
ミルの種類:プロペラ式

機能性に優れたミル付きの全自動コーヒーメーカーです。コーヒー豆を挽くところから抽出、洗浄まですべて自動でこなせるのが特徴。保温機能も備えているので、時間をおいてもあたたかいコーヒーが楽しめます。

2種類のフィルターによる挽き分けと、リッチとマイルドコースでの淹れ分けにより、好みに応じて4種類の風味のコーヒーを味わえるのも魅力。「デカフェ豆コース」を備えているので、カフェインレスのコーヒー豆を使用している方にもおすすめです。

デロンギ「MAGNIFICA S(マグニフィカS) 」ECAM23120BN

デロンギ「MAGNIFICA S(マグニフィカS) 」ECAM23120BN

容量:1〜2杯
ミルの種類:コーン式

ミルクフロッサーを備え、カプチーノやカフェラテなどのカフェメニューも作れる全自動コーヒーメーカー。低速回転でムラなく豆を挽けるコーン式グラインダーを採用しているため、香り豊かなコーヒーを味わえます。

抽出量、濃さ、コーヒーの温度を自由にカスタマイズできるのも魅力。2杯同時抽出が可能なので、2人以上でコーヒーを楽しみたい方にもおすすめです。

ハッシュタグ「Fully automatic coffee maker」HT-CM11

ハッシュタグ「Fully automatic coffee maker」HT-CM11

容量:3〜4杯
ミルの種類:−

使いやすいシンプル設計の全自動コーヒーメーカーです。メッシュフィルターを採用しており、何度も使い回せるのが特徴。おしゃれなカラー展開で、空間を華やかに彩ります。

コーヒー粉をドリップ、コーヒー豆を粗挽きしてドリップ、コーヒー豆を中挽きしてドリップの3つのモードから選べるのも魅力。比較的安く購入できるため、コスパを重視している方にもおすすめです。

メリタ「アロマフレッシュサーモ」AFT1021-1B

メリタ「アロマフレッシュサーモ」AFT1021-1B

容量:9〜10杯
ミルの種類:コニカル式

コーヒー豆を挽くところから抽出するところまで1台でこなせる全自動コーヒーメーカー。1回で10杯分のコーヒーを抽出できる大容量タンクを搭載しているのが特徴です。

コーヒー豆の挽き具合を3段階で調節できるのも魅力のひとつ。ホッパー、タンク、ミルは取り外し可能なので、お手入れも簡単です。一度にたくさんコーヒーを淹れられるモデルを探している方はチェックしてみてください。

ラドンナ「TOFFY(トフィー)」K-CM7

ラドンナ「TOFFY(トフィー)」K-CM7

容量:1杯
ミルの種類:プロペラ式

レトロな色合いがおしゃれな全自動コーヒーメーカーです。コーヒー豆からのドリップ、コーヒー粉からのドリップの両方に対応しているのが特徴。ステンレスメッシュフィルターを搭載しており、何度も使い回せます。

蒸らし機能を備えているため、深みのある味わいを楽しめるのも魅力。静音性にも優れているので、静かにコーヒーを淹れられます。

ツインバード CM-D465B

ツインバード CM-D465B

容量:5〜6杯
ミルの種類:臼式

自家焙煎の第一人者として知られるカフェ・バッハ店主、田口護氏監修の全自動コーヒーメーカー。1〜6杯まで抽出でき、杯数に応じたプログラミングを施しているので、どの杯数でも高クオリティなコーヒーを楽しめます。

均一に豆を挽ける臼式を採用しているのも魅力のひとつ。自宅で本格的な味わいを楽しめるコーヒーメーカーを探している方におすすめです。

象印マホービン「珈琲通」EC-RT40

象印マホービン「珈琲通」EC-RT40

容量:3〜4杯
ミルの種類:プロペラ式

高温抽出で、コクと香りを引き出す全自動コーヒーメーカー。さらに、時間をかけて蒸らすことで、コーヒー成分をしっかり抽出し、本格的な味わいが楽しめるのが特徴です。

まほうびん構造のステンレスサーバーを搭載しているのも魅力のひとつ。ヒーターを使わずに保温できるので、煮詰まりにくく、美味しさをキープします。

アイリスオーヤマ WLIAC-A600

アイリスオーヤマ WLIAC-A600

容量:3〜4杯
ミルの種類:−

最大カップ4杯分のドリップが可能な一人暮らしにぴったりの全自動コーヒーメーカー。コーヒー粉を入れてドリップする方法と、豆を挽いてからドリップする方法の2種類に対応しているのが特徴です。

ドリップ終了後、40分間保温できるのもポイント。また、水タンクは取り外しができるため、給水やメンテナンスが簡単に行えます。

デロンギ「エレッタ カプチーノ トップ」ECAM45760B

デロンギ「エレッタ カプチーノ トップ」ECAM45760B

容量:1杯
ミルの種類:コニカル式

スタイリッシュなデザインのディスプレイを搭載した全自動コーヒーメーカーです。操作ボタンはタッチセンサー式のメタリックボタンを採用。エスプレッソ式のため、スタンダードなレギュラーコーヒーはもちろん、エスプレッソも抽出できます。

きめ細かい泡立ちミルクを作り出せる「ラテクレマシステム」を搭載しているので、手軽にラテメニューを作れるのもポイント。高性能かつ大容量のモデルを探している方におすすめです。

全自動コーヒーメーカーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの全自動コーヒーメーカーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

全自動コーヒーメーカーのランキングを見る

担当者からひとこと

ボタンを押すだけで、挽きたて・淹れたてのコーヒーを味わうことができる全自動コーヒーメーカー。挽き方や、タンク容量、機能、デザインなど、さまざまなチェックポイントがあります。紹介した商品のなかから、ぜひお気に入りの1台を探してみてください。

すべての全自動コーヒーメーカーを見る

おすすめの関連記事