二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ8選 最適な容量や機能をチェック

更新日:2020.04.10

osusume_refrigerator_two_persons_1

今まで一人暮らしをしていた方が、シェアハウスや結婚、同棲などで二人暮らしをするようになった場合、それぞれが所有していた一人用の冷蔵庫では容量が不足しがちになります。そこで、これから二人暮らしをするにあたって、冷蔵庫の買い替えを検討している方に向けて、二人用冷蔵庫を選ぶときのポイントや、おすすめの人気モデルを紹介します。

二人暮らし向け冷蔵庫を選ぶときのポイント

容量

osusume_refrigerator_two_persons_2

冷蔵庫を買うときの最も大切なポイントは容量です。二人暮らしであれば200L後半から400Lがおすすめですが、家や台所の大きさに合わせて容量を選ぶ必要があります。扉の開き方や機能が充実するのは400L以上なので、台所の広さにゆとりがあるのであれば大きめのものを買うことをおすすめします。最初に小さい冷蔵庫を買ってしまうと、後から「もう少し大きいのにすれば良かった」と後悔することにもなりかねません。

本体サイズと搬入経路

osusume_refrigerator_two_persons_3

冷蔵庫を選ぶときは設置場所とそこまでの経路を確認しておくことも大切です。コンパクトな二人用の住居だと、容量によっては搬入できないこともあります。特に、廊下と曲がり角の幅や、ドアやエレベーターのサイズも測っておことが重要。容量に対する本体サイズは各メーカーによってそれぞれなので、あらかじめ見積もりをしておくと安心です。
ビックカメラでは見積もりを承っているのでお気軽にご利用ください。

購入から設置までの流れと見積お申し込み

ドアの開け方

右開き・左開き

冷蔵庫 右開き・左開き

冷蔵庫のサイズと共に、実際に置いたときのことを考えて、ドアがどちらに開くかも確認しておきましょう。調理のときの動線や、壁がある方向、コンセントの位置などをよく考えて右開きか左開きを選ぶのが得策です。調理スペースがあるほうを基準に選ぶのもおすすめなので、台所でいろいろ動作をイメージしてみた上で選びましょう。

観音開き

冷蔵庫 観音開き

冷蔵庫には右開きと左開きの他に、観音開きのタイプがあります。冷蔵庫を置くスペース自体には問題がないけれど、ドアを開けようとすると流し台との距離がスレスレというような場合には、観音開きの冷蔵庫で問題を解決できます。このタイプなら扉の可動域も狭いので、置き場所をあまり選ばないというメリットもあります。

両開き

冷蔵庫 両開き

一枚扉を右からでも左からでも開けられるタイプです。引っ越しが多い方や、キッチンだけでなくリビングのほうからも冷蔵庫の中身を出し入れしたい方は両開きが便利。両方から開けられるため動線をあまり意識せずに設置できます。キッチンの構造により冷蔵庫を置く場所が限定されてしまう場合にも便利です。

ドアの数と位置

osusume_refrigerator_two_persons_4

二人用で300L前後の容量の冷蔵庫だと冷蔵、冷凍、野菜室の3ドアが主流です。冷蔵庫がいくつかに分かれていると中を整理しやすいので、3ドア以上あるタイプを選ぶと快適に使うことができます。また、野菜室と冷凍室が、それぞれ真ん中と一番下のどちらに設けられているかも要チェック。よく使うほうが真ん中だと使いやすいので、冷凍品が多いか、野菜を使うことが多いかで選びましょう。

あると便利な機能

省エネ

osusume_refrigerator_two_persons_5

冷蔵庫は365日電源を切ることなく稼働している家電なので、できるだけ省エネタイプのものを選びたいものです。同じ300Lの冷蔵庫を比較しても、メーカーやモデルによって年間の電力消費量は大きく異なります。なお、冷蔵庫に食品を詰め込みすぎても効率が悪くなるので、容量にも余裕を持たせるのがおすすめです。

自動製氷

osusume_refrigerator_two_persons_6

来訪者の多い家庭や、冷たくした飲み物をよく飲む家庭であれば、自動で氷を作って専用スペースに落としてくれる「自動製氷機能」がある冷蔵庫を選んでおくとかなり重宝します。この機能が備わっていれば、氷の作り置き忘れを防止できるので慌てることもありません。基本的に製氷に使うのは水道水ですが、水道水が気になる人は浄水なども使えるモデルがおすすめです。

チルドルーム

osusume_refrigerator_two_persons_7

チルドルームの有無で、冷蔵庫内に保存しておく食品の鮮度は違ってきます。チルドルームは冷蔵室よりも温度が3℃前後低く、乳製品や生鮮食品を入れるのに適しています。「真空チルド」、「氷点下ストッカー」、「微凍結パーシャル」など、メーカーごとに機能が違うので、ニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ商品|〜299L

三菱 MR-CX27E

三菱 MR-CX27E

スリムなデザインで、「氷点下ストッカー」と「チルドルーム」で切り替えられるフレッシュゾーンが備わった機能性冷蔵庫です。
氷点下ストッカーでは、約-3℃〜0℃で肉や魚を凍らせずに長持ちさせることができます。また、幅がわずか54cmで真ん中に野菜室があり、楽に野菜の出し入れが可能。浄水も対応している自動製氷機能も搭載し、こだわりが詰まった1台です。

AQUA「SVシリーズ」AQR-SV24HBK

AQUA「SVシリーズ」AQR-SV24HBK

狭いキッチンでもしっかり料理をしたいのであれば、「耐熱100℃トップテーブル」が採用されている本製品が便利です。
高さが130cmと低めで、本体上部にはオーブンレンジを置くことができるので、キッチンのスペースを有効活用できます。さらに、インバーター省エネタイプなので、電気代を大幅に節約することができます。庫内は自動製氷機能付きで、氷を多く消費する二人でも安心の冷蔵庫です。

シャープ SJ-PD28F

シャープ SJ-PD28F

二人とも働いていて、食料は週末にまとめ買いをすることが多い世帯におすすめの冷蔵庫です。
下段の冷凍室は125Lの大容量フリーザーになっているので、1週間分の食料もまとめて冷凍できます。冷凍室には引き出しケース式を採用しているので、食材ごとの収納やその出し入れも簡単。すっきりとした本体の2ドアなので、広いスペースがなくても配置しやすくなっています。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ商品|300〜399L

シャープ「SJシリーズ」SJ-GW35F

シャープ「SJシリーズ」SJ-GW35F

食料や庫内の清潔性を気にする方におすすめの、プラズマクラスター搭載モデルです。
冷蔵庫は食品を保存する場所なので、常に清潔に保つには一苦労。プラズマクラスターの浮遊菌や付着菌の除去効果で、食材を清潔に保存します。また、扉は両開きで開ける方向を選ばず、真ん中に大きめの冷凍室が設けられているので、まとめ買いも安心です。

日立 R-V38KV

日立 R-V38KV

ヘアライン調の鋼板ドアがシックな印象のシンプル冷蔵庫です。
落ち着いた色合いがインテリアにもなじみやすく、デザインを重視する方におすすめ。冷蔵室には「うるおいチルド」を備え、食品を乾燥から守ります。また、真ん中に設けられた「うるおい野菜室」は野菜から出る水分を間接冷却カバーで庫内に閉じ込めるのでうるおいを保てる仕様です。

東芝 GR-R33S

東芝 GR-R33S

野菜室の「使いやすさ」を追求した、コストパフォーマンスが良い冷蔵庫です。
野菜ケースの底面には庫内のごみが捨てられる「お掃除口」があるのでお手入れも簡単。野菜室は汚れやすいのが悩みですが、ケースを丸ごと外さなくても泥や野菜くずを捨てることができます。なお、野菜室と冷凍室がともに80L以上あるので、週末にまとめて買い物をする方にもおすすめのモデルです。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ商品|400L〜

パナソニック「Vタイプ」NR-EV41S5

パナソニック「Vタイプ」NR-E414V

スペースを広々と使えることが特徴のモデルです。
通常冷蔵庫に下部奥に設けられる冷却に必要なユニットを、モノを置いても手が届きにくい上部に設置。上のデッドスペースを減らして、下の引き出しのスペースを確保しています。加えて、引き出しが全開する「冷凍室・野菜室ワンダフルオープン」は、奥の食品も取り出しやすいのがポイント。奥でうっかり食材を眠らせてしまうことも防止できます。

日立 R-S40K-X

日立 R-S40K-X

真ん中に冷凍室を設けた、共働きにも便利な冷蔵庫です。冷凍食品の買い置きや、下処理した野菜の冷凍保存などで、出し入れしやすい仕様。普段の時短調理をサポートします。また、野菜質の下段に食材の水分を長持ちさせる「新鮮スリープ野菜室」を搭載。根菜や葉菜などの鮮度を約7日間長持ちさせることができます。

冷蔵庫の売れ筋ランキング

【買替】冷蔵庫のリサイクル処分について

recycle

冷蔵庫は決められた方法で処分しなければならないとリサイクル法で定められています。各自治体や処分業者に依頼する方法などがありますが、買い替えのときは購入した販売店でそのままお願いするのがおすすめ。新しい冷蔵庫の購入と一緒にリサイクルを依頼しておけば、設置のときに古い冷蔵庫を回収するので日程の調整がしやすいためです。なお、冷蔵庫はサイズやメーカーで処分費用が異なることがあるので、あらかじめだいたいの処分費用が知りたい方はぜひ確認してみてください。

料金確認はこちら

担当者からひとこと

二人暮らしといっても共働きかそうでないかで冷蔵庫に対するニーズが違ってきます。毎日使うものなので最適な容量や機能を重視するだけでなく、デザインなどもチェックして冷蔵庫を選ぶことが大切です。選び方やおすすめの商品を参考に、自分にピッタリの1台を選びましょう。

200〜400Lの冷蔵庫を見る

おすすめの関連記事