たこ焼き器のおすすめ12選 電気やガスなど熱源ごとに紹介

更新日:2020.08.24

たこ焼き器のイメージ

屋台で買えるような丸いたこ焼きを家庭で気軽に再現できる「たこ焼き器」。チーズやキムチなど好みの具材で、簡単にアレンジできることもあり人気です。
今回は、おすすめのたこ焼き器をご紹介。たこ焼き器の選び方のポイントも説明するので、自宅でたこ焼きを楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

たこ焼き器の選び方

電気タイプかガス火タイプか

手軽な“電気タイプ”

たこ焼き器の選び方 電気タイプかガス火タイプか 電気タイプ

電気タイプのたこ焼き器は電源をつなげば作り始められる簡単さが魅力。卓上で火を使わずに作れるのが特徴で、各メーカーからさまざまな製品が販売されています。

ガスに比べると焼く時間がかかりますが、温度調節機能が付いたものなどもラインナップ。今までたこ焼きを作ったことのない方でも失敗しにくいタイプです。

火力にこだわるなら“ガス火タイプ”

たこ焼き器の選び方 電気タイプかガス火タイプか ガス火タイプ

ガス火タイプのたこ焼き器は、ガスボンベをセットしたりガスホースで接続したりして使います。業務用としても使える大型機はガスホースが主流で、小型の家庭用はガスボンベが主流です。

ガス火タイプは火力が強いことが特徴で、外はカリッと、中はトロッとしたたこ焼きが焼き上がるのが魅力。自分で火力を微妙に調節しながら、お好みの焼き加減でたこ焼きを作りたい方におすすめです。

場所も取らずお手入れしやすい“鉄板タイプ”

たこ焼き器の選び方 電気タイプかガス火タイプか 鉄板タイプ

フライパン・鉄板タイプのたこ焼き器は、ガステーブルやカセットコンロ、IH調理器にのせて使うタイプのたこ焼き器です。卓上なら、カセットコンロなどにのせて焼きながら食べることも可能。

小さい子供がいて卓上で作るのが怖い場合は、キッチンのコンロで作ることもできるので、シチュエーションに合わせて使えます。ほかのタイプと比べてコンパクトに収納でき、キャンプやBBQなどのアウトドアで使うのにもおすすめです。

穴の数や大きさをチェック

たこ焼き器の選び方 穴の数や大きさをチェック

たこ焼き器を選ぶときには穴の大きさや数など、鉄板の特徴もチェックしましょう。一般的な穴の大きさは直径38〜40mmですが、大玉のたこ焼きが好きなら45mm以上の大きめのものがおすすめ。なお、たこ焼きだけでなく、アヒージョやベビーカステラなどを作る場合も穴の大きなタイプだと使いやすいです。

また、鉄板の穴の数は、食べる人数を考慮して選びましょう。1〜2人なら8穴ほどの鉄板、3〜4人なら20穴程度がおすすめ。また、鉄板に切り溝があると、たこ焼きを作るときに生地がまとめやすくて便利です。

外れるプレートやフッ素加工はお手入れしやすい

たこ焼き器の選び方 外れるプレートやフッ素加工はお手入れしやすい

電気タイプやガス火タイプの場合、プレートが本体から外れるタイプだとお手入れに便利です。取り外すことができればプレートを丸洗いできます。

また、プレートにフッ素加工が施されているモデルなら、焼くときにくっつきづらいので、こげ付きにくいのが魅力。たこ焼きが回しやすいうえに、手入れがしやすいメリットもあります。片付けを簡単にしたい方は、手入れのしやすさも考慮して選ぶのがポイントです。

温度調節で調理ごとに使い分ける

たこ焼き器の選び方 温度調節で調理ごとに使い分ける

たこ焼きをカリッとした食感に仕上げるためには、油が蒸発しない程度の高温を維持することが重要。ガス火タイプは自分で任意の火力に調節できますが、電気タイプでも温度調節ダイヤルが備わっていると便利です。

また、ホットケーキやアヒージョなどたこ焼き以外のメニューを楽しむときは、鉄板が熱くなりすぎないようにする必要があります。幅広い調理に使いたい場合は温度調節できるかどうかも重要なポイントです。

たこ焼き器のおすすめ

電気タイプのたこ焼き器

ORIGINAL BASIC BCT-18

ORIGINAL BASIC BCT-18

シンプルな形状で、手軽にたこ焼きが楽しめる電気式たこ焼き器。ホールサイズは直径約40mmで、18穴仕様。具材たっぷりのたこ焼きが作れます。2〜3人で卓上たこ焼きを楽しみたい方におすすめです。

ON/OFFのみの1スイッチなので、簡単に操作できます。プレートはフッ素樹脂加工が施されており、お手入れも簡単。なお、加工は金属製のたこ焼きピックを使うと傷が付く場合があるので、竹串を使うのがおすすめです。

ヤマゼン「2wayスリムたこ焼き器」YOF-W012E

ヤマゼン「2wayスリムたこ焼き器」YOF-W012E

たこ焼きプレートと平面プレートが付属する2wayタイプの電気式たこ焼き器です。穴の位置による焼きムラが起こりにくいヒーター設計がポイント。長方形のスタイリッシュなデザインで、おしゃれなダイニングにも違和感なく馴染みます。

12穴のたこ焼きプレートは、アヒージョやカップグラタンなどに利用できるのもポイント。平面プレートを使えば、餃子やアクアパッツァも楽しめます。プレートは取り外し可能で、手入れも簡単です。

和平フレイズ「なにわの大だこ電気たこ焼器」YR-4254

和平フレイズ「なにわの大だこ電気たこ焼器」YR-4254

1200Wのハイパワー電気式たこ焼き器です。ダイヤル式のコントローラーが搭載されており、保温から200℃まで温度調節ができます。焼き上がりや調理に応じて温度を調節し、こだわりのたこ焼きを作りたい方におすすめです。

円形ボディには19の焼き穴を搭載。ホールサイズは直径約47mmで、食べごたえのある大きめのたこ焼きが作れます。また、フッ素加工が施されたプレートは着脱式なので、食事後のお手入れがしやすくて便利です。

ライソン「ギガたこ焼き器」KDTK001R

ライソン「ギガたこ焼き器」KDTK001R

たこ焼き界の常識を覆すビッグサイズのたこ焼きが作れる電気式たこ焼き器です。直径約40mmの通常サイズ穴5つに加えて、直径約100mmのビッグサイズ穴を1つ配置。インパクトが大きいので、たこ焼きパーティーの主役としても活躍します。

プレートはフッ素樹脂加工が施されており、さっと拭くだけの簡単お手入れも嬉しい特徴です。

ホットランド「築地銀だこ」TGT0421

ホットランド「築地銀だこ」TGT0421

人気たこ焼き店「築地銀だこ」監修の、電気式たこ焼き器です。20個の焼き穴は、火の通りにくい四つ角は外すなどプロならではの視点でプレートに配置されているのがポイント。焼きムラの少ない仕上がりが実現します。3〜4人でたこ焼きを楽しみたい方におすすめです。

フッ素樹脂加工が施されたプレートは着脱でき、簡単に丸洗いが可能。銀だこのたこ焼きレシピブックが付属していることも嬉しいポイントです。

ブランケネーゼ「電気式 半自動踊るたこ焼き器」GTK7401

ブランケネーゼ「電気式 半自動踊るたこ焼き器」GTK7401

振動によりたこ焼きを回転させる、半自動タイプのモデル。「ヤキヤキ」ボタンでまず焼き目をつけて、鉄板にくっついている最初だけ手動で返します。そのあと「クルクル」ボタンに切り替えれば、あとは自動的にくるくる回転するので、簡単にたこ焼きが作れるのが魅力。

なお、回転を手助けするときにはプレートを傷めないよう、金属製のヘラやピックではなく、竹串などを使いましょう。

ヤマゼン「Casserolle(キャセロール)」BHJ-W120

ヤマゼン「Casserolle(キャセロール)」BHJ-W120

たこ焼きプレートが付属するホットプレートです。ホーロー鍋のようなおしゃれなデザインがポイント。1台で2役を担うので、一人暮らしの方にもおすすめです。

たこ焼きプレートは26穴で、4〜5名でのたこ焼きパーティーに適しています。温度調節ダイヤルにより、温度管理も簡単。また、平面プレートを使えばホットケーキやパエリアも作れます。

タイガー CQG-B300

タイガー CQG-B300

「たこ焼き」プレートと「波形」プレートが付属する3wayグリル鍋です。メインの「遠赤土鍋コーティング深なべ」では、すき焼きや煮込み料理、蒸し料理の調理が可能。波型プレートは焼き肉などで活躍します。

肝心のたこ焼きプレートは、直径約40mmの焼き穴を19個搭載。3〜4人でたこ焼きを楽しめます。また、電源にはマグネット式プラグを採用し、万が一電源コードを足で引っ掛けてしまっても、本体が動かない安全設計も嬉しい特徴です。

ガス火・鉄板タイプのたこ焼き器

パール金属「スプラウト 鉄鋳物製たこ焼きプレート」HB3028

パール金属「スプラウト 鉄鋳物製たこ焼きプレート」HB3028

鉄鋳物製のガス火タイプたこ焼き器です。鉄鋳物は素材への火のあたりが柔らかく、ムラの少ない焼き上がりになることがポイント。正方形のシンプルな形状で、9つたこ焼きが焼けます。

卓上のカセットコンロで楽しむのもよし、キッチンで調理してダイニングで頂くのもよし。鉄鋳物は保温性が高く冷めにくいので、アツアツのたこ焼きを長時間キープできます。1〜2人で手軽にたこ焼きを楽しみたい方におすすめです。

和平フレイズ「元祖ヤキヤキ屋台」YR-4259

和平フレイズ「元祖ヤキヤキ屋台」YR-4259

本場大阪のたこ焼きを気軽に家庭で再現できるガス火式たこ焼き器です。トラディショナルかつシンプルな4×4の正方形のプレートは16穴仕様。2〜3人でのたこ焼きパーティーにおすすめです。

また、プレートはフッ素樹脂加工が施されているので、たこ焼きの型離れもよく、手入れも簡単なことがポイント。さらに、裏面には五徳から滑り落ちにくいストッパー足が搭載されているので、コンロやカセットコンロでも使いやすい仕様です。

パナソニック KZ-TK1

パナソニック KZ-TK1

総合家電メーカーが販売する、IHクッキングヒーター専用のたこ焼き器です。100Vまたは200VどちらのIHクッキングヒーターでも使用可能。バランスよく配置された焼き穴は14個で、2〜3人分のたこ焼きを同時に焼き上げます。

千枚通しと油引きが付属するので、買ったその日からすぐにたこ焼きが楽しめることも嬉しい特徴。IHクッキングヒーターでもたこ焼きを作って楽しみたい方におすすめの1台です。

岩谷産業「カセットフー専用 フッ素加工 たこ焼きプレート」CB-P-TAF

岩谷産業「カセットフー専用 フッ素加工 たこ焼きプレート」CB-P-TAF

大手カセットコンロメーカーである「イワタニ」が製造する、ガス火式のたこ焼き器です。肉厚素材による蓄熱作用で、焼きムラの少ない仕上がりがポイント。また、プレート表面にフッ素加工が施されているので、使用後の手入れも簡単です。

焼き穴は4×4列で16穴の王道スタイル。2〜3人での卓上たこ焼きパーティーに適しています。手持ちのカセットコンロに本製品を増設するだけでたこ焼きを楽しめる、おすすめのモデルです。

たこ焼き器の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのたこ焼き器の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

たこ焼き器のランキングを見る

担当者からひとこと

電気式とガス火式から選べる家庭用たこ焼き器。キッチンのガスコンロや、所有しているカセットコンロなどとの組み合わせも考慮して選ぶのがおすすめです。また、穴が多いモデルなら同時にたくさん焼けて便利。ぜひ自宅にたこ焼き器を導入して、屋台のたこ焼きの味を気軽に味わってみてください。

すべてのたこ焼き器を見る

おすすめの関連記事