メガセール

マットレスのおすすめ25選 人気の高反発・低反発・折りたためるタイプなどを紹介!

更新日:2023.12.26

マットレスのイメージ

心地よい睡眠をサポートする「マットレス」。コイル式とノンコイル式があり、モデルによってサイズや硬さはさまざまです。腰への負担に悩んでいる方でも使いやすいモデルや、収納しやすい折りたたみ式のモノもラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのマットレスを紹介。どれを選ぶべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

マットレスの種類

コイル式

ボンネルコイルマットレス|お手頃で耐久性が高い

マットレスの種類 コイル式 ボンネルコイルマットレス|お手頃で耐久性が高い

ボンネルコイルとは、複数のコイルを連結させ、ひとつにまとめたモノ。複数のコイルで体を支えるため、硬めの寝心地が特徴です。また、コイルがへたりにくく、耐久性が高いこともポイント。長く愛用できます。

一方、体を面で支えるため、体重の分散がしにくいことはデメリット。また、寝返りなどにより振動しやすいため2人以上で寝るベッドには不向きです。価格がお手頃な製品が多く展開されています。

ポケットコイルマットレス|寝返りしてもフィットしやすい

マットレスの種類 コイル式 ポケットコイルマットレス|寝返りしてもフィットしやすい

ポケットコイルマットレスは1つ1つのスプリングが独立したタイプです。それぞれのスプリングが独立して体を支えるため、体圧を分散させ、腰や背中などにフィットしやすいことがポイント。寝返りによる振動が伝わりにくく、2人で寝るベッドにもおすすめです。

普段寝る場所の特定のコイルが傷みやすかったり、ボンネットコイルよりも通気性が劣ったりする点はデメリットといえます。

ノンコイル式

ウレタンマットレス|好みの硬さを選べる

マットレスの種類 ノンコイル式 ウレタンマットレス|好みの硬さを選べる

ウレタンマットレスとは、ポリウレタンを発泡させたポリウレタンフォームを材料としたマットレスのこと。体を跳ね返す力によって低反発・高反発(高弾性)などに分類されます。

腰や背中など体のラインに沿い、体圧分散性に優れていることがメリット。体をやさしくしっかりと支えます。一方、通気性や耐久性などは、コイル式に及ばない部分です。

ファイバーマットレス|通気性に優れており、清潔に使える

マットレスの種類 ノンコイル式 ファイバーマットレス|通気性に優れており、清潔に使える

ファイバーマットレスとは、繊維を絡めて作られる高反発のファイバー素材を用いたマットレスのこと。ファイバー素材はメッシュが荒いため空気を通しやすく、通気性に優れています。家庭で手軽に洗える製品も多く、清潔さを保ちやすいこともメリットです。

寝心地は基本的に硬め。寝心地のバリエーションが少ないことはデメリットといえます。

ラテックスマットレス|ほどよい硬さで耐久性も高い

マットレスの種類 ノンコイル式 ラテックスマットレス|ほどよい硬さで耐久性も高い

ラテックスとは、ゴムの木からとれる天然由来の成分です。マットレスにはラテックスを発泡させスポンジ状にしたモノが使われます。弾力性や復元性に優れており、ほどよい硬さが特徴。また、耐久性が高いこともポイントです。

天然ゴムにアレルギーがあると使えないことや、紫外線に弱く外干しができないことなどはデメリットなので注意しましょう。

マットレスの選び方

サイズをチェック

マットレスの選び方 サイズをチェック

マットレスの幅と奥行きは、所持しているベッドフレームに合わせて選びましょう。おもに、シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キングといったサイズが展開されています。

一人暮らしの方は、シングルでもよいですが広く使えるセミダブルがおすすめ。2人以上で寝る場合はダブル以上をチェックしてみてください。

フレームにおさまるよう、厚みもチェックしておきましょう。厚みは寝心地にも影響するため重要なポイントです。

<サイズの目安>
大人1人…シングル・セミダブル
大人2人…ダブル・クイーン
大人2人+子供1人…クイーン・キング

体圧分散性をチェック

マットレスの選び方 体圧分散性をチェック

体圧分散性とは、体にかかる圧力を減らす性質のこと。お尻やかかとなど凹凸の大きい箇所は、ほかの部分に比べて大きな圧力がかかます。体のラインにフィットするマットレスであれば、体圧を適度に分散可能。局所的な負担を減らします。

体圧が高くなると、無意識的に寝返りが多くなりがち。睡眠の妨げになることもあります。そのため、適度な体圧分散性のマットレスを選ぶことが重要です。

硬さをチェック

マットレスの選び方 硬さをチェック

マットレス選びでは、どれくらいの硬さを選べばよいのか悩んでしまうことも。重要なポイントが寝る姿勢です。横向きに寝る方は体の凹凸が大きくなりやすいため、やわらかく体圧分散性が高い製品がおすすめ。仰向けで寝る方は比較的硬いマットレスの方が姿勢を保ちやすく、快適に過ごせます。

夜中の寝返りの回数が多い場合、体圧分散性が低い可能性があるため、よりやわらかいモノを選ぶのもおすすめです。

通気性をチェック

マットレスの選び方 通気性をチェック

人は寝ている間にたくさんの汗をかくといわれています。湿気がたまるとカビが発生しやすいため、マットレスの通気性もチェックしておきたいポイント。湿気を抑えたい方は、コイル式や高反発ファイバータイプのマットレスがおすすめです。

なお、通気性が劣るモノはもちろん、通気性に優れたモノでも定期的なお手入れは重要。壁に立てかけ陰干しをしたり、市販の除湿シートを活用したりして清潔な状態を保つようにしましょう。

耐久性をチェック

マットレスの選び方 耐久性をチェック

マットレスは使っている間に弾力性が失われ、やがて寿命を迎えます。スプリング系のマットレスは比較的寿命が長いとされており、6〜10年ほど。ウレタン系では3〜8年ほどが一般的な寿命です。

マットレスの寿命は使い方やメンテナンスによって大きく異なります。長く使いたい方はひっくり返してのローテーションや定期的な除湿を心がけてください。

折りたためるタイプなら収納しやすい

マットレスの選び方 折りたためるタイプなら収納しやすい

マットレスはベッドフレームに乗せて使用すると場所を取りやすいため、狭い部屋だと圧迫感を感じてしまいます。圧迫感を減らしたい方は、直置きした場合でもコンパクトに収納できる“折りたたみ式マットレス”がおすすめ。

使用しないときに折りたためるので、部屋を広く使うことができます。また、押し入れやクローゼットに収納しやすいのもメリットです。

マットレスの人気メーカー・ブランド

フランスベッド(FRANCEBED)

マットレスの人気メーカー フランスベッド(FRANCEBED)

フランスベッドのマットレスの特徴は、独自技術の「高密度連続スプリング」を使っていること。適度な硬さがあり、体全体をしっかりと支えます。通気性のよさも「高密度連続スプリング」の魅力です。

しっかりと厚みがあるマットレスが多数ラインナップされていることもフランスベッドの特徴。厳格な耐久テストをクリアした製品なので品質が高く、安心して使えます。

フランスベッドのマットレスを見る

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

マットレスの人気メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマのマットレスの特徴は、さまざまな製品をラインナップしていること。ポケットコイル・高反発のウレタン・ファイバーなど、幅広い製品から好みのアイテムを選べます。ファイバーとウレタンを組み合わせたエアリーハイブリッドなども人気です。

サイズや厚みも多数取り揃えられており、生活スタイルに合わせた製品を選びやすいことが特徴。折りたためるモデルもラインナップされています。

アイリスオーヤマのマットレスを見る

サータ(Serta)

マットレスの人気メーカー サータ(Serta)

サータのマットレスは、一流ホテルのスイートルームで使われるなど、高い品質が特徴。スプリングコイルのマットレスをメインで扱っており、しっかりと厚みのあるマットレスを探している方におすすめです。

マットレス側面には、湿気を逃がす穴を設けるなど、独自の設計もポイント。マットレス表面には不連続のキルティングパターンが施されており、体圧分散性を高めています。

サータのマットレスを見る

日本ベッド(NIHON BED)

マットレスの人気メーカー 日本ベッド(NIHON BED)

日本ベッドのマットレスは、スプリングコイルがメイン。コイルを高密度に埋め込んだ「シルキーポケットマットレス」や太めのコイルでしっかりと体を支える「ビーズポケットマットレス」などをラインナップしています。

スプリングコイルマットレスのなかで硬さのバリエーションが豊富に取り揃えられており、好みに合わせて選べることが特徴です。

日本ベッドのマットレスを見る

マットレスのおすすめ|コスパ

アイリスオーヤマ PMTS20N(ポケットコイル)

アイリスオーヤマ PMTS20N(ポケットコイル)

体にフィットしやすいポケットコイルを採用したマットレスです。シングルサイズのマットレスに528個のポケットコイルを内蔵。密度が高く、腰回りや肩周りの凹凸にフィットします。

ポケットコイルの上には、2cmの分厚いウレタン素材を使用。反発力があるため体重を移動させやすく、寝返りがスムーズにうてます。さらに、体が触れる生地には、通気性に優れたニット生地を採用。暑い夜もムレにくく、さわやかな肌触りです。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル

生毛工房 MWS108165(ボンネルコイル)

生毛工房 MWS108165(ボンネルコイル)

5層構造のクッションを組み合わせたマットレスです。ボンネルコイルにウレタン・フェルト・ポリエステル綿混合張りなどを組み合わせており、ほどよいやわらかさを実現しています。

216個のボンネルコイルを内蔵。サイズは、幅100×長さ195×高さ17cmの標準的なシングルサイズです。

ラインナップ:シングル

東谷 MB-221-S(ボンネルコイル)

東谷 MB-221-S(ボンネルコイル)

352個のスプリングを内蔵した高密度のボンネルコイルマットレスです。ゆるやかに沈み込み、体の凹凸にフィット。体全体をしっかりと支えます。サイズは幅97×長さ195×高さ16.5cmです。

高密度のボンネルコイルマットレスとしては、比較的リーズナブルな価格なのも魅力。ボンネルコイルマットレスを試してみたい方におすすめです。

ラインナップ:シングル/セミダブル

友澤木工 MWS16324D(ポケットコイル・ボンネルコイル)

友澤木工 MWS16324D(ポケット&ボンネルコイル)

コイルのほかにウレタンフォームやフェルトが含まれた多重構造により、適度なクッション性を感じられるマットレス。また、ボンネルコイルとポケットコイルの両方が採用され、ほどよい弾力と硬さがあるのも特徴です。沈み込みを抑えて心地よい寝姿勢を目指せます。

異音が出にくい構造となっており、寝返りするときの音が気になる方にもおすすめ。ロール状に圧縮された状態で送られてくるため、搬入が簡単なのもポイントです。

ラインナップ: シングル/ セミダブル/ ダブル

アイリスオーヤマ PMTS22N(ポケットコイル)

アイリスオーヤマ PMTS22N(ポケットコイル)

22cmのしっかりとした厚みのマットレスです。トータル465個と高密度に配置されたスプリングコイルがポイント。体のラインにしっかりとフィットし、寝姿勢を保ちます。表面には全厚4.8cmのウレタンを配置。やわらかい質感で体を包み込みます。

表面ニットは抗菌・防臭・防ダニ加工が施されているなど、快適さを保ちやすいことも魅力です。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル

ドリームベッド 70F-4P(ボンネルコイル)

ドリームベッド 70F-4P(ボンネルコイル)

ボンネルコイル式のマットレスです。線径2.5mmのコイル・フェルト・不敷布・ウレタンフォーム・ウレタンフォーム・表面地の5層構造がポイント。体全体をほどよく支えます。

コイルは熱処理が施されており、適度な硬さと耐久性を実現。コスパに優れています。サイドには通気口が設けてあり、マットレス内に空気がこもりにくいことも魅力です。

ラインナップ:パーソナルシングル/セミシングル/セミダブル/ダブル

フランスベッド「LaDeuxieme(ラ・ドゥーゼム)」DE-P100(ポケットコイル)

フランスベッド「LaDeuxieme(ラ・ドゥーゼム)」DE-P100(ポケットコイル)

独立構造のポケットコイルを採用し、フィット感のある寝心地を実現したマットレス。70mmのウレタンを周囲に配置したエッジサポートにより、体が沈み込みにくく、しっかり支えてくれるのが特徴です。

また、平行配列のコイル式なので、適度な通気性と耐久性があるのがメリット。ロール圧縮梱包とコンパクトな状態で届くため、搬入しやすいのもポイントです。

ラインナップ:シングル

マットレスのおすすめ|折りたたみ

フランスベッド FD-W02(高密度連続スプリング)

フランスベッド FD-W02(高密度連続スプリング)

高級なアイテムが多いフランスベッドのなかでは、比較的リーズナブルなモデル。オリジナルの「高密度連続スプリング」式で、体をしっかりと支えます。通気性のよさも魅力です。

たためるタイプながら、折り目が入っていないことがポイント。折り目付近での体の落ち込みがなく、快適性を高めています。折りたたみは面テープ式留めバンドで、簡単に3つ折り可能です。

ラインナップ:シングル

アイリスオーヤマ MTRN-S(エアウレタン)

アイリスオーヤマ MTRN-S(エアウレタン)

3つ折りにしてコンパクトに収納できるマットレス。フローリングや畳などに直置きしたい方にもおすすめです。

また、無膜ウレタンフォームと硬めのウレタンフォームの2層構造になっているのがポイント。無膜ウレタンフォームのプロファイル加工により、体圧分散性を向上させてくれます。さらに、通気性がよく、清潔さを保ちやすいのも特徴です。

ラインナップ:シングル

友澤木工 MWS10874B(ボンネルコイル)

友澤木工 MWS10874B(ボンネルコイル)

収納に便利な2つ折りタイプのマットレスです。体全体を支えるボンネルコイル式で、枠部分には「快適睡眠サポーター」を内蔵。2つ折り部分でも体をしっかりと支え、不要な沈み込みを低減しています。

マットは山型に自立でき、陰干ししやすいことも魅力。折りたたんだマットレスは高さがあり、カウチソファーとして使用可能です。

ラインナップ:シングル

イノアック FM8867000(ウレタン)

イノアック FM8867000(ウレタン)

複数の層を組み合わせたウレタンマットレスです。ポイントは立命館大学との共同研究によって生み出された「六角形加工構造」。表面の高反発素材に六角形のスリットを入れることにより、スムーズな寝返りをサポートしています。

低反発と高反発のウレタンを組み合わせることにより、ほどよい硬さで体をサポート。圧力による負荷が少ないことも魅力です。

ラインナップ:シングル

セルプール CP-EX-098S(ウレタン)

セルプール CP-EX-098S(ウレタン)

一般的なウレタンの約2倍の高密度で体を支えるウレタンマットレスです。適度な弾性で体圧分散性を高めています。ウレタンが吸放湿することもポイント。過度な湿気や乾燥を防ぎます。

芯材は世界水準の安全な繊維製品の証である「エコテックススタンダード100」を取得。安心して使えるマットレスです。厚みは8cmと薄手かつ3つ折りできるので、収納が簡単に行えます。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル/クィーン

テンシャル「BAKUNE MATTRESS」(ポリエチレンファイバー・ラテックス)

テンシャル「BAKUNE MATTRESS」(ポリエチレンファイバー・ラテックス)

2cmの3D構造ポリエチレンファイバー、4cmの天然ラテックス、6cmの硬質プロファイルウレタンを組み合わせた3層構造のマットレスです。それぞれのよさを組み合わせることで、寝返りのしやすさ・体圧分散・理想の寝姿勢を実現しています。

通気性と放熱性が高いこともポイント。アウターカバーを含めた厚みは13cmと薄く、かさばりにくくなっています。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル

マットレスのおすすめ|低反発

ジヌス「GreenTea」ZJ-GTFM-8(ウレタン)

ジヌス「GreenTea」ZJ-GTFM-8(ウレタン)

やわらかく体を包み込む、低反発タイプのマットレスです。3層構造を採用しており、体のカーブに合わせてやさしくフィットします。背骨などへの負荷を分散させやすく、寝るときの姿勢や寝返りを打ったときの体勢の変化にも柔軟に対応可能です。

表面にはプレミアムクラスのマットレスにも使われる、ジャガード織りのカバーを採用。立体的に織り上げた生地には高級感があり、耐久性も良好です。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル

ジヌス「Gel Foam」MFGNU1-10(ウレタン)

ジヌス「Gel Foam」MFGNU1-10(ウレタン)

上層の「体温調節フォーム」、中層の「Green Tea ベースフォーム」、下層の「Green Tea ベースサポートフォーム」を組み合わせたウレタンマットレスです。それぞれ硬さが異なり、ほどよい弾性を生み出しています。

上層のフォームにはジェルが注入されており、体温調節をサポート。また、換気用の小さな穴が無数にあいており、通気性がよいことも魅力です。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル

東谷 MU521S(ウレタン)

東谷 MU521S(ウレタン)

ウレタンやラテックスなど複数の層を組み合わせたマットレスです。表面に近いラテックス層は枕元から足元を7つのゾーンに分割。体の各パーツを支えます。

中心近くには低反発のウレタンを、下層には18cmと厚みのあるウレタンを配置。適度な弾性を生み出しています。表面の生地は防ダニ・抗菌・防臭加工が施されているなど、快適さを維持しやすいことも魅力です。

ラインナップ:シングル

マットレスのおすすめ|高反発

ジヌス「Extra Firm」ZJ-PPSM-8(ウレタン)

ジヌス「Extra Firm」ZJ-PPSM-8(ウレタン)

硬めのマットレスが好きな方におすすめの高反発タイプです。厚さ20cmのマットレス内部に、独立したポケットスコイルを高密度に配置しており、揺れや振動を軽減しながら、しっかり体を支えます。

高反発フォームは復元性にも優れ、体の曲線に合わせてフィット。頭・腰・肩・背中をバランスよく支え、就寝中の負担を軽減できると謳っています。表面には、高級感のある立体的なジャガード織りの中綿カバーを使っており、肌触りも良好です。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル

東京ベッド PC4BD5DEER567(ウレタン)

東京ベッド PC4BD5DEER567(ウレタン)

電動リクライニングベッド用に作られたハイブリッド型のマットレスです。高反発波型ウレタン・ポケットコイル・ストレッチネットウレタンを組み合わせることにより、体をしっかりとサポートします。

表面の生地は、国際特許を取得したサニタイズ加工が施されており、抗菌性の高さもポイント。大きさはセミダブルサイズで、幅122×長さ195×高さ17cmです。

ラインナップ:セミダブル

イノアック「ファセット」BM1146000(ウレタン)

イノアック「ファセット」BM1146000(ウレタン)

高反発ウレタンと低反発ウレタンの3層ハイブリッド構造のマットレスです。表面の層には立命館大学との共同研究により生まれた溝加工が施されています。横になった姿勢での体感がブレにくく、寝返りのしやすさが特徴です。

表層の圧力は内側の高通気低反発層がサポート。圧力を分散します。また、湿気がこもりにくいこともポイントです。

ラインナップ:シングル/セミダブル

マットレスのおすすめ|高級

フランスベッド TW-100α(高密度連続スプリング)

フランスベッド TW-100α(高密度連続スプリング)

フィット感があり、寝返りがしやすい高密度連続スプリングを採用したスタンダードモデルのマットレス。しなやかながらしっかりと体を支えてくれるので、理想的な寝姿勢を保ちやすいのがメリットです。

防ダニ・抗菌防臭加工が施されており、衛生的に保ちやすいのも魅力。また、通気性がよく、定期的に換気をすればカビの発生も抑えられます。

ラインナップ:シングル/セミシングル/セミダブル/ダブル/ワイドダブル

日本ベッド「ビーズポケット ベーシック」(ポケットコイル)

日本ベッド「ビーズポケット ベーシック」(ポケットコイル)

太めで安定感のあるコイルを採用し、しなやかながら体をしっかり支えてくれるマットレス。過度な寝返りや部分的な沈み込みを抑えやすいため、肉体的な疲労に悩んでいる方や体格の大きな方などにおすすめです。

また、コイルを包むポケットの素材に放湿性の高い繊維集合体を使用しているうえ、マットレスにベンチレーターが付いており、通気性が高いのもメリット。キルティングには、抗菌・防臭効果素材を採用し、清潔に使用できるのがポイントです。

ラインナップ:シングル/シングルロング/セミダブル/ダブル/クィーン/ハーフクィーン

コアラマットレス「コアラマットレス」(ポリウレタン)

コアラマットレス「コアラマットレス」(ポリウレタン)

3層構造を採用したマットレスです。通気性の高い上層、振動を吸収しやすい中層、寝返りをうちやすい高反発の低層を組み合わせることで、ほどよい寝心地を実現しています。

上層はやわらかめと硬めの組み合わせで作られており、ひっくり返すことで硬さの調節が可能です。ウレタンフォームに抗菌処理が施されているなど、快適性も考慮されています。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル/クィーン

サータ「ポスチャーノーマル」(ポケットコイル)

サータ「ポスチャーノーマル」(ポケットコイル)

安定感のある寝心地を求める方におすすめのマットレスです。中心部にポケットコイルを配置し、その上下それぞれに9つの層が重なっています。複数の層によるほどよい硬さを実現し、体をしっかりと支えてくれるのがポイントです。

マットレスの端部分が補強されている点も特徴。ソファー代わりとしてベッドに腰かけることが多い方にも適しています。

ラインナップ:シングル/パーソナルシングル/ユーティリティシングル/セミダブル/クィーン1/クィーン2/キング1/キング2/セミキング

フランスベッド「ライフトリートメント」LT-7700αPW(高密度連続スプリング)

フランスベッド「ライフトリートメント」LT-7700αPW(高密度連続スプリング)

フランスベッドオリジナルの「高密度連続スプリング」を搭載したマットレス。ハードタイプのスプリングで硬めの寝心地が特徴です。マットレスの端は「コールドキュアフォーム」で強化されており、端ギリギリでも高い寝心地を維持しています。

生地は高衛生除菌機能「キュリエス・エージー」付きで、清潔さを保ちやすいこともポイントです。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル

日本ベッド「シルキーパフ」(ポケットコイル)

日本ベッド「シルキーパフ」(ポケットコイル)

やわらかめの寝心地が特徴のマットレスです。深層部のポケットコイルに加え、中層部にノアフォームウレタンを配置し体重をサポート。表層のエステル綿がソフトに体を受け止めます。

シングルサイズで1,200本のバネが使われているなど、密度の高さもポイント。細かく体を支えることによる、体圧分散性の高さが魅力です。

ラインナップ:シングル/セミダブル/ダブル/クィーン

マットレスの売れ筋ランキング

“理想の姿勢”を意識して選ぶのも大切

理想の姿勢を意識して選ぶのも大切

硬さなどさまざまなバリエーションがあるマットレスは実際に試してみるのがおすすめ。ビックカメラの店舗では多くの商品が展示してあり、現物で寝心地を試せます。

直立した理想の姿勢を保ちやすいか、体が沈みすぎていないかなど、さまざまな視点でマットレスのチェックが可能です。実店舗を訪れて、ぜひ試してみてください。

生毛工房の店舗一覧を見る

長持ちさせるためにやっておくべきこと

長持ちさせるためにやっておくべきこと

マットレスを長持ちさせるためには、日頃のメンテナンスが重要です。ひっくり返せるモデルであれば、裏表を定期的に変え、負荷を分散させてみてください。枕元・足元を入れかえるのも有効です。

ダニやカビの発生を抑えるために、風を通し除湿することも大切。布団クリーナーや布団乾燥機などのメンテナンス用品を活用するのもおすすめです。

担当者からひとこと

マットレスは、体型や寝姿勢を考慮して自分に合ったモノを選ぶことが大切です。肩や腰などの体への負担が軽減されることで、よい寝心地にもつながります。また、基本的にサイズが大きいため、あらかじめ搬入経路も確認しておくと安心です。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリのマットレスを見つけてみてください。

すべてのマットレスを見る

おすすめの関連記事

日用品・カー用品 人気の記事