レーダー探知機のおすすめ11選【2020】レーザーやGPS搭載モデルを紹介

更新日:2020.02.28

レーダー探知機のイメージ

速度超過を取り締まるオービスを検知する「レーダー探知機」。オービスにはさまざまなタイプがあり、続々と登場する新型タイプに合わせて、対応するレーダー探知機も年々進化しています。
そこで今回は、高機能なレーダー探知機にフォーカス。最新のオービスに対応したおすすめモデルや選び方を紹介します。

レーダー探知機の選び方

検知したいオービスの種類をチェック

レーダー式

レーダー探知機の選び方 オービスの種類 レーダー式

日本国内でもっとも古くから設置されている一般的なタイプが、レーダー式のオービスです。走行している車にレーダー波(Xバンド)を照射し、跳ね返ってくる電波の波長の違いによって速度を計測します。速度超過を検知すると、フラッシュの点灯とともにカメラで車を正面から撮影。ドライバーの顔や車のナンバーをはっきりと記録します。

ループコイル式

レーダー探知機の選び方 オービスの種類 ループコイル式

道路に埋め込んだループコイルで速度を計測するのが「ループコイル式」のオービスです。3つのループコイルをA・B・Cの地点に6.9m間隔で埋め込んであり、A〜B間とB〜C間の一定距離を通過する時間から車速を計測。速度超過の場合にはカメラで撮影します。ループコイル式はレーダー式より速度測定精度が高く、GPSを搭載していないモデルのレーダー探知機では検知できません。

Hシステム

レーダー探知機の選び方 オービスの種類 Hシステム

白い大きな板が特徴の通称「はんぺん」と呼ばれているのが「Hシステム」です。レーダーの跳ね返りで速度を計測し、照射パターンを変化させる「断続波」を採用しているのが特徴。レーダー式と基本的な仕組みは同じながら、より検知が難しいタイプです。とはいえ、Hシステムは目視しやすいため、容易に目で確認できます。

LHシステム

レーダー探知機の選び方 オービスの種類 LHシステム

ループコイル式とHシステムを組み合わせたタイプが「LHシステム」です。計測方法はループコイル式と同様ながらデジタルカメラを搭載し、フィルム切れがありません。ループコイル式の場合はフィルム切れで撮影できない場合もありますが、LH式の場合はシャッターを切ることで確実に記録されます。

移動式(車載型)

レーダー探知機の選び方 オービスの種類 移動式(車載型)

移動式のオービスとは、停車したワンボックスカーなどに小型のオービスを乗せて取り締まりを実施できるタイプのレーダー探知機です。道路に設置されたオービスの先に車を止めておこなう場合が多く、大抵はオービス通過後に再加速する車の探知に使われます。レーダー式のほか光センサーで速度を計測する「光電管式」があり、光電管式の場合はレーダー探知機で検知しにくいのが特徴です。

小型

レーダー探知機の選び方 オービスの種類 小型

最近、おもに最高時速30キロ制限の「ゾーン30」に設置されているのが小型オービス。電柱や標識の近くによく設置されており、装置のサイズが小さく、簡単に移動できるタイプです。ただ、小型オービスはレーダー波で検知できるため、レーダー探知機で設置の有無を知ることができます。

機能や特徴をチェック

GPS搭載

レーダー探知機の選び方 GPS

GPSを搭載したモデルは、自車の位置を測定できるのが特徴です。オービスの位置情報を本体に記録しているため、GPSを搭載していないレーダー探知機では検知できないループコイル式オービスも、近づいたときにアラームで教えてくれます。また、レーダー波も検知できるため、もっとも多くのオービスに対応できるタイプです。

Wi-Fi

レーダー探知機の選び方 Wi-Fi

オービスの設置場所は移動する場合があるほか、新たに新設されることもあります。Wi-Fiを搭載しているレーダー探知機であれば、製品のファームウェア更新や公開取り締まり情報を手軽に更新できるので便利です。特に、ループコイル式はレーダー波を使用しないため、検知するには定期的な位置情報の更新が欠かせません。

形状をチェック

一体型

レーダー探知機 一体型

一体型とはアンテナとディスプレイがひとつになっているタイプです。ダッシュボードに粘着テープで貼り付けるだけで設置が可能。自分の見やすい位置に設置できるほか、操作しやすいのもメリットです。また、各メーカーからもっとも多く発売されているタイプなので、デザインや機能など好みのモデルを探しやすいのもポイント。設置場所など、特にこだわりがない場合におすすめです。

ミラー型

レーダー探知機 ミラー型

ルームミラーに直接取り付けるのがミラー型のレーダー探知機です。取り付けは既存のルームミラーの上に被せるようにセットするだけ。通常のミラーとしても使用可能なので、ダッシュボード上の視界を妨げたくない場合や粘着テープを使用したくない方におすすめです。ただし、一体型と比較して価格が高く、角度の調節範囲が限られます。

給電方法をチェック

シガーソケット

レーダー探知機の給電方法は、シガーソケットにプラグを差し込むタイプがもっとも一般的。エンジンのオンオフに連動するため、使用の度に電源を切り替える手間がかかりません。ソーラーパネルを搭載したタイプは、わずらわしい配線がないのが特徴。太陽光をエネルギーとするため、車のバッテリーへの負担がかからないメリットがあります。「OBDUアダプター」を使用するタイプは、車のコンピューター情報にアクセスするOBDコネクターに接続して給電するタイプ。GPSが測位できない場所でもオービスを検知できるため便利です。

レーダー探知機の人気メーカー

ユピテル(Yupiteru)

レーダー探知機の人気メーカー ユピテル(Yupiteru)

東京都港区に本社を構える老舗カー用品メーカーで、レーダー探知機をはじめドライブレコーダーやセキュリティーシステムなど、多くの車関連製品を製造・発売しています。レーダー探知機では数多くのモデルをラインナップ。さまざまなオービスに対応した多機能なモデルが揃っています。

ユピテルのレーダー探知機を見る

セルスター(Cellstar)

レーダー探知機の人気メーカー セルスター(Cellstar)

ライブレコーダーやレーダー探知機、ポータブル電源などの製造・発売をおこなっているカー用品メーカー。三重県に自社工場を構えており、高品質な製品は高く評価されています。レーダー探知機においては、一体型とミラー型が主力。GPSを搭載した高機能なモデルを多くラインナップしているほか、GPSのデータ更新を無料で利用できるのも特徴です。

セルスターのレーダー探知機を見る

コムテック(COMTEC)

レーダー探知機の人気メーカー コムテック(COMTEC)

ドライブレコーダーやレーダー探知機、エンジンスターターなどを取り扱っているカー用品メーカーです。レーダー探知機においては大画面モニターを搭載した一体型モデルを中心にラインナップ。最新の移動式小型オービスに対応したモデルやドライブレコーダーと相互通信できるモデルなど、機能も充実しています。また、無料でGPSデータをダウンロードすることで、新設されたオービスにも対応可能です。

コムテックのレーダー探知機を見る

レーダー探知機のおすすめ

ユピテル「SUPER CAT」GWR403sd

ユピテル「SUPER CAT」GWR403sd

大画面3.6インチの液晶モニターを搭載した一体型のレーダー探知機です。
なめらかに動く「アラートCG」によって、従来モデルと比べて見やすいのが特徴。実写による警報にくわえて警報文字サイズも従来比1.5倍の大きさになり、警報内容を確認しやすくなっています。取り付けはシガーソケットにプラグを差し込むほか、別売りのOBDUアダプターでの設置も可能です。

セルスター VA-910E

セルスター VA-910E

欧州連合が構築した全地球航法衛星システム「ガリレオ衛星」に対応した一体型のレーダー探知機です。
合計で6種類70基の衛星電波に対応しており、測位の不安定な都心部の高層ビル街や山間部などでも精度の高い測位を実現します。「ゾーン30」など生活道路に設置される小型オービスにも対応。目撃された位置情報などのGPSデータを無料更新できるため便利です。

コムテック「ZERO」ZERO805V

コムテック「ZERO」ZERO805V

4.0インチの大画面を搭載した一体型レーダー探知機です。
パネルに触れるだけで操作できる静電タッチパネルを採用。力を入れなくても感知してくれるため、操作性が大幅に向上しています。また、リモコンなしでもすべての操作ができるため、万が一リモコンを紛失しても安心です。最新データを無料でダウンロードできるのもポイント。新設されたオービスなどの情報を付属のmicroSDHCカードを使用して更新できます。

セルスター AR-W65GM

セルスター AR-W65GM

GPS機能を搭載したルームミラー型のレーダー探知機です。
設置は既存のルームミラーに被せてシガーソケットに電源プラグを差し込むだけで終わります。車の配線から直接電源をとれるDCコードも付属しており、配線の取り回しに気を遣いたい方におすすめです。GPSは受信数4種76基に対応。測位が不安定な場所でも高い精度で位置情報を取得します。

コムテック「ZERO」ZERO304V

コムテック「ZERO」ZERO304V

GPSデータとレーダー受信のダブル対応のレーダー探知機です。
GPSの位置情報にもとづく警報のほか、レーダー波を受信した際にも警報で知らせてくれるため、新設されたオービスや生活道路に設置される小型オービスにも対応します。また、コムテック独自のGPS補完システム「Gセンサー」を搭載。トンネル内や高架下など、GPSを受信できない場所のオービスにも対応します。

セルスター「ASSURA GPSレシーバー」GR91

セルスター「ASSURA GPSレシーバー」GR91

本体にシガーソケットを搭載しており、挿すだけで簡単に設置できるコンパクトなレーダー探知機です。
配線がないため、面倒な取り回しも不要。ほかの車に載せ替えたい場合にも便利です。GPS搭載で取り締まりポイントやオービス設置場所など、28種類の情報を3万3000件以上も収録。6種類76基のGPSを受信できるので、自車位置がズレにくく走行中の正確な位置を把握できます。

コムテック「ZERO」ZERO105L

コムテック「ZERO」ZERO105L

超薄型のフォルムですっきりとした見た目が特徴のレーダー探知機です。
高さ14.3mmと薄いため、ダッシュボードの中央やサンバイザーに取り付けられるなど設置場所を選びません。レーダー受信とGPSデータのダブル対応モデルなので、固定オービスのほか移動式オービスにも対応します。配線はシガーソケットのほか、オプションのOBDUアダプターも使用可能。配線をすっきりさせたい場合に便利です。

セルスター「ARシリーズ」AR-W55GA

セルスター「ARシリーズ」AR-W55GA

政府機関が発令する地震や津波などの災害情報「災危情報」を表示するレーダー探知機。
災害発生時にモニターに情報を表示するほか、音声でも知らせてくれるため、スマートフォンをチェックできない運転中に便利な機能です。相互通信に対応するドライブレコーダーを接続すれば走行時の映像をモニターに表示できるのも便利。また、別売りの専用コードを使用すればバックカメラの映像もモニターに表示します。

コムテック「ZERO」ZERO807LV

コムテック「ZERO」ZERO807LV

レーダー波の受信とGPSでの検知のほか、レーザー式オービスにも対応したレーダー探知機です。
レーザー受光部に凸レンズを採用しており、受信距離の短いレーザー式オービスをすばやく検知して警告します。また、新たに搭載した「3Dマップ警報表示」も便利。100mごとに更新される表示により、車とオービスの位置が確認しやすいのが特長です。

セルスター「ASSURA」AR-353GA

セルスター「ASSURA」AR-353GA

オービスの検出から画面に通知するまでのタイムラグが短い「スマート警告」搭載モデル。移動式オービスやゾーン30の位置情報を随時更新し、最新の設置場所を通知可能。CGや接続したドライブレコーダーの映像など4パターンの表示方法が選べます。また、ネットにつなぐことでリアルタイムの情報共有ができる「ASSURA+Link」で、取り締まりやEV充電スポットなどの情報取得が可能です。

コムテック CBR02

コムテック CBR02

ドライブレコーダー機能を搭載した1台2役のレーダー探知機です。
ドライブレコーダーとレーダー探知機を別々に購入する必要がないため、余分なコストを抑えられるほか、車内に多くの機器を設置したくない方におすすめのモデルです。通常のオービスで採用されているXバンドのレーダー波にくわえ、小型オービスに採用されるKバンドのレーダー波にも対応。GPSも搭載しており、さまざまなオービスに対応可能です。

レーダー探知機の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのレーダー探知機の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

レーダー探知機のランキングを見る

担当者からひとこと

レーダー探知機にはさまざまなタイプがありますが、レーダー波を使用しないオービスに対応するためにはGPSを搭載したモデルがおすすめ。また、データを更新できるタイプなら新設されたオービスにも対応可能です。ピックアップしたおすすめモデルを参考にしていただき、最適な1台を探してみてください。

すべてのレーダー探知機を見る

おすすめの関連記事