ゴミ箱(ダストボックス)のおすすめ15選 キッチンで使いやすいアイテムも紹介

更新日:2020.01.21

ゴミ箱を使用しているイメージ

キッチンやリビング、屋外などさまざまな場所で活躍する「ゴミ箱」。最近は、センサーで自動開閉するモノや臭いを予防できるモノなどが登場し、選択肢が増えてきました。いつもより少しこだわった製品を選びたい方も多いはず。
そこで今回は、おすすめのゴミ箱をご紹介。選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ゴミ箱(ダストボックス)の選び方

スペースに合ったサイズを選ぶ

ゴミ箱(ダストボックス)の選び方 スペースに合ったサイズを選ぶ

ゴミ箱を選ぶ際は、まず設置スペースに収まるかどうかを確認しましょう。サイズが大きすぎたり小さすぎたりすると、スペースの活用ができません。横幅・奥行・高さがどれくらいかを測ることが大切です。

横幅を確保しにくいときは、スリムタイプのゴミ箱を選択すればスッキリと収納が可能。スペースに収まる範囲内でできるだけ容量の大きいモノを選べば、ゴミをまとめる頻度が減ります。

容量をチェック

ゴミ箱(ダストボックス)の選び方 容量をチェック

1日に出るゴミの量やゴミ捨ての頻度を考慮して容量を選択しましょう。一人暮らしの場合は、それほど出るゴミの量が多くない傾向にあるので、小容量のゴミ箱がおすすめ。一方、家族で暮らしている場合は、人数に合わせて余裕あるサイズのモノを選んでおけば、ゴミがあふれかえる心配がなく安心です。

分別できる数を確認

ゴミ箱(ダストボックス)の選び方 分別できる数を確認

日常で出るゴミは、燃えるゴミや燃えないゴミのほか、缶やペットボトル、ビンなど種類がさまざま。特にキッチンをはじめとするいろんなゴミが出やすい場所は、複数の分別ができるゴミ箱を選ぶのがおすすめです。分別ができるタイプは、種類ごとにゴミ箱を用意する必要がなく、省スペースに抑えられるのがメリット。

一方で寝室や玄関など、特定のゴミしか発生しないような場所は、分別がないタイプのモノでも使いやすいのが特徴です。

素材をチェック

ゴミ箱(ダストボックス)の選び方 素材をチェック

ゴミ箱に使われる素材は大きく、プラスチックとステンレスに分けられます。一般的に使われやすいのはプラスチック。軽量な上、水洗いできるのがメリットですが、熱に弱いため火元や暖房器具のある場所では注意が必要です。

一方でステンレスのゴミ箱は、耐久性に優れており、サビに強いのが特徴。ただし、プラスチックのゴミ箱よりも重量が重くなります。用途や部屋の雰囲気などに合わせて検討してみましょう。

あると便利なポイント

臭いが広がりにくい"ふた付き"

ゴミ箱(ダストボックス)の選び方 あると便利なポイント ふた付き

特にキッチン周りにゴミ箱を設置することを検討している方は、ふたが付いているかどうかをチェックしましょう。ふた付きのタイプを選べば、生ゴミの臭いがキッチンやリビングに充満せず、ストレスになりません。

なかには、臭いの漏れを防ぐためのパッキンや消臭機能を備えたモノも存在。生ゴミなど臭いが気になる方は、臭い漏れを防ぐ機能が付いているかもチェックしましょう。

触らず開けられる"ペダル"や"センサー"

ゴミ箱(ダストボックス)の選び方 あると便利なポイント ペダルやセンサー

手がふさがっているときや濡れているときに活躍する、ハンズフリーの開閉機能。ペダル式のモノは、足でペダルを踏んでゴミ箱のふたを開けられるのが特徴です。踏んでいる間しか開かないので、開けっ放しを防げるのがうれしいポイント。

また、センサー式のモノは、ゴミ箱に手をかざすだけで自動開閉します。一方で、電池がなくなったときに使えなくなる点には注意が必要です。料理中に手がふさがることが多い方は、ペダル式やセンサー式のゴミ箱を選びましょう。

移動が簡単な"キャスター"

ゴミ箱(ダストボックス)の選び方 あると便利なポイント キャスター

部屋の中でゴミ箱を移動させたいときは、キャスター付きのモノを選ぶのがおすすめ。発生したゴミをすぐに捨てられるので、部屋をきれいに保てます。

また、デスクワークをする方は、一時的に移動させて、消しゴムのカスや紙ゴミなどをすぐに捨てることが可能。キャスター付きのモノを選べば、発生したゴミを回収しやすくなるのがメリットです。

ゴミ箱(ダストボックス)のおすすめ

アスベル「カラー分別ダストボックスSP ツインプッシュ」KTI4301(40L)

アスベル「カラー分別ダストボックスSP ツインプッシュ」KTI4301(40L)

ゴミを2つに分類できるゴミ箱。箱の色が分かれているので、燃えるゴミや燃えないゴミ、ビンや缶などを分かりやすく分別できます。また、ワンプッシュふたを採用。指でプッシュするだけでゴミ箱を開けられて便利です。

さらに、ポリ袋止めを搭載しているため、ゴミ袋の設置も簡単に行えます。容量は40Lと大きいので、キッチンをはじめ屋外での利用にもおすすめです。

リス「ワンハンド パッキンペール」KPP0102(47L)

リス「ワンハンド パッキンペール」KPP0102(47L)

臭いの漏れ防止に特化したゴミ箱。開閉部分にパッキンを搭載し、生ゴミなどのイヤな臭いを外部に放出させません。ベビー用のおむつなら約54個、大人用だと約24個入れられます。

また、開閉のロック機能を搭載。ロックしておくことで、不必要に開けっ放しにしてしまうのを防げます。さらに、強固な連結機能を採用。同製品を連結させることで、風による転倒を防止できるので、屋外に置いても安心です。

アスベル「資源ゴミ用横型3分別ワゴン」672088(60L)

アスベル「資源ゴミ用横型3分別ワゴン」672088(60L)

3つのゴミを分類できるモデル。ペットボトル・紙パック・カンといった資源ゴミを分別するときにも活躍します。下にキャスターが付いているので、気軽に移動させられるのが魅力です。

また、ゴミ箱を開くための丸形ボタンを採用。手が空いていないときでもワンプッシュでふたを開けられて便利です。加えて、ポリ袋止めを採用しており、ゴミ袋がずれず、本体を汚す心配もありません。落ち着いた色合いで、部屋になじみやすいのもおすすめポイントのひとつです。

新輝合成「ユニード プッシュ&ペダル」KNC0104(45L)

新輝合成「ユニード プッシュ&ペダル」KNC0104(45L)

2つの開け方ができるゴミ箱。本モデルはプッシュふたとペダルのどちらでもゴミを入れられます。プッシュふたは、ゴミが奥に落ちやすい設計なのがうれしいポイント。中で詰まりにくく、快適にゴミを捨てられます。

また、足でペダルを踏めば、ハンズフリーでゴミ箱を開閉可能。袋止め機能も搭載し、ポリ袋を簡単に固定できます。ゴミの大きさや状況に合わせて捨て方を変えられる、おすすめのモデルです。

アスカ「センサートラッシュカン テピアク」STC01W(9L)

アスカ「センサートラッシュカン テピアク」STC01W(9L)

センサー式を採用したゴミ箱。手をかざすだけで、自動でふたが開きます。数秒後に自動で閉まるので、開けっ放しを防げて安心です。なお、自動開閉機能は、乾電池で駆動します。

また、手動開閉スイッチも搭載していて、万が一電池がなくなったときでも、簡単にふたを開け閉めできるのがうれしいポイント。ヘッド部分以外は水洗いして、清潔な状態を保つことが可能です。10Lまたは15Lサイズのゴミ袋を収められます。

リッチェル「ダストポット 分別ストッカー3段」KBV1701(54L)

リッチェル「ダストポット 分別ストッカー3段」KBV1701(54L)

ゴミ箱の設置スペースを抑えたい方におすすめの製品。3段式のスリムな縦型を採用しているので、幅を取らず省スペースで設置できます。

また、袋止め機能が備わっているため、ゴミ袋をしっかりと固定してずれを防止できます。両サイドには、レジ袋を掛けられるフックを2つ搭載。袋をかけて収納できるのもうれしいポイントです。

リス「ホーム&ホーム縦型分類ワゴンペール」KWG1101(45L)

リス「ホーム&ホーム縦型分類ワゴンペール」KWG1101(45L)

移動に便利なキャスターが付いたゴミ箱です。キッチン周りで移動させれば、発生したゴミを素早く捨てられます。ホワイトカラーのデザインを採用し、周りのインテリアになじむのも魅力です。

また、本製品はゴミを最大で5分類できるのが特徴。たくさんゴミが発生しやすいシンクサイドでも活躍します。使いやすさに優れたおすすめのアイテムです。

新輝合成「トンボ セパ ツインペダル2段」KSP0902(56L)

新輝合成「トンボ セパ ツインペダル2段」KSP0902(56L)

最大8分類までできるのが魅力のゴミ箱です。燃えるゴミや燃えないゴミ、ビンや缶といったゴミを一つの場所に集められます。

また、ゴミ箱の開閉にはペダル式を採用。2つのペダルで、上下段別々で開けられて便利です。さらに、サイドにはビニール袋を掛けられるフックを搭載。分別シールも付属しているので、子供が間違わずにゴミを捨てられます。

アスベル「密閉プッシュペール」640636(20L)

アスベル「密閉プッシュペール」640636(20L)

臭いが気になりにくい、密閉性に優れたアイテム。本モデルは、上ふたの裏とふた本体の両方にパッキンが付いている「ダブルパッキン」を採用しています。生ゴミの臭いがキッチンやリビングに漏れず、快適に過ごせます。

また、ゴミ箱の開閉にはプッシュ式を採用。内側にはスチール製のポリ袋止めを搭載しているので、ゴミ袋をガッチリと固定できます。夏場でも虫が寄り付きにくい、おすすめのゴミ箱です。

リス「ペダルペール丸」KPD1701(9.6L)

リス「ペダルペール丸」KPD1701(9.6L)

円柱型をしたシンプルなデザインのゴミ箱です。ふたの開閉にはペダル式を採用し、両手がふさがっていても、ハンズフリーでゴミ捨てが可能。容量は9.6Lと少なめなので、一人暮らしの部屋にもおすすめです。

また、中容器付きのため、生ゴミを入れても汁漏れしないのが特徴のひとつ。どんな部屋に置いても違和感が少ないのもうれしいポイントです。

サンコー「トラアッシュクボックス」DSBNCOMP(40L)

サンコー「トラアッシュクボックス」DSBNCOMP(40L)

ゴミがいっぱいになっても圧縮することで堆積を減らし、さらにゴミを入れられるアイテムです。ふたの上部についた取っ手を下に押し込むと、中のゴミを圧縮できるのが最大の特徴です。ゴミをたくさん詰められるのが魅力。ゴミ袋代に節約にもつながります。

また、素材にはステンレスを採用。開閉はペダルで簡単にできるのでキッチンをはじめ、さまざまな場所で使えるおすすめのゴミ箱です。

アスベル「ルクレールコレクションM」621932(10L)

アスベル「ルクレールコレクションM」621932(10L)

ラウンカラーのシンプルなゴミ箱です。本モデルはふたが付いていないので、開ける動作を省いて素早くゴミを捨てられるのがメリット。寝室や洗面所などでの使用にもぴったりです。

また、重量は436gと軽量なので、持ち運びを簡単に行えます。さらに、お手ごろ価格なのもうれしいポイント。シンプルでおしゃれなゴミ箱を探している方におすすめです。

リス「段ボールゴミ箱」GGYC725(45L)

リス「段ボールゴミ箱」GGYC725(45L)

段ボール素材を採用したゴミ箱。コンパクトに折りたためるので、バーベキューやキャンプなどにも活躍するアイテムです。

また、4つの脚は凹凸のあるコンクリートや芝生でも、安定して設置しやすいのが魅力。口元の4隅には切り欠きが作られているため、袋をしっかりと固定して風の影響を抑えられます。

アスベル「分別ダストボックス ペダル2段ワイド」KDS9801(40L)

アスベル「分別ダストボックス ペダル2段ワイド」KDS9801(40L)

上下段で分別できる便利なゴミ箱。上下それぞれ20Lずつの容量を採用しています。省スペース設計なので、設置場所が狭くても使いやすいのがうれしいポイントです。

また、それぞれの容器は取り外して水洗いが可能。清潔に保ちたいキッチン周りでも安心して使用できます。下段の開閉にはペダル式を採用しているので、かがんでゴミ箱を開ける労力もかかりません。

EKOJAPAN「エスコマートセンサービン」EK9288MT6L(6L)

EKOJAPAN「エスコマートセンサービン」EK9288MT6L(6L)

センサー式を採用したゴミ箱です。「デジタルカウントダウンパネル」を搭載しているのが最大の特徴。ゴミ箱が閉まるまでの時間を把握できるので、勝手に閉まってストレスになることがありません。

また、ふたを本体にかけられる「イージークリップ」を搭載。本体を掃除するときやゴミ袋を交換するときに、ふたの置き場に困らないのがポイントです。さらに、インナーボックスを付属しているため、袋をきれいに取り付けられます。

ゴミ箱の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのゴミ箱の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ゴミ箱のランキングを見る

担当者からひとこと

形状の種類や開閉方法が豊富にあるゴミ箱。素材や機能によって、価格もさまざまです。どのような用途で使うのか、どれくらいの容量が必要なのかを確かめて、最適な製品を選択しましょう。ぜひ、今回紹介した商品の中から、自身のベストバイを見つけてみてください。

すべてのゴミ箱を見る

おすすめの関連記事