ドライブレコーダーのおすすめ19選【2021】前後や360°記録できるモデルも

更新日:2021.07.17

ドライブレコーダーのイメージ

万が一の事故やトラブル時の状況を映像に記録できる「ドライブレコーダー」。「ドラレコ」とも呼ばれており、あおり運転や危険運転対策として愛車に取り付けている方が増えています。

しかし、モデルによって設置方法や機能が異なるため、はじめて購入する方は迷ってしまう場合もあるかもしれません。そこで今回は、おすすめのドライブレコーダーをご紹介します。選び方も解説するので、参考にしてみてください。

ドライブレコーダーの選び方

カメラの画素数

ドライブレコーダーの選び方 カメラの画素数

運転時や事故の瞬間をはっきりと記録するには、撮影する映像の画質が重要。周囲の状況や車両のナンバープレートを鮮明に記録するなら、画素数の高い製品を選択するのがおすすめです。

一般的にフロントカメラは、1920×1080のフルHD対応以上。より鮮明な映像を記録したい場合は、フルHDを超える2560×1440のWQHD対応モデルや、スーパーHD(2304×1296)対応モデルも視野に入れて選びましょう。

カメラの種類から選ぶ

一体型

ドライブレコーダーの選び方 カメラの種類から選ぶ 一体型

カメラ部とレコーダー部が一体になっているのが一体型のドライブレコーダー。背面にモニターを備えているモデルが多く、比較的低価格なモデルがラインナップされています。ガラス面やダッシュボードに、付属の吸盤や両面テープで設置するだけと、簡単に取り付けできるのがメリットです。

シガーソケットから電気を供給するタイプなら、取り付けを業者に依頼することなく、初心者でも設置可能。ただし、モデルによってはサイズが大きく、設置する場所が限定されてしまう場合もあります。設置する場所によっては操作しにくくなることがあるので、留意しておきましょう。

セパレート型

ドライブレコーダーの選び方 カメラの種類から選ぶ セパレート型参照:セルスター工業

カメラ部とレコーダー部が分離しているタイプがセパレート型のドライブレコーダーです。一体型のリアカメラが付属しているタイプも含まれます。カメラがコンパクトで、設置の自由度の高さがポイント。リアカメラを接続できるタイプなら、前後撮影も可能です。レコーダーをダッシュボード周りなど、操作しやすい位置に設置できるのも便利です。

ただし、配線をうまく引き回す必要があり、初心者には取り付けが難しい場合もあります。また、配線の引き回し方法によっては、地デジのアンテナと干渉してノイズが発生する恐れがあるのもデメリットです。

ミラー型

ドライブレコーダーの選び方 カメラの種類から選ぶ ミラー型参照:エフ・アール・シー

既存のルームミラーに被せるように設置するのがミラー型のドライブレコーダーです。ルームミラーに被せて電源コードを引き回すだけで、手軽に設置できるのがメリット。サイズの大きな一体型のように、運転席からの視界を妨げず、見た目にもすっきり取り付けできます。

ただし、カメラがミラーと一体になっているため、ミラーの向きを調節するたびにカメラの角度が変わってしまうのがデメリット。既存のミラーに防眩機能などを備えている場合、使えなくなってしまう点にも留意しておきましょう。

カメラの撮影範囲

ドライブレコーダーの選び方 カメラの撮影範囲

ドライブレコーダーはモデルによって撮影可能範囲が異なります。画角には、「水平画角」「垂直画角」「対角画角」があり、角度が大きいほど広い範囲を撮影可能。なるべく死角を少なくしたい場合には、水平画角100°以上のモデルがおすすめです。

なかには、360°の全方位を撮影できるモデルもあり、注目されています。死角が少なく、後部からの追突やあおり運転などを記録できるほか、後部座席の様子も録画できるのでチェックしてみてください。

HDR・WDR対応なら暗所に強い

ドライブレコーダーの選び方 HDR・WDR対応なら暗所に強い

HDRやWDRに対応していれば、映像の白飛びや黒潰れを減らし、夜景や逆光の場面で見やすい映像を残すことが可能です。夜間やトンネルの中、トンネルの出口付近などの逆光の場面でも鮮明に記録することが可能。証拠映像として使用できる可能性が高まります。

そのため、日ごろからドライブする方はもちろん、夜間のドライブや山間などトンネルが多い場合は、HDRやWDR対応のドライブレコーダーがおすすめです。

フレームレート(fps)数をチェック

ドライブレコーダーの選び方 フレームレート(fps)数をチェック

フレームレートとは、1秒間に撮影できるコマ数を表すスペックです。注意すべきは、撮影コマ数とLED信号の点滅周期が同期してしまった場合、信号が点滅、または消灯して記録されます。

LED信号の点滅周期は、東日本は1秒間に100回、西日本は1秒間に120回です。フレームレートが30FPSだと、LED信号の点滅周期である120回と同期してしまう可能性があります。そのため、フレームレートの倍数がLED信号の点滅周期に重ならないモデルを選ぶのがおすすめです。

便利な機能をチェック

駐車監視機能

ドライブレコーダーの選び方 便利な機能をチェック 駐車監視機能

駐車監視機能付きは、車上荒らし対策や当て逃げ対策に便利な機能です。一般的なドライブレコーダーは、車の運転中のみ録画するため、エンジンがかかっていない間は映像に残すことができません。

別名「パーキングモード」とも呼ばれており、Gセンサーで車の衝撃を感知したり、人や動物の動きを感知したりすると自動で録画を開始してくれます。自分の目が届かない間に起きた出来ごとの証拠映像を残すことが可能です。

レーダー探知機能

ドライブレコーダーの選び方 便利な機能をチェック レーダー探知機能

ドライブレコーダーのなかには、レーダー探知機能を搭載したモデルが発売されています。レーダー探知機は、スピード違反を取り締まるために道路上に設置されている速度取り締まり機「オービス」を検知する機器です。オービスが設置されている地点に近づくと、警報や地図表示で知らせます。

レーダー探知機は単体で販売されていますが、ドライブレコーダーと一体なら、別で設置場所を確保する必要がないのがメリット。電源も1本で済むうえ、コードの引き回しも簡単です。

GPS機能

ドライブレコーダーの選び方 便利な機能をチェック GPS機能

GPS搭載のドライブレコーダーは、走行場所の緯度・経度の記録が可能です。事故が発生した場合の正確な位置情報や、自車の走行速度を記録することができます。

事故当時の映像証拠として使えるデータはもちろん、パソコンを使用してドライブした走行軌跡をチェックすることが可能です。

加速度センサー(Gセンサー)で映像を自動保存

ドライブレコーダーの選び方 便利な機能をチェック 加速度センサー(Gセンサー)で映像を自動保存

Gセンサーは「加速度センサー」とも呼ばれ、録画をするときに常に上書きしてしまうのを防ぎます。一定の衝撃を受けるとセンサーが検知。衝撃を受ける数十秒前後の録画映像を上書きせず自動保存する「イベント記録」が可能です。

イベント記録機能を搭載していないモデルの場合、記録しておきたい時点でSDカードを抜いておかないと上書きされる恐れがあります。録り逃しを防止するための便利な機能です。駐車時のいたずらや当て逃げ対策にも役立ちます。

エンジンと連動

ドライブレコーダーの選び方 便利な機能をチェック エンジンと連動

ドライブレコーダーの中には、車のエンジンと連動して撮影のオン・オフが可能なモデルがあります。ドライブレコーダーの本体を操作する必要がないので、うっかりして録画を忘れてしまうことがありません。

エンジンが停止したことを認識すると、連動して録画を停止してくれる手軽さが人気です。

ドライブレコーダーの人気メーカー

コムテック(comtec)

ドライブレコーダーの人気メーカー コムテック(comtec)

コムテックは、ドライブレコーダーやレーダー感知器などの開発・販売を主力とするカー用品メーカーです。360°撮影対応モデルや2カメラタイプのドライブレコーダーなど、多様なニーズに合わせたモデルをリリース。

品質の高さや3年保証などが人気です。

ユピテル(Yupiteru)

ドライブレコーダーの人気メーカー ユピテル(Yupiteru)

ユピテルは、ドライブレコーダーはもちろん、レーダー探知機やカーナビなど、低価格のカー用品を開発・販売している無線通信機器メーカー。

夜間でも鮮明な映像を録画できるSUPER NIGHTシリーズや、リアカメラが同梱された2カメラシリーズなど高機能なモノも多く開発。愛用者も多い人気メーカーです。

ケンウッド(KENWOOD)

ドライブレコーダーの人気メーカー ケンウッド(KENWOOD)

オーディオメーカーとしても知られるケンウッド。カーナビゲーションシステムやドライブレコーダーといったカー用品も開発しています。

画像の鮮明さに定評があり、高画質で録画できるフルHDやWQHD画質のモデルを多くラインナップ。駐車監視機能などが付いているモデルもあり、セキュリティ面を追求したい方におすすめです。

ドライブレコーダーのおすすめ|一体型

ユピテル DRY-ST1100c

ユピテル DRY-ST1100c

カメラ:前方のみ
画質:フルHD(200万画素)
GPS:×
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

2.0インチ液晶モニターを搭載した一体型ドライブレコーダーです。付属の吸盤でフロントガラスに設置可能。エンジンに連動して録画を開始するため、うっかり電源をつけ忘れて録り逃す心配がありません。

200万画素のフルHD高画質で、鮮明な映像を実現。白飛びや黒潰れを抑えるHDRを搭載しており、夜間での事故や明暗差が大きいトンネル付近の撮影もくっきり残せるおすすめモデルです。さらに、Gセンサー搭載で、衝撃を感知した前後の映像をしっかりと記録します。

コムテック HDR360GS

コムテック HDR360GS

カメラ:360°
画質:スーパーHD(300万画素)
GPS:○
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

前後左右の360°全方位を記録できるドライブレコーダーです。死角になりやすい、車の側面や後方の映像を記録できるおすすめモデル。240°の垂直画角で、高い位置にある信号機もしっかり記録できます。

別売りのAVケーブルを接続すれば、カーナビで映像を確認できるのが便利。また、起動時にmicroSDHCカードの破損をチェックする「SDカードチェック機能」により、映像が記録されていないトラブルを防ぎます。

HP f270

HP f270

カメラ:前方のみ
画質:フル HD(100万画素)
GPS:×
ダイナミックレンジ:×
加速度センサー:○

常時録画・緊急録画・手動記録の3つの録画モードを搭載した一体型ドライブレコーダーです。Gセンサー搭載により、衝撃を感知したときの映像を上書きせずに保存。録画中に一時停止して静止画を手動で撮影したり、ボタン操作で常時録画を再開したりすることが可能です。

140°の広視野角で広い範囲を撮影できるのもポイント。側面方向の車両や歩行者をしっかり録画できます。また、買い求めやすい低価格な点も魅力。はじめて購入するドライブレコーダーとしてもおすすめです。

サンコー CSDVR388

サンコー CSDVR388

カメラ:前方のみ
画質:フル HD(200万画素)
GPS:×
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

コンパクトな一体型のドライブレコーダーです。フロントガラスに設置しても視界を妨げにくいのがポイント。吸盤式のため取り外しが簡単で、レンタカーにつけたり複数の車両で共有したりできるおすすめモデルです。

フルHD画像で事故やトラブル時の映像を鮮明に記録可能。Gセンサーで録り逃しを防げるほか、パーキングモード搭載で、駐車中のトラブルやいたずらもしっかりと記録します。

エンパイヤ自動車 DC3000

エンパイヤ自動車 DC3000

カメラ:360°
画質:4K/フルHD(800/200万画素)
GPS:○
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

360°方向の撮影が可能なドライブレコーダーです。前方だけでなく横方向の撮影もできるので、交差点での飛び出しや後方からの無理な追い越しもしっかりと記録可能。別売りの駐車監視オプションを購入すれば、エンジンを切った状態でも録画ができるので、車上荒らしや当て逃げが心配な方にも適しています。

本体に無線LANを搭載しており、撮影した映像をスマホで確認可能。フルHDだけでなく、4K相当の2880×2880解像度で撮影できるおすすめの製品です。

NH Technology「innowa Journey Plus」9003

NH Technology「innowa Journey Plus」9003

カメラ:前後
画質:フルHD(200万画素)
GPS:○
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

コンパクトなボディに多彩な機能を搭載したドライブレコーダーです。フルHD対応のフロントカメラに加えて、1280×720対応のリアカメラが付属。エンジンの始動と共に録画を開始し、衝撃検知時に撮影された映像が自動で別フォルダに保存される仕様です。

専用アプリ「innowa Journey」を利用すれば、ファイル管理や本製品の設定も簡単。ソニーのCMOSイメージセンサーを採用しており、暗い場所でも高画質な映像を記録できます。耐久性に優れた32GBのmicroSDカードが付属しているのもポイントです。

ドライブレコーダーのおすすめ|セパレート型

コムテック ZDR-016

コムテック ZDR-016

カメラ:前後
画質:フルHD(200万画素)
GPS:○
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

視界140°のフロントカメラと145°のリアカメラで、愛車の周囲の状況を逃さず録画。画質は200万画素のフルHDで、万が一の際の検証にも役立ちます。

走行中だけでなく駐車中の録画も可能で、オプションのケーブルを利用すれば駐車中の衝撃を検出し、前後の映像を記録します。フロントカメラには白飛びや逆光に強いHDR機能を搭載。録画した映像は本体の液晶のほかパソコンの画面でも確認できます。

ケンウッド DRV-MP740

ケンウッド DRV-MP740

カメラ:前後
画質:フルHD(200万画素)
GPS:○
ダイナミックレンジ:○(WDR)
加速度センサー:○

フロントガラスに2つのカメラを取り付けることで、前方と車内の様子をどちらも記録できる、セパレートタイプのドライブレコーダーです。「F1.8明るいレンズ」を搭載しているので、夕暮れや夜間などの暗くなりがちなシーンでも、鮮明な映像を記録できます。

さらに、駐車中の衝撃や人物の動きを感知する駐車監視録画は、別売の電源ケーブルを使うと最長24時間の記録が可能。自動で前後5秒間の録画を行うので、トラブルが発生したときの証拠映像を残せるので安心です。

トーホー DX-720RC

トーホー DX-720RC

カメラ:前後
画質:HD(100万画素)
GPS:×
ダイナミックレンジ:×
加速度センサー:×

リアカメラが付属しているドライブレコーダーです。フロントだけでなく、後方からの追突事故やあおり運転などのトラブルを記録したい方におすすめ。シガーソケットに差し込んで電源をとるタイプで、設置に慣れていない方でも取り付け可能です。

リアカメラ付きながらお手頃な価格帯なのも魅力。フロント100万画素、後方30万画素と高画質タイプではないものの、視野角120°の十分な画角を実現しています。

コムテック ZDR035

コムテック ZDR035

カメラ:前後
画質:スーパーHD(300万画素)
GPS:○
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

前後2カメラのセパレート型ドライブレコーダーです。フロントカメラとリアカメラ共に、対角168°の超広角レンズを搭載し、広視野角を実現。車両の前後左右の幅広い範囲の映像を記録できるおすすめモデルです。

白飛びを抑えるHDR機能搭載で逆光に強いのも特徴。後続車が接近するとブザーで知らせる機能も搭載しています。さらに「先行車発進お知らせ機能」や「前方信号お知らせ機能」、「ドライブサポート機能」など、機能が充実している1台です。

ナガオカ「movio」MDVR301FHDREAR

ナガオカ「movio」MDVR301FHDREAR

カメラ:前後
画質:フルHD(200万画素)
GPS:×
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

リアカメラを搭載しているセパレート型ドライブレコーダーです。フロントカメラとリアカメラ共に、フルHD200万画素の高画質を実現。あおり運転の様子やナンバープレートを鮮明に記録できるモデルです。リアカメラのケーブルは長さ7mで多くの車種に対応します。

シガーソケットから給電でき、リアカメラの電源をフロントカメラ経由でとれるのも便利。フロントカメラにはWDR機能を搭載しており、白飛びや黒潰れを抑えます。

セルスター工業 CS-91FH

セルスター工業 CS-91FH

カメラ:前方のみ
画質:フルHD(200万画素)
GPS:○
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

準天頂衛星みちびきの「サブメーター級測位補強サービス」に対応した、ドライブレコーダーです。GPS・グロナス・ガリレオ・みちびきなど、合計4種類81基の衛星を利用。精度の高い測位が可能で、政府機関が発令する災害通報を表示できます。

ソニーの「STARVIS IMX327」を採用しているので、夜間やトンネル内など暗い場所に加えて、スモークガラスでも鮮明な映像が撮影可能。前後両方のカメラがフルHDに対応した、おすすめのモデルです。

ドライブレコーダーのおすすめ|ミラー型

PAPAGO「Go Safe」GS372V3-32GB

PAPAGO「Go Safe」GS372V3-32GB

カメラ:前方のみ
画質:フル HD(350万画素)
GPS:×(別売りアンテナで対応可能)
ダイナミックレンジ:○(WDR)
加速度センサー:○

取り付けが手軽なクリップ式のルームミラー型ドライブレコーダー。据え付けのルームミラーを上下に挟むように設置する手軽さが人気です。大きな4.5インチの液晶画面で、カメラアングルの調整やメニュー操作が簡単。ミラーの表面に防眩加工を施しており、後続車のヘッドライトの反射を減らします。

道路標識の制限速度を認識して速度超過を通知したり、長時間の運転が続くと警告メッセージを表示したり、安全運転をサポートする機能が豊富です。

慶洋エンジニアリング AN-R076

慶洋エンジニアリング AN-R076

カメラ:360°
画質:スーパーHD(300万画素)
GPS:○
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

360°方向の撮影ができる、ミラー型のドライブレコーダーです。8.7インチのIPS液晶画面を備えており、撮影している映像を確認しやすいのがポイント。水平360°方向の撮影が可能なフロントカメラだけでなく、リアカメラが付属しているのもメリットです。

リアカメラで撮影した映像は、リアルタイムでミラーに表示できるので、駐車時の安全確認に最適。駐車監視モードが搭載されており、振動感知後に20秒間映像を自動で録画できます。

エンプレイス NDR-RC197FM

エンプレイス NDR-RC197FM

カメラ:前後
画質:フルHD(200万画素)
GPS:×
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

既存のルームミラーに被せるだけで設置できる、ミラー型のドライブレコーダーです。大きくて見やすい9.35インチモニターを搭載。タッチスクリーン方式で操作も簡単です。リアカメラが付属しており、後方からのトラブルやあおり運転に備えたい方にもおすすめです。

フロントカメラとリアカメラ共に200万画素の高画質を実現。常時録画・イベント録画・手動録画をシチュエーションに合わせて切り替えできるのも便利です。駐車中の監視になる駐車録画モードも搭載しています。

エフ・アール・シー「NEXTEC」NX-DRM22E

エフ・アール・シー「NEXTEC」NX-DRM22E

カメラ:前後
画質:フルHD(200万画素)
GPS:○
ダイナミックレンジ:○
加速度センサー:○

11.8インチの大型液晶モニターを搭載しているミラー型ドライブレコーダーです。防水リアカメラ付属で、前後の事故やトラブルの記録が可能。フロント画面とリア画面をワンタッチで切り替えでき、後方が見えにくいときに役立ちます。

バックする際にガイドラインを表示する機能も便利。GPSユニットが付属しており、日時合わせを自動でおこなったり、速度を表示したりできる利便性の高さも魅力です。

ドライブレコーダーのおすすめ|バイク用

アサヒリサーチ「Driveman」BS-8a-W

アサヒリサーチ「Driveman」BS-8a-W

カメラ:前方
画質:フルHD(200万画素)
GPS:×
ダイナミックレンジ:×
加速度センサー:×

警視庁と共同開発したヘルメット装着型のバイク用ドライブレコーダー。画質はフルHDとHDを切り替え可能。275fpsのため、LED信号機もきれいに撮影できます。

過酷な使用にも耐えるIP56相当の防塵・防水性能が魅力。大容量バッテリー内蔵で最大約8時間の録画が可能です。また、ハンディライトとしても使用できる「スポットLEDライト」を備えているので、急なトラブルや災害時にも活用できます。

アサヒリサーチ「Driveman」S-101

アサヒリサーチ「Driveman」S-101

カメラ:前方
画質:フルHD(200万画素)
GPS:×
ダイナミックレンジ:×
加速度センサー:×

バイクのヘルメットに装着する円筒型のドライブレコーダー。ワンボタンで録画の開始と停止ができるシンプルな操作が特徴です。

内蔵バッテリーはフル充電で連続約3時間30分の録画でき、中距離程度のドライブにも使えます。防塵・防滴設計で、雨や、強風による砂ぼこりを受けても安心です。

サンコー MTSGYUT8

サンコー MTSGYUT8

カメラ:前後
画質:フルHD(200万画素)
GPS:×
ダイナミックレンジ:×
加速度センサー:×

フルHDの高画質で映像を記録できるバイク用ドライブレコーダーです。前後デュアルカメラ搭載で死角の少ない撮影が可能。広角120°の視野角により、対向車や歩行者の飛び出し、巻き込み事故などのトラブルを記録します。

カメラを2個接続できる仕様で、後方にカメラを設置したい場合にも便利。マイクとスピーカーを内蔵しており、事故やトラブル時の音声も記録します。

SDカードの買い忘れに注意

SDカードの買い忘れに注意

ドライブレコーダーの多くが録画媒体にSDカードを採用しています。万が一、挿入し忘れてしまうと、事故やトラブル時の映像を記録できません。モデルによっては標準で付属していない場合もあるので、買い忘れないように注意しておきましょう。

別途購入する際の記録容量は、最低でも8GBが目安。記録容量が大きいほど高価格にはなるものの、32GB以上でなるべくたっぷり映像を保存できるSDカードがおすすめです。ただし、ドライブレコーダーによっては、対応可能なSDカードの記録容量を定められている場合がある点には留意しておきましょう。

SDカードの一覧を見る

ドライブレコーダーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのドライブレコーダーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ドライブレコーダーのランキングを見る

担当者からひとこと

ドライブレコーダーで撮影した映像は、自分が事故に遭遇したときの証拠にできるうえ、駐車中など車から離れているときのセキュリティ対策として利用できます。カメラの画質や撮影範囲はもちろん、駐車監視機能の有無など、必要な機能を考慮して自分のスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

すべてのドライブレコーダーを見る

おすすめの関連記事