防災ラジオのおすすめ9選 ソニー、パナソニックなど人気モデルを紹介

更新日:2020.3.10

防災ラジオのおすすめ10選

地震など災害時に防災ラジオがあると、その時の不安度が変わってきます。情報を得る手段として大事な役割を果たすので、適切な避難や物資の調達ができるかどうかに関わるからです。今回は、防災ラジオと通常のラジオはどう違うのか、どんな機能が備わっていると便利なのかなどを解説し、おすすめの商品をピックアップしてご紹介します。

防災ラジオとは

防災ラジオのおすすめ10選

通常のラジオ放送が聴ける以外に、災害発生時や避難生活を送るときに役立つ機能が備わっているラジオを、「防災ラジオ」といいます。
災害が発生したときは、どんな被害が発生しているのか、避難するべき状況なのかを判断しなければなりません。普段はスマートフォンやパソコンで情報収集をしている方が多いなか、災害時はインターネットに接続できない状態になる可能性があります。防災ラジオであれば、ラジオ局が機能している限り、いつどんな場所でも情報を収集可能。給電もコンセントを使わずにできるものがほとんどなので、万が一に備えて一家に1台用意しておくと安心です。

防災ラジオの選びのポイント

電源タイプで選ぶ

乾電池

防災ラジオのおすすめ10選 防災ラジオの選びのポイント 乾電池

災害時には電力が使えない場合もあるので、防災ラジオが乾電池に対応していれば安心です。ひとくちに乾電池といっても、どの種類の乾電池が必要かは商品によって異なります。比較的入手しやすい単3電池のように、電池の型を参考にして、防災ラジオを選ぶのも方法の一つです。なお、すぐに使えるように乾電池と防災ラジオは常に同じ場所に揃えておきましょう。

手回し充電

防災ラジオのおすすめ10選 防災ラジオの選びのポイント 手回し充電

手で回して充電できる防災ラジオです。手動で充電できるため、乾電池やコンセントがなくてもラジオを聞くことができます。回転数に対する使用時間は商品によって異なるため、防災ラジオ購入前によく確認しておきましょう。また、充電の手回しに時間がかかったり、労力がかかったりするので、乾電池タイプの補助用として用意しておくのがおすすめです。

ソーラー

防災ラジオのおすすめ10選 防災ラジオの選びのポイント ソーラー

ソーラータイプの防災ラジオは太陽光などで充電できるため、手回しの労力や乾電池を用意する必要がありません。手回しと違い、置いておくだけで充電できるので、災害が長引いたときに体力を温存できます。しかし、充電までに時間がかかる点や、天候によって左右される点もあるので、手回しタイプと同様に乾電池式防災ラジオの補助として考えておきましょう。

ラジオの周波数を確認

防災ラジオのおすすめ10選 ラジオの周波数を確認

ラジオで聴ける周波数は、主にFMとAMの2種類に分けられます。FMの周波数を使って補完的にAM番組を放送できる「ワイドFM(FM補完放送)」なら、FMとAM放送どちらも聞けるようになります。FMラジオは災害や電波障害に強い傾向があるため、この機能があれば、都市型難聴や災害時でも、AM番組をクリアに聞けるようになります。なお、ワイドFMは90.1MHzから95MHzのFM周波数帯域に対応したラジオであれば聴取可能です。

ライトの有無を確認

防災ラジオのおすすめ10選 ライトの有無を確認

ライト機能の備わったラジオであれば、電気が止まった状況での避難でも安心です。災害時では照明が少ない環境で生活することもあります。照明がない生活は暗く、とくに夜間は、災害での不安な気持ちがより一層強くなりがちです。ラジオの機能とあわせて、長時間点灯できるライトが搭載されているか確認しておきましょう。

携帯端末への充電機能

防災ラジオのおすすめ10選 携帯端末への充電機能

防災ラジオのなかには、携帯電話などの端末に充電できる商品もあります。手回しで発電しながらできるタイプや、乾電池から充電できるタイプ、蓄電してからでないと充電できないタイプなどモデルによって異なるため、確認が必要。あると便利な機能ですが、あくまでも補助的なものなので、モバイルバッテリーを別で準備しておくと安心です。

その他機能

防災ラジオには、防水性能や、非常用ブザー、サイレンなど、音を出せる商品もあります。とくにブザー付きのものは、災害で捜索されるような状況になったときに自分の居場所を知らせることが可能です。また、ラジオの音を周囲にもらさないようにイヤホンジャックが設けられているタイプもあります。

防災ラジオの人気メーカー

ソニー

防災ラジオのおすすめ10選 ソニー

ソニーはスマートフォンやテレビ、パソコンなど、生活に使うさまざまな電化製品を製造、販売しているメーカーです。CDラジオやポータブルラジオなど、多くのラジオを販売している中で、防災グッズとして手回し式の防災ラジオが高い人気を誇ります。

ソニーの防災ラジオを見る

パナソニック

防災ラジオのおすすめ10選 パナソニック

パナソニックは、生活家電やデジタル製品の他、住宅設備機器なども開発するメーカーです。防災ラジオはもちろん、他にもネックライトやランタン、急速充電器など、万が一のときに役に立つ防災グッズ商品を数多く扱っています。

パナソニックの防災ラジオを見る

東芝

防災ラジオのおすすめ10選 東芝

東芝は生活家電を中心に製造・販売しているメーカー。ハイレゾを搭載したラジカセなど音声や音楽にかかわる製品も多く、小型ラジオからホームラジオまでさまざまなラジオがあります。ワイドFMに対応したラジオだけでなく、スピーカーなども販売。大人数での避難所生活など、状況に合わせて使用できる商品が揃っています。

東芝の防災ラジオを見る

防災ラジオのおすすめ

ソニーICF-B09

防災ラジオのおすすめ10選 ソニーICF-B09

ワイドFMタイプで、FMとAM両方の放送がスムーズに聴ける防災ラジオです。
充電は手回しと乾電池に対応しています。また、内蔵充電池や手回し充電、乾電池で携帯電話の充電も可能。micro USBで充電できるケーブルや、キャリア3社の携帯電話に充電できるアダプターも付属しています。ほかにも、音を出せる笛や、ライトを備わっているため、万が一にも幅広く対応できる防災ラジオです。

東芝TY-JKR5W

防災ラジオのおすすめ10選 東芝TY-JKR5W

単4乾電池と手回し発電に対応している、ワイドFM対応の防災ラジオです。
手回しの電力であれば、スマートフォンや携帯電話へも充電可能。micro USBのケーブルとスマートフォン以外の携帯電話へのアダプターも付属しています。なお、手回しを1分おこなった場合の使用時間は、ラジオなら約30分前後、スマートフォン待受なら約25分です。

アイリスオーヤマJTL-23

防災ラジオのおすすめ10選 アイリスオーヤマJTL-23

手回し充電とUSBケーブル経由でのACアダプターやパソコンなどからの給電に対応した防災ラジオです。
ラジオ放送はFMとAMの両方に対応。約185gの軽量タイプなので、1人1台もっておくのにも適しています。放電に強いバッテリーを搭載し、1年間使っていなくても充電が2割しか減りません。防災用の長期保存にも便利な防災ラジオです。

パナソニックRF-TJ20

防災ラジオのおすすめ10選 パナソニックRF-TJ20

周波数が大きくデジタル表示される上に、LEDのバックライトを採用して見やすい防災ラジオ。
暗い場所でも切り替え操作がしやすくて便利です。また、FMとAMどちらも受信可能なワイドFMに対応。懐中電灯としてのLEDライトやサイレン機能も備わっています。単4乾電池と手回しの2種類の電源タイプがあり、手回しでの電力なら、携帯電話やスマートフォンへの充電が可能です。

リズム時計4RQA04-003

防災ラジオのおすすめ10選 リズム時計4RQA04-003

非常用ブザーが備わった目覚まし時計型の防災ラジオです。
見た目通り、アラーム機能が備わっているのに加えて、FMとAM両方のラジオ放送に対応。イヤホン端子も付いているので、周りを気にせずラジオの聴取ができます。電源は乾電池、手回し、ACアダプターの3種類。ただし、ACアダプターに関しては別売りなので、あわせて揃えると便利です。

キュリオムYTM-RTV200

防災ラジオのおすすめ10選 キュリオムYTM-RTV200

ワイドFMだけでなく、ワンセグ放送にも対応している防災ラジオです。
電源は単3乾電池、手回し、ACアダプター、そしてmicro USBの4種類。ラジオ自体のバッテリーはコンデンサー充電池を採用し、10年使わずに保存していても充電できます。普段から備えて充電しておくのに加えて、非常時においてもさまざまな方法で給電できるものを探している方におすすめ。なお、ラジオかスマートフォンへの充電は、手回しと乾電池の2種類から可能です。

セイコーSQ764W

防災ラジオのおすすめ10選 セイコーSQ764W

電波時計付きの置時計型防災ラジオです。
枕元など、いつでも手の届く場所に置いておきたい方にぴったり。電源には、単3乾電池、USB接続での充電、手回しの3種類に加えて、別売りのACアダプターも使えます。一方で、スマートフォンや携帯電話への充電は内蔵充電池からのみなので、USBで充電しておくか、手回しで発電しておくことが必要。付属品のmicro USBと携帯電話の変換アダプターは、商品本体に収納できるので、紛失するリスクを低減します。

キュリオムBTM-R100

防災ラジオのおすすめ10選 キュリオムBTM-R100

長寿命なコンデンサー充電池タイプの防災ラジオです。
10年間未使用でも充分に使用できるので備えとして最適。サイレンやLEDライト機能を備えているほか、防水防じんなので屋外での使用も安心です。電源は、単3乾電池や手回し、ACアダプター、micro USBの4種類。万が一の備えとして必要な機能が揃った防災ラジオがほしい方にぴったりです。

廣華物産KDR-201WP

防災ラジオのおすすめ10選 廣華物産KDR-201WP

カラビナ付きハンドストラップでベルトやリュックに着けて持ち運びやすい、ソーラー充電対応の防災ラジオです。
電源は単4乾電池のほかに、手回しとmicro USB、ソーラー充電に対応。LEDライトは明るさを調節できるので、状況に応じて消費電力を節約できるのがポイント。また、緊急時にサイレンを鳴らしているときはライトが点滅するため、音だけでなく視覚的にも捜索の補助をしてくれます。

防災ラジオの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの防災ラジオの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

防災ラジオのランキングを見る

担当者からひとこと

災害時には、普段当たり前のように使っているスマートフォンが使えなくなり、正確な情報を知るのに苦労してしまうことがあります。災害のときに必要になる情報をすぐに収集できるよう、事前に防災ラジオを用意しておくことが大切です。ライトや充電機能など、防災ラジオにほしい機能を手持ちの防災グッズトあわせてよく考慮して、最適な1台を選びましょう。

すべての防災ラジオを見る

おすすめの関連記事