決算セール

【2024年】ポータブル電源のおすすめ21選 災害やキャンプ時に役立つモデルとは?

更新日:2024.02.18

キャンプや停電時などに家電を動かしたり、デバイスを充電したりできる「ポータブル電源」。キャンプなどへ持ち運べば、調理家電やランプなどさまざまな家電を使用できて便利です。

そこで今回は、おすすめのポータブル電源をピックアップ。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ポータブル電源とは

ポータブル電源とは

ポータブル電源とは、大容量のバッテリーを内蔵した充電器です。持ち運びやすく、電源を確保できない状況で電気製品に給電できるのがメリット。モバイルバッテリーより大容量で、夏のキャンプで扇風機を使ったり、冬に電気毛布やあんかで暖をとったりできます。キャンプや災害時の備えなど、さまざまな用途で活躍するアイテムです。

また、USBポートやACコンセント、シガーソケットなどでさまざまな機器に給電可能。容量によっては炊飯器などの小型家電も使えます。価格は安いモデルで4万円以下、大容量の高価なモデルで10万円以上が相場です。

ポータブル電源の必要性

ポータブル電源の必要性参照:TogoPower

ポータブル電源を持っておくと、地震や台風などの災害で停電した際に非常電源として役立ちます。スマホの充電やLEDランタンなどが使えるだけでなく、大容量モデルだとポータブル冷蔵庫や炊飯器などの家電も動かせるので便利。コンセントがない場所で使えるので、屋外でのDIY作業など日常使いとして活用できるのもメリットです。

一方、価格が高い点がデメリット。容量が大きくなるほど高くなる傾向にあります。また、本体のバッテリーがなくなると充電が必要な点も留意しておきましょう。

ポータブル電源の選び方

用途に合ったバッテリー容量を選ぶ

日帰り・1泊程度のキャンプ|200〜500Wh

ポータブル電源の選び方 用途に合ったバッテリー容量を選ぶ 日帰り・1泊程度のキャンプ|200〜500Wh参照:TogoPower

バッテリー選びには、使用シーンを考慮することが重要。日帰りや1泊程度のキャンプをする方は、200〜500Wh程度のバッテリー容量を備えたモデルがおすすめです。

スマホの充電やミニ扇風機など消費電力がそこまで大きくないモノを使うには、十分な容量になります。また、重量が軽い傾向にあるので、手軽に持ち運びやすいのもポイントです。

連泊キャンプ・車中泊|500〜1,000Wh

ポータブル電源の選び方 用途に合ったバッテリー容量を選ぶ 連泊キャンプ・車中泊|500〜1,000Wh参照:アンカー・ジャパン

連日のキャンプや車中泊などをする場合は、500〜1,000Wh程度のバッテリー容量がおすすめです。車載冷蔵庫や扇風機、電気毛布、ミキサーなどを快適に使用できます。

利用人数によって適したバッテリー容量は異なりますが、ソロキャンプの場合は500Wh程度、ファミリーや大人数で使用したい場合は、700〜1,000Wh程度がおすすめです。

災害時の非常用|1,000Wh〜

ポータブル電源の選び方 用途に合ったバッテリー容量を選ぶ 災害時の非常用|1,000Wh〜参照:Jackery

非常用にポータブル電源を導入したい場合は、1,000Wh以上の大容量モデルがおすすめ。万が一災害で電気が止まってしまった場合でも、1,000Whのポータブル電源があれば約2〜4日間は緊急電源として家電を動かしたりスマホを充電したりできます。

なかには、2,000Wh以上のモデルもあるので、容量の大きさを重視する場合はチェックしてみてください。

定格出力は使いたい電気製品の消費電力より大きいモノを選ぶ

ポータブル電源の選び方 定格出力は使いたい電気製品の消費電力より大きいモノを選ぶ

ポータブル電源を選ぶ際は、安定して電力を出力し続けられる「定格出力」をチェック。基本的には、使いたい電気製品の消費電力より大きい定格出力のモノを選びましょう。例えば、消費電力が1,200Wのドライヤーを使用したい場合は、定格出力が1,200W以上のモノを選ぶ必要があります。

目安として通常使いの場合は600W以上、消費電力が大きいモノを使用したい場合は1,500W以上がおすすめです。

出力ポートの種類をチェック

ポータブル電源の選び方 出力ポートの種類をチェック

ポータブル電源に搭載されている出力ポートには、主にAC・USB・DCポートが存在。各ポートは、スマホやタブレット、パソコンを充電したり、小型冷蔵庫を動かしたりできます。

また、ポート数もあわせてチェック。多くのポートを搭載していると、同時に接続できる台数が増えるので便利です。なお、ポート数の多いモデルは高価になりがちなので、予算を考慮しながら選びましょう。

ACポート

ACポートは、家庭用の電気製品などを接続するポート。主にノートパソコンや扇風機、炊飯器、ジューサーなどの製品を接続できます。複数の家電と接続することが多いため、2口以上あるモデルがおすすめです。

ACポートの出力波形には、「正弦波(純正弦波)」・「矩形波」・「修正波」があります。矩形波・修正波だと接続する家電によっては正しく動作しないことがあるため、幅広い家電を接続したい方は、正弦波(純正弦波)を選びましょう。また、東日本は50Hz、西日本は60Hzと地域によって周波数が異なる点も注意。周波数を切り替えられる機能が付いているモデルだと安心です。

USBポート

USBポートは、主にスマホやタブレットなどのモバイルデバイスを充電できるポート。そのほか、USB扇風機やUSBライトなども接続できるため、汎用性の高いポートです。

USBポートには、USB Type-AとUSB Type-Cがあり、両方を搭載したモデルがおすすめ。また、QCやPDといった急速充電に対応していると便利です。

DCポート

DCポートは、電圧12Vの直流を出力できるポートで、ほとんどがシガーソケットと同じ車載用の電気製品を接続可能。DC5521という規格のモノが多く、主に車載用の冷蔵庫やポット、扇風機などをそのまま接続できます。

車中泊などでポータブル電源を使いたい方におすすめのポートです。

ソーラーパネル充電やパススルー充電などに対応していると便利

ポータブル電源の選び方 ソーラーパネル充電やパススルー充電などに対応していると便利

より快適にポータブル電源を使いたい方は、ソーラーパネル充電やパススルー充電などに対応したモデルがおすすめ。ソーラーパネル充電に対応していれば、災害時などで本体を充電できないときでも日光に当てるだけで本体を充電できます。

また、パススルー充電を搭載したモデルは、本体を充電しながらほかのデバイスを充電可能。そのほか、対応したスマホを置くだけで充電できるワイヤレス充電に対応しているモデルも便利です。

長く使いたいならリン酸鉄リチウムイオン電池がおすすめ

ポータブル電源の選び方 長く使いたいならリン酸鉄リチウムイオン電池がおすすめ

ポータブル電源を長く使いたいなら、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用したモデルがおすすめです。長時間放置しても放電しにくい特性があるほか、安全性に優れているのが特徴。発火や爆発が起こりにくく、安心して使えます。

三元系リチウムイオンバッテリーの寿命が約800サイクルなのに対して、リン酸鉄リチウムイオン電池は約2,000〜4,000回サイクル。充電して使える回数が増えるほど、長く愛用できます。

LEDライトなど便利な機能を搭載しているかチェック

ポータブル電源の選び方 LEDライトなど便利な機能を搭載しているかチェック

LEDライトを搭載しているポータブル電源は、キャンプでランタンの代わりとして使えて便利。災害時や急な停電時にも役立ちます。車中泊など車とつないで使用する場合は、ジャンプスターター機能がおすすめ。車のバッテリー切れに対応でき、車用バッテリー充電ケーブルを接続してエンジンをスタートできます。

出力ポートにカバーが付いていると水やホコリが侵入しにくいため、避難先が屋外だったときも安心です。モデルによっては、防水・防じん機能に対応しています。また、各メーカーの専用アプリと連携できるモデルも発売されているので、リモートで操作したい方はチェックしてみてください。

PSEマークが付いている製品を選ぶ

ポータブル電源の選び方 PSEマークが付いている製品を選ぶ

安全性の確保や危険・障害を防止するための法律に「電気用品安全法」があります。ポータブル電源は非対象ですがACアダプターは対象。付属している場合は、「PSEマーク」が付いていることを確認しておきましょう。

PSEマークには丸形とひし形の2種類があり、ひし形はアダプターやマルチタップなど安全上より厳しい規制が必要な機器に使われます。また、保証の有無も要チェック。保証期間が長いと安心して購入できるのでおすすめです。

ポータブル電源の人気メーカー

Jackery(ジャクリ)

ポータブル電源の人気メーカー Jackery(ジャクリ)

主に、ポータブル電源やソーラーパネルおよび関連アクセサリーを発売しているメーカーです。日帰りのアウトドアレジャーから連泊のキャンプ、災害時対応までと用途に合わせて幅広い容量から選べます。

専用のソーラーパネルと接続して、太陽光から充電できるのがポイント。本体とソーラーパネルがセットになったモデルも発売されています。過充電や過放電、異常発熱を防いで安全に使えるほか、2年間の保証が付いているのも魅力です。

Jackeryのポータブル電源を見る

EcoFlow(エコフロー)

ポータブル電源の人気メーカー EcoFlow(エコフロー)

ポータブル電源やソーラーパネルをはじめ、ケーブルなどのアクセサリー類を展開しているメーカーです。ポータブル電源は「DELTA」と「RIVER」シリーズをラインナップ。「DELTA」シリーズは、ハイパワーなモノが多く大容量を求める方におすすめです。一方、「RIVER」シリーズは比較的お手頃でコンパクトなボディを採用したモノがあり、手軽に使用したい方に適しています。

また、すべてのモデルに、BMSを搭載しているのが特徴。電圧・電流・温度を管理し、過充電を防いでくれるので安心して使用できます。

エコフローのポータブル電源を見る

Anker Japan(アンカー・ジャパン)

ポータブル電源の人気メーカー Anker Japan(アンカー・ジャパン)

高性能な充電器やモバイルバッテリーを発売していることで人気のメーカーです。ポータブル電源では大容量の「Power House」とコンパクトな「Portable Power Station」シリーズを展開。2,048Whの大容量モデルから、日帰りレジャーに適した持ち運びしやすいモデルまで幅広くラインナップしています。

また、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用しているだけでなく、電子部品も長寿命なのが特徴。約10年使用できると謳っています。耐久性にも優れているので、長く愛用したい方はチェックしてみてください。

アンカー・ジャパンのポータブル電源を見る

ポータブル電源のおすすめ|キャンプ・車中泊向け

Jackery「Solar Generator 300 Plus Mini」JSG-0304B

Jackery「Solar Generator 300 Plus Mini」JSG-0304B

288Whの容量を備えたコンパクト設計の小型ポータブル電源です。長寿命なリン酸鉄リチウムイオン電池を採用し、毎日使っても10年以上使用できるのが特徴。バッグにも収納しやすいため、キャンプや旅行などへも手軽に持ち運べます。

独自の「ChargeShield技術」を採用し、約2時間でフル充電できるのも魅力。長寿命かつコンパクトなポータブル電源を求めている方におすすめです。

容量:288Wh
定格出力:300W

エコフロー「RIVER 2」ZMR600-JP

エコフロー「RIVER 2」ZMR600-JP

わずか約60分でフル充電できるポータブル電源です。充電をし忘れていたときや急に充電が切れてしまったときでも安心。AC・シガーソケット・ソーラー・USB-Type Cと4通りの充電方法があるので、外出先など場所に応じて対応できます。

450W のAC出力ができる「X-Boostモード」に対応。消費電力の大きいドライヤーや電気ケトルなどを給電しやすいのもメリットです。また、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用しており、約3,000回充電できる長寿命を実現。高性能ながらお手頃な価格で、コスパのよいモデルを探している方におすすめです。

容量:256Wh
定格出力:300W

アンカー・ジャパン「Anker 535 Portable Power Station」A1751512

アンカー・ジャパン「Anker 535 Portable Power Station」A1751512

純正弦波に対応した4つのAC出力ポートを搭載しているポータブル電源。電気毛布や照明器具など、普段自宅で使っている電気製品を使いたい方におすすめのモデルです。高い耐衝撃性能を備えているため、アウトドアシーンでも安心して使えます。

パススルー充電に対応しているのが特徴。本体を充電しながら別の機器の給電が可能です。別々に充電する手間を軽減できます。

容量:512Wh
定格出力:-

Jackery「ポータブル電源 400」PTB041

Jackery「ポータブル電源 400」PTB041

容量400Whのポータブル電源です。1〜2日程度のキャンプや車中泊におすすめ。スマホやタブレットを充電できるUSB-Type AポートやAC100Vコンセントのほか、シガーソケットを備えています。スマホなら、約22回のフル充電が可能です。

重さ約4.1kgの軽量モデルで、持ち運びやすさを重視したい方にもピッタリ。別売りのソーラーパネルを接続すれば、太陽光から充電できます。

容量:403Wh
定格出力:200W

加島商事「PowerArQ 2」AC50

加島商事「PowerArQ 2」AC50

500Whのコンパクトなポータブル電源です。USB-Type Aポート4口に加えてUSB-Type Cポートも備えており、1度に複数のスマホやタブレットを充電可能。ほかにも、対応したスマホを置くだけで充電できるワイヤレス充電に対応しているなど、利便性に優れたおすすめのモデルです。

また、背面にLEDライトを配置。520ルーメンの明るさで周囲を照らせるので、停電時に役立ちます。機器に給電しながら充電できるパススルー充電に対応しているのも魅力です。

容量:500Wh
定格出力:-

エコフロー「RIVER 2 Pro」ZMR620-B-JP

エコフロー「RIVER 2 Pro」ZMR620-B-JP

わずか約70分でフル充電できる、優れた充電スピードを実現したポータブル電源。1週間に6回使用した場合、約10年使用できると謳っているリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しているため、長寿命化を実現しているのが特徴です。

高い安全基準であるTUV認証を取得しており、安心して使えるのも魅力。同社の折りたたみ式ソーラーパネルを使用すれば、最短4時間でフル充電可能です。

容量:768Wh
定格出力:800W

アンカー・ジャパン「PowerHouse II 400 Plus」A17325G1

アンカー・ジャパン「PowerHouse II 400 Plus」A17325G1

小型ながら389Whの容量を実現したポータブル電源。約4.6kgの軽量設計を実現しているのも特徴です。純正弦波のACポートを備えており、炊飯器や小型冷蔵庫などの家電を使用できます。

優れた耐久性を実現しているため、アウトドアシーンに安心して持ち運び可能。また、2種類のLEDライトを備えており、ランタンや懐中電灯として活用できるのもおすすめポイントです。

容量:389Wh
定格出力:-

BLUETTI「EB70S」

BLUETTI「EB70S」

コンパクトながら容量716Wh、出力800Wを実現したポータブル電源です。ACアダプター・ソーラーパネル・シガーソケット・発電機の4通りで本体を充電可能。パススルー充電に対応しているので、本体を充電しながらデバイスへの給電もできます。

液晶画面を備えており、充放電の状況をひと目で把握できるのがポイント。ムダな電力消費が抑えられる「エコモード」を搭載している点もメリットです。

容量:716Wh
定格出力:800W

AUKEY「PowerStudio 300」PS-RE03

AUKEY「PowerStudio 300」PS-RE03

レトロなインテリアとしても映える、おしゃれなポータブル電源です。約3.7kgと軽量で、庭先やキャンプ場など、さまざまな場所への持ち運びに便利。持ち手部分には牛革を使用しており、使い込むほど風合いを増します。

本体には豊富な出力ポートがあり、最大9台の機器を同時に充電可能。また、LEDライト付きで停電時の照明としても役立ちます。パワフルで使い勝手のよい製品ながらも価格はお手頃なので、コスパを重視する方にもおすすめです。

容量:297Wh
定格出力:-

AVIOT PS-F500

AVIOT PS-F500

1〜2日程度のキャンプに適した容量512Whのポータブル電源です。わずか約2.5時間で本体をフル充電できる急速充電に対応しているのが特徴。パススルー充電機能を備えているので、本体を充電しながらほかのデバイスへも給電できます。

停電時などに家庭用コンセントからの電力供給が停止した際、バッテリーに自動切り替えする「UPS機能」を搭載しているのもポイント。また、LEDライトを備えているので、停電時でも周囲を照らせます。

容量:512Wh
定格出力:-

TogoPower「ADVANCE1000」

TogoPower「ADVANCE1000」

容量933Whで出力1,000Wを実現したポータブル電源です。高出力のため、ヘアアイロンや炊飯器、アウトドア冷蔵庫などの電気製品も安心して使用可能。大容量ながら8.6kgと比較的軽量なので、女性でも手軽に持ち運べます。

本体は発電機やソーラーパネルなど4通りの充電方式に対応。パススルー充電機能も備えているため、本体を充電しながらさまざまなデバイスへ電力を供給できます。

容量:933Wh
定格出力:-

紹介した商品の比較表を見る

ポータブル電源のおすすめ|災害時の非常用向け

Jackery「ポータブル電源 1000 Pro」JE-1000B

Jackery「ポータブル電源 1000 Pro」JE-1000B

大容量1,002Whのポータブル電源です。約1.8時間の高速充電が可能。定格出力1,000Wの高出力で、炊飯器や電気毛布などさまざまな電化製品を使いたい方におすすめのモデルです。

自然放電が少ないため、アウトドアだけでなく災害時や停電時などの非常用電源としても活躍。別売りのソーラーパネルを接続すれば、太陽光から充電できます。

容量:1,002Wh
定格出力:1,000W

エコフロー「DELTA 2」ZMR330-JP

エコフロー「DELTA 2」ZMR330-JP

バッテリー容量1,024Whのパワフルなポータブル電源です。ACポート6口を含めた合計15ポートを備えており、キャンプから災害まで幅広く対応できるおすすめのモデル。アウトドアレジャーはもちろん、いざという場面でのバックアップ電源としても活躍します。

バッテリーにリン酸鉄リチウムイオンを採用し、長寿命なのがポイント。単純計算で、1日1回使用しても10年間使用できると謳っています。わずか約50分で80%充電できるのも魅力です。

容量:1,024Wh
定格出力:1,500W

JVC BN-RB10-C

JVC BN-RB10-C

折りたたみ式のハンドルを搭載しているポータブル電源です。車載時に積みやすいほか、コンパクトな状態で保管しやすいモデル。ACアダプターやシガーアダプターを収納できる専用ポーチを付属しています。

AC・USB・シガーソケットの3WAY電源対応で、さまざまな電化製品に給電可能。出力1,000Wで電気毛布やミニ冷蔵庫など、消費電力の大きい機器との接続に対応しています。家庭用コンセントと同じ正弦波を採用しているため、さまざまな製品を使えるのも魅力です。

容量:1,002Wh
定格出力:-

アンカー・ジャパン「Anker Solix C1000 Portable Power Station」A17615A1

アンカー・ジャパン「Anker Solix C1000 Portable Power Station」A17615A1

わずか約58分でフル充電できる、独自の急速充電技術「HyperFlash」を搭載したポータブル電源。定格出力が家庭用コンセントと同じ1,500Wの高出力のため、さまざまな家電を動かせるのが特徴です。

Bluetooth接続とWi-Fi接続に対応しており、専用アプリから遠隔操作できる点がメリット。毎秒最大100回の頻度で温度を計測する「温度モニタリング機能」を備えているので、バッテリーの過熱を防止し安心して使えるのもおすすめポイントです。

容量:1,056Wh
定格出力:1,500W

VICTOR BN-RF1100

VICTOR BN-RF1100

安心かつ長寿命化を実現したポータブル電源です。「自動給電切り替え機能」を搭載しているのが特徴。コンセントと家電との間に接続しておけば、万が一停電などで電気が止まってしまっても、ポータブル電源が自動でバックアップします。

約3,000回の繰り返し充放電ができる、リン酸鉄系リチウムイオン充電池を採用。また、安全性が高く、品質面が良好なのも魅力のひとつです。

容量:1,152Wh
定格出力:-

マクセル「Energy Station」MES-TR1000

マクセル「Energy Station」MES-TR1000

1,000Whの大容量と最大出力1,000Wを実現したパワフルなポータブル電源。パススルー充電に対応しており、本体を充電しながら接続機器を同時に充電できるのが特徴です。

3段階で明るさを調節できるLEDライトを搭載しているのも魅力のひとつ。本体を充電中に停電が起きると、自動で点灯する仕様です。また、ACポートは50Hzと60Hzを簡単に切り替えられます。

容量:1,000Wh
定格出力:-

Jackery「ポータブル電源 1000 Plus」JE-1000C

Jackery「ポータブル電源 1000 Plus」JE-1000C

1,264Whの大容量を実現したポータブル電源です。家庭用のACコンセントから素早く安全に充電できる「ChargeShield技術」を搭載しているのが特徴。約1.7時間でフル充電できるだけでなく、バッテリーの長寿命化も期待できます。

2,000Wの定格出力に対応しているため、モバイルデバイスから高出力家電まで幅広く動かせるのが魅力。また、豊富な出力ポートを備えているのもポイントです。専用アプリと連携すれば、手元でON・OFFや、バッテリー残量の確認が可能。Wi-FiとBluetoothのデュアル通信を実現しているため、屋内でも屋外でもアプリ操作ができます。

容量:1,264Wh
定格出力:2,000W

ASAGAOJAPAN AS1000-JP

ASAGAOJAPAN AS1000-JP

独自の「αBOOST機能」を搭載し、最大1,800Wの高出力を実現したポータブル電源。優れた充電アルゴリズムを採用しており、約1.5時間で本体をフル充電できるのが特徴です。

豊富な出力コネクターを備えており、最大11デバイスを同時に出力できるのもポイント。本体上部にはワイヤレス充電用のポートを搭載しているので、対応デバイスを置くだけで簡単に充電可能です。

容量:1,008Wh
定格出力:1,000W

多摩電子工業 CLM-TL119K2

多摩電子工業 CLM-TL119K2

定格出力の合計が1,400Wのパワフルなポータブル電源です。電気毛布やストーブ、ホットプレートなど比較的消費電力が大きい家電も接続可能。収納バッグを付属しているため、手軽に持ち運べます。

3段階で明るさを調節できる大型LEDパネル照明を搭載しているのがポイント。別売りのソーラー充電器を用意すれば、キャンプ中でも本体を簡単に充電可能です。

容量:1,485Wh
定格出力:1,400W

DEENO S1510

DEENO S1510

約2時間で本体をフル充電できる急速充電に対応した、ポータブル電源。停電などで電力が停止した際に、バッテリーから電力を供給できる「UPS機能」を搭載しているのが特徴です。

豊富な出力ポートを備えており、さまざまな製品を同時に接続可能。ワイヤレス充電に対応しているので、対応したスマホを置くだけで手軽に充電できます。4つのファンを備えているため、効率的に放熱し安心して使えるのもおすすめポイントです。

容量:1,036Wh
定格出力:-

紹介した商品の比較表を見る

ポータブル電源の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのポータブル電源の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ポータブル電源のランキングを見る

担当者からひとこと

ポータブル電源は、キャンプや災害時など幅広いシーンで役立つ便利なアイテム。モバイルデバイスを充電したい方は、USBポートを備えたモデルがおすすめです。長く使いたい方は、リン酸鉄リチウムイオン電池を採用したモデルをチェック。使用シーンを考慮して、適したポートや容量を備えたモデルを選んでみてください。

すべてのポータブル電源を見る

おすすめの関連記事

日用品・カー用品 人気の記事