メンズワックスのおすすめ15選 理想のヘアスタイリングを叶えるアイテム

更新日:2021.02.16

メンズワックスのイメージ

メンズワックスは男性のヘアスタイリングに欠かせないアイテム。ファイバータイプやドライタイプなどさまざまな種類がありますが、思い通りの仕上がりに近づけるためには、髪質や髪型に合ったモノを選ぶことが大切です。そこで今回は、メンズワックスを選ぶ際のポイントとおすすめアイテムをご紹介します。

人気のメンズワックスの種類

ツヤを出したいときは"ジェルタイプ"

人気のメンズワックスの種類 ジェルタイプ

ジェルタイプのメンズワックスは、ツヤ感や毛束感を出せるのが特徴。キープ力がありパリッと髪を固められます。スタイリッシュで清潔感のある七三分けやツーブロック、アップバングスタイルなど、ビシッと決めたいときにぴったりです。

また、ジェルタイプは油分の少ない水溶性のスタイリング剤なので、お湯で落としやすいのがメリット。
ただし、湿気が多い日はセットが崩れやすくなるので、仕上げにスプレーをかけて固めるのがおすすめです。

初心者でも扱いやすい"ファイバータイプ"

人気のメンズワックスの種類 ファイバータイプ

その名の通り、「繊維」を配合しているワックスで、手指に取ると糸を引いたようになるのが特徴。伸びが良いため、髪の毛になじませやすく、初心者でもスタイリングしやすいワックスです。

根元につけて髪を立ち上げたり、自然なふんわり感や毛束感を出したり、毛先を遊ばせたりしたいときにおすすめ。髪の長さや髪質を問わず、幅広いヘアスタイリングに対応しています。

ただし、油分が多めでつけ過ぎるとボリュームダウンの原因になるため、少しずつつけるのがポイントです。

軽いつけ心地の"ドライタイプ"

人気のメンズワックスの種類 ドライタイプ

ドライタイプのメンズワックスは、ベタつき感がなく、軽やかな仕上がりにできるのが特徴。マットワックスやクレイワックスとも呼ばれています。硬めの質感のため、ほかのワックスと比べると伸ばしにくく、なじませるのに時間がかかりますが、圧倒的なキープ力で、ふわっとしたスタイルをつくれる人気のアイテムです。

また、髪が長い方よりも、ショートやベリーショートの方におすすめ。油分が少なく髪がヘタりにくいので、軟毛の方にも最適です。

パーマにも使いやすい"ムースタイプ"

人気のメンズワックスの種類 ムースタイプ

ムースタイプのワックスは泡状で、ほかのワックスよりも水分量が多め。そのためウェーブを表現しやすく、パーマヘアのスタイリングやくせ毛のコントロールに適しています。やわらかいスタイルをつくりやすいので、ミディアムヘアやロングヘアの方におすすめです。

なお、ムースタイプは重めに仕上がるワックスのため、つけ過ぎには注意しましょう。また、髪をよく乾かしてから使用することで、スタイリングがしやすくなります。

メンズワックス選びのポイント

髪質や髪形から選ぶ

剛毛やショートヘアには"ハードタイプ"

メンズワックス選びのポイント 髪質や髪形から選ぶ ハードタイプ

剛毛やショートヘアの方は、髪をしっかりと動かしてキープするスタイリングが必要です。おすすめは、セット力の高いハードタイプのメンズワックス。剛毛を固めたり、短い毛を根元からしっかり立てたりすることが可能です。

朝に仕上げたスタイリングを長い時間持続できるので、こまめに髪型を気にしなくて済むのが特徴。ただし、ハードタイプはセットした後の微調整がしにくいので、少しずつ髪につけて丁寧に仕上げるのがポイントです。

軟毛やミディアムヘアには"ソフトタイプ"

メンズワックス選びのポイント 髪質や髪形から選ぶ ソフトタイプ

ミディアムやロングヘアの方は、ソフトタイプのワックスでナチュラルに仕上げるのがおすすめです。また、軟毛の方はハードタイプで固めると髪がヘタりやすいので、自然な毛流れをつくれるソフトタイプが向いています。さらに、くせ毛を活かしたスタイリングにしたい方にも最適。

なお、キープ力が欲しいときはワックスで仕上げた後に、ヘアスプレーを使うと持続力が高まります。

なりたい仕上がりに合ったものを選ぶ

メンズワックス選びのポイント なりたい仕上がりに合ったものを選ぶ

ナチュラルな仕上がりにしたいときは、ドライタイプのような水分の少ないワックスがおすすめです。ワックスでセットしていることがわかりにくいため、自然で落ち着きのある雰囲気を醸し出せます。

一方、濡れたようなツヤのある仕上がりをめざすなら、ジェルタイプやムースタイプのような水分多めのモノを選びましょう。ミディアムヘアならセクシーに、ショートヘアならアクティブな男らしさを演出できます。

メンズワックスのおすすめ

アリミノ「ピース フリーズワックス」

アリミノ「ピース フリーズワックス」

フルーティーな香りが印象的なメンズワックスです。ベタつき感が少ないため、初心者でも扱いやすいのが特徴。セット力が高く、立体的な束感を簡単につくれます。

また、持続効果のあるワイヤーフィルムによって、根元の立ち上がりをしっかりサポートするのも魅力のひとつ。キューブ型の容器がおしゃれなアイテムです。

花王「リーゼフォーメン ウォータリーホイップ」

花王「リーゼフォーメン ウォータリーホイップ」

水で濡らさず、寝ぐせからそのまま使えるヘアスタイリング剤です。ノズルをプッシュすれば、髪全体に馴染みやすいみずみずしい泡がでてきます。自然なフォルムやキレイな毛流れがつくりやすいのが特徴。髪にナチュラルなツヤが出るので、知的な印象が与えられる点もおすすめです。

使い方は、2〜3プッシュずつ泡を手に取り、髪全体に馴染ませて手ぐしで整えるだけ。ミディアムヘアであれば、4〜5プッシュでスタイリングができます。

資生堂「ウーノ スーパーハードジェル」

資生堂「ウーノ スーパーハードジェル」

ガチッと固めたいときにおすすめの強力なジェルタイプ。アンチオイリーなのでベタつき感がなく、セット後に髪がゴワつくこともありません。また、白い粉が出ないノンフレーキング処方を採用。水をつけると再整髪できるのもうれしいポイントです。

加えて、環境に合わせて髪の水分量を調節し、スタイリングをキープしてくれるのも魅力。湿気の多いときでもボリュームダウンしにくく、パサつきを抑えながらヘアスタイルをキープします。

中野製薬 「ナカノ スタイリング タントN ワックス3 ライトハード」

中野製薬 「ナカノ スタイリング タントN ワックス3 ライトハード」

ほどよいホールド力が特徴のメンズワックス。毛先をナチュラルに遊ばせたり、ウェーブ感や毛束感を出したりしたいときに重宝します。

また、「r-オリザノール」や「シアバター」「ワレモコウエキス」などを配合しているのもポイント。うるおいやツヤをキープできるので、長時間の外出などにも適しています。マスカットがメインの甘すぎない爽やかな香りも魅力のアイテムです。

マンダム「ギャツビー スタイリングフォームスーパーハード」

マンダム「ギャツビー スタイリングフォームスーパーハード」

湿気の多い日でもヘタらず、ヘアスタイルをしっかりキープできるメンズワックス。ミクロの泡が髪をムラなくコーティングするので、髪のセットが苦手な方でもスタイリングしやすいのが特徴です。

また、ガチッと固められるうえにゴワつき感がなく、自然な見た目に仕上がるのが魅力。セットが難しい剛毛ヘアのスタイリングや、ビシッとかっこよく決めたい七三ヘアにもおすすめです。

アリミノ「スパイスシスターズ フリーズワックス」

アリミノ「スパイスシスターズ フリーズワックス」

ショートヘアをスタイリッシュに仕上げられる、ハードタイプのメンズワックスです。パリッと固めて長時間キープするため、1日中スタイルが崩れません。さらに、伸びがよく扱いやすいので、初心者にもおすすめです。

加えて、シャンプーで簡単に洗い落とせるのも魅力のひとつ。清涼感のあるペアーミントの香りも印象的なワックスです。

柳屋本店「J ウルトラハードジェル」

柳屋本店「J ウルトラハードジェル」

ガッチリと固めたヘアセットができるメンズワックスです。強風を受けても崩れないほどのキープ力で、1日の終わりまでスタイルを保てます。また、水をつけると再整髪が可能です。

アクリル系樹脂を使用しており、ハードなジェルにありがちな粉吹きが起きにくいのもポイント。容量330gとたっぷり入っているので、使用する機会が多い方にもおすすめです。

マンダム「ルシード ヘアクリーム」

マンダム「ルシード ヘアクリーム」

パサついた髪にうるおいを与えながら軽い仕上がりをつくれる、大人な男性におすすめのヘアクリームです。クリームタイプですが髪なじみがよく、ベタつく不快感がありません。髪を固めずに自然な毛流れを出しながら整えられます。

パサついた髪にうるおいを与えながら軽い仕上がりをつくれる、大人な男性におすすめのヘアクリームです。クリームタイプですが髪なじみがよく、ベタつく不快感がありません。髪を固めずに自然な毛流れを出しながら整えられます。

デミウェーボ「デザインキューブ ホールド」

デミウェーボ「デザインキューブ ホールド」

強力にセットし、髪をつややかに見せられるメンズワックス。「シャイニーパール成分」を配合しており、髪にメリハリを与えます。

香りは、グリーンアップル・ホワイトピーチ・ペアーなどのベースに、フローラルブーケをプラスした「フローラルフルーティー」。遊び心のあるデザインも魅力的なアイテムです。

資生堂「ウーノ マットエフェクター」

資生堂「ウーノ マットエフェクター」

ラフで動きのあるスタイリングを実現できる、マットタイプのメンズワックスです。根元から髪を立ち上げるセット力があり、しっかりと毛束をつくれるのが特徴。ワックスをつけていることを感じさせないようなドライな質感が魅力です。

また、きちんとセットしながらも固め過ぎることがない「スタイルパウダー」を配合。セット後の手直しも簡単です。さらに、調湿成分入りなので、湿気の多い日でもスタイルを崩さずキープできます。

アリミノ「ピース ソフト ワックス」

アリミノ「ピース ソフト ワックス」

弾力のある毛束をつくって、やわらかい印象に仕上げられるソフトタイプのワックスです。ナチュラルな毛流れを出すのにぴったり。ショートやミディアムヘアの方にもおすすめです。

また、ベタつきにくいので、扱いやすい点も魅力。軽いつけごこちで、ほかのスタイリング剤との重ねづけもできます。持続効果をもたらす「バウンドフィルム」のほか、保湿成分の「クパス」などを配合したアイテムです。

阪本高生堂「ファインクールグリース XX」

阪本高生堂「ファインクールグリース XX」

ギラッとしたウェットな仕上がりを長時間キープできるメンズワックス。ハードなワックスで整えにくい、強い直毛や剛毛の方にもおすすめです。また、光を反射するほどの輝くツヤ感をつくれるのが特徴。オールバックや七三ヘア、ツーブロックなどもスタイリッシュに決まります。

加えて、強力なセット力・キープ力を誇りながらも、水溶性なのでシャンプーで簡単に落とせる点も魅力。甘さのあるモンキーバナナの香りが印象的です。

プロダクト「ザ・プロダクト ヘアワックス」

プロダクト「ザ・プロダクト ヘアワックス」

100%自然由来の原料でつくられたオーガニックなヘアワックスです。「シアバター」や「アロエベラ」など、オーガニック認証を受けた成分を使っているのが魅力。手のひらで伸ばすとオイル状になるので、ミディアムヘアやロングヘアの方でも使いやすい質感です。

また、髪のほかにもハンドクリームやボディクリームとして、全身の保湿ケアに使えるのが特徴。タンジェリンエッセンシャルオイルの爽やかな柑橘系の香りも人気の理由のひとつです。

アンファー「スカルプD アレンジワックス」

アンファー「スカルプD アレンジワックス」

頭皮が透けにくくボリューム感が出せるワックスです。軽やかなファイバータイプのワックスなので、アレンジしやすいのが特徴。パサつきが気になる方や自然なツヤ感を出したい場合にも便利です。

また、天然由来のブラック成分「炭」を配合しているのでボリューム感をアップしたい場合にもおすすめ。毛髪補修成分の「ナノプロテイン」が配合されている点も魅力です。

マンダム「ギャツビー ムービングラバー スパイキーエッジ」

マンダム「ギャツビー ムービングラバー スパイキーエッジ」

ベリーショートやショートヘアをしっかり立ち上げられるハードタイプのワックスです。根元から毛先までをホールドし、躍動感のある仕上がりを崩さないのが特徴。アレンジ記憶成分「ムービングクラバー」を配合しており、理想のスタイルを1日中キープできます。

また、何度でもアレンジし直せるのも魅力のひとつ。清涼感のあるクリアフローラルの香りは、あと残りしにくく、さまざまなシーンで活躍します。

メンズワックスの付け方ポイント

メンズワックスの付け方ポイント

髪をがっちりと固めたくても、ワックスのつけ過ぎは禁物です。うまくセットできないだけでなく、ワックスが頭皮に残ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

ワックスを使う前には、髪をブラシやドライヤーで整えます。その後、適量のワックスを手のひらで薄く伸ばし、バック・サイド・トップの順番にセット。毛先や前髪などヘタりが気になる部位は、ごく少量のワックスで十分です。なお、ホールド感が足りないときは、少しずつ追加していきましょう。

メンズワックスの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのメンズワックスの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

メンズワックスのランキングを見る

メンズ用ムースワックスのランキングを見る

メンズ用ジェルワックスのランキングを見る

担当者からひとこと

おしゃれな男性の必需品、メンズワックス。さまざまな種類があるので、髪質・髪の長さ・つくりたいヘアスタイルに合うモノをきちんと選ぶ必要があります。今回の記事を参考にしながら、自分にぴったりのメンズワックスを見つけてみてください。

すべてのメンズワックスを見る

すべてのメンズ用ムースワックスを見る

すべてのメンズ用ジェルワックスを見る

おすすめの関連記事