ホットサンドメーカーのおすすめ18選 IH対応のモノやデザイン性のあるアイテムを紹介!

更新日:2021.11.10

ホットサンドメーカーのイメージ

具材を挟んだ食パンをこんがり焼き上げられる「ホットサンドメーカー」。ソーセージやお好み焼きなど、パン以外の食材も美味しく焼けると人気です。

そこで今回は、おすすめのホットサンドメーカーをご紹介します。IH対応モデルやおしゃれなモデルもピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

ホットサンドメーカーの種類

直火式

ホットサンドメーカーの種類 直火式

直火式は、おもにガス火で加熱して焼き上げるタイプのホットサンドメーカー。火力を調節できるため、好みの焼き色に仕上げやすいほか、中までしっかり焼き上げられるのがメリットです。また、電気を使用しないため、キャンプやトレッキングなどのアウトドアでも活躍します。

さらに、ガスのほかにIHに対応したモデルもあるので、IHを使用している家庭でもホットサンドを楽しむことが可能です。

直火式をキャンプなどのアウトドアに持っていくときのポイント

ホットサンドメーカーの種類 直火式 直火式をキャンプなどのアウトドアに持っていくときのポイント

アウトドアに持っていくときは直火式が最適。なかでも、折りたためるタイプだと持ち運びに便利です。

また、かさばりやすいハンドル部分が折りたためるモノだとコンパクトになり、リュックに入れやすくなるのでおすすめ。さらに、面が平らで分離するモノであれば、フライパン代わりにしてソーセージや卵も焼けるので、キャンプでも大活躍します。

電気式

ホットサンドメーカーの種類 電気式

電気式は、電力を使ってプレートを発熱させるタイプのホットサンドメーカー。電源を入れればすぐにあたたまるので、忙しい朝でも時短調理が可能です。タイマーやサーモスタットを内蔵しているモデルもあり、焼き過ぎや焦げといった失敗をしにくいのもポイント。また、直火式と違い火を使わない分火災などのリスクが少なく、子供と一緒に作れることもメリットです。

一方、電気式は重量があり電源も必要なので、キャンプにはあまり向きません。自宅での朝食やパーティーなどにおすすめです。

電気式を家で使うときのポイント

ホットサンドメーカーの種類 電気式 電気式を家で使うときのポイント

電気式は、電源が必要なのでおもに屋内で使います。選ぶときには、電源スイッチだけではなく、タイマーや安全装置が備わっているかどうかも確認しましょう。タイマーがあれば焼き過ぎることがないので、朝の準備をしながら調理することも可能。

また、直火式と違い電気式は丸ごと洗えないので、プレートが外せるかどうか、洗いやすくて耐久性のある材質かどうかも重要なポイントです。

ホットサンドメーカーの選び方

プレートの形を確認

ホットサンドメーカーの選び方 プレートの形を確認

直火式のプレートの形は基本1台につき1種類だけですが、電気式ならプレートを付け替えることができ、さまざまなレシピを楽しめるのが魅力です。ワッフル型やたい焼き型のプレートが付属していれば料理のバリエーションが広がります。

さらに、焼きおにぎりやタルトを調理できるモデルや、キャラクターの焼き目などを付けられるモデルもあるので、好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

耳まで焼けるかどうか

ホットサンドメーカーの選び方 耳まで焼けるかどうか参照:アイリスオーヤマ

耳を切り落とさなくても焼けるタイプのホットサンドメーカーなら、下ごしらえの手間が省け、ボリュームのあるホットサンドを楽しめます。なかでも、焼けた耳の香ばしい食感が好きな方なら、直火式の耳まで焼けるモノがおすすめです。

なお、電気式には耳まで焼けないモノもラインナップしているため、しっかりと購入前に確認しておきましょう。

シングルタイプかダブルタイプかをチェック

ホットサンドメーカーの選び方 シングルタイプかダブルタイプかをチェック

シングルタイプは、仕切りがなく、プレートが広くて深めのモノが多いのが特徴。たくさん具材を挟みやすく、ボリュームのあるほうが好みの方におすすめです。

一方、ダブルタイプは、プレートに仕切りがありパンが半分にカットされるため、ハーフサイズのホットサンドを作れるのが魅力。おもに、ななめに切れるモノと、真ん中で切れるモノが展開されています。包丁で切る手間が省けるので、時短調理に便利です。

デザインで選ぶ

ホットサンドメーカーの選び方 デザインで選ぶ参照:イデアインターナショナル

調理中の雰囲気や見せる収納を楽しみたい方は、デザインがおしゃれなモノを選ぶのがおすすめ。電気式ホットサンドメーカーの中には、カラフルでかわいいモデルが豊富に展開されています。

また、本体だけでなく、焼き目のデザインにも注目しましょう。網目や縦縞の焼き目は、より美味しそうに見せることができます。ほかにも、キャラクターの焼き目を付けられるモノがあり、子供とホットサンドを楽しみたい方にぴったりです。

ホットサンドメーカーの人気メーカー・ブランド

ブルーノ(BRUNO)

ホットサンドメーカーの人気メーカー・ブランド ブルーノ(BRUNO)

ブルーノは、イデアインターナショナルが手掛けるライフスタイルブランド。キッチン・アウトドア・インテリアを展開しており、遊び心たっぷりのおしゃれな製品が人気を集めています。

ホットサンドメーカーでは、キッチンに映えるおしゃれな電気式モデルをラインナップ。美味しそうな焼き目を付けられるほか、プレートのバリエーションも豊富で、ワッフルやミニタルトなどのお菓子作りも楽しめます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ホットサンドメーカーの人気メーカー・ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマは、生活用品から家電まで幅広く手掛けているメーカー。家電事業では、キッチン家電はもちろん、掃除機やエアコンなども展開しており、コスパに優れた製品が多いことで人気を集めています。

ホットサンドメーカーでは、直火式と電気式をラインナップ。お手入れや収納のしやすさ、美味しそうな焼き目にこだわったモノが豊富なので、使いやすさを重視する方におすすめです。

バウルー(BawLoo)

ホットサンドメーカーの人気メーカー・ブランド バウルー(BawLoo)

バウルーは、イタリア商事が手掛けるホットサンドメーカーの人気ブランド。長く愛されている製品で、おもに直火式のモデルを展開しています。

パンの耳まで美味しく焼き上げられるのが特徴。また、表面にはフッ素加工が施されており、くっつきや焦げつきを抑えられます。さらに、スタイリッシュなデザインも魅力のひとつです。

ビタントニオ(Vitantonio)

ホットサンドメーカーの人気メーカー・ブランド ビタントニオ(Vitantonio)

ビタントニオは、おしゃれなキッチン用品を手掛けているブランド。使い勝手の良い電気式のホットサンドメーカーも発売しています。オプションのプレートは種類が豊富で、全13種類を展開していることが特徴です。

ホットサンドプレートはもちろんのこと、マドレーヌプレートやドーナツプレートもラインナップ。また、厚焼きモデルの「gooood(グート)」は、具材をたっぷり挟めるうえに、ふわふわのフレンチトーストなども楽しめます。

ホットサンドメーカーのおすすめ|直火式

アイリスオーヤマ GHS-D

アイリスオーヤマ GHS-D

たくさんの具材も崩さず挟める、直火式ホットサンドメーカーです。具材をつぶさず、耳に沿ってしっかりプレスできるので、分厚くても食べやすい仕上がりになるのがポイント。写真にもよく映える贅沢なサンドが作れます。

中央もプレスすることでハーフサイズのサンドもきれいに切り分け可能。お弁当にも便利です。食パンは6枚切りから10枚切りまでに対応。上下のプレートを分離できるので、片面だけでフライパンとしても利用できます。毎日の朝食用からキャンプ用まで幅広く活用できるモデルです。

新富士バーナー「SOTO」ST-951

新富士バーナー「SOTO」ST-951

IHにも対応している、直火式ホットサンドメーカーです。熱伝導性と蓄熱性の高い鉄製を使用しているので、時短でこんがり焼き上げられるのが特徴。また、表面に耐腐食性と耐摩耗性の高い窒化加工が施されており、サビや傷も抑えられます。丈夫で扱いやすく、アウトドアにもおすすめです。

さらに、パンの耳を切らずに焼けるので、手早く作れるのもポイント。分解すればフライパンとしても使用できるので便利です。

バンドック BD-901IH

バンドック BD-901IH

ななめの焼き目を付けられる直火式ホットサンドメーカーです。熱伝導性の高いアルミを使用し、外はカリカリに中はジューシーに焼き上げられます。また、フライパンとしても使用できるので、ホットサンド以外の調理も可能です。

さらに、底面にはステンレスが施され、IHにも対応。自宅やキャンプなどでホットサンドが楽しめます。さらに、本体を分解できるので、お手入れがしやすいのも魅力のひとつです。

ヨシカワ 7031

ヨシカワ 7031

真ん中に仕切りがあり、2等分にできるダブルタイプの直火式ホットサンドメーカーです。包丁で切る手間が省けるうえ、パンの耳まで焼けるのがメリット。忙しい朝に重宝するモデルです。

また、素材に熱伝導性の高いアルミニウムを使用し、こんがり焼けるのも魅力。さらに、分解できるほか、表面にはこびりつきを防ぐフッ素加工が施されており、ラクにお手入れできます。

イタリア「ニュー・バウルー」BW02

イタリア「ニュー・バウルー」BW02

食パンの縁が圧縮され、パンの耳までカリッとした仕上がりになる直火式ホットサンドメーカーです。また、グラタンやひき肉などのこぼれやすい具材を封じ込められるのもポイント。さらに、真ん中に仕切りがあるダブルタイプなので、手軽にハーフサイズのホットサンドを作ることができます。

ほかにも、本体の外面に「BawLoo」の文字が入ったおしゃれなデザインも魅力的。自宅だけでなくアウトドアで使いたい方にもおすすめです。

パール金属「おやつDEっSE2」D-6538

パール金属「おやつDEっSE2」D-6538

一度に2個のホットサンドを焼き上げられる直火式ホットサンドメーカーです。効率よく焼けるので、家族分の調理をするときやホームパーティーで振る舞うときなどに便利。また、素材に熱伝導性の高いアルミニウムを使用しているのもポイントです。さらに、表面にフッ素加工が施されており、パンがくっつきにくく調理がはかどるうえ、お手入れもラクにできます。

ハイマウント 13014

ハイマウント 13014

プレートを分解できるホットサンドメーカーです。取り外すことで2枚のフライパンとして使用可能。ホットサンド以外の料理を作ることができるので、アウトドアで活躍するモデルです。

また、IHにも対応しており、ホットサンドを自宅でも楽しめます。さらに、フッ素加工が施されているので、こびりつきにくくラクにお手入れできるのもポイントです。

高木金属工業 GK-HS

高木金属工業 GK-HS

直接火にかけるのではなく、トースターやグリルの中に入れて使うタイプのホットサンドメーカーです。本体がスリムなので、小さめのグリルにも入れられます。

また、網の間隔を2段階で調節できるため、10枚切りから6枚切りまでの食パンに対応可能。具材に応じて使い分けられるので便利です。さらに、食器洗い乾燥機で洗浄でき、難しいお手入れも必要ありません。

ホットサンドメーカーのおすすめ|電気式

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE044

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE044

レトロモダンのデザインが美しい、電気式ホットサンドメーカーです。2個作れるタイプなので、サンド2セットだけでなく、サイドメニューとパンの同時調理が可能。タイマー付きで、忙しい朝の時間帯に時短調理したい方にもおすすめです。

また、プレートが取り外せてお手入れが簡単なのもポイント。さらに、たい焼きが作れる「おさかなプレート」や、「ミニタルトプレート」などのオプションも充実しています。

シーシーピー「こんがりきゃらメーカー すみっコぐらし」ZR-CM65

シーシーピー「こんがりきゃらメーカー すみっコぐらし」ZR-CM65

すみっコぐらしのかわいい焼き目を付けられる電気式ホットサンドメーカーです。本体もかわいいキャラクターデザインで、子供と一緒にホットサンドを楽しみたい方にもおすすめ。

耳までこんがり焼き上げられ、食べ応えもあります。また、キャラクター型のワッフルが一度に5個焼けるプレートも付属しており、おやつ作りにも便利です。さらに、タイマー付きなので、忙しい朝でも手軽に作れます。
(C)2021 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

ビタントニオ「ワッフル&ホットサンドベーカー」VWH-50

ビタントニオ「ワッフル&ホットサンドベーカー」VWH-50

便利なタイマー機能が備わったホットサンドメーカーです。1〜10分のタイマー設定ができるので、好みの焼き加減を毎回楽しめるのが魅力。ホットサンドのほかにも、パニーニやワッフルが作れます。

また、別売りのオプションプレートが充実しているのもポイント。ドーナツやタルト、フィナンシェなど12種類のプレートがラインナップしています。プレートは丸洗いできるため、調理後のお手入れも簡単です。

HashTAG HT-SM11

HashTAG HT-SM11

木目調のハンドルとかわいい色合いの本体を組み合わせた、ブルックリンスタイルのおしゃれな電気式ホットサンドメーカーです。キッチンに馴染むデザインなので、見せる収納にぴったり。

また、耳までこんがり焼けるうえ、ななめの焼き目を付けられるのも魅力です。たい焼きプレートを付属しており、お菓子作りも楽しめます。さらに、プレートを取り外して洗えるため、お手入れが簡単なのもポイントです。

ドウシシャ TSH-701D

ドウシシャ TSH-701D

ディズニーキャラクターのおしゃれな焼き目を付けられる電気式ホットメーカーです。本体もかわいいデザインで、プレゼントとしてもおすすめ。ななめの仕切りがあるダブルタイプで、ハーフサイズのホットサンドを4個同時に作ることが可能です。

また、8枚切りよりも薄い食パンに対応しており、食べやすい厚みに焼き上げられます。さらに、フッ素加工を施しているため、こびりつきにくく汚れをふき取りやすいのもポイントです。
(C)Disney

ラドンナ「Toffy」K-HS1

ラドンナ「Toffy」K-HS1

パンの耳まで焼ける2枚焼きタイプの電気式ホットプレートです。ななめの仕切りが付いており、三角形のホットサンドを4個同時に焼き上げられます。包丁で切る手間が省けるうえ、約5〜6分で焼けるので、忙しい朝に作りたい方にもおすすめです。

また、10種類のレシピが収録された簡単レシピブックも付属。初心者の方でもバリエーション豊かなホットサンドを楽しめます。さらに、本体は立てて置けるため、省スペースで収納したい方にもぴったりです。

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE043

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE043

耳まで焼けるおしゃれなシングルタイプの電気式ホットサンドメーカーです。ざっくりとした網目の焼き目を付けられるのがポイント。1分刻みのダイヤルタイマー付きなので、忙しい朝でも自分好みの焼き上がりが簡単に実現します。

電源コードは底面に巻きつけられるほか、縦置きでも収納することが可能。一人暮らしや二人暮らしの方におすすめの1台です。

ビタントニオ「厚焼きホットサンドベーカー リサラーソンモデル」VHS-10

ビタントニオ「厚焼きホットサンドベーカー リサラーソンモデル」VHS-10

深型プレートを採用し、ボリュームたっぷりの分厚いホットサンドが作れる電気式ホットサンドメーカーです。プレートにゆとりがあり、食パンの耳までこんがり焼き上げられます。ほかにも、イングリッシュマフィンやフレンチトーストなども楽しめます。

また、しっかりとした縦縞の焼き目を付けられるのもポイント。さらに、プレートの取り外しが可能なので、お手入れがラクなのも魅力のひとつです。

アイリスオーヤマ IMS-902

アイリスオーヤマ IMS-902

1台2役で使える電気式ホットサンドメーカーです。おやつタイムにぴったりのワッフルプレートを付属しているのが特徴。別売でドーナツやミニタルトが焼けるプレートも展開しており、幅広いお菓子作りを楽しめます。

また、2個同時に焼けるうえ、タイマー機能も付いているので、効率よく焼き上げられるのもポイントです。さらに、プレートは着脱できるのでお手入れも簡単。衛生的に使いたい方にもおすすめです。

新津興器「そのままホットサンド」SSH-60

新津興器「そのままホットサンド」SSH-60

独自のプレート形状を採用した電気式ホットサンドメーカーです。食パンがそのまま入るサイズなので、パンの耳までこんがり焼き上げられるのが特徴。また、「かんたんレシピ」が付属しているのもポイントです。

さらに、シンプルで使いやすく、コンパクトサイズなので邪魔になりにくく、普段使いに便利。プレートにはフッ素加工が施されており、簡単にお手入れできます。

ホットサンドメーカーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのホットサンドメーカーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ホットサンドメーカーのランキングを見る

担当者からひとこと

ホットサンドを手軽に作れる「ホットサンドメーカー」。直火式と電気式があり、ライフスタイルに応じて選ぶのがおすすめです。2個同時に焼けるモデルやオプションプレートが用意されているモデルなら料理の幅が広がります。今回の記事を参考に、ぜひホットサンドを暮らしに取り入れてみてください。

すべてのホットサンドメーカーを見る

おすすめの関連記事