• トップ
  • キッチン家電
  • ホットサンドメーカーのおすすめ16選【2020】家でもキャンプでもおいしく食べられる

ホットサンドメーカーのおすすめ16選【2020】家でもキャンプでもおいしく食べられる

更新日:2020.08.17

ホットサンドメーカーのイメージ

手軽にきちんとした朝食を摂りたいときや、夜にちょっと小腹を満たしたいときなどに便利なのがホットサンドメーカー。1台あれば、パンと冷蔵庫の中にあるもので簡単にホットサンドを作ることが可能です。
ここでは、ホットサンドメーカー選びのポイントや、おすすめの商品などをご紹介します。

ホットサンドメーカーの種類

直火式

ホットサンドメーカーの種類 直火式

直火式は、ガスなど直接火をあててあたためるタイプのホットサンドメーカーです。軽量でコンパクトサイズなので、キャンプやトレッキングにおすすめ。また、パーツが少ないうえに丸洗いも可能です。さらに、トースターや魚焼きグリルのなかに入れて使うタイプもあります。

直火式は好みの焼き加減を楽しめるメリットがある一方、調理中は目を離さずチェックしなければならないのがデメリットです。

直火式をキャンプなどのアウトドアに持っていくときのポイント

ホットサンドメーカーの種類 直火式 直火式をキャンプなどのアウトドアに持っていくときのポイント

アウトドアに持っていくときは直火式が最適です。なかでも、折りたためるタイプを選ぶと持ち運びが便利になります。

かさばりやすいハンドル部分が折りたためるモノだとコンパクトになり、リュックに入れやすくなるのでおすすめ。また、面が平らで分離するものであれば、フライパン代わりにしてソーセージや卵も焼けるので、キャンプでも大活躍します。

電気式

ホットサンドメーカーの種類 電気式

電気式は、電力を使ってプレートを発熱させるタイプのホットサンドメーカー。電源を入れればすぐあたたまるので、忙しい朝でも時短調理が可能です。タイマーやサーモスタットを内蔵しているモデルもあり、焼き過ぎや焦げといった失敗をしにくいのもポイント。また、直火式と違い火を使わない分火災などのリスクが少なく、子供と一緒に作れることもメリットです。

一方、電気式は重量があり電源も必要なので、キャンプにはあまり向きません。自宅での朝食やパーティーなどにおすすめです。

電気式を家で使うときのポイント

ホットサンドメーカーの種類 電気式 電気式を家で使うときのポイント

電気式は電源が必要なのでおもに屋内で使います。選ぶときには、電源スイッチだけではなく、タイマーや安全装置が備わっているかどうかも確認しましょう。タイマーがあれば焼きすぎることがないので、朝の準備をしながら調理することも可能。

また、直火式と違って電気式は丸ごと洗えないので、プレートが外せるかどうか、洗いやすくて耐久性のある材質かどうかも重要なポイントです。

ホットサンドメーカーのチェックポイント

プレートの形を確認

ホットサンドメーカーのチェックポイント プレートの形を確認

直火式のプレートの形は基本1台につき1種類だけですが、電気式ならプレートを付け替えることができ、さまざまなレシピを楽しめるのが魅力です。ワッフル型やたい焼き型のプレートが付属していれば料理のバリエーションが広がります。

さらに、焼きおにぎりやタルトを調理できるモデルや、キャラクターの焼き目などを付けられるモデルもあるので、好みにあわせて選ぶのがおすすめです。

耳まで焼けるかどうか

ホットサンドメーカーのチェックポイント 耳まで焼けるかどうか

耳を切り落とさなくても焼けるタイプのホットサンドメーカーなら、下ごしらえの手間を省いてボリュームがあるホットサンドを楽しめます。なかでも、焼けた耳の香ばしい食感が好きな方なら、直火式の耳まで焼けるものがおすすめです。

なお、電気式には耳まで焼けないモデルもラインナップしているため、しっかりと購入前に確認しておきましょう。

ダブルタイプは時短に便利

ホットサンドメーカーのチェックポイント ダブルタイプは時短に便利

ホットサンドを1つ作れるシングルタイプと、2つ同時に作れるダブルタイプがあります。1人暮らしならシングルタイプで十分ですが、家族など多人数で使うなら時短に便利なダブルタイプがおすすめです。

また、ダブルタイプは片方のプレートでホットサンド、もう一方のプレートで野菜や卵などを同時に焼けることもメリットです。

ホットサンドメーカーの人気メーカー

イデアインターナショナル【BRUNO(ブルーノ)】

ホットサンドメーカーの人気メーカー イデアインターナショナル BRUNO(ブルーノ)

ブルーノは、“人生を愉しむための、遊び心に満ちたライフスタイルをお届けする“ことを掲げるブランド。おしゃれなデザインの調理家電やインテリアなどを展開しています。

ホットサンドメーカーも、シックなデザインが特徴的です。また、多彩なオプションプレートを用意しているのもポイント。ミニタルトプレートやプチガトープレートなど、試してみたいレシピが盛りだくさん。ホームパーティーなどでマルチに使いたい方におすすめのメーカーです。

イタリア商事【バウルー(BawLoo)】

ホットサンドメーカーの人気メーカー イタリア商事 バウルー(BawLoo)

直火式ホットサンドメーカーを極限までシンプルに磨き上げたのがイタリア商事の「バウルー(BawLoo)」です。日本では1970年代に輸入が始まり、バウルーでホットサンドを好んで作る人のことを「バウラー」と呼ぶようになりました。

パンの耳の部分までカリッと香ばしく焼きあげてくれるバウルーは、肉などの厚い具材を挟むのにも最適。手軽にホットサンドメーカーを始めてみたい方にもおすすめのメーカーです。

ビタントニオ(Vitantonio)

ホットサンドメーカーの人気メーカー ビタントニオ(Vitantonio)

おしゃれなキッチン用品のブランドであるビタントニオは、使い勝手の良い電気式のホットサンドメーカーも発売しています。オプションのプレートは種類が豊富で、全13種類を展開していることが特徴です。

ホットサンドプレートはもちろんのこと、マドレーヌプレートやドーナツプレートもラインナップしています。また、厚焼きモデルの「gooood(グート)」は、具材をたっぷり挟めるうえに、ふわふわのフレンチトーストなども楽しめます。

ホットサンドメーカーのおすすめ|直火式

イタリア商事「バウルー」BW-01

イタリア商事「バウルー」BW-01

ホットサンドメーカーの定番ともいえるガス火対応モデルです。パンを入れて好きな具を加えるだけでアツアツのボリューム感のあるホットサンドができるので、朝食やブランチにはもちろん、キャンプに持っていくのもおすすめ。

食パンを切らずにそのままセットでき、焼きあがってから自由にカットできます。コロッケやトンカツなど厚みのある具材がつぶれにくいのも嬉しいポイントです。

高木金属工業 GK-HS

高木金属工業 GK-HS

直接火にかけるのではなく、トースターやグリルの中に入れて使うタイプのホットサンドメーカーです。本体がスリムなので、小さめのグリルにも入れられます。

また、網の間隔を2段階で調節できるため、10枚切りから6枚切りまでの食パンに対応可能。具材に応じて使い分けられるので便利です。さらに、食器洗い乾燥機での洗浄ができ、難しいお手入れも必要ありません。

アイリスオーヤマ「具だくさんホットサンドメーカー」GHS-D

アイリスオーヤマ「具だくさんホットサンドメーカー」GHS-D

たくさんの具材も崩さず挟める、ガス直火式ホットサンドメーカーです。具材をつぶさず、耳に沿ってしっかりプレスできるので、分厚くても食べやすい仕上がりになるのがポイント。写真にもよく映える贅沢なサンドが作れます。

中央もプレスすることでハーフサイズのサンドもきれいに切り分け可能。お弁当にも便利です。食パンは6枚切りから10枚切りまで対応。上下のプレートを分離できるので、片面だけでフライパンとしても利用できます。毎日の朝食用からキャンプ用まで幅広く活用できるモデルです。

ホットサンドメーカーのおすすめ|電気式

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE044

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE044

レトロモダンのデザインが美しい、電気式ホットサンドメーカーです。ダブルタイプなので、サンド2セットだけでなく、サイドメニューとパンの同時調理が可能。タイマー付きで、忙しい朝の時間帯に時短調理したい方におすすめです。

また、プレートが取り外せてお手入れが簡単なのもポイント。さらに、たい焼きが作れる「おさかなプレート」や、「ミニタルトプレート」などのオプションも充実しています。

ヒロ・コーポレーション「ビックサンドメーカー」HS-810

ヒロ・コーポレーション「ビックサンドメーカー」HS-810

6枚切りパンを耳まで焼ける、電気式のホットサンドメーカーです。ダブルタイプなので、2組同時に焼けるのがポイント。斜め線の焼き目がプレスされるようになっており、三角サンドへの切り分けも簡単です。

また、プレート内側はフッ素コートが施されているのでお手入れが簡単。さらに、サーモスタットランプの点灯で通電しているか確認できます。子供のいる家族など、一度にたくさんのホットサンドを作りたい方におすすめです。

ラドンナ「Toffy(トフィー)」K-HS1

ラドンナ「Toffy(トフィー)」K-HS1

パステルカラーが可愛らしい電気式ホットサンドメーカーです。ダブルタイプで、8〜10枚切りの食パンを耳ごとカリッと焼き上がります。

白米を使った「キムチのライスサンド」や、「キャロットラペ」など、魅力的な10種類のホットサンドが作れる簡単レシピブック付き。子供と一緒にホットサンド作りを楽しみたい方にもおすすめです。

ビタントニオ「gooood(グート)」VHS-10

ビタントニオ「gooood(グート)」VHS-10

具材をたっぷり入れて厚焼きのホットサンドが楽しめるモデルです。プレートの深さが約1.6cmあるため、食パンの耳を切らずに、ゆで卵やチキンを丸ごと入れたホットサンドや、厚切りバケットを使ったフレンチトーストなども焼きあげることができます。

プレートが外せて丸洗いでき、お手入れが簡単なのも魅力です。

HASHTAG HT-SM11-A

HASHTAG HT-SM11-A

ホットサンドとワッフル、そしてミニたい焼きのプレートが付属した、朝食にも夜食にも活躍するホットサンドメーカーです。定番メニューはもちろん、ディナーやスイーツなども網羅したレシピブックも付いているので、料理バリエーションが増やせます。

付属の木製のトングを使えば、火傷をせずにホットサンドを取り出すことが可能。加熱しすぎると自動で停止するため安心です。

テスコム「マルチホットサンドメーカー」HSM530-R

テスコム「マルチホットサンドメーカー」HSM530-R

電源タイマーが備わっており、あらかじめセットしておいた焼き時間になると自動でOFFになるホットサンドメーカー。名前の通り、スティックスイーツやホットサンド、ワッフルなどさまざまなメニューが作れる便利なモデルです。

1回でホットサンドが4つ作れるので、大人数を招くときにも活躍します。また、プレートは丸洗い可能なためお手入れも簡単です。

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE043

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE043

耳まで焼けるおしゃれなシングルタイプの電気式ホットサンドメーカーです。ざっくりとした網目模様が焼き上がるのがポイント。1分刻みのダイヤルタイマー付きなので、忙しい朝でも自分好みの焼き上がりが簡単に実現します。

電源コードは底面に巻きつけて収納でき、縦置きでも仕舞うことが可能。1人暮らしや2人暮らしの方におすすめの1台です。

ヤマゼン YSB-S420

ヤマゼン YSB-S420

いろいろな具をたくさん盛り込んだホットサンドが好きな方にぴったりのモデルです。内部は深めのアーチ構造になっているため、ボリュームがあるカツサンドやチキンサンドを作るのにも最適。パンの耳もそのまま焼けるので、わざわざ切り落とす手間を省けます。

また、プレートにはフッ素樹脂加工が施しており、お手入れも簡単です。

ドウシシャ TSH-701D

ドウシシャ TSH-701D

持ち手が付いていて運びやすい電気式のホットサンドメーカーです。可愛らしいディズニーキャラクターの焼き目が付くのがポイント。ダブルタイプなので2セット同時に調理可能です。さらに、斜め線の焼き目も入るので、三角サンドなら一度に4つ作れます。

焼き上がった4つの三角サンドには、それぞれにディズニーキャラクターの焼き印がつき、子供がいる家庭やディズニーファンにおすすめのモデルです。

石崎電機製作所「モテナシベーカー」SMS-802S

石崎電機製作所「モテナシベーカー」SMS-802S

ボタン1つの簡単操作で、料理に慣れていない方でも使いやすい電気式ホットサンドメーカーです。一定温度になると加熱をストップするサーモスタットを上下のヒーターに内蔵。焼き過ぎや焦げを防ぎ、安全に美味しいホットサンドを作れます。

プレートを簡単に取り外して丸洗いできるのもポイント。レシピ集も付属し、初めてホットサンドメーカーを使う方にもおすすめの1台です。

グリーンハウス GH-HOTSB

グリーンハウス GH-HOTSB

2枚同時に作れるダブルタイプの電気式ホットサンドメーカーです。開いた状態で付属の平面プレートをセットすれば、ホットプレートとしても使える画期的なモデル。ホットサンドだけでなく、お好み焼きのような焼き物も楽しみたい一人暮らしの方などにおすすめです。

また、縦置き収納できるのもポイント。さらに、付属のレシピブックにはディナーからデザートまでさまざまなレシピを掲載し、おしゃれなホームパーティーでも大活躍の1台です。

新津興器「そのままホットサンド」SSH-90

新津興器「そのままホットサンド」SSH-90

四角いホットサンドが2セット作れるホットサンドメーカーです。朝食やおやつで一度にたくさん作りたいときに便利。

食パンの耳を切らずにそのまま使えるので、ボリューム感のある朝食が好きな方にもおすすめです。なお、プレートはフッ素樹脂加工が施されており、汚れも落ちやすくなっています。

デロンギ「マルチグリルサンド&ワッフルメーカー」

デロンギ「マルチグリルサンド&ワッフルメーカー」

3つのプレートでさまざまな料理が楽しめるマルチグリルサンド & ワッフルメーカーです。「ホットサンドプレート」では、定番のホットサンドだけでなくケーキやパイも焼けます。「ワッフルプレート」を使えばカリッとしたワッフルが自宅で調理可能です。

さらに、「グリルプレート」なら余計な脂分を落としながらヘルシーに肉や魚介、野菜のグリルを楽しめます。また、大きめのパンで作るパニーニサンドもおすすめです。

ホットサンドメーカーの人気売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのホットサンドメーカーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ホットサンドメーカーのランキングを見る

担当者からひとこと

ホットサンドを手軽に作れるホットサンドメーカー。直火式と電気式があり、ライフスタイルに応じて選ぶのがおすすめです。ダブルタイプやオプションプレートが用意されているモデルなら料理の幅が広がります。今回の記事を参考に、ぜひホットサンドを暮らしに取り入れてみてください。

すべてのホットサンドメーカーを見る

おすすめの関連記事