送料無料キャンペーン

【2024年】ワッフルメーカーのおすすめ12選 手軽にできたてスイーツが楽しめる

更新日:2024.02.05

ワッフルメーカーのイメージ

家庭でもアウトドアでも、手軽に焼きたてを味わえる「ワッフルメーカー」。火にかけて焼き上げる直火式と、スイッチを入れるだけで仕上がる電気式が存在し、どちらも本格的なワッフルを作れると人気を集めています。
そこで今回は、おすすめのワッフルメーカーをご紹介。選び方も参考に、チェックしてみてください。

タイプは“電気式”と“直火式”の2種類

電気式

タイプは電気式と直火式の2種類 電気式

本体のスイッチを押すだけで、ワッフルを焼き上げられる電気式。火加減の調節をする必要がなく、誰でも簡単に調理できるのが魅力です。

焼き加減は、調理時間で調節可能。また、消費電力のワット数が高いほど、火力が強く表面をカリッと焼き上げられます。電源があればどこでも使えるのもポイント。リビングのテーブルなどに設置して、ホームパーティーなどを楽しみたい方にもおすすめです。

電気式を選ぶときのポイント

タイプは電気式と直火式の2種類 電気式 電気式を選ぶときのポイント

四角・扇・キャラクターなど、焼き上げられるワッフルの形状は製品によってさまざま。プレートの形状をチェックして選ぶのがポイントです。プレートを取り替えられるモノも人気。バリエーションによっては、ドーナツやホットサンドなど多彩なレシピを楽しめます。

使い勝手にこだわりたい方は、電源スイッチやタイマー付きのモデルがおすすめです。電源の切り忘れを予防でき、焼き加減もより簡単に調節できます。

直火式

タイプは電気式と直火式の2種類 直火式

フライパンのようにガス火などで本体を熱してワッフルを焼き上げる直火式。キッチンはもちろん、キャンプやバーベキューといったアウトドアでもおいしいワッフルを楽しめます。

火加減と調理時間を調節すれば、好みの焼き具合に仕上げることが可能です。本体は丸洗いでき、簡単にお手入れできます。電気式に比べコンパクトなことも魅力で、省スペースで収納したい方にもおすすめです。

直火式を選ぶときのポイント

タイプは電気式と直火式の2種類 直火式 直火式を選ぶときのポイント

ガス火を使用する場合は、持ち手の長さをチェックして選ぶのがポイント。長いほど手元が熱くなりにくく、より安全に調理可能です。

上下のプレート2枚で挟んで焼くタイプが主流で、本体をひっくり返すだけで両面をこんがり焼き上げられます。プレートの上でワッフルをひっくり返して両面を焼き上げるフライパンタイプもラインナップ。小さなワッフルを複数同時に焼けるモノが人気です。

ワッフルメーカーの選び方

焼ける枚数をチェック

ワッフルメーカーの選び方 焼ける枚数をチェック

1度に焼けるワッフルの枚数をチェックするのもポイントです。複数枚を同時に焼けるモノを選べば、大人数分のワッフルをより時短で焼き上げられます。生地を残さず調理したい場合にも便利です。

最も一般的な四角形のワッフルを焼くモデルでは、1〜2枚焼きが主流。なかには、扇や丸型のワッフルを4枚以上焼けるモノもあります。子供のおやつ作りにもおすすめです。

凹凸の深さをチェック

ワッフルメーカーの選び方 凹凸の深さをチェック

プレートの凹凸の深さで、焼き上がりの食感が変わってきます。濃厚な生地を使用し、しっかりとした食感が魅力のリエージュワッフルを焼きたい場合はより深めのプレートがおすすめです。溝が深いほど熱を伝える面積が広く、なかまでしっかり火を通せます。

一方、ふわふわとした軽い食感のブリュッセルワッフルを焼く場合は、すこし浅めでもあまり気になりません。両方のタイプのワッフルを作る方や、カリカリ食感も楽しみたい方は深めのモノを選んでおくのが最適です。

お手入れのしやすさで選ぶ

ワッフルメーカーの選び方 お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れをラクにしたい場合は、プレートがフッ素樹脂加工されたモノがおすすめです。調理時の生地のこびりつきを予防。スムーズにワッフルを取り出せるうえ、汚れも簡単に落とせます。

電気式の本体は、しぼった布巾などで汚れを拭き取るのが一般的。また、プレートを取り外せるモノなら、プレートを丸ごと洗えて便利です。

レシピのレパートリーをチェック

ワッフルメーカーの選び方 レシピのレパートリーをチェック

ホットサンドメーカーと一緒になっているモデルも多いワッフルメーカー。電子式では、プレートを取り替えてさまざまなレシピを楽しめるモノが人気です。

生地の代わりに切り餅を挟んで焼き上げた「モッフル」など、ワッフルプレート単体でもさまざまなアレンジレシピを楽しめます。レシピブックを付属している製品もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

ワッフルメーカーのおすすめ

ビタントニオ「ワッフル&ホットサンドメーカー」VWH-600

ビタントニオ「ワッフル&ホットサンドメーカー」VWH-600

かわいらしいデザインながら機能性に優れたワッフルメーカーです。全14種類の取り替え可能なプレートが付属しており、アイデア次第でさまざまなモノを作れます。全10種類のレシピを掲載するリーフレットも付いているので、料理の幅を広げられるのも魅力です。

またタイマーを搭載しているので、時間を変えれば好みの焼き加減に調節できます。異なる食感を楽しめるのはもちろん、電源の切り忘れ防止にも効果的です。取り外し可能なプレートには、汚れが付きにくいフッ素樹脂加工が施されています。

ライソン「洗えるシングルマルチサンドメーカー3in1」KDHS011W

ライソン「洗えるシングルマルチサンドメーカー3in1」KDHS011W

3種のプレートを付け替えられるワッフルメーカーです。ワッフルの他にも、ホットサンド・パンケーキがこの1台で楽しめます。1人分を簡単に作ることができるため、一人暮らしの方にもおすすめのアイテムです。

プレートはフッ素樹脂加工が施されており、焦げにくく、油をひかなくても調理できるのが特徴。また、プレートは着脱式になっているため、取り外して洗うことが可能です。

アピックス「My Bistro(マイビストロ)」ASW-284

アピックス「My Bistro(マイビストロ)」ASW-284

予熱完了お知らせランプを搭載し、生地を入れるタイミングが分かりやすい電気式ワッフルメーカー。フッ素樹脂加工により、焼き上がったワッフルを取り出しやすいうえ、しぼった布巾などで汚れを拭き取りやすいのもポイントです。

メタリックブラウンのおしゃれなカラーも人気。2枚同時に焼けるので、ホームパーティーなどでも活躍します。縦置きでき、空いたスペースに収納しやすいのもメリットです。

ウィナーズ「プラッド recolte(レコルト)」

ウィナーズ「プラッド recolte(レコルト)」

キルト模様のかわいいデザインが魅力のワッフルメーカーです。具材をたくさん入れることで、ボリューミーなホットサンドを作ることが可能。50種類のレシピが載ったレシピブックを付属しています。

電源を入れて予熱をし、食パンと具材を挟むだけですぐに調理できるのもポイント。プレートは熱伝導性に優れており、予熱をしてから約2分半でおいしく焼き上げられます。幅広く調理できるモデルを求めている方はもちろん、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

デロンギ「マルチグリルサンド & ワッフルメーカー」SW13ABCJS

デロンギ「マルチグリルサンド & ワッフルメーカー」SW13ABCJS

3つのプレートを付属し、ワッフルやホットサンドに加え、肉・魚・野菜のグリルも楽しめるワッフルメーカーです。グリルプレートに加え、油受けトレイも搭載。余分な油を落として調理できます。朝食・ランチ・おやつ・夕食と幅広く使えて便利です。

約幅29.5×奥行25×高さ10.5cmと大きめのサイズながら、自立式で幅をあまり取らずに収納できます。

スケーター EWF1

スケーター EWF1

かわいいキティちゃんの形のワッフルを作れるワッフルメーカーです。電気式のため、パーティ時もテーブルの上に置いて、みんなの前で調理することが可能。1枚ずつ焼けるコンパクトなデザインで、子供のおやつタイムにも活躍します。電源コードの長さは1.4mです。

リボンや耳の形に合わせて型も変形しているため、トッピングの工夫次第でさらにキュートに仕上げられます。型の表面はフッ素で加工しており、お手入れしやすいのが魅力。本体の重さは785gで、荷物の隙間に入れて外出先でも使用できるおすすめのワッフルメーカーです。

スマートプラネット「Peanuts スヌーピー&チャーリーブラウンワッフルメーカー」WM6S

スマートプラネット「Peanuts スヌーピー&チャーリーブラウンワッフルメーカー」WM6S

ピーナッツのキャラクター型に焼きあがるワッフルメーカーです。スヌーピーやチャーリーブラウンのデザインで焼きあげられるので、朝食やおやつの時間がより楽しくなります。味だけでなく見た目でも楽しめる子どものおやつ作りにおすすめのアイテムです。

市販のホットケーキミックスも使用できます。また、調理時間は4〜5分程度とスピーディで、忙しい朝の時間帯にも便利です。お好みでメープルシロップやフルーツをトッピングすれば、自分好みのワッフルを手軽に楽しめます。

(C)Peanuts Worldwide LLC

イタリア商事「BawLoo(バウルー)」BW03

イタリア商事「BawLoo(バウルー)」BW03

ガス火にかけて両面をこんがり焼き上げられる直火式ワッフルメーカー。じっくり焼き上げれば、表面がカリッとした香ばしいワッフルを楽しめます。やわらかさを残した状態で取り出し、クレープのように具材を巻いて楽しむことも可能です。

フッ素樹脂加工のプレートは、生地がこびりつきにくく簡単にお手入れできます。約640gと軽量で持ち運びにも便利。キャンプやバーベキューでの使用にも最適です。

パール金属「おやつDEっSE II」D-6540

パール金属「おやつDEっSE II」D-6540

2枚同時に作れる直火式ワッフルメーカーです。熱源はガス火に対応。上下2枚のプレートを搭載し、生地を入れて挟んで片面ずつひっくり返しながら加熱すれば、両面をこんがりと焼き上げられます。

プレートの内面にこびり付きにくいフッ素加工が施されており、焼き上げたワッフルをきれいに取り出しやすいのがメリット。さらに、汚れを落としやすいのでお手入れしやすいモデルを探している方にもおすすめです。

シィーネット「ワッフルメーカー」SWM101

シィーネット「ワッフルメーカー」SWM101

ボウル型のワッフルが作れるワッフルメーカーです。焼き上げたワッフルを、食べられる器として使えるのがメリット。きゅうりやハムなどの具材をのせてボリューム感のある朝食を作ったり、アイスや果物をトッピングしておしゃれなスイーツに仕上げたりできます。

オリジナルレシピを付属しているため、ワッフルボウルのアレンジレシピに初めて挑戦する方や、レシピの幅を広げたい方にもおすすめです。約1.1kgと軽量で、持ち運びが簡単。キッチンはもちろん、リビングのテーブルに設置しても調理できます。

テスコム THS50A

テスコム THS50A

ワッフルも具だくさんのホットサンドも作れる電気式のモデル。予熱後に生地を流し込み、本体を閉じたら数分待つだけなので簡単です。また、「ホットサンドプレート」に付け替えれば、手軽にホットサンド作りができます。

食パンの4辺を耳ごとしっかり密着させて焼き上げる「密着焼きプレート」を付属。液状の具材を入れてもこぼれにくく、きれいに食べられます。ハンバーグのような厚みのある食材も挟める構造なので、ボリューム満点のホットサンドに仕上げることが可能です。

ビアレグレ「MULTI SAND MAKER」VI-MS111W

ビアレグレ「MULTI SAND MAKER」VI-MS111W

高品質な「ストーンセラミックプレート」を採用したワッフルメーカー。セラミックの遠赤外線効果により、焼きムラを軽減しながらおいしく仕上げられます。プレートが焦げ付きにくいのもメリット。お手入れのしやすいのがおすすめポイントです。

ワッフル用に加えて、ドーナツ・ホットサンド・パニーニの3種類のプレートがセットになっています。1台で、朝食・軽食・おやつなどを作れるので便利。オリジナルレシピ集が付属しているので、レシピの幅を広げられます。

ワッフルメーカーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのワッフルメーカーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ホットサンド・ワッフルメーカーのランキングを見る

担当者からひとこと

デザート、おやつ作りに便利なワッフルメーカー。電気式では、インテリアとしても楽しめるおしゃれなモノが多いのも特徴です。ホームパーティーなどにテーブルの上に設置して使用したい方は、部屋の雰囲気などに合わせてぴったりのデザインを選んでみてください。

すべてのワッフルメーカーを見る

おすすめの関連記事

キッチン家電 人気の記事