ヨーグルトメーカーのおすすめ9選【2021】ギリシャヨーグルトや発酵フードが自宅で作れる

更新日:2021.03.08

ヨーグルトメーカーのイメージ

自分だけのオリジナルヨーグルトを、自宅で簡単に作れるヨーグルトメーカー。最近ではヨーグルトだけでなく、納豆・チーズ・フルーツビネガーなど、さまざまな発酵食品を作れる製品も発売されています。そこで今回は、おすすめのヨーグルトメーカーをご紹介。シンプルなモデルから多機能なモデルまで幅広く揃えているので、ぜひ参考にしてみてください。

ヨーグルトメーカーの選び方

作りたいレシピと対応する容器

ヨーグルトだけ作るなら“牛乳パック”タイプ

ヨーグルトメーカーの選び方 作りたいレシピと対応する容器 牛乳パックタイプ

プレーンヨーグルトのみを簡単に作りたいという方には、牛乳パックタイプがおすすめ。フタを開けた牛乳パックにヨーグルトの種菌を入れ、セットするだけでヨーグルトを作ることができます。

市販の牛乳パックをそのまま使って作るので容器の殺菌や消毒をする手間がなく、食べ終えたらそのまま捨てられる手軽さが魅力です。

発酵フード全般は“専用容器付き”が便利

ヨーグルトメーカーの選び方 作りたいレシピと対応する容器 専用容器付き

納豆や味噌、甘酒など、ヨーグルト以外の発酵フードも作りたい方は、さまざまな食材に対応した、専用容器付きのヨーグルトメーカーがおすすめ。なかには専用容器だけでなく、牛乳パックも入れられるモデルが存在します。用途に合わせて使い分けできるのが非常に便利です。

また、小分け容器が付いていれば、人数分を少量ずつに分けて作れるのが魅力。充実した機能を備えたモデルが多くラインナップされています。

いろんなレシピに挑戦するなら“温度調節”は必須

ヨーグルトメーカーの選び方 いろんなレシピに挑戦するなら温度調節は必須

ヨーグルトといっても、カスピ海ヨーグルトなら低めの25〜27℃、プレーンヨーグルトは約40℃など、種類によっても発酵温度に微妙な違いがあります。こうした温度設定ができないと、菌種に合わせたおいしいヨーグルト作りができません。

さらに、納豆を作るなら約45℃、甘酒や味噌を作るなら60℃と高温設定も必要。70℃程度まで設定できる機種なら、低温調理器としてローストビーフなどを作るのにも利用できるので、料理の幅も広がります。

対応する容量も確認

ヨーグルトメーカーの選び方 対応する容量も確認

家族で利用する方や、夫婦で利用する方、単身で利用する方など、人数に合わせて最適な容量のヨーグルトメーカーを選ぶことが大切です。容量が大きすぎたり小さすぎたりすると不便に感じてしまうこともあります。

子供も含めた家族で使用する場合は、1000〜2000mlの大容量タイプを選択するのがおすすめ。一方、夫婦や単身で使用する場合は、500〜1000mlのコンパクトタイプをチェックしてみてください。

ワンタッチでメニューを選べるモデルなら簡単

ヨーグルトメーカーの選び方 ワンタッチでメニューを選べるモデルなら簡単

ヨーグルトメーカーのなかには、塩麹や甘酒、飲むヨーグルトなど、用意された専用のボタンを押すだけで調理を行えるモデルが存在します。特に、発酵食品に初めてチャレンジする方にとって、難しい温度調節が不要でワンタッチ調理が可能なモデルは便利です。

また、高機能タイプのなかには完成したヨーグルトの水切りを自動で行えるモノもあります。作りたい発酵食品やこだわりに合わせて、調理を快適に行える製品を選択しましょう。

付属品の有無も要チェック

ヨーグルトメーカーの選び方 付属品の有無も要チェック

スプーンや容器、計量器など、付属品があるかをチェックすることが利便性を高める上で大切です。例えば牛乳パック用カバーやクリップが付属していれば、発酵中にパックの口をふさげます。別途購入したり代用品を探したりしたりする必要がないため、使い始めで不便さを感じにくいのがメリットです。

なかには、木材を使用したおしゃれなスプーンが付いていたり、ギリシャヨーグルト専用の水切りカップが付いていたりする製品もラインナップ。本体だけでなく、付属品も忘れずにチェックしておきましょう。

ヨーグルトメーカーのおすすめ

アイリスオーヤマ KYM-014

アイリスオーヤマ KYM-014

自動メニューを搭載し、プレーンヨーグルトやカスピ海ヨーグルトはもちろん、甘酒や塩麹もボタンひとつで簡単に作れるヨーグルトメーカーです。500mlや1000mlの牛乳パックをそのままセットできるので、洗い物が少なく、気軽に手作りヨーグルトを楽しめます。

最大48時間のタイマーと、25〜65℃まで1℃単位の温度設定機能も搭載し、オリジナルヨーグルトのほか味噌などの発酵食品を作りたい方にもおすすめです。

ドリテック YM100WT

ドリテック YM100WT

温度や時間を簡単に設定できるシンプルなヨーグルトメーカー。温度は25〜70℃、時間は1〜48時間まで1時間単位で設定できます。ボタンを押すだけで手軽に温度や時間を変えられるのが便利です。

牛乳パックのセットに対応しているので、気軽にヨーグルトを作れます。また、専用カップを付属。甘酒や醤油麹なども調理でき、製品の活用幅を広げられるのがうれしい点です。

仲佐 NAM-10L

仲佐 NAM-10L

ヨーグルトだけでなくおいしい甘酒を作りたい方におすすめの製品。ごはん・水・米麹があれば、手軽にオリジナルの甘酒を作れます。ほかにも、豆乳ヨーグルトやクリームチーズ、納豆などを調理可能です。

本製品には、容器を側面からまんべんなく加熱する「4面加熱方式」を採用しています。設定温度に達するまでの時間が早いため、調理時間を短縮できるのがメリットです。さらに、熱湯消毒を行える専用容器も付属しています。

ビタントニオ VYG-20

ビタントニオ VYG-20

牛乳パック1本がそのまま入るヨーグルトメーカーです。一度にたくさん作れるため経済的。オートメニューを使うと、プレーンヨーグルトやカスピ海ヨーグルトを簡単に作れます。

タイマーは最大99時間、温度管理は25〜70℃で設定が可能。発酵食品や低温調理にも活用できます。付属のガラス容器を使うと甘酒やピクルスなどの料理も作れるので便利です。

ライフオンプロダクト「PRISMATE(プリズメイト)」PR-SK007

ライフオンプロダクト「PRISMATE(プリズメイト)」PR-SK007

リアルウッド素材がインテリアになじみやすいヨーグルトメーカー。ヨーグルトだけでなく、甘酒やローストビーフのような、発酵食品や低温調理など幅広い料理を作れるのがうれしい点です。

温度は20〜65℃で1℃刻み、タイマーは、1〜48時間を1時間刻みで設定可能。さらに、リアルウッド素材のロングスプーンと2つの専用ボトル、2つの牛乳パック用クリップなど付属品が豊富で、初心者にもおすすめです。

東京企画「ヨーグルトファクトリーPREMIUM」TKSM-016

東京企画「ヨーグルトファクトリーPREMIUM」TKSM-016

カスピ海ヨーグルトをボタンワンタッチで作れるヨーグルトメーカーです。牛乳パックにカスピ海ヨーグルトの種菌を混ぜ、本体へセットするだけで簡単に調理できるのが特徴。もちろん、プレーンヨーグルトも同じ手順で作れます。

本体が牛乳パックを一回り大きくした程度とスリムな設計であることも魅力。ヨーグルトだけ作れる仕様で、シンプルで使いやすい点がおすすめの製品です。

NUCジャパン「ヨーグルト&チーズメーカー」KGY-713SM

NUCジャパン「ヨーグルト&チーズメーカー」KGY-713SM

高機能タイプの大容量ヨーグルトメーカー。本製品ひとつで、ギリシャヨーグルトや納豆、チーズなど、約100種の発酵フードを作れるのが特徴です。ヨーグルトは約8時間、梅エキスは約72時間で料理できます。

また、回転式脱水機能を搭載しているため、ヨーグルトなどの水切りを簡単に行えるのがうれしいポイント。最大容量は2000mlで、家族で楽しみやすいおすすめのヨーグルトメーカーです。

新津興器 SYM-15

新津興器 SYM-15

友人や家族とのパーティーで使いやすい、おすすめのヨーグルトメーカーです。本製品は、プレーンとカスピ海の2種類のヨーグルトを料理可能。専用容器または牛乳パックをセットし、ダイヤルを回すだけで、簡単においしく作れます。

サイズは約185×205×205mm、重量は約650gと重すぎないので、女性でも持ち運びしやすいのがメリット。コロンとしたフォルムが、食卓にそのまま置いてもかわいらしい1台です。

イデアインターナショナル「IDEA Label(イデアレーベル)」LOE037

イデアインターナショナル「IDEA Label(イデアレーベル)」LOE037

デザインがシックでインテリアにも合わせやすい、おすすめのヨーグルトメーカーです。温度調節機能やタイマー機能を搭載しています。

また、イデアインターナショナルオリジナルの専用レシピも付属。ワインビネガーや甘酒、カッテージチーズなど、さまざまな発酵フードを作れるのが魅力です。基本的な発酵フードを作れるだけでなく、アレンジレシピを見ながら新しい料理に挑戦できます。

ライフオンプロダクト「ハッコウ ブロック 楽しく使えるレシピブック付」PR-SK008

ライフオンプロダクト「ハッコウ ブロック 楽しく使えるレシピブック付」PR-SK008

温度を設定するだけのシンプル操作で、簡単にさまざまな発酵食品を作れるヨーグルトメーカーです。温度は25℃・40℃・60℃の3段階に設定でき、プレーンヨーグルトだけでなくカスピ海ヨーグルトや甘酒、フルーツビネガーも作れます。

500ml以下の牛乳パックをセットできるほか、付属の専用ボトルでも使用可能。本体サイズが113×113×220mmとコンパクトなので、小さめのキッチンでも使いやすく、一人暮らしの方にもおすすめです。

ヨーグルトメーカーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのヨーグルトメーカーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ヨーグルトメーカーのランキングを見る

担当者からひとこと

ヨーグルトを手軽に、そして経済的に作れるヨーグルトメーカー。ヨーグルトだけでなく、さまざまな発酵食品も作れる製品がラインナップされているため、どれにしようか迷ってしまいがちです。選び方を参考に、お気に入りのひとつを見つけてみてください。

すべてのヨーグルトメーカーを見る

おすすめの関連記事