カテゴリから選ぶ

【2022年】炭酸水メーカーのおすすめ8選 オリジナルの炭酸飲料が楽しめるアイテムも紹介

更新日:2022.08.09

炭酸水のイメージ

炭酸水を自宅で手軽に作れる家電が「炭酸水メーカー」。別名「ソーダメーカー」とも呼ばれ、プレゼント用として購入されることも多いです。最近では、ジュースやお茶、お酒など、さまざまなドリンクに対応した製品も登場。

今回は、おすすめの炭酸水メーカーと選び方を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

炭酸水メーカーのメリット・デメリット

メリット

炭酸水メーカーのメリット・デメリット メリット

炭酸水メーカーを使うことで、新鮮な炭酸水を自宅で手軽に作れるのがメリットです。簡単な操作で作れるので、初心者でも安心して始められます。

また、お酒やジュースなど、幅広いドリンクに対応した製品もラインナップ。いつも購入しているドリンクに炭酸を加えることで、普段とは違った楽しみ方をしたり、料理のレパートリーを増やしたりすることができます。

デメリット

炭酸水メーカーのメリット・デメリット デメリット

炭酸水メーカーを使うデメリットは、使用頻度によってランニングコストが高くなってしまう点です。500mlあたりのコストで換算すると、炭酸水メーカーの方がお得。しかし、初期投資に1〜2万円前後かかる点を考えると、市販の炭酸水を買った方が安く済む場合もあります。

また、シリンダー式の場合は、ガスシリンダーを家庭ゴミとして廃棄できません。手軽に使いたい方は、カートリッジ式の使用がおすすめです。

炭酸水メーカーの選び方

炭酸ガスの充填方法をチェック

シリンダー式

炭酸水メーカーの選び方 炭酸ガスの充填方法をチェック シリンダー式

シリンダーと呼ばれる小型のガスボンベを本体にセットしてガスを注入する方式です。1本のシリンダーで60L程度の炭酸水が作れます。炭酸の強度を調節できるモデルが多く、カートリッジ式に比べて強炭酸が作れることが魅力。ランニングコストを安く抑えられるので、頻繁に炭酸水を使う方におすすめです。

なお、シリンダーはガスがなくなったら自分では処分せずに、店舗やメーカーに返却する必要があります。

カートリッジ式

炭酸水メーカーの選び方 炭酸ガスの充填方法をチェック カートリッジ式

ガスが入ったカートリッジを、ボトルの上に取り付けて使用する方式です。使用後は燃えないゴミとして処分できるため、気軽に利用できます。

また、大きな機器を必要としないため、キャンプなどへの持ち運びがしやすいのがメリットです。その反面、炭酸が弱めになりがちなのがデメリット。使い切りタイプなので、1本あたりの単価が高くなるという点もありますが、使用頻度が低い方や、初心者の方にはおすすめです。

対応ドリンクをチェック

炭酸水メーカーの選び方 対応ドリンクをチェック

水から炭酸水を作るだけでなく、お酒やジュースなども炭酸にすることができます。ほかにも、日本酒に炭酸を加えたり、ワインをスパークリングにしたりして楽しむことも可能。製品によって対応しているドリンクが異なるので確認が必要です。

また、果肉が多く含まれていたり飲料の粘度が高かったりすると、使用が難しいこともあります。製品の注意事項をよく確認しながら使用しましょう。

炭酸の調節機能をチェック

炭酸水メーカーの選び方 炭酸の調節機能をチェック

弱炭酸や強炭酸など、炭酸の強さを自由に調節したい場合は、炭酸の調節機能を確認しましょう。ボタンを押して手動で炭酸を送り込む「手動式」と、電動で送り込む「電動式」の2種類があります。

手動式は、ボタンを押した回数で炭酸の強さを変えられるのが特徴。自分の感覚で微調整できるのが魅力です。一方で電動式は、弱・中・強など、決められたメニューから選択することが可能。何度使っても、同じ強さの炭酸を作れます。

専用ボトルをチェック

炭酸水メーカーの選び方 専用ボトルをチェック

作られた炭酸水をストックする専用ボトルにも注目です。専用ボトルの容量は500ml〜1L程度が主流。冷蔵庫に入れやすいサイズ・形状のボトルが付属したモデルがおすすめです。

また、マイボトルとして気軽に持ち運べるかどうかもポイント。バリエーションに富んだボトルをオプションで発売しているメーカーもあり、家族それぞれでマイボトルを購入して炭酸水メーカーをシェアするといった使い方もできます。

炭酸水メーカーの人気メーカー

ソーダストリーム(SodaStream)

炭酸水メーカーの人気メーカー ソーダストリーム(SodaStream)

ソーダストリームは、炭酸水メーカーを専門としたブランドです。1903年に創業し、炭酸水メーカーに関する多数の特許や商標登録を取得しています。

ソーダストリームの炭酸水メーカーは、約5秒程度と簡単で素早く作れるのが特徴。市販の炭酸水を買うよりも、お得に済ませられるのでおすすめです。また、おしゃれな保存用ボトルや、持ち運び用マイボトルなど、オプションを豊富に取り揃えています。

ドリンクメイト(drinkmate)

炭酸水メーカーの人気メーカー ドリンクメイト(drinkmate)

ドリンクメイトは、新技術によって質の高い製品の開発を行っている炭酸水メーカーのブランド。水だけでなく、ジュースやスポーツドリンク、お酒など、好きなドリンクを炭酸飲料にできるのが魅力です。

「オートマチック」「ベーシック」「マグナム」の3つのシリーズでラインナップしているのが特徴。特にマグナムシリーズが人気で、最大142Lの大容量ガスシリンダーを付属しています。

炭酸水メーカーのおすすめ

ソーダストリーム「Spirit (スピリット) スターターキット」SSM1066(シリンダー式)

ソーダストリーム「Spirit (スピリット) スターターキット」SSM1066(シリンダー式)

置き場所を選ばないコンパクトでスリムなデザインの炭酸水メーカー。上部のボタンの押す回数で、炭酸の強度を調節できます。その日の気分やレシピに応じて、最適な強度の炭酸水作りを楽しむことが可能です。

また、スタイリッシュなヒューズボトルが付属しているのも嬉しいポイント。気軽に炭酸水のある暮らしを始めてみたい方におすすめです。

ソーダストリーム「Spirit One Touch(スピリット ワンタッチ) スターターキット」SSM1080(シリンダー式)

ソーダストリーム「Spirit One Touch(スピリット ワンタッチ) スターターキット」SSM1080(シリンダー式)

スリムなボディながら全自動で1Lの炭酸水を作れるベーシックなモデルです。上部にある3つのボタンから好みの炭酸強度を選んでワンプッシュするだけ。ホームパーティーで炭酸水メーカーに慣れていない方が操作するといったシーンでも簡単に使えます。

ボトルはワンタッチで取り外しができるスナップロック機能を採用。炭酸水メーカーを初めて使う方におすすめのアイテムです。

ドリンクメイト「マグナムシリーズ Grand」DRM1006(シリンダー式)

ドリンクメイト「マグナムシリーズ Grand」DRM1006(シリンダー式)

水だけでなく、ジュースやお酒の炭酸化もできるシリンダー方式のモデルです。搾りたてのフルーツで炭酸ジュースを作ったり、スパークリングワインやスパークリング日本酒を楽しんだりできます。

また、炭酸の抜けたコーラやソーダを再炭酸化することも可能。炭酸を使ったレシピにこだわりたい方にもおすすめです。

アールケ「Carbonator 3」AA1203(シリンダー式)

アールケ「Carbonator 3」AA1203(シリンダー式)

ボトルと炭酸ガスシリンダーをセットし、レバーを押すだけで炭酸水が作れる炭酸水メーカー。ボトル内部の圧力も自動で調節します。加えて、レバーを押す回数に応じて、炭酸の強さを変えられるのも特徴です。

専用ペットボトルは冷蔵庫に入れて保存可能。手軽に冷えた炭酸水が楽しめるほか、カクテル作りにも活用できます。さらに、持ち運びも可能なので、アウトドアスポーツやキャンプなどにも便利です。

ドリンクメイト DRM1001(シリンダー式)

ドリンクメイト DRM1001(シリンダー式)

お酒やジュースの濃度はそのままに、シュワッとした炭酸飲料ができる炭酸水メーカー。お茶やコーラ、オレンジジュースなど、さまざまなドリンクに対応しているのがおすすめポイントです。

使い方はシンプルで、専用のボトルに好みのドリンクを入れ、インフューザーを本体へ装着。その後、ガス抜けの音がするまで上部のボタンを押し続けます。ボトルを本体から外し、ガスを抜くだけと簡単です。

ソーダストリーム SSM1062(シリンダー式)

ソーダストリーム SSM1062(シリンダー式)

有名デザイナーのイヴ・ベアール氏と共同開発された炭酸水メーカーです。500mlペットボトル1本あたりの炭酸水を作るのに、約18円で済ませられるのが魅力。日々のランニングコストを抑えたい方におすすめです。

また、ガス注入時にLEDライトが光り、炭酸の強弱が分かるのもポイント。さらに、自動ガス抜き機能を搭載しているので、ガス抜き時の音を抑えられるうえ、作り終わった後の手間がかからないのも嬉しい特徴のひとつです。

ソーダストリーム SSM1070(シリンダー式)

ソーダストリーム SSM1070(シリンダー式)

弱炭酸から強炭酸まで、幅広く作れる炭酸水メーカーです。子供向けに弱炭酸のジュースを作りたい方や、ハイボール、炭酸カクテルなどを作りたい方にもおすすめ。

また、炭酸の強さはボタンを押す回数で調節でき、自分好みに仕上げられるのが特徴です。60L用のガスシリンダーも1本付属しています。さらに、メタル式炭酸注入ノズルを搭載。炭酸を入れたときに、ドライアイスができにくいので安心です。

ソーダストリーム「デュオ(Duo)」SSM1085(シリンダー式)

ソーダストリーム「デュオ(Duo)」SSM1085(シリンダー式)

初めて炭酸水メーカーを購入する方におすすめの、操作方法が簡単なアイテムです。シルバーのホルダーにボトルをセットし、炭酸注入ヘッドを下ろしてスイッチを押すだけで、すぐに炭酸水を作れます。付属のボトルはプラスチック製で、炭酸水が完成したらそのまま冷蔵庫で保管したり、バッグに入れて持ち歩いたりすることが可能。70℃までの食洗機にも対応でき、使い勝手がよいのが魅力です。

炭酸水メーカーのデザインはスッキリとしており、「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞しています。使わないときはラックやテーブルなどの上に置いて、インテリア家具としても活躍するおすすめの炭酸水メーカーです。

炭酸水メーカーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの炭酸水メーカーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

炭酸水メーカーのランキングを見る

担当者からひとこと

炭酸水メーカーには、手動式・電動式、シリンダー式・カートリッジ式など、さまざまな方式のモノがラインナップされています。製品選びで迷わないためには、持ち運びの有無や、利用の頻度などを事前に検討しておくことがポイントです。ぜひこの記事を参考にして、お気に入りの炭酸水メーカーを見つけてみてください。

すべての炭酸水メーカーを見る

おすすめの関連記事