ミキサーのおすすめ11選【2020】スムージーやジュース作りに便利な人気モデル

更新日:2020.09.27

ミキサーのおすすめ

ミキサーはタンブラーやジャーのような深さのある容器に食材を入れて攪拌できる便利な調理家電。定番のスムージーを手軽に楽しめるモデルや、調理の下ごしらえなどのさまざまな用途に使えるモデルなど、多くの商品が存在し、選ぶときに迷いがちです。

そこで今回は、ミキサーの選び方とおすすめの商品を紹介します。

ミキサーとは

ミキサーとは、容器内の液体や固体、粉体の食材を攪拌するキッチン家電です。水分を含む固体を液状にする目的で使われることが多く、繊維を残したジュースや、スープなどを作るときに活躍します。

また、モデルによっては氷を砕くこともできるので、ひんやりと冷たいスムージーも調理可能です。なお、泡だてに使われるハンドミキサーとは異なるので間違えないように注意しましょう。

ブレンダー・ジューサー・フードプロセッサーとの違い

ブレンダー

ブレンダー

ブレンダーは、スティック状の本体の先端にブレードが備わった、食材をつぶしたり混ぜたりすることが可能なハンドブレンダーのことです。

食材をボウルなどの容器に入れて攪拌するので本体がコンパクト。アタッチメントを使うことによって泡立てや切り刻みも可能。汎用性が高いことが特徴です。

ジューサー

ジューサーのおすすめ タイトル

ジューサーは、野菜や果物からジュースを作るキッチン家電です。しぼることで繊維と果汁を分離させて、口あたりがさらっとしたジュースに仕上げます。自宅でフレッシュジュースが飲みたいという方におすすめの製品です。

フードプロセッサー

フードプロセッサー

フードプロセッサーは、ミンチやすり身を作るのが得意な製品。肉や魚、野菜などを入れて攪拌すると少し食感が残る仕上がりになるので、離乳食や下ごしらえに使えて便利です。

ミキサー選びのポイント

刃の形

ミキサーのおすすめ 刃の形

ミキサーの刃は、コーティングと形状がモデルによって異なります。中でも、チタンコーティングされたものは耐久性があるのでおすすめです。
また、形状は波型、平型、のこぎり型の3種類が主流で、それぞれ仕上がりが異なります。

波型は刻んだり砕いたりすること全般が得意なので、さまざまな用途で使えることが特徴。繊維質な食材を中心にスムージーなどを作るのであればのこぎり型、繊維が少ない食材を刻んだりこねたりするのであれば平型がぴったりです。自分がよく調理するものに合わせて刃の形状も気にして選んでみましょう。

容量

ミキサーのおすすめ 容量

スムージー1人分であれば300〜500mlの容量がおすすめです。モデルによっては攪拌したらそのまま持ち運びのボトルとして使えるものもあるので便利。一方で、下ごしらえや複数人分を作るのに使う場合は、1,000ml(1L)以上の大きめの容量なら一度に作れます。

洗いやすさ

ミキサーの容器は食材を入れるので、清潔性を保つために洗いやすくなっていることがとても重要です。パーツが分解できるものであれば、食材が隙間に入り込んでしまっても細かいところまで洗浄可能。加えて食器洗浄機にも対応していれば洗うのも簡単です。

容器の材質

ミキサーのおすすめ 容器の材質

ミキサーの容器には大きく分けてプラスチックとガラスがあります。プラスチックは軽量なので、ボトルとして持ち運べるタイプを中心にラインアップ。スムージーを作る方におすすめです。

ガラス製は大きめの容量のモデルに多く、重さがあることが難点。しかし、耐久性がある上に、多少油分のある食材を攪拌しても洗いやすいので、下ごしらえなどにも使えて便利です。

安全性

ミキサーのおすすめ 安全性

ミキサーの刃で思わぬケガをしないために、どのような安全装置が備わっているのか確認しましょう。使用後に掃除するときや、調理中に別の食材を攪拌するために交換するときなどに誤作動してしまうと危険です。

容器がセットされていないと回転しないものや、刃自体を本体からはずせるものなど、各モデルで多少異なるので確認してみましょう。

静音性

本体の消費電力が少なければ、攪拌するときの音が比較的静かです。しかし、そのぶん回転の威力も落ちるので、硬いものや繊維質の食材に使うのであれば、ある程度の大きさの音が発生してしまうのは覚悟しましょう。

その他機能

調理のバリエーションによって、付属品や機能が搭載していると便利です。コーヒー豆や乾物を挽く場合、ミルの付属品があれば別途機器を買わなくても粉々にできます。

また、モーター耐久性がよければ攪拌する力で液体を熱することも可能。加えて速度調節もできれば、歯ごたえを残したいときなど、さまざまな調理場面で活躍します。

人気メーカーの特徴

パナソニック

ミキサーのおすすめ パナソニック

パナソニックのミキサーは、小さい容器のスリムなものから、高速回転でさまざまな調理に対応できる本格派モデルまでラインアップ。取っ手と容器が離れる構造が特徴で、手軽に使うことができます。

パナソニックのミキサーをすべて見る

ティファール

ミキサーのおすすめ ティファール

ティファールのミキサーは、取っ手がないスッキリとしたフォルムが魅力。基本的にコンパクトなのでキッチンでも場所をとらず、気軽に使えます。

ティファールのミキサーをすべて見る

テスコム

ミキサーのおすすめ テスコム

テスコムは、手にとりやすい価格の製品が魅力。ミキサーもシンプルで使いやすく、コンパクトなものや1,000mlの容量のもの、ミルが付属するものなどを取り扱っています。

テスコムのミキサーをすべて見る

ミキサーのおすすめ商品

ティファール BL13C5JP(600ml)

ティファール BL13C5JP(600ml)

収納に便利なコンパクトボディにパワフルなモーターを内蔵しています。食材を切削するブレードは独自の「POWELIX LIFEブレード」を採用。4枚刃にチタンコーティングを施し、高耐久性を実現しています。

ジャーは軽くて手入れがしやすい600mlのプラスチック製で、フタを取らずに食材を追加できるキャップも付属。氷を砕ける「アイスクラッシュ機能」、パフォーマンスが長続きする「エアークーリングシステム」、コーヒー豆を挽けるミルなど、便利な機能を搭載しています。

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE023(400ml)

イデアインターナショナル「BRUNO(ブルーノ)」BOE023(400ml)

ブレトロな外観でインテリアとしても映えるミキサーです。コンパクトでありながらブレンダーカップの容量は400mlと大きく、1度にコップ2杯分のフローズンドリンクやスムージーを作れます。

回転速度は、HIGHモードとLOWモードの2段階で調節可能。250Wのパワーで凍らせておいたフルーツや氷も細かくできます。軽量カップとして使えるメジャーキャップをフタから外せば、手を汚さずに仕上げのシロップや調味料を入れられるので便利です。

テスコム TM855W(1,000ml)

テスコム TM855W(1,000ml)

ブラックチタンコーティングを施した大型の波型刃で凍りも砕くお手ごろな1台。容器がガラス製なので油分のある食材を攪拌しても落ちやすく、スムージーや下ごしらえにおすすめです。

お手入れ時には本体と刃、容器を分解して隅々まで洗浄可能。容器をひっくり返して本体にかぶせるようにすれば、ホコリが入らないように収納できるので清潔性も保てます。

パナソニック MX-X301(1,000ml)

パナソニック MX-X301(1,000ml)

フタの中央に設けられた「アレンジホール」から食材や水分の追加ができるミキサーです。途中で食材を入れようフタを開けると攪拌したものが垂れてしまいがちですが、アレンジホールから入れれば周りを汚さずに追加できます。

また、アレンジホールを塞いでいるチェイサーカップにはメモリがあり、追加する水分の計量も可能です。

ビタントニオ「MY BOTTLE BLENDER」VBL-50-AC(400ml)

ビタントニオ「MY BOTTLE BLENDER」VBL-50-AC(400ml)

果実のようなカラーリングがかわいいコンパクトミキサー。アボカド、オレンジ、りんご、ココナッツのそれぞれをイメージしたカラフルな4色のカラーバリエーションで、キッチンのアクセントにもなります。

容量が400mlで、1杯ぶんから作れるので一人暮らしにもぴったり。軽くて割れにくい容器は、本体に固定して連続攪拌することも、手で押さえて瞬間的に攪拌することもできるので、用途に合わせて使い分け可能です。

テスコム TM9000NP(1,000ml)

テスコム TM9000NP(1,000ml)

「ウェット&ドライミル」が付属した、離乳食やふりかけ作りなどにも大活躍するミキサーです。普通のミキサーでは攪拌できない煮干しなどの乾物や、マヨネーズのような水分を含むものまで対応するので、普段の調理の幅も広がります。

1,000ml入る容器はガラス製で、お手入れが簡単なことも魅力。また、モーターには過剰な負荷がかかったときに作動する安全装置が備わっているので安心です。

パナソニック MX-X701(1,000ml)

パナソニック MX-X701(1,000ml)

鋭い切れ味を持つ「ブラックハードチタンコートファイバーカッター」が特長の1台。のこぎり刃になっているので繊維質も細かく攪拌します。フタの中央には取り外し可能な内フタがあり、攪拌途中の食材追加や加水による調整が可能です。

専用の「スムージーバー」を差し込めば、空回りしやすい葉物などを、フタを開けずに押し込んで攪拌できます。

ブラウン JB3060WHS(1,250ml)

ブラウン JB3060WHS(1,250ml)

アツアツのスープにも、冷たいアイスドリンクにも使用できる「サーモレジスト」素材のガラスボトルを採用しています。パワフルかつ静かな高性能モーターは、スピードを5段階で調整可能です。

「ターボボタン」を押すと瞬時に最大のパワーで攪拌できます。容器は縦横に最適の水流を発生し、食材をなめらかに仕上げる独自の三角形構造。カッターを含む各パーツは簡単に分解できるうえ、食洗機にも対応しているのでお手入れもらくちんです。

ショップジャパン 「マジックブレットベーシック」 MGTBWS1(-ml)

ショップジャパン 「マジックブレットベーシック」 MGTBWS1(-ml)

丸いフォルムが弾丸のようなコンパクト軽量ミキサー。食材を循環させる「サイクロン構造」で、小さくてもパワフルに攪拌します。

また、容器は付属のフタで閉じればそのまま保存可能。調理したソースや離乳食などをそのまま冷蔵庫で保存することもできます。軽量な本体は気軽に使いやすく、ちょっと使いにぴったりの1台です。

パナソニック MX-X501-N(1,000ml)

パナソニック MX-X501-N(1,000ml)

切れ味が鋭い、のこぎり状の大型刃「ブラックハードチタンコートファイバー」を採用したミキサーです。食材の繊維を細かく切削し、濃厚なスムージーを作れます。

本体上部に取り付けられた「アレンジホール」はさまざまな使い方が可能。食感を残したい食材を後から入れたり、水を加えてとろみを少なくしたりといった調整ができます。付属の「スムージーバー」を使えば、空回りしやすい葉野菜もフタを開けずに攪拌可能。また、ふりかけやマヨネーズ作りに便利なミルも付いています。

アントレックス「バイタミックス」E310(1,400ml)

「混ぜる」や「攪拌」はもちろん、「つぶす」、「刻む」、「砕く」、「挽く」、「加熱」、「冷却」の8つの機能を1台でこなす多機能ミキサーです。

特殊なステンレスブレードと耐久性の高い容器、そして強力なモーターによって、硬い食材の攪拌はもちろん、一般的なミキサーよりも長い連続駆動が可能。それにより、アイスなどの冷たいものから、ポタージュのような温かいスープまで調理できる便利な1台です。

ミキサーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのミキサーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ミキサーのランキングを見る

担当者からひとこと

スムージーなどの飲み物はもちろん、ソースや離乳食などさまざまな用途に使えるミキサー。刃の形などで食材の仕上がりが変わったり、容器の材質や安全性、静音性などに使い勝手を左右されたりします。自分がどのようにミキサーを活用したいのかを考慮して、最適な1台を選びましょう。

すべてのミキサーを見る

おすすめの関連記事

人気の記事