洗濯乾燥機のおすすめ8選【2020】忙しい方に便利な機能性モデルも紹介

更新日:2020.06.25

洗濯乾燥機のイメージ

モードを選択すれば、ボタン1つで洗濯から乾燥までを自動でおこなってくれる「洗濯乾燥機」。最新の洗濯乾燥機は洗浄力が高いだけでなく、多数の便利な機能が備わっているので、共働きのご夫婦や、日中は仕事で外出している1人暮らしの方など、忙しい方の家事の負担軽減に大きく貢献する家電です。ここでは、そんな便利な洗濯乾燥機の選び方や人気メーカーの特徴、おすすめの洗濯乾燥機を紹介します。

縦型とドラム式、どちらがいいの?

乾燥機能重視なら“ドラム式”

縦型とドラム式、どちらがいいの? 乾燥機能重視ならドラム式

ドラム式の洗濯乾燥機は、ドラムを回転させながら乾燥させるため、ムラなく温風を当てられるのが特徴です。縦型と比べて衣類がつぶされにくいので、素早くふんわりと仕上げられます。

また、ドラム式なら洗濯の際、ドラムを回転させることで衣類を上から下へ叩き落とす「たたき洗い」が可能。衣類をこすり合わせないため衣類へのダメージを抑えて優しく洗えます。使用水量も比較的少なく、節水性能重視の方にもおすすめです。

ドラム式の乾燥方式には“ヒートポンプ式”がある

縦型とドラム式、どちらがいいの? ドラム式 ドラム式の乾燥方式にはヒートポンプ式がある

出典:パナソニック

ドラム式洗濯乾燥機の乾燥方式は、主にヒーター式とヒートポンプ式の2種類あります。省エネ性能重視の方にはヒートポンプ式のモデルがおすすめ。衣類へのダメージも抑えられるため、おしゃれ着が多い場合も便利です。

一方ヒーター式は、より高温でタンブル乾燥できます。ヒートポンプ式と比べると衣類へダメージを与えやすい方式ですが、ニオイ戻りしにくいのが特徴です。

ちょっとした乾燥なら“縦型”がコンパクト

縦型とドラム式、どちらがいいの? ちょっとした乾燥なら縦型がコンパクト

昔からあるタイプで使いやすく、大量の水を使って洗うので泥汚れなどの汚れもきれいに落ちるのが特長。本体サイズはドラム式と比べるとコンパクトな傾向があります。乾燥機能はおもにヒーター式で、ちょっとした衣類の乾燥に便利です。

一方で、ドラム式より乾燥力が今一歩に感じてしまうほか、洗濯物が下に沈んでしまうのでシワになりやすく、生地が傷みやすいやすい側面もあります。

縦型の乾燥方式は“ヒーター式”

縦型とドラム式、どちらがいいの? 縦型 縦型の乾燥方式はヒーター式

縦型に搭載されるヒーター式の洗濯乾燥機は、乾燥方式によって「水冷除湿タイプ」と「排気タイプ」の2種類に分けられます。「水冷除湿タイプ」では、冷却水を使って温風を除湿する方式。乾燥中も、周囲の温度上昇を抑えられるのが特徴です。

一方、「排気タイプ」は空気中に洗濯物の湿気を排出することで乾燥させます。稼働中に周囲の温度を上げますが、冷却水を使わないため水道代を節約したい方におすすめです。

容量は少し大きめに選ぶのが吉

容量は少し大きめに選ぶのが吉

洗濯容量は一般的に1人あたり1日1.6kgが目安とされています。2〜3日分をまとめて洗濯する一人暮らしの方や、2人暮らしで隔日の洗濯になる場合などは、洗濯容量5〜6kg程度のモデルがおすすめです。

ただ、乾燥容量は洗濯容量の半分程度が目安なので、一人暮らしの方でも2〜3日分まとめて乾燥したい場合は、容量9〜10kg程度が目安になります。また、2人以上の場合は、10kg以上のモデルがおすすめです。

人気メーカーの特徴

パナソニック(Panasonic)

洗濯乾燥機の人気メーカー パナソニック(Panasonic)

パナソニックの洗濯乾燥機は、「泡洗浄」機能に対応しているのが特徴です。循環ポンプで洗剤を泡立てることで衣類全体に洗剤が行きわたりやすくなるため、効率的に洗えます。

また、温水に対応したモデルもラインナップ。衣類や汚れの度合いに合わせて水温を細かく変更できるモノもあります。遊び盛りの子供がいる方など、洗浄力を重視する方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

洗濯乾燥機の人気メーカー 東芝(TOSHIBA)

東芝の洗濯乾燥機は、「ウルトラファインバブル」に対応したモデルがあることが特徴です。ナノサイズの小さな泡が繊維の隙間に入り込み、衣類を洗えます。

また、低騒音設計のモデルを多数ラインナップしているので、深夜や早朝に洗濯をすることの多い方にもおすすめ。洗練されたデザインのモデルも多く、インテリアとしても映えます。

日立(HITACHI)

洗濯乾燥機の人気メーカー 日立(HITACHI)

日立の洗濯乾燥機は、「ナイアガラ洗浄」による高い洗浄力が特徴です。浸透した洗剤を大量の水を使ってすすぐため、衣類全体を満遍なく洗えます。

また、ドラム式には「風アイロン」機能を搭載しているのも魅力。時速300kmの高速風で洗濯物を乾燥させるため、シワを伸ばしながら乾燥できます。ワイシャツやカットソーなど、シワになりやすい衣類をよく洗う方にもおすすめです。

洗濯乾燥機のおすすめ

東芝 ドラム式洗濯乾燥機「ZABOON(ザブーン)」TW-127X8BKR

東芝 ドラム式洗濯乾燥機「ZABOON(ザブーン)」TW-127X8BKR

皮脂汚れまで落とせる「抗菌ウルトラファインバブル洗浄W」に対応した洗濯乾燥機です。温水にも対応しており、繊維の奥の皮脂汚れにもアプローチするので、黄ばみも予防。静音設計で早朝や深夜に洗濯する機会が多い方にもおすすめです。

また、液体洗剤や柔軟剤の自動投入機能も搭載。計量の手間が省け、洗剤の使いすぎも防げます。アプリを使ったスマホ連携もしており、外出でも予約の設定変更や運転状況の確認が可能です。

パナソニック ドラム式洗濯乾燥機「Cuble(キューブル)」NA-VG2400L

パナソニック ドラム式洗濯乾燥機「Cuble(キューブル)」NA-VG2400L

一人暮らしの方にもおすすめのコンパクトな洗濯乾燥機です。「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能やスマホ連携に対応しており、忙しい方も手軽に洗濯可能。温水洗浄にも対応しており、黄ばみやニオイも予防します。

また、「約40℃つけおき」コースや「タオル」コースなど、衣類に合わせて多彩なコースを搭載。「約60℃槽カビクリーン」コースを使えば、洗剤不要で洗濯槽をきれいに保てます。

パナソニック ドラム式洗濯乾燥機「VXシリーズ」NA-VX800AR

パナソニック ドラム式洗濯乾燥機「VXシリーズ」NA-VX800AR

「温水泡洗浄W」で、ニオイなどにもアプローチする洗濯乾燥機です。衣類や汚れに合わせて水温を選択でき、おしゃれ着洗いや高温加熱水による白物の除菌にも対応。「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能にも対応しており、毎日の手間が省けます。

また、ヒートポンプ方式の乾燥機能を採用。衣類へのダメージを抑えながら、スピーディーに乾燥できます。「タオル専用」コースや「ダニバスターコース」など、目的に合わせて豊富なコースから選べるのも魅力です。

日立 ドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」BD-SX110EL

日立 ドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」BD-SX110EL

「AIお洗濯」に対応した洗濯乾燥機です。複数のセンサーで衣類の種類や汚れの度合い、洗剤の種類などを判別。汚れがひどい場合は自動で洗い時間を延長するなど、効率よく洗濯できます。

また、「風アイロン」機能を搭載。時速300kmの高速風で洗濯物のシワを伸ばしながら満遍なく乾燥させるため、アイロンがけの手間を省きたい方にもおすすめです。

シャープ ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7E-WR

シャープ ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7E-WR

マンションなどにも置きやすい、ボディが幅約60×60cmとコンパクトな洗濯乾燥機です。一人暮らし世帯の住まいにも導入しやすいサイズ感なので、単身者にもおすすめ。静音設計で、近隣への騒音も抑えます。

また、高温で乾燥させるヒーター式を採用。さらにシャープならではのプラズマクラスターを搭載しており、洗濯槽内部のケアや、除菌消臭、静電気の抑制効果なども期待できます。

日立 縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」BW-DX120E

日立 縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」BW-DX120E

「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能に対応した縦型の洗濯乾燥機です。タンク容量も、液体洗剤が約1000mL、柔軟剤は約700mLと大容量。残量が少なくなってきたときにはランプが点滅するため、補充忘れも予防できます。

また、「AIお洗濯」機能も搭載。8つセンサーにより水の硬度や汚れの量などを計測し、洗濯の各行程を自動で制御するため、効率よくきれいに洗えます。

パナソニック 縦型洗濯乾燥機 NA-FW100K8

パナソニック 縦型洗濯乾燥機 NA-FW100K8

「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」に対応している縦型洗濯機です。さらに「泡洗浄&パワフル立体水流」により繊維の奥までしっかり洗浄。食べこぼしなど頑固な汚れにも対応する豊富なコースも搭載しています。

お手入れ機能も充実しており、清潔さが気になる方にもおすすめです。手を汚さない「楽ポイフィルター」や、槽洗浄のタイミングを知らせる「槽洗浄サイン」、洗濯槽を素早くすすぐ「サッと槽すすぎコース」など、簡単に手入れできます。

シャープ 縦型洗濯乾燥機 ES-T5DBK

シャープ 縦型洗濯乾燥機 ES-T5DBK

本体幅約52cmのコンパクトな洗濯乾燥機です。省スペースに設置できるため、アパートやマンションなどにもおすすめ。洗濯容量約5.5kg、乾燥容量約3.5kgで一人暮らしの方にもちょうどよいサイズです。

1kg以下の衣類を洗濯から乾燥まで90分で仕上げられる「洗・乾90コース」のほか、「シワ抑えコース」や「ちょっと乾燥コース」などを搭載。都合に合わせて、豊富なコースから選べます。

洗濯乾燥機の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの洗濯乾燥機の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ドラム式洗濯乾燥機のランキングを見る

縦型洗濯乾燥機のランキングを見る

設置場所は必ず事前確認

設置場所は必ず事前確認

洗濯乾燥機の設置場所には、本体+10cmが必要になります。本体は大きくなりがちなので、購入する際は搬入経路、設置場所の幅・奥行き・給水用蛇口までの高さと位置の確認が必要です。

また、場所によっては扉が十分に開かない可能性もあるので、扉の開き方も忘れずに確認しておきましょう。ビックカメラでは事前見積もりを承っているので、心配な方はぜひご利用ください。

購入から設置までの流れと見積お申し込み

【買替】洗濯機のリサイクル処分について

【買替】洗濯機のリサイクル処分について

洗濯機は処分する際、リサイクル法で定められた方法でおこなう必要があります。
各自治体や処分業者に頼む方法などがありますが、買い替えのときは購入した販売店にそのままお願いするのがおすすめ。新しい洗濯機の購入時にリサイクルを依頼しておけば、設置するときに古い洗濯機を回収するので日程の調整がしやすいからです。
なお、サイズやメーカーで処分費用が異なる場合があるので、あらかじめ処分費用が知りたい方は確認しておきましょう。

料金確認はこちら

担当者からひとこと

洗濯乾燥機は、ライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。例えば遊び盛りの子供のいる方には洗浄力に優れたモデルがおすすめ。一方、夜や朝に洗濯する機会の多い一人暮らしの方には、静音性に優れたコンパクトモデルがおすすめです。どの製品にするか迷ったときは、使うシーンを具体的に想像してみましょう。

すべてのドラム式洗濯乾燥機を見る

すべての縦型洗濯乾燥機を見る

おすすめの関連記事