布団乾燥機のおすすめ11選【2020】雨や花粉の日などの布団乾燥・ダニ対策に

更新日:2020.03.10

布団乾燥機を使用しているイメージ

布団がなかなか干せないときに活躍する布団乾燥機。布団乾燥機は、ダニ対策や快適な睡眠環境をつくるのにも役立ちます。
そこで、この記事では、おすすめの布団乾燥機をご紹介。布団乾燥機の選び方や各メーカーの特徴についてもご紹介しているので、初めて布団乾燥機を使う方も選ぶ際の参考にしてみてください。

布団乾燥機でできること

布団乾燥機でできること

布団乾燥機は、布団に温風を送り、湿気を飛ばすアイテムです。雨や花粉の時期など、天日干しができないとき寝具を乾燥させるのに役立ちます。また、冬場など寒い時期に、布団をあたためて快適に過ごせるのも特徴です。

なかには靴や衣類の乾燥に対応したモデルもあります。容量は限られていますが、靴下や下着など、ちょっとした衣類を素早く乾燥させたいときにも便利です。

布団乾燥機の選び方

タイプで選ぶ

“マットなし”タイプ

布団乾燥機の選び方 タイプで選ぶ マットなし

マットのない布団乾燥機は、送風口を直接布団に差し込んで温風を送り込みます。余計なパーツがなく、準備や片づけがラクなのが特徴。コンパクトなモデルも多くリリースされています。

ただし、重い布団の中に風の力だけで熱を届ける必要があるので、すこし時間がかかる点には注意が必要。あたためが部分的になってしまう恐れもあるので、気になるときは何ヶ所かに分けて送風するのがおすすめです。

“マットあり”タイプ

布団乾燥機の選び方 タイプで選ぶ マットあり

“マットあり”タイプの布団乾燥機は、付属のマットを通じて温風を送り込みます。マットが敷いてある箇所には確実に温風を送れるので、広い範囲をあたためられるのが魅力です。

さらに、ダニ対策にも高い効果が期待できることが特徴。マットの準備と片付けが必要ですが、少々手間をかけても隅々まで温風を送りたい方にはおすすめです。

ダニ対策性能を確認

布団乾燥機の選び方 ダニ対策性能を確認

布団乾燥機にはダニ対策コースを搭載したものがあり、ダニの弱体化や死滅の効果が期待できます。布団に潜むダニは熱と乾燥が苦手なため、時間をかけてじっくり温風を送り込むことで効果を発揮。

メーカーによって所要時間が異なり、2時間以上になるモデルがほとんどです。なお、熱を加えた後は、ダニが死骸や弱った状態で布団に残留しているので、コース終了後に掃除機で吸い取りましょう。

あると便利な機能をチェック

衣類乾燥・靴乾燥

布団乾燥機の選び方 あると便利な機能 衣類乾燥・靴乾燥

梅雨の時期や冬場など衣類が乾燥しにくい時期には、衣類乾燥や靴乾燥が備わっていると便利です。対応できる衣類の量は限られますが、靴下やハンカチなどの小物を素早く乾かすのに役立ちます。

また、雨で濡れた靴やブーツを素早く乾かしたい方には、靴乾燥機能が付いているモデルがおすすめ。付属している専用のアタッチメントを装着することで、靴やブーツにもフィットします。

あたため

布団乾燥機の選び方 あると便利な機能 あたため

布団が冷えているとなかなか寝付けない方には、あたため機能の付いている布団乾燥機がおすすめです。就寝前に布団をあたためておくことで、ほかほかの布団で寝つくことができます。

また、あたため範囲を設定できるモデルなら、足元だけなど、冷えの気になる箇所をピンポイントであたためられるので便利。寒い時期も、あたたかい布団で快適に過ごせます。

脱臭・アロマ

布団乾燥機の選び方 あると便利な機能 脱臭・アロマ

ニオイが気になる方には、脱臭・消臭機能の付いているモデルがおすすめです。とくに、蒸れやすい革靴やブーツなどのニオイを低減する効果が期待でき、より心地よく履けます。

また、リラックスしたい方には、アロマ機能が付いているモデルがおすすめ。お気に入りの香りに包まれながら眠れます。

安全機能

布団乾燥機の選び方 あると便利な機能 安全機能

布団乾燥機は熱を発する製品なので、誤作動を防ぐために安全機能にも注目して選ぶのがポイントです。例えば、一定時間で停止するタイマー機能を搭載したモデルなら、消し忘れを防げます。

また、過加熱を防ぐために、温度が上がりすぎたとき自動で運転を停止する“サーモスタット機能”の付いているモデルもおすすめ。小さな子供のいる場合は、チャイルドロックが付いているとより安全です。

布団乾燥機のおすすめ|マットなしタイプ

アイリスオーヤマ「カラリエ」KFK-W1

アイリスオーヤマ「カラリエ」KFK-W1

ホースが2本付属しており、効率よく温風を送れるモデルです。それぞれ別々の布団をあたためることはもちろん、ホースを布団の胸元と足元の両方に差し込むことで早くあたためることも可能。

また、アロマ機能も備わっているため、お好みの香りで心地よい眠りを誘うことができます。大家族の方や、より効率的に乾燥させたい方におすすめの布団乾燥機です。

アイリスオーヤマ「カラリエ」FK-C3-WP

アイリスオーヤマ「カラリエ」FK-C3-WP

コンパクトサイズが魅力の布団乾燥機です。幅約16×高さ36×奥行14cmの省スペースモデルなので、収納場所が確保しにくい方や一人暮らしの方にもおすすめ。

また、靴の専用アタッチメントも付属しており、濡れた靴を乾かすときなどにも活躍します。さらに、便利な予約機能も備わっているため、就寝前に設定してあたためておくことも可能です。

日立 HFK-VL3-W

日立 HFK-VL3-W

アレルキャッチフィルターを搭載した布団乾燥機です。雨が続くシーズンなどに活躍。アタッチメントを含めて、すべて本体に収納できます。本体は高さ31.3×幅15.3×奥行23.2cmとコンパクトなので、省スペースで保管が可能です。

また、布団乾燥は45分ほどとスピーディなのも魅力。足元のみのあたため機能も搭載しており、モードは5分と10分から選べます。衣類や靴の乾燥もでき、雨の日には簡易的な乾燥機としても使える製品です。

パナソニック FD-F06X2

パナソニック FD-F06X2

脱臭機能を備えている布団乾燥機です。ナノイーと温風を送ることで、寝具のニオイを脱臭する効果が期待できます。約6時間かけてダニを衰弱化させる、ダニ対策モードも搭載。清潔に保ちたい方におすすめです。

また、約121cmのロングホースで、さまざまなベッドの高さに対応できます。広範囲へ温風を送る構造になっており、綿や合成繊維の布団も80分で乾燥可能。さらに、2時間のタイマー設定ができ安全性にも優れています。

象印マホービン「スマートドライ」RF-EA20

象印マホービン「スマートドライ」RF-EA20

マットとホースが不要で、省スペースでも使いやすい布団乾燥機です。本体を寝かせて布団に差し込むだけなので、準備も片付けもほとんど時間をとりません。

また、本体の厚さが約13cmのスリム設計なので、ベッドの下やクローゼットの隙間にも収納できます。さらに、温風の吹き出し口は角度が変えられるようになっており、衣類を乾燥させるときは送風したい方向に調節できて便利です。

日立 HFK-BK700

日立 HFK-BK700

ノズルに複数の吹き出し口を備えている「3Dブロー方式」を採用した布団乾燥機です。マットがなくても全方向へ素早く温風を送れます。ノズルは本体へ収納できる省スペース設計。つけ外しも簡単にでき、手軽に使えます。

また、「おまかせ」コースを採用しており、周辺温度を感知して夏は涼しく、冬はあたたかいといった調節してくれるのがポイント。布団を快適な状態に保つのに1年を通して役立ちます。

シャープ UD-CF1-W

シャープ UD-CF1-W

プラズマクラスターを搭載した布団乾燥機です。温風とプラズマクラスターを吹き出すため、寝具に付着したニオイの消臭効果や、アレル物質の軽減も期待できます。カビ臭・加齢臭・汗臭・おねしょ臭などが気になる方にもおすすめです。

また、シャープのオリジナル設計ノズルを採用。ダブルサイズの布団も全体をあたためられます。加えて、「空気浄化運転」も搭載。衣類の部屋干しなど、限られた空間のニオイを抑えたい方にも最適です。

テスコム TFD100

テスコム TFD100

ヘアドライヤーの技術をいかした大風量が特徴の布団乾燥機です。毎分約1.0立方メートルの風を送り込むことで、熱を布団の奥にまで届けて乾燥させることが可能。

また、「おひさまドライ」コースでは、人に害がない程度のオゾンを含む風による脱臭効果が期待できます。ふとん乾燥のコースは、「温め」「冬」「夏」の3種類を搭載しており、1年中使える便利な1台です。

布団乾燥機のおすすめ|マットありタイプ

三菱 AD-X80

三菱 AD-X80

マットで布団をしっかり包み込める、ダニ対策におすすめの布団乾燥機です。「ヒートパンチマット」は、布団全体をマットで覆うことで熱風を余すことなく布団に届けることができ、ダニの弱体化効果を引き上げます。

枕専用のマットも付属しているため、あわせてダニ対策が可能。なお、マットを使わずに布団のあたためをすることもできるので、足元だけあたためるなど用途に応じて使い分けられます。

パナソニック FD-F06A7

パナソニック FD-F06A7

お手ごろ価格ながら、マットで敷き布団までしっかりと乾燥できる1台です。ダニが弱る50℃以上の熱風を布団のすみずみまで届けます。

また、マットを折りたたんだりアタッチメントを替えたりすることで、小物や靴の乾燥も可能。加えて、マットと電源コードは、ホースにつけたまま折りたたんで本体の中にスッキリ収納できます。

三菱 AD-X50

三菱 AD-X50

シングルサイズはもちろん、ダブルサイズまで対応する布団乾燥機です。大きめのマットは折っても広げても使えるので、Tシャツや小物などの乾燥にも使用可能。

また、マットには「まくら乾燥ポケット」が設けてあるので、布団と枕を同時にダニ対策ができます。コース切り替えはシンプルなダイヤル式なので、機械が苦手な方でも操作しやすい仕様です。

布団乾燥機の売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの布団乾燥機の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

布団乾燥機のランキングを見る

布団乾燥機の人気メーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

布団乾燥機の人気メーカー アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

アイリスオーヤマは、日本に本社をおく生活用品メーカーです。使い勝手がよく、リーズナブルな家電製品を多数ラインナップしているのが魅力。コストパフォーマンス重視の方におすすめのメーカーです。

布団乾燥機では「カラリエ」というモデルを発売しています。「カラリエ」は2つの布団を同時にあたためられるツインノズルを搭載しているのが特徴。タイマー付き・軽量・コンパクトで、使い勝手がよい製品です。

アイリスオーヤマの布団乾燥機を見る

日立(HITACHI)

布団乾燥機の人気メーカー 日立(HITACHI)

日立は、世界に誇る日本の大手総合電機メーカーです。布団乾燥機のほか、洗濯機や掃除機など、多彩な家電製品を数多く発売。さまざまな分野で研究開発を盛んに行っています。

日立の布団乾燥機は、オリジナルの「3Dブロー方式」を採用したノズルが特徴。布団の裏面まで隅々を素早くあたためられます。また、別売りの専用デオドラントを使ったケアができる点も魅力のひとつです。

日立の布団乾燥機を見る

三菱(MITSUBISHI)

布団乾燥機の人気メーカー 三菱(MITSUBISHI)

三菱は日本の大手電機メーカーです。布団乾燥機のほか、エアコン・掃除機・オーブンレンジなど幅広い家電製品を取り扱っているのが特徴。また、「ひまわり8・9号」など、人工衛星も手掛けています。

布団乾燥機はマットありタイプのモデルを取り扱っており、広い範囲を隅々まで乾燥させたい方におすすめ。より効果的なダニ対策も可能です。また、温度コントロールのできるモデルもあり、適温まであたためた布団で、快適に過ごせます。

三菱の布団乾燥機を見る

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

布団乾燥機の人気メーカー 象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印マホービンは1918年に創業した家電メーカーです。炊飯器や家庭用ポットでは高いシェア率を誇っています。とくに保温と保冷性能に優れた、魔法瓶を採用した製品が人気です。

象印マホービンの布団乾燥機は、マットもホースも使わないのが特徴。簡単にセットでき、大型の吹き出し口で効率的に広範囲を乾燥できます。また、ダニ対策・送風仕上げ・お急ぎなど多数のモードを搭載しており、季節などに合わせて使用可能です。

象印マホービンの布団乾燥機を見る

シャープ(SHARP)

布団乾燥機の人気メーカー シャープ(SHARP)

シャープは、日本の大手電機メーカーです。優れた液晶技術を持ち、世界的にも高い評価を得ています。液晶テレビのほか、キッチン家電・情報機器・生活家電など、幅広い製品をラインナップしているのが特徴です。

シャープの布団乾燥機は、「プラズマクラスター」を搭載しているのが特徴。洗いにくい寝具に付いたニオイを消臭する効果が期待できます。おねしょしやすい小さな子供のいる家庭や、汗臭が気になる方にもおすすめです。

シャープの布団乾燥機を見る

使う前に寝具の素材を要チェック

使う前に寝具の素材を要チェック

布団乾燥機を使うときは、寝具の素材に注意する必要があります。布団のダニ対策ができてふかふかな仕上がりになる布団乾燥機ですが、ウレタンや高反発素材、羽毛布団の場合は設定温度が低いものを使うか、使用自体を控えましょう。

熱に弱いウレタンや高反発素材は変色や変形のおそれがあり、羽毛布団は、羽毛のタンパク質に熱が加わることで変質し、空気を溜め込みづらくなってしまいます。

担当者からひとこと

多機能な布団乾燥機は、なかなか布団が干せないときだけでなく、寝具のニオイが気になるときや、衣類や靴を乾かしたいときにも役立ちます。省スペース設計のモノも多く、使用頻度が低い時期も、コンパクトに収納可能。さまざまなモデルがあるので、それぞれの利用シーンに合わせて選びましょう。ぜひこの記事を参考に最適な1台を探してみてください。

すべての布団乾燥機を見る

おすすめの関連記事