カテゴリから選ぶ

ショッピングローン分割払い最長36回まで無金利 最大10万ポイントが当たる

【2022年】電気シェーバーのおすすめ22選 敏感肌に優しいモデルも

更新日:2022.06.27

電気シェーバーを使っているイメージ

身だしなみのアイテムとして人気の「電気シェーバー」。ブラウン・パナソニック・フィリップスなどからさまざまな機種が発売されています。各メーカーの違いや性能の差も多く、どれを選んでよいのかわからない方も多いはずです。電気シェーバーは、ひげが濃く「深剃りをしたい」、敏感肌で「肌の負担を抑えたい」など、自身の肌質や悩みに合わせて選ぶことが必要。

ここでは、電気シェーバーの基本的な選び方や、深剃り向け・敏感肌向けのおすすめ電気シェーバー、コスパのよい電気シェーバーをご紹介します。

電気シェーバーの選び方

深剃り重視?敏感肌?肌質に合わせて駆動方式を選ぼう

電気シェーバーの選び方 深剃り重視?敏感肌?肌質に合わせて駆動方式を選ぼう

電気シェーバーを選ぶうえで1番のポイントは肌質です。いくら高性能な電気シェーバーを選んでも、肌に合わなかった場合、肌を傷つけてしまうことや剃り心地に満足しないこともあります。

電気シェーバー選びは、肌質のほかにひげの濃さ・生え方・密度などの考慮が必要ですが、まずは肌質を基準に選びましょう。

深剃り重視派には「往復式」か「ロータリー式」がおすすめ

電気シェーバーの選び方 深剃り重視?敏感肌?肌質に合わせて駆動方式を選ぼう 深剃り重視派には「往復式」か「ロータリー式」がおすすめ

ひげが濃い、またはひげが太い深剃り派の方には、「往復式」か「ロータリー式」の電気シェーバーがおすすめです。往復式には、高速で左右に動く内刃が搭載されており、外刃で捉えたひげを素早くカット可能。ヘッド幅が広いモデルが多く、効率的にシェービングできます。

ロータリー式は、円筒状の刃を回転させてひげをカットするタイプ。鋭い切れ味で深剃りしやすく、スムーズにシェービングできます。

敏感肌には「回転式」がおすすめ

電気シェーバーの選び方 深剃り重視?敏感肌?肌質に合わせて駆動方式を選ぼう 敏感肌には「回転式」がおすすめ

円形の外刃と回転する内刃を組み合わせたタイプが、「回転式」の電気シェーバー。肌に優しくフィットしながら滑らかに動くため、肌への負担を抑えてシェービングできます。乾燥でヒリヒリするような敏感肌の方におすすめです。

また、動作音が比較的静かなのも魅力のひとつ。朝や深夜など時間帯を気にせずに使用できます。

ウェット剃りしたい方は防水機能の有無をチェック

電気シェーバーの選び方 ウェット剃りしたい方は防水機能の有無をチェック

防水機能の有無も、電気シェーバーを選ぶ際には、忘れずにチェックしておきたいポイント。防水対応の電気シェーバーであればウェット剃りができるので、フォームやジェルと組み合わせてシェービングしたい方にもおすすめです。

また、本体の丸洗いに対応していると、お手入れも簡単。メンテナンスにかかる手間が省けるため、気軽に扱いたい方にも適しています。

洗浄方法をチェック

電気シェーバーの選び方 洗浄方法をチェック

電気シェーバーは、使い続けていると皮脂やひげクズなどが溜まって、不快なニオイが発生したり、菌が繁殖してニキビや肌荒れの原因になったりすることもあります。最低でも週に1度は、付属のブラシで刃や電気シェーバー本体の汚れを落としましょう。

こまめなメンテナンスが苦手な方には、電気シェーバー本体を置くだけで洗浄・乾燥してくれるうえに、充電機能も付いた「全自動洗浄機付きモデル」がおすすめです。基本的に各メーカーの最上位モデルなので、価格は少し高めですが、付属の洗浄台と専用洗浄液を使って皮脂やひげクズを洗い流し、乾燥させるメンテナンスがボタンひとつで完了。

また、低価格でも比較的ラクにお手入れできるモデルに、本体を丸ごと水洗いできるモノがあります。洗浄後は菌の繁殖を抑えるために、刃を必ず乾燥させてからシェーバー本体に装着させる必要がありますが、ブラシを使わずに本体を水洗いするだけなのでメンテナンスは簡単です。

電源タイプをチェック

電気シェーバーの選び方 電源タイプをチェック参照:フィリップス

電気シェーバーを選ぶ際は、電源タイプもしっかりとチェックしておきましょう。コンセントにコードを接続しながら使用できる「充電交流式」は、バッテリー切れを心配せずに使えるほか、パワーが安定しやすい点も魅力です。

お風呂で使用したい場合は、コード不要の「充電式」がおすすめ。また、バッテリーではなく乾電池で動作する「電池式」であれば、旅行や出張の際にも気軽に使用できます。

電気シェーバーの人気メーカー

パナソニック(Panasonic)

電気シェーバーの人気メーカー パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、洗濯機や掃除機などを手掛ける大手電機メーカー。ほかにも、冷蔵庫、スチームオーブンレンジのようなキッチン家電や電気シェーバー、ドライヤーのような美容家電なども取り扱っています。

電気シェーバーとしては「ラムダッシュ」シリーズを展開。5枚刃や6枚刃を採用したモデルもラインナップされているので、高性能な電気シェーバーを探している方におすすめです。

ブラウン(BRAUN)

電気シェーバーの人気メーカー ブラウン(BRAUN)

ブラウンは、電気シェーバーや電動歯ブラシなどを展開する電機メーカー。電気シェーバーには、パワフルなモデルから持ち運びに適したコンパクトなモデルまで、さまざまな種類がラインナップされています。

防水に対応したモデルが多い点も、ブラウンの電気シェーバーの特徴。ジェルやフォームを使用したお風呂剃りが可能なほか、本体の丸洗いにも対応するので、清潔に使用できます。

フィリップス(Philips)

電気シェーバーの人気メーカー フィリップス(Philips)

フィリップスは、おもにヘルスケア製品を手掛けている大手メーカー。電気シェーバーや電動歯ブラシで高い人気を集めているほか、PCモニターやオーディオデバイス、キッチン家電なども取り扱っています。

ひげを引き上げながら深剃りできる「スーパーリフト&カット」や、切れ味を長持ちさせる「自動研磨システム」などに対応している点が、フィリップスの電気シェーバーの特徴です。

イズミ(IZUMI)

電気シェーバーの人気メーカー イズミ(IZUMI)

イズミは、1939年に創業された老舗の電機メーカーです。さまざまな種類のシェーバーを展開しているほか、ドライヤーのようなヘアケア用品も発売。レディース向けのシェーバーも取り扱っており、性別を問わない幅広いラインナップが魅力です。

電気シェーバーは、シンプルなモデルからハイエンドモデルまで種類が充実しているので、用途や予算に合わせて選択できます。

電気シェーバーのおすすめ|深剃り重視派向け

パナソニック「ラムダッシュ」ES-CLV5G(5枚刃)

パナソニック「ラムダッシュ」ES-CLV5G(5枚刃)

ヘッドがあらゆる方向に動く「密着5Dヘッド」を採用した電気シェーバー。顔の表面にしっかりフィットしながらも、肌あたりがよい滑らかな剃り心地を実現しています。パワーが落ちないリニアモーターで、ひげが濃い部分もしっかり剃り上げ可能。

急速充電に対応しているので、万が一充電がなくなっても、3分の充電で約1回シェービングできます。充電しながらシェービングができるため、忙しい朝でも安心です。

ブラウン「シリーズ7」71-S7500cc(3枚刃)

ブラウン「シリーズ7」71-S7500cc(3枚刃)

清潔に使い続けられる、おすすめの電気シェーバー。ひげの濃さを検知してスピードを自動で調節できる「人工知能テクノロジー」が備わっています。360°密着システムによりシェーバーヘッドが全方向に動くため、剃り残しやすい箇所にもしっかりフィットします。

また、アルコール洗浄機も付属。刃に付着した皮脂汚れを取り除き、刃を清潔に保ってくれます。100%防水仕様なので、お風呂で使えるのも嬉しいポイントです。

パナソニック「ラムダッシュPRO」ES-LS9P-K(6枚刃)

パナソニック「ラムダッシュPRO」ES-LS9P-K(6枚刃)

6枚刃を搭載した高性能なおすすめ電気シェーバー。独自の「密着5Dヘッド」や「密着フロート刃機構」の採用により、顔の凹凸に密着し、優しい深剃りが可能です。「ラムダッシュAI」も搭載しており、ひげの濃さに応じて自動でパワーを調節できます。

また、自動でスイッチをロックできる「スマートロック機能」にも対応。グリップを握るだけでロックの解除も可能です。防水設計なので、本体は丸ごと水洗いできます。

ブラウン「シリーズ5」51-W1200S(3枚刃)

ブラウン「シリーズ5」51-W1200S(3枚刃)

100%防水設計で、ジェルやフォームを使いたい方におすすめの電気シェーバー。お風呂でも使えるほか、丸洗いできるので清潔に保てるのがメリットです。

肌の凹凸に合わせて浮き沈みする3連密着ブレードを搭載し、剃り残しやすいあご下もすっきり。また、ディープキャッチ網刃により、肌をいたわりながらしっかり深剃りできます。付属の「キワぞりトリマー」を取り付ければ、もみあげを整えることも可能。用途に合わせて便利に使えます。

パナソニック「ラムダッシュ」ES-LT7A-S(3枚刃)

パナソニック「ラムダッシュ」ES-LT7A-S(3枚刃)

肌にやさしくフィットしながら剃れる3枚刃の電気シェーバー。長いひげもしっかり捉えてスムーズにカットしやすい「クイックスリット刃」や、鋭い切れ味が特徴の「30°鋭角ナノエッジ内刃」などを搭載し、早剃りを実現しています。

また、全自動洗浄充電器が付属されているのも魅力のひとつ。本体をセットするだけで充電しながら洗浄も行えるので、メンテナンスにかかる手間を省けます。

ブラウン「シリーズ7」70-B4500CS(3枚刃)

ブラウン「シリーズ7」70-B4500CS(3枚刃)

優しく深剃りできる電気シェーバー。自由にヘッドが動く「360°密着システム」を搭載しており、あご下や鼻下などの剃り残しやすい場所にもしっかりと密着して深剃りできます。手にフィットしやすい、人間工学に基づいたハンドル形状が魅力です。

また、人工知能テクノロジーの搭載も特徴。ひげの濃さを認識し、自動でパワーをコントロールできるので、効率のよいシェービングが可能です。

イズミ「ハイエンドシリーズ」IZF-V951-H(6枚刃)

イズミ「ハイエンドシリーズ」IZF-V951-H(6枚刃)

バッテリー持ちに優れた、おすすめの電気シェーバー。「アクティブキャッチトリマー」や「なめらかチタンコーティング刃」、「オーステナイトSUS刃」などを組み合わせた6枚刃を搭載しています。寝ているひげや、くせひげなどをしっかり捉えて深剃り可能です。

最大で毎分約10,000ストロークの高速モーターも搭載。また、バッテリー持続時間にも優れており、フル充電の状態だと1日1回3分の使用を約4週間充電なしで継続できます。

ブラウン「シリーズ9 Pro」9466cc(4枚刃)

ブラウン「シリーズ9 Pro」9466cc(4枚刃)

進化したカッティングシステムを搭載する、おすすめの電気シェーバー。異なる大きさの穴が900個用意された「ディープキャッチ網刃」が採用されており、快適な深剃りを実現しています。人工知能の活用により、最適なパワーに自動で調節できるのも特徴です。

ヘッドを毎分10,000回振動させる「音波振動テクノロジー」の搭載もポイント。肌への摩擦を最小限に抑え、ダメージを和らげながら優しく深剃りできます。

パナソニック「ラムダッシュ」ES-KSF2D-K(4枚刃)

パナソニック「ラムダッシュ」ES-KSF2D-K(4枚刃)

肌に優しく深剃りしやすい、おすすめの電気シェーバー。あご下にも密着しやすい「マルチフィットアーク刃」や、ひげを根元からカットしやすい「フィニッシュ刃」が搭載されています。肌へのダメージを抑えながらしっかりと深剃り可能です。

リニアモーター駆動による、パワフルな深剃りもポイント。また、IPX7の基準をクリアした防水に対応しています。本体を水洗いできるのはもちろん、お風呂でもシェービング可能です。

電気シェーバーのおすすめ|敏感肌向け

フィリップス「9000シリーズ」S9982/54(回転刃)

フィリップス「9000シリーズ」S9982/54(回転刃)

肌へのダメージを抑えながら優しく深剃りできる、おすすめの電気シェーバー。ひげを根元から持ち上げてカットする「スーパーリフト&カット」を搭載しています。ヘッドも柔軟に可動するため、スムーズなシェービングが可能です。

ひげの濃さや密度を検知してパワーを自動で調節する機能も搭載。ポップアップトリマーを使えば、口ヒゲやもみあげを細かく整えることができます。また、ウェットとドライの両方に対応している点も魅力です。

フィリップス「5000シリーズ」S5588/25(回転刃)

フィリップス「5000シリーズ」S5588/25(回転刃)

適切なパワーでシェービングできる、おすすめの電気シェーバー。ひげの濃さを感知し、自動でパワーを調節できる「ひげ密度感知システム」を搭載しています。顔の凹凸に密着しやすく、柔軟に可動するヘッドの搭載により、剃り残しを低減可能です。

防水に対応しているのもポイント。シャワーを浴びながら使えるほか、フォームやジェルも使用可能です。また、自動研磨システムも搭載しているので、切れ味が長持ちします。

パナソニック「ラムダッシュ」ES-MT21-H(3枚刃)

パナソニック「ラムダッシュ」ES-MT21-H(3枚刃)

シェービングとスキンケアができる1台2役の電気シェーバー。プラスからマイナス電極に向かって水の流れを発生させる「電気浸透流」を利用し、角質層まで保湿成分をアプローチします。化粧水や乳液の成分を奥まで届けるのが特徴です。

センサーがひげの濃さを1秒間に約200回検知することで、最適なパワーに調整。左右にスイングするヘッドが、肌にしっかりフィットします。また、温感機能で心地よい肌のお手入れも可能です。

フィリップス「7000シリーズ」S7786/54(回転刃)

フィリップス「7000シリーズ」S7786/54(回転刃)

肌に優しい電気シェーバー。独自の「スキンプロテクションテクノロジー」により、肌への負担を最小限に抑えながら密着します。「360-D フレックスヘッド」が顔の形状に沿うように動くので、剃り残しを低減可能です。

複数の刃を利用して、ひげを引き上げながら深剃りできる「スーパーリフト&カット」が特徴。「シェービング動作検知センサー」の搭載により、最小限のストローク数で剃れるので、肌に余計な負担がかからない点が魅力です。

ブラウン「シリーズ9 Pro」9457CC(4枚刃)

ブラウン「シリーズ9 Pro」9457CC(4枚刃)

快適な剃り心地を実現した、おすすめの電気シェーバーです。音波振動技術を搭載しており、毎分10,000回の微振動によって多くのひげを捕えることが可能。防水設計なのでお風呂で使用できるほか、ジェルやフォームにも対応しています。

人工知能テクノロジーの搭載もポイント。ひげの濃さを検知し、最適なパワーに自動で調節しながらシェービングできます。約60分連続使用できる、バッテリー持ちのよさも魅力です。

フィリップス「5000シリーズ」S5444/03(回転刃)

フィリップス「5000シリーズ」S5444/03(回転刃)

お手入れが簡単な、おすすめの電気シェーバーです。ヘッドはワンタッチオープンで、本体はそのまま丸洗い可能。ひげや皮脂をサッと水洗いできます。

顔の凹凸に密着する「360‐Dフレックスヘッド」を採用しており、剃り残しを低減してくれるのもポイント。シャワーを浴びながら使えるほか、フォームやジェルも使用可能です。また、自動研磨システムを搭載しており、切れ味が長持ちします。

電気シェーバーのおすすめ|【1万円以下】高コスパモデル

ブラウン「シリーズ3」300s-B(3枚刃)

ブラウン「シリーズ3」300s-B(3枚刃)

IPX7基準の防水に対応した充電交流式の電気シェーバー。本体の丸洗いもできるので、お手入れ簡単です。2枚の網刃と1枚のトリマー刃による「3カットシステム」を搭載。900パターンもの網目が、多方向に生えたひげを残さずキャッチして深剃りします。

S字型トリマー刃が、くせひげも捕えてカット。刃が上下に動いて肌の凹凸にフィットし、剃り残しを防げるのもメリットです。また、「8倍速充電」機能を搭載。わずか5分間ほどでシェービング1回分の充電ができます。時間がない朝でも、サッと使えて便利です。

パナソニック「ラムダッシュ」ES-CST2T-K(3枚刃)

パナソニック「ラムダッシュ」ES-CST2T-K(3枚刃)

パワフルなシェービングが魅力的な、おすすめの電気シェーバー。IPX7に準拠した防水に対応しているので、お風呂剃りも可能です。また、抗菌グリップの採用もポイント。グリップに施された抗菌加工により、長期間清潔な状態を保ちながら使用できます。

毎分約13,000ストロークの高速リニアモーター駆動による、パワフルな剃り心地が特徴。本体背面のトリミング用の刃を使えば、もみあげのお手入れも可能です。

フィリップス「3000シリーズ」S3232/52(回転刃)

フィリップス「3000シリーズ」S3232/52(回転刃)

肌に優しい回転式の刃を搭載したおすすめの電気シェーバー。顔の凹凸に合わせて5方向に可動するヘッドを採用しており、肌にしっかりと密着しながらシェービングできます。ウェットとドライの両方のシェービングに対応している点も魅力です。

コンセントに繋いだ状態で連続使用できるほか、1時間充電すれば約1時間コードレスで使用可能。ワンタッチでヘッドが開くので、メンテナンスの手間も省けます。

日立「S-blade(エスブレード)」RMH-F470B(4枚刃)

日立「S-blade(エスブレード)」RMH-F470B(4枚刃)

優れた切れ味と耐久性を兼ね備えた「ステンレス4枚刃」を搭載した電気シェーバー。シェービングフォームを使った、いわゆる「泡剃り」にも対応しているモデルです。ヘッドは左右に8°、前後に12°、上下に2.5mm動いて、肌にフィットしやすい「新3Dヘッド」を採用。

IPX7基準の防水構造のため、お風呂場での使用や水洗いにも対応しています。ほかにも、出張や旅行に便利な「シェーバーケース」、持ち運び時の誤作動を防ぐ「スイッチロック」付きです。

イズミ「ソリッドシリーズ」IZF-V531-K(3枚刃)

イズミ「ソリッドシリーズ」IZF-V531-K(3枚刃)

低価格ながら使いやすい、おすすめの電気シェーバー。肌に密着しやすい3枚刃を搭載しており、少ないひげもしっかりと捉えてカットできます。低振動かつ低騒音に設計されているため、時間帯を気にせず使用できる点も魅力です。

IPX7の防水にも対応しており、本体は丸洗い可能。5,000円以下と価格も安いので、コストパフォーマンスのよい電気シェーバーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ブラウン M-90(1枚刃)

ブラウン M-90(1枚刃)

外出先で手軽に使える乾電池式の電気シェーバー。旅行先で使いたい方はもちろん、持ち運んでこまめにひげをお手入れしたい方にもおすすめです。シェーバーの側面には「キワゾリ刃」を搭載し、剃り残りの長いひげやもみあげのトリミングが可能。「マルチパターン網刃」が備わっており、20パターンの編目で、向きの違うくせひげもしっかり捕えて根本からカットします。

ヘッドは、顔の凹凸に合わせて上下に浮き沈みしながら肌に密着。幅のある網刃で、効率よく深剃りできるのもポイントです。また、持ち運びの際に刃をしっかりと保護する「ツイスト式キャップ」が付いているのもメリット。シェービング時には、延長ハンドルとして使用できます。

パナソニック ES6500P(回転刃)

パナソニック ES6500P(回転刃)

手軽に使えるおすすめの電気シェーバー。本体サイズが高さ116×幅43×奥行き58mmとコンパクトなので省スペースで収納できるうえに、持ち運びしやすい点が魅力です。自宅で便利に使えるのはもちろん、旅行や出張用の電気シェーバーとしても適しています。

摩擦に強いステンレス刃物鋼の採用により、切れ味が長持ちしやすいため、肌へのダメージを抑えながら使用可能。また、乾電池式なので電源のない場所でも使用できます。

【注意点】替え刃の交換目安

【注意点】替え刃の交換目安

電気シェーバーの外刃・内刃は消耗品のため、定期的な刃の交換が必要です。交換時期を過ぎた刃を使用し続けると剃り味が鈍くなってしまい、何度も刃を肌に当ててひげを剃る必要があります。また、蓄積された汚れや外刃の破れた箇所から発生したサビが、肌のトラブルの原因になる恐れがあることは留意しておきましょう。

刃の交換目安は毎日約3分間使用した場合、およそ1〜2年と言われています。なお、シェーバーの使用時間が長ければ長いほど、刃の寿命が短くなるので注意しましょう。ひげの濃い方は、メーカーの交換時期よりも短い期間で交換するのがおすすめです。

電気シェーバーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの電気シェーバーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

電気シェーバーのランキングを見る

担当者からひとこと

電気シェーバーには、肌へのダメージを抑えたモデルや深剃りしやすいモデルなど、さまざまな種類があります。旅行や出張などの際に、持ち運びしやすいコンパクトなモデルもあり、シーンや用途に合わせた選択が可能です。本記事を参考に、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

すべての電気シェーバーを見る

おすすめの関連記事