ビックジャンボ!最大全額ポイントバック!

ホットビューラーのおすすめ10選 くるんとしたまつげをキープしよう

更新日:2021.03.18

osusume_hot_buller_title

熱の力でまつげのカールをしっかりキープする「ホットビューラー」。朝しっかりカールアップしたのに、時間が経つとまつげがどんどん下がってきてしまう悩みを解消してくれるアイテムです。今回はホットビューラーの種類や効果、選び方のポイントとあわせて、おすすめの製品をご紹介します。

ホットビューラーの効果

ホットビューラーは、熱の力でまつげをカールさせ、高いキープ力を保つ効果があります。また、力を入れずにカールをつけられるため、通常のビューラーで仕上げるよりもナチュラルなカールが作りやすいのが特徴です。

注意点は、マツエクにホットビューラーを使用すると、変形や変質する可能性があること。マツエク施術後にホットビューラーを使いたい場合は、サロンに確認をとって使用するようにしましょう。

ホットビューラーの選び方

タイプをチェック

カーラー型

カーラー型のホットビューラーは、通常のビューラーと同じような形状をしているのが特徴です。普段ビューラーを使っているのと同じ感覚でまつげを挟むだけなので、ホットビューラー初心者の方にもおすすめ。

ただし、サイズが大きいモノも多いので、持ち歩く場合は大きめのメイクポーチなどの準備が必要です。

スティック型

スティック型のホットビューラーは、ヒーター部分がコーム状になっているのが特徴。まつげを挟んで上げるのではなく、下から上に持ち上げるようにしてカールをつけていきます。

使用時はマスカラを塗るようなイメージで動かすのがポイント。一重や奥二重の方でも、使いやすいのが魅力です。スリムタイプも多いので、メイクポーチに入れて持ち歩きたい方にもおすすめです。

あたたまるまでの時間を確認

ホットビューラーは熱を加えてまつげをカールアップするため、予熱の時間が必要になります。立ち上がりまでに1〜2分ほどかかる製品が多いですが、朝に時間がない方は、数十秒で予熱が完了するタイプを選ぶのがおすすめです。

なかには15秒ほどで予熱が完了するタイプもあるので、できるだけあたたまるまでの時間が短いモノをチェックしてみましょう。

電源の種類

おもにホットビューラーの電源の種類には、乾電池式と充電式があります。乾電池式は交換が必要ですが、電池が切れるまではポーチに入れっぱなしにすることが可能。

一方、充電式はこまめな充電が必要になります。ただし、電源が切れてもパソコンなどから気軽に給電ができるのが魅力的なポイントです。ホットビューラーを使用するシーンに合わせて選んでみてください。

ホットビューラーのおすすめ

パナソニック「まつげくるん ナチュラルカール」EH-SE11

パナソニック「まつげくるん ナチュラルカール」EH-SE11

「ダブルヒーター」を搭載したホットビューラー。ヒーターの熱でまつげをしっかりとカールできます。先端にあるマークの色を見るとヒーターの温度を判断できるので、使用可能な状態が一目で確認できて便利です。

自然なカールを長時間崩さずにキープ可能。本体重量は約16gと軽量で、単3形アルカリ乾電池または単3形充電式ニッケル水素電池1本で動くので、いつでも場所を選ばずに使用できます。

ヤザワ「ホールドタイプアイラッシュカーラー」CH205PK

ヒートパッドにより、均一できれいなカールが作れるカーラー型のホットビューラー。まつげに当ててホールドプレートを押し上げるだけの簡単仕様で、初めてホットビューラーを使う方にもおすすめです。

金属が顔に直接触れない設計のため、肌がデリケートな方でも安心して使いやすいモデル。マスカラとあわせて使うことで、カールのキープ力がさらにアップします。

テスコム 「Me・up」 TL326

テスコム 「Me・up」 TL326

立ち上がり約60秒で110℃まであたたまる、スティック型ホットビューラーです。コームは束感をアピールできる「ボリューム」と、ダマのないきれいなまつげを作る「ロングセパレート」に加え、下まつげにも使える「ポイント」の3WAY。目にフィットするカーブヘッドで、まつげをしっかり持ち上げてくれます。

2段階の温度調節機能つきで、つけまつげやマツエクにも対応。コーム部分は水洗いが可能なので、清潔に保てます。

綺麗堂 「belulu Hot beaute」 KRDLASHDRIER

綺麗堂 「belulu Hot beaute」 KRDLASHDRIER

コーム部分から出る温風と冷風で、まつげを上向きにカールできるスティック型のホットビューラー。下まつげ用のコームも付属しているため、ビューラーが下まつげに使用しにくいと感じていた方にもおすすめです。

また、つけまつげやマツエクにも対応しているため、活用の幅が広いのも魅力。一重や二重などのまぶたに関係なく、どんな目もとでも使いやすくなっています。さらに、USBケーブルで充電する仕様なので、電池交換の必要もありません。

パナソニック「まつげくるん セパレートロングカール」EH-SE51

パナソニック「まつげくるん セパレートロングカール」EH-SE51

おしゃれで使いやすいホットビューラー。上まつげ、下まつげのどちらにも使いやすい独自の「セパレートコーム」を採用しており、毛先まで自然な扇形に広げます。「ダブルヒーター」による熱でカールするので、自然かつ長持ちする点が魅力です。

また、コームを取り外せるのも特徴のひとつ。ブラシも付属しているので、簡単にお手入れできます。おしゃれで便利なホットビューラーを探している方は、要チェックのモデルです。

マクセル 「Angelique」 MXEL-200

マクセル 「Angelique」 MXEL-200

約70℃の熱でカールするカーラー型ホットビューラーです。毛質などによっても差はありますが、8時間ほどカールをキープ。予熱時間は約10秒とスピーディーで、時間のない朝にも活躍します。

加えて、目元を明るく照らすランプがついているため、ライトが当たりにくい場所でも使いやすいのが特徴。操作ボタンを押すと温熱パッドが上がるワンタッチ仕様で、細かな操作も必要ありません。

コイズミ 「PETIT ESTHE」 KLCB020W

コイズミ 「PETIT ESTHE」 KLCB020W

つけまつげやマスカラ使用後にも使える、スティックタイプのホットビューラー。コームはボリューム感をアップする「ボリュームコーム」と、まつげを長くきれいに見せる「セパレートコーム」の2種類です。

左右20°に角度を調節できる「スイングコーム」を採用し、下まつげにも使いやすいのが魅力。まぶたのカーブに合わせたシルエットで目元に密着し、まつげ全体を一気にカールアップします。

ヤザワ CH202BK

ヤザワ CH202BK

セパレートコームで、放射状の自然な上向きカールを作るスティック型のホットビューラーです。価格がお手ごろなのも、大きな魅力。マスカラを塗った後に使用すれば、ダマになった部分もスッと伸ばします。

予熱は約1分間で完了し、適温のお知らせマークもついているので使用のタイミングに迷うこともありません。単4形乾電池1本で使用できます。

パナソニック 「まつげくるん つけまつげ用」 EH-SE70

パナソニック 「まつげくるん つけまつげ用」 EH-SE70

コテ型のヒーターを採用し、ヘアアイロンのような感覚で使えるつけまつげ専用のホットビューラーです。クリップで挟んでしっかりとカールアップする仕様で、自まつげとつけまつげを自然になじませます。

裏面にはコーム型ヒーターが付属しており、目頭や下まつげなどの細かな部分のカールにぴったり。単3形アルカリ乾電池1本で使えますが、充電式電池も使用可能なため、エコで経済的な点も魅力です。

マクセル「Angelique」MXEL-100

マクセル「Angelique」MXEL-100

コンパクトで持ち運びやすいホットビューラー。「メインヒーター」「ポイントヒーター」「ダマとりコーム」の3つを使い分け、3ステップで簡単に自然なカールを作れます。

余熱時間は約1〜2分で、適温になるとマークの色が変わります。また、シンプルなアルミ製のボディも特徴。コンパクトなスティック型なのでポーチにしまいやすく、手軽に持ち運んで使えます。

ホットビューラーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのホットビューラーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ホットビューラーのランキングを見る

担当者からひとこと

まつげのカールダウンが気になる方の、強い味方になってくれるホットビューラー。手軽に使えて目力をグッとアップできる、優秀なメイクツールのひとつです。ぜひ自分のメイク方法や好みのカールに合ったタイプのホットビューラーを選んで、毎日のメイクタイムに取り入れてみてください。

すべてのホットビューラーを見る

おすすめの関連記事

人気の記事