カテゴリから選ぶ

デジタルの日

【2022年】有線イヤホンのおすすめ24選 高音質や重低音モデルもピックアップ

更新日:2022.06.10

有線イヤホンのイメージ

場所や使用時間を気にせずデバイスの音を楽しめる有線イヤホン。音楽や動画、ゲーム、通話など、便利に使えます。メリハリのある重低音を楽しめるモデルはもちろん、より原音に忠実なサウンドを楽しめるハイレゾ対応モデルも人気です。
今回は、お手頃なモノから高級モデルまで、おすすめの有線イヤホンをご紹介します。

有線イヤホンとは

有線イヤホンとは

有線イヤホンは、イヤホンのケーブル端子をデバイスに直接挿し込むことで使用できます。一般的なモデルでは充電の必要がなく、時間を気にせず使えるのが魅力です。

ケーブルを介して音データをイヤホンへ伝達するのが特徴。圧縮せずに音データを伝えられ、より忠実な音を再生できます。加えて、ハイレゾ音源に対応した高音質なモデルが多いのもメリットです。音の遅延もなく、ネット動画や映画、通話なども快適に楽しめます。

有線イヤホンの選び方

種類で選ぶ

カナル型(密閉型)

有線イヤホンの選び方 種類 カナル型(密閉型)

耳栓のように耳穴に密着するカナル型は、遮音性が高いのが特徴です。しっかり装着すれば、イヤホンからの音漏れを防止できるうえ、周囲の音の入り込みも軽減します。静かな場所で使用したいときや、イヤホンからの音に集中したいときなどにおすすめです。

また、耳の大きさに合わせてイヤーピースのサイズをカスタマイズすることが可能。自分好みのフィット感に調節できます。購入する際には、イヤーピースのサイズ展開もあわせてチェックしてみましょう。

インナーイヤー型(開放型)

有線イヤホンの選び方 種類 インナーイヤー型(開放型)

耳のふちに引っ掛けて、軽く装着できるインナーイヤー型。音がこもりにくく、より広い開放感と臨場感あふれる音を楽しめます。

また、耳にかかる負担が少なく、長時間の使用にもおすすめ。カナル型で耳が痛くなってしまう方などにも適しています。なお、密着しない分音漏れしやすいのが難点。使用場所に合わせて音量を調節しながら使用しましょう。

耳掛け型

有線イヤホンの選び方 種類 耳掛け型

フックを使って耳にひっかける耳掛け型。振動や衝撃にも強く、安定して装着できます。スポーツモデルに多いのも特徴のひとつ。ジョギングなどをしながら使用したい方におすすめです。

カナル型と比較すると遮音性はそれほど高くない分、屋外でも周囲の音も聞き取りながら安全面に注意しながら使用できます。

ドライバーユニットをチェック

有線イヤホンの選び方 ドライバーユニットをチェック

ドライバーユニットとは、イヤホンから音を出すための機構。型によって音質の特性が決まります。種類はおもに、ダイナミック型・BA(バランスド・アーマチュア)型・ハイブリッド型の3つです。

ダイナミック型は、重低音の再現度が高いと人気があります。一方BA型は、補聴器用ユニットをイヤホン向けに改良したモノ。解像度が高く、中・高音域の繊細な音をクリアに再生できます。また、ダイナミック型とBA型の両方を採用したハイブリッド型は、どの音域も重視したい方におすすめです。

より音楽を楽しむための機能をチェック

“ハイレゾ”対応なら高音質

有線イヤホンの選び方 より音楽を楽しむための機能 ハイレゾ対応なら高音質

ハイレゾは、収録できる音楽データ量がCDの約6.5倍。CDでは難しいアーティストの息づかいや楽器による繊細な音のニュアンスなども、データとして保存できます。CDよりも高音質で、より原音に近い音を楽しめるのがメリットです。

なお、ハイレゾ音源を再生するには、イヤホンはもちろん、デバイスもハイレゾに対応している必要があります。使用するデバイスも確認したうえで、選ぶようにしましょう。

音に没頭できる“ノイズキャンセリング”

有線イヤホンの選び方 より音楽を楽しむための機能 音に没頭できるノイズキャンセリング

公共交通機関やカフェの店内などで周囲の音が気になる方は、ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンがおすすめです。外部から入る雑音に対し、逆位相の音波をあてることで音を消す仕組み。

周囲の音や話し声はもちろん、電車、飛行機内の騒音も軽減してくれるのが魅力です。なかには、ノイズキャンセル機能のオン・オフを切り替えられるモデルもラインナップしています。

“リケーブル対応”ならカスタマイズ可能

有線イヤホンの選び方 より音楽を楽しむための機能 リケーブル対応ならカスタマイズ可能

ケーブルが着脱でき、好みに合わせてカスタマイズできるリケーブル対応イヤホン。同規格のケーブルを付け替えることで、音質を調整することが可能です。

音楽に合わせて最適な音質で聴けるのはもちろん、複数のケーブルを使い分ければ、同じ音楽でも音の変化を楽しめます。とことん音にこだわりたい方におすすめです。

ハンズフリー通話には“マイク付き”

有線イヤホンの選び方 ハンズフリー通話にはマイク付き

スマートフォンに接続する場合、マイク付きイヤホンであればデバイスを取り出すことなく通話を楽しめます。有線イヤホンでは、ケーブルに搭載されたリモコンにマイク機能が付いているのが一般的です。

リモコンは、デバイスを操作しなくても曲送りや一時停止を行えるのが魅力。受話や終話もリモコンのスイッチで簡単に操作できます。外出時などに、バッグにデバイスを入れたまま通話を始められるので便利です。

“防水仕様”ならスポーツも安心

有線イヤホンの選び方 防水仕様ならスポーツも安心

汗をかきやすいスポーツシーンに使用する場合は、防水・防滴仕様のイヤホンがおすすめです。汗や水がイヤホンの内部に入り込むのを防止。防水性の高いモノなら、ランニング時の急な雨でも安心して使えます。

防水性能はIPXで表示され、0〜8の段階が存在。汗や雨の侵入を防ぐには、IPX4以上がおすすめです。また、しっかりと防水対策したい場合は、IPX5以上を選びましょう。

端子の形状をチェック

有線イヤホンの選び方 端子の形状をチェック

有線イヤホンを購入する際には、イヤホンジャックの形状にあった端子のモデルを選ぶ必要があります。一般的な有線イヤホンでは、3.5mm端子が主流。同規格のイヤホンジャックならそのまま挿し込むことが可能です。

ただし、イヤホンジャックを採用しないデバイスに接続する場合は、別途変換アダプターが必要。また、なかにはiPhoneのライトニング端子や、AndroidのType-C端子などを採用したイヤホンもあります。

人気メーカーの特徴

SONY(ソニー)

有線イヤホンの人気メーカー SONY(ソニー)

お手頃なスタンダードモデルから高音質なハイエンドモデルまで、有線イヤホンを幅広く展開するソニー。ハンズフリー会話が可能なマイク付きイヤホン、迫力の重低音サウンドを楽しめる「EXTRA BASSシリーズ」、ハイブリッド型ドライブユニットを採用し原音に近い音で聴ける「XBAシリーズ」などが人気です。

カナル型のモデルが多くラインナップしていますが、スポーツ向けの耳掛け式も存在。防滴仕様など使いやすさも重視しています。

BOSE(ボーズ)

有線イヤホンの人気メーカー BOSE(ボーズ)

高性能なノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンが人気のボーズ。重低音が響く高音質なサウンドも魅力で、周囲の雑音を気にせず音楽に没頭したい方におすすめのメーカーです。

ワンタッチでノイズキャンセリング機能をオフにできる「Awareモード」も魅力。イヤホンを付けたまま、周囲の音を聞き取れます。独特な形のイヤーピースは、着け心地も良好です。

audio-technica(オーディオテクニカ)

有線イヤホンの人気メーカー audio-technica(オーディオテクニカ)

高音域のきれいなサウンドが定評の有線イヤホンを展開するオーディオテクニカ。クリアな音が耳に心地よく、快適に音楽や通話を楽しめます。

迫力の重低音を響かせる「SOLID BASS」シリーズも人気。お手頃ながら高音質なエントリーモデル、原音により近い再生が可能なハイレゾ対応モデル、プロ仕様のハイエンドモデルなど、豊富なラインナップを揃えています。

有線イヤホンのおすすめ|〜2,000円程度

JVC HA-F19M

JVC HA-F19M

レトロカラーを使ったツートーンのデザインがおしゃれな有線イヤホン。カラーバリエーションも豊富なので、ファッションや好みに合わせて選べます。

耳への負担が少ないインナーイヤー型を採用しているのが特徴。圧迫感が少なく、快適に装着できます。また、マイク付きリモコンを搭載しているので、ハンズフリー通話も可能です。

JBL JBLT210

JBL JBLT210

JBLらしいピュアな低音サウンドが楽しめる有線イヤホンです。比較的リーズナブルな価格で購入できるにもかかわらず、8.7mm径ドライバーによって、深みのあるパワフルなサウンドを実現しているのが特徴。コスパに優れた有線イヤホンを求めている場合にもおすすめです。

ケーブルのリモコンには通話用のマイクを搭載。音楽再生のコントロールだけでなく電話の着信にも容易に応答でき、ハンズフリー通話も楽しめます。また、フラットケーブルを採用しているのもメリット。バッグに入れて携帯する際にケーブルが絡みにくい仕様です。

ソニー MDR-AS210

ソニー MDR-AS210

ジョギングなどのスポーツシーンでも外れにくい耳掛け型の有線イヤホンです。耳の形状に合わせてフィットさせやすい「ループハンガー機構」を採用。弾力性のある素材で、耳への負担を軽減しながら安定した装着感を実現できます。

防滴仕様で、水や汗が本体の内部に侵入するのを防止。ケーブルを服に固定できるクリップも付属しており、運動時に邪魔になりがちなケーブルをすっきり装着できるのもメリットです。

パナソニック RP-HJE150

パナソニック RP-HJE150

1000円以下で購入できる、お手頃な有線イヤホンです。音質よりもコスト重視で選びたい方におすすめの1本。カラーラインナップが多く、お気に入りの色を見つけられるのも嬉しいポイントです。

また、「楕円形状ポート」を採用しており、高い装着感と気密性が特徴。気になる音漏れを防いでくれます。XS・S・Mと3種類のサイズのイヤーピースを付属しているため、好みに合わせてカスタマイズも可能です。

オーディオテクニカ ATH-C200iS

オーディオテクニカ ATH-C200iS

ハウジングにシリコンを使用し、耳あたりがよく、ずれにくいインナーイヤー型の有線イヤホン。長時間の使用でも耳が痛くなりにくいのが魅力です。

また、直径12mmのダイナミック型ドライバーと専用音響孔を搭載。耳に心地いい音抜けのよい低音と高音質なサウンドを楽しめます。ケーブルのリモコンにはマイクを搭載し、スマートフォンに接続すればハンズフリー通話も可能です。

JVC HA-FR33BKS

JVC HA-FR33BKS

やわらかい低反発のイヤーピースが耳穴にフィットするカナル型の有線イヤホン。遮音性が高く、音に集中できるほか、音漏れも軽減できます。イヤーピースのサイズはSとMの2種類。小型設計で、耳が小さい方でも使用しやすいのもメリットです。

磁力の強いネオジウムを使用したドライバーユニットを搭載しており、高音質な音を楽しめます。また、マイク付きのリモコンが備わっているため、ハンズフリー通話も可能です。

有線イヤホンのおすすめ|2,000〜5,000円程度

オーディオテクニカ ATH-CKS550XiS

オーディオテクニカ ATH-CKS550XiS

直径9.8mmのSOLID BASS HDドライバーによる高い駆動力と制御力により、キレのよい重低音が楽しめる有線イヤホン。ハイレゾにも対応しており、より原音に近いハイレゾ音源を楽しみたい方にもおすすめです。

ケーブルにはリモコンとマイクを搭載。スマートフォンによるハンズフリー通話だけでなく、パソコンによるビデオ通話・音声通話にも使用できます。相手の声も聞き取りやすく、電話での会議などにも最適です。

JVC HA-FX11X-B

JVC HA-FX11X-B

パワフルな重低音を楽しめるカナル型の有線イヤホンです。直径10mmのネオジウムドライバーユニットを搭載し、高精細でキレのあるサウンドを実現。独自の音響構造「エクストリームディープバスポート」で、力強い重低音を楽しめます。

衝撃に強い素材を採用したラバープロテクターがハウジングを保護。3サイズのシリコンイヤーピース付属で、耳のサイズに合わせて交換できるのもポイントです。

ソニー MDR-XB55

ソニー MDR-XB55

ベースブースターを搭載し、重低音のグルーヴ感を楽しめる有線イヤホンです。高磁力ネオジウムマグネットを使用したダイナミック型ドライバーも搭載。小型ながら感度が高く、クリアなサウンドを再生できます。

また、耳の奥までしっかり装着できる「アングルドイヤーピース方式」を採用。遮音性が高く音に集中できるうえ、快適な装着感で耳から落ちにくいのもメリットです。

ラディウス HP-NEL21

ラディウス HP-NEL21

ケーブルにライトニング端子を採用し、iPhoneやiPadにそのまま接続できるカナル型の有線イヤホン。光沢感のあるおしゃれなアルミボディも魅力のひとつです。

直径8.6mmのダイナミック型ドライバーを搭載。遮音性に優れており、音楽再生や動画鑑賞、アプリゲームなどを快適に楽しめます。さらに、Siriも起動できる多機能リモコンを搭載。マイク付きで、ハンズフリー通話の受話・終話もリモコンで操作できるため便利です。

ソニー MDR-AS410

ソニー MDR-AS410

耳の形にフィットする「アジャスタブルイヤーループ」を備えており、運動中でも外れにくい耳掛け型の有線イヤホンです。汗にも強い防滴仕様なので安心。スマートフォンをポケットなどに入れたまま、ハンズフリーで通話ができるマイク付きリモコンも搭載しています。

また、直径9mmの高感度ダイナミック型ドライバーを搭載。パワフルな低音とクリアな中高音サウンドで、スポーツ時も高音質な音楽を楽しめるのが魅力です。

有線イヤホンのおすすめ|5,000〜1万円程度

JVC HA-FW7

JVC HA-FW7

木の音響特性を活かし、ハイレゾ音源の繊細な音のニュアンスまで忠実に表現するカナル型の有線イヤホンです。直径8.5mmのウッドドーム振動板をダイナミック型ドライバーユニットに搭載。さらに、ユニット前面の「アコースティックピュリファイアー」が不要な音を拡散し、透明感のある音を鳴らしてくれます。

音の響きのよいウッドハウジングの相乗効果により、臨場感豊かなクリアなサウンドを楽しめるのが魅力。見た目もおしゃれな1本です。

ソニー MDR-EX650APBQ

ソニー MDR-EX650APBQ

ハウジングと音導管の素材に真鍮を使用し、低域から高域まで鮮やかなサウンドを楽しめるイヤホンです。12mmながら16mm相当のドーム面積を実現する独自のドライバーユニットと、高磁力ネオジウムマグネットにより感度が向上。歪みの少ない高音質サウンドを再生します。

遮音性の高いアングルドイヤーピース方式を採用し、音楽に集中したい方におすすめです。また、耳の奥まで装着できるため落ちにくく、快適に使用できます。

オーディオテクニカ ATH-CKS770X

オーディオテクニカ ATH-CKS770X

深みのある重低音が楽しめる有線イヤホンです。過渡特性に優れた直径11mmの「SOLID BASS HDドライバー」を採用。磁力を高める独自の磁気回路がドライバーの駆動力と制動力を高め、深みのある重低音を再現します。

また、不要な共振を抑える「切削無垢アルミニウムエンクロージャー」を採用。音導管が大口径なので音の伝達効率が高く、ハイレゾ音源に対応しているのも嬉しいポイントです。

ROA HR13086

ROA HR13086

高音質な有線イヤホン。Type-Cコネクターを搭載しているため、イヤホンジャックが搭載されていないスマホにもアダプターなしで接続できます。

9mmのダイナミックドライバーを内蔵。低音域から高音域まで、クリアでバランスのよい美しいサウンドを再生できます。リモコンを搭載しているのもポイント。曲の再生と停止はもちろん、Googleアシスタントの起動も手元で行えます。マイクも内蔵されているので、ハンズフリー通話も可能です。

O2aid SORA2

O2aid SORA2

軽量かつ歪みの少ない音が楽しめるイヤホンです。ボディには不要な振動を抑えるステンレスを採用し、熱処理を加えることで高い剛性を実現。音響伝達速度が速く、解像度の高いサウンドを楽しめます。

また、中高域をクリアに聴かせる「グラフェンコートウーハー」を搭載。各帯域の輪郭を際立たせながら心地よく中和するように設計されています。聴き疲れしにくいおすすめのイヤホンです。

SENNHEISER CX300S

SENNHEISER CX300S

深みと迫力のある低音サウンドを実現した有線イヤホンです。サイズが異なる4つのイヤーアダプターが付属。耳の大きさに合わせて選べるので、耳にフィットしやすいのが特徴です。

人間工学に基づいた設計のため、周囲の騒音を効果的に遮断し、音楽のビート感を存分に楽しむことが可能。内蔵マイクとリモコンがついているので、通話や音楽操作も手軽に行えます。

有線イヤホンのおすすめ|1万円程度〜

SHURE SE215DYBL+UNI-A

SHURE SE215DYBL+UNI-A

着脱式ケーブルを採用し、好みに合わせて音質をカスタマイズできるカナル型の有線イヤホン。最適化されたノズル角度により、快適な着け心地をキープできます。耳の上部からケーブルをまわして装着する「SHURE掛け」により、ケーブルが邪魔になりにくいのも魅力です。

また、豊かな低音域とクリアなサウンドが楽しめるシングルダイナミックドライバーを搭載。イヤーピースは遮音性が高く、周囲の音を気にせず音楽に集中できます。

QoA「mojito」

QoA「mojito」

おしゃれなデザインで高性能な有線イヤホンです。「樺の木」の目をそのまま活かしているので、個体によって模様が異なるのが特徴。表面はグロスオイルで塗装されており、アクセサリーのような感覚で着用できます。

「Knowles」製のバランスドアーマチュアを4基、「Sonion」製のバランスドアーマチュアを2基搭載し、高解像度のサウンドを実現。聴き疲れしにくい、あたたかみのある音質が魅力です。

THIEAUDIO「Legacy4」

THIEAUDIO「Legacy4」

ハイブリッド型ドライバー構造で高音質を楽しめる有線イヤホンです。低音域にはダイナミックドライバー、ボーカルの帯域にはバランスドアーマチュアドライバーを採用し、よりリアルなサウンドを実現。さらに、低音と中音のサウンドを好みに調整できるので、こだわりの音質で音楽を楽しめます。

シェルとフェイスプレートの素材には、医療用の天然樹脂を採用。マーブルのデザインもおしゃれです。

SENNHEISER「IE-600」

SENNHEISER「IE-600」

名門ブランド、ゼンハイザーの有線イヤホンです。独自開発のトランスデューサー「TrueResponseトランスデューサー」を採用。不要な共振を抑える技術「アコースティックバックボリューム」で、臨場感のあるクリアなサウンドを実現します。

ハウジングには、貴金属会サプライヤー・へレウス社のアモルファスジルコニウム素材を採用。通常の鉄よりも頑丈でありながら、気温の変化にも強く、経年劣化しにくいので、長く愛用できるイヤホンを探している方におすすめです。

QoA「QoA Barbados Sunrise」

QoA「QoA Barbados Sunrise」

BA型とダイナミック型のドライバーを併用し、パワフルでクリアな音を実現したイヤホンです。BAユニットとダイナミックユニットを別々に搭載できるよう、2室構造になっているのがポイント。動作時の不要な振動を抑えてくれるので、歪みの少ないクリアな音を聴くことができます。

また、キャビティ内外の空気圧をバランスよく調整するため、自然でスムーズな音の伝達を実現。人間工学と音響学の両方が考慮された、こだわりのモデルです。

Denon AH-C820BKEM

Denon AH-C820BKEM

2基のダイナミック型ドライバーを搭載し、量感のある低音再生を追求したカナル型有線イヤホンです。各ドライバーに直接接続するデュアル・ダイレクトケーブルを採用。ハイレゾ音源も純度を落とさずに再生できます。

アルミニウムとABS樹脂を使用したハイブリッド防振構造ハウジングで、よりクリアなサウンドを実現。イヤーピースは4サイズ付属しており、耳に合わせてフィット感を調節できるのもメリットです。

ソニー XBA-N1

ソニー XBA-N1

ハイブリッド型ドライバーを採用し、重低音から繊細な高音まで高音質なサウンドを楽しめるカナル型有線イヤホン。小型ながら大口径と同等の低音を再生できる直径9mmのダイナミック型ドライバーと、伸びのある高音サウンドが魅力のBA型ドライバーを搭載しています。

また、遮音性の高いイヤーピースで、音に集中できるのも魅力。着脱式ケーブルのため、ケーブルを使い分ければ、好みに合わせてさまざまな音質を楽しめます。

有線イヤホンの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの有線イヤホンの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

有線イヤホンのランキングを見る

担当者からひとこと

持ち運びやすく、どこでも手軽に使える有線イヤホン。iPhoneやAndroidなどと相性の良いモデルや、メーカー独自の音質へのこだわりなど、イヤホンを選ぶ際のチェックポイントはさまざまです。ぜひこの記事を参考にお気に入りの1本を見つけてみてください。

すべての有線イヤホンを見る

おすすめの関連記事