安いヘッドホンのおすすめ15選【2021】高音質やおしゃれなモデルなども紹介

更新日:2021.10.13

安いヘッドホンを使っているイメージ

お気に入りの音楽を楽しむのに欠かせない「ヘッドホン」。ひと口にいっても、利用シーンや接続方式の違いによってさまざまな種類のモデルがあります。そこで今回は、人気のおすすめの安いヘッドホンを厳選してご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなどもあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ヘッドホンの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス(Bluetooth)

ヘッドホンの選び方 接続方法 ワイヤレス(Bluetooth)

ワイヤレスヘッドホンは「Bluetooth」と呼ばれる無線通信を利用して再生機器とつなげるため、ケーブル不要で音楽が楽しめます。ケーブルが絡まったり、どこかに引っかかったりする心配がないので、室内はもちろん外出先でも快適に使えます。

ワイヤレスヘッドホンのなかで安い価格にあたるのは、一般的に4,000〜9,000円ほどのモデル。また、充電が必要になるので、バッテリー残量は定期的にチェックしましょう。

有線

ヘッドホンの選び方 接続方法 有線

有線ヘッドホンは再生機器を直接ケーブルでつなげるため、外部要因による音質の劣化が少なく、高音質で音楽が楽しめます。音切れや遅延がないのも特徴なので、動画やゲームを快適に楽しみたい方にもおすすめ。

安い製品なら1,000〜5,000円程度で買えるコストパフォーマンスのよさも魅力です。一方で、ケーブルが絡まったり、断線したりする可能性もあるので、使うシチュエーションに気をつける必要があります。

タイプをチェック

遮音性の高い“密閉型”

ヘッドホンの選び方 タイプ 密閉型

密閉型は、耳を覆うハウジングが密閉されているタイプです。遮音性が高く、周りの環境に影響されにくいのが大きな特徴。ドライバー背面の空気を利用したパワフルな重低音も魅力なので、迫力あるサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

一方で、ハウジングが密閉されているがゆえに、音がこもりやすく、空間表現力が低くなる点があります。装着時、耳への圧迫感が大きく感じられる場合もあるため、注意しましょう。

抜け感のよい“開放型”

ヘッドホンの選び方 タイプ 開放型

開放型は、ドライバー背面に空気の通り道を作ることで、ハウジング内に音がこもらず、自然で透き通るようなサウンドが楽しめます。音場が広く空間表現力も高いため、臨場感あふれるサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

ただし、遮音性が低く音が漏れてしまうので、外出先での使用にはあまり向いていません。また、低音の表現力が低いのも特徴なので、迫力あるサウンドを楽しみたい方は留意が必要です。自宅など、自分だけの空間で音楽を楽しみたい方に適しています。

騒音を低減する“ノイズキャンセリング”

ヘッドホンの選び方 ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングは、ヘッドホンに内蔵したマイクが周囲の騒音を拾い、それと逆位相の音を発生させることで雑音を打ち消す機能のこと。電車やバスのような場所でも、ストレスなく快適に音楽が楽しめます。

また、音量を大きくしなくても音楽が聴きとりやすいため、周囲への音漏れを心配する必要もありません。さらに、音楽は再生せずに周囲の騒音だけを打ち消す機能がついていれば、勉強や仕事で集中したいときにも活用できます。

安いヘッドホンのおすすめ|〜2,000円程度

ソニー MDR-ZX110(有線)

ソニー MDR-ZX110(有線)

「クイック折りたたみ機構」が備わった有線ヘッドホン。ハウジングを折りたためばコンパクトに収納して、どこにでも手軽に持ち運べます。音質を左右するドライバーには直径30mmドライバーユニットを採用。音質にこだわりたい方にもおすすめです。

クールなブラック、ポップなホワイト、かわいらしいピンクの3色から好きな色が選べるのもポイント。ケーブルがからみにくい「セレーションコード」を採用しているのも魅力です。

オーディオテクニカ ATH-S100(有線)

オーディオテクニカ ATH-S100(有線)

コストパフォーマンスに優れたヘッドホン。リーズナブルな価格ながら、新設計の「36mmドライバー」を採用することで、パワフルでクリアなサウンドが楽しめます。

長時間の使用でも疲れにくい軽量ボディや、女性でも手に取りやすい薄型のハウジングデザインなど、使いやすさにこだわって作られているのも魅力。フラットに折りたためるスイーベル機構を採用しているので、外出先で使う方にもおすすめです。

オーディオテクニカ ATH-AVC200(有線)

オーディオテクニカ ATH-AVC200(有線)

ホームユース向けのヘッドホンです。クリアなサウンドが楽しめる40mmドライバーや、長時間装着しても疲れにくい「アジャスタブルヘッドサポート」を採用。

ケーブルの長さは3mと余裕があるため、テレビにつないだり、室内で音楽を楽しんだりするのにおすすめです。また、3.5mmステレオミニプラグに加えて、6.3mm標準プラグにも対応しているので、1台あればさまざまなデバイスに対応できます。

安いヘッドホンのおすすめ|2,000〜5,000円程度

ソニー MDR-ZX110NC(有線)

ソニー MDR-ZX110NC(有線)

価格と性能のバランスに優れたヘッドホン。周囲の騒音やノイズを約95%低減するノイズキャンセリング機能を搭載しており、電車やバスのような騒音の気になる場所でもストレスなく快適に音楽が楽しめます。

また、航空機用プラグアダプターを同梱しているため、機内でも使用可能。クリアな中高音と豊かな低音を再生する30mm径のドーム型ドライバーユニットを採用しているので、ヘッドホンの音質にこだわりたい方にもおすすめです。

パナソニック RP-HX350(有線)

パナソニック RP-HX350(有線)

サラウンド規格「DTS Headphone:X」に対応したヘッドホン。最大11.1chのマルチサラウンドに対応しており、自分の周りをスピーカーが取り巻いているかのような臨場感が楽しめます。

ブルー・ブラック・ホワイト・レッド・パープルの豊富なカラーバリエーションから、好きな色が選べるのも魅力。耳の形状に合わせたオーバル型イヤーパッドを採用しているので、長時間のリスニングでも疲れにくいのが特徴です。

JVC HA-S48BT(ワイヤレス)

JVC HA-S48BT(ワイヤレス)

便利な機能が充実したJVCの人気モデル。大容量バッテリーを搭載することで、連続約17時間の長時間リスニングを実現しています。機能面では、音声アシスタントの起動に対応した「リモコンボタン&マイク」や、迫力のある低音を再生する「バスブーストモード」を搭載。

シンプルで上品なカラーデザインなので、通勤時のフォーマルな服装からプライベートのカジュアルな服装まで、幅広いファッションに合わせやすいのも魅力です。

パイオニア SE-S3BT(ワイヤレス)

パイオニア SE-S3BT(ワイヤレス)

パイオニアの人気シリーズ「SCENE STYLE」のモデルです。大口径の40mmドライバーを採用することで、バランスのよい重厚でパワフルな低音が楽しめます。

また、かわいいパステルカラーもラインナップしているので、女性でも使いやすいのがポイント。スマホに届く通知を音声で読み上げる「Notification App」や、挿す方向を問わない USB Type-Cの充電ケーブルなども魅力のひとつです。

パナソニック RP-HF410B(ワイヤレス)

パナソニック RP-HF410B(ワイヤレス)

携帯性に優れたパナソニックのヘッドホンです。コンパクトに持ち運べる折りたたみ機構や、1回の充電で連続約24時間のワイヤレス再生が可能な大容量バッテリーを採用。

重量は130gほどと軽量なので、自宅はもちろん外出先にも気軽に持ち運んで使えます。振動板を大きく振幅させて低域の再現性を向上させた「アコースティック・ベース・コントロール」により、臨場感あふれるパワフルなサウンドが楽しめるのも特徴です。

オーディオテクニカ ATH-AVA300(有線)

オーディオテクニカ ATH-AVA300(有線)

軽い着け心地が魅力的なヘッドホン。肌触りのよい布製のイヤーパッドや、自然な装着感をキープする「アジャスタブルヘッドサポート」を採用しており、長時間のリスニングにもおすすめです。

また、開放感あふれるサウンドを実現するオープンエアー専用設計の40mmドライバーを搭載しているのも大きなポイント。ケーブルは約3mと長めに作られているので、テレビにつないで映画やゲームを楽しむのに最適です。

安いヘッドホンのおすすめ|5,000〜1万円程度

JVC HA-RZ910(有線)

JVC HA-RZ910(有線)

高解像度再生を実現する「サウンドスタビライザー」を搭載した有線ヘッドホン。繊細な高音からパワフルな低音までしっかりと再生できるうえ、共振を抑制するレゾナンス構造により、クリアなサウンドが楽しめます。

広い面積で頭部を包み込み、安定した装着感が得られる「ワイドホールド・ヘッドバンド」を採用しているのもポイント。長時間リスニングにも最適です。

ソニー WH-CH510(ワイヤレス)

ソニー WH-CH510(ワイヤレス)

最大35時間使えるロングバッテリーを搭載したヘッドホン。重量わずか132gの軽量設計や、ハウジング部をフラットに収納できる「スイーベル機構」を採用しており、外出先でもストレスなく快適に音楽が楽しめます。

軽量コンパクトなモデルながら、高精細な音楽再生する「30mmドライバー」を搭載しているので、音質重視の方にもおすすめ。また、複数台のデバイスと接続できるマルチペアリング対応なのも嬉しいポイントです。

オーディオテクニカ ATH-WS330BT(ワイヤレス)

オーディオテクニカ ATH-WS330BT(ワイヤレス)

パワフルなサウンドが楽しめるオーディオテクニカの人気モデルです。長さの異なる2つのエアダクトで低域の量感を調節する「ベースリードダクト」や、専用チューニングが施された「40mm SOLID BASS ドライバー」を採用。大迫力の重低音が楽しめます。

さらに、10分の充電で約4時間の再生ができる急速充電や、1回の充電で最大70時間使える長時間駆動に対応しているのも嬉しいポイントです。

SKULLCANDY「Riff Wireless」(ワイヤレス)

SKULLCANDY「Riff Wireless」(ワイヤレス)

力強いサウンドをワイヤレスで楽しめる、Bluetooth接続対応のヘッドホンです。最大12時間の連続再生時間を有しているので、バッテリー残量を気にせず一日中使用可能。10分の充電で約2時間使用できる急速充電にも対応しています。

また、豊富なカラーバリエーションが揃っているのも魅力のひとつ。本体はフラットに折りたためるので、持ち運びにも便利です。

ローランド RH-A7(有線)

ローランド RH-A7(有線)

開放型を採用した有線ヘッドホンです。高域から低域までワイドレンジでバランスのとれた「高性能40mmドライバー」を採用しているのが大きなポイント。デジタルピアノなどの電子楽器演奏に最適です。

そのほか、心地よく安定したフィット感を実現する布製イヤーパッドや、長時間装着しても疲れにくい軽量設計など、使いやすさにこだわって作られています。

ロジクール G331(有線)

ロジクール G331(有線)

ゲームを快適に楽しみたいなら本製品がおすすめ。圧倒的な没入感を実現する50mmの大口径ドライバーを採用しているので、足音や爆発音などゲーム内のあらゆるサウンドをリアルに再現します。

ヘッドホンに内蔵した6mmの大口径ノイズキャンセリングマイクを使えば、クリアな音質でボイスチャットが楽しめるのも魅力。 快適な着け心地の合成皮革のイヤーパッドを採用しているので、長時間の使用にも最適です。

担当者からひとこと

音質を重視するなら有線タイプ、使いやすさを重視するならワイヤレスタイプのように、ヘッドホンは何を重視するのかで選び方が大きく違ってきます。使う用途やシチュエーションを考慮して、自分に合ったお気に入りの1台を見つけてみてください。

1万円以下の有線ヘッドホンを見る

1万円以下のワイヤレスヘッドホンを見る

おすすめの関連記事