ビックジャンボ

折りたたみ自転車のおすすめ15選【2021】街乗りや輪行が便利

更新日:2021.11.12

折りたたみ自転車のイメージ

折りたためて持ち運びが簡単で、電車やバスで移動する輪行にも便利な「折りたたみ自転車」。自宅内の狭いスペースにも収納しやすく、盗難やイタズラから大事な自転車を守れるのも魅力です。モデルによってタイヤサイズやオプションパーツ、乗り心地などが異なるため、選ぶ際に迷ってしまうこともあります。

そこで今回は、おすすめの折りたたみ自転車をご紹介。選ぶ際のポイントも解説するので参考にしてみてください。

折りたたみ自転車のメリット

持ち運んだ先の移動に便利

折りたたみ自転車のメリット 持ち運んだ先の移動に便利

折りたたみ自転車は手軽に持ち運べ、電車やバスなど公共交通機関に持ち込んで目的地まで移動する輪行に最適です。勤務先や学校が最寄りの駅から距離があるときにも便利。車にも簡単に乗せられるため、旅行先でサイクリングを楽しみたいときにも活躍します。

ただし、鉄道会社によっては輪行が有料の場合やサイズ制限、専用の輪行袋に収納して持ち運ぶ規則があるため注意が必要です。

コンパクトに折りたたんで収納できる

折りたたみ自転車のメリット コンパクトに折りたたんで収納できる

折りたたみ自転車最大のメリットがコンパクトに折りたためること。特に、盗難やイタズラ、湿気によるサビなどから守るべく自宅で保管したいときに便利です。駐輪場を確保できない場合や収納スペースが狭い場合も重宝します。

持ち運びも簡単で輪行に便利なほか、サイズによってはコインロッカーにも保管可能。タクシーのトランクにも簡単に収納できます。

漕ぎ出しが軽くて街乗りが快適

折りたたみ自転車のメリット 漕ぎ出しが軽くて街乗りが快適

折りたたみ自転車は一般的な自転車と比べて小さめのタイヤホイールを搭載しています。小径な分、ペダルに重みを感じず軽い漕ぎ出しが特徴です。小回りが効くため、曲がり角や障害物が多い場所でも運転しやすく快適。軽量ボディで発進もスムーズなので、信号が多い街乗りにも最適です。

小径なモデルほどスピードは出ませんが、人が多くスピードを必要としない街乗りではメリットになります。

折りたたみ自転車の選び方

収納時の大きさ

折りたたみ自転車の選び方 収納時の大きさ

折りたたみ自転車を選ぶ際は収納時のサイズが重要です。自宅で決まった場所に保管したい場合は収納スペースを測定するとともに、購入候補の折りたたみ時のサイズを確認しておきましょう。

フレームを中央で半分に折りたたむモデルなら、展開時の半分程度の大きさになるため、狭い場所に収納したい場合におすすめです。

重さ

折りたたみ自転車の選び方 重さ

折りたたみ自転車の重さはモデルによってさまざま。フレームの素材やタイヤ径などによって異なります。持ち運び重視なら軽いモデルが便利な反面、フレーム剛性が劣る場合もあるので注意が必要。地面からの衝撃を吸収できないと乗り心地に影響することもあります。

輪行が多い方や女性で持ち運びを重視する場合は10kg以下のモデルがおすすめ。男性なら10〜12kg程度のモデルが適しています。軽量化に工夫をこらしているモデルほど高価格な傾向があるため、予算とのバランスを考慮して選びましょう。

タイヤのサイズ

折りたたみ自転車の選び方 タイヤのサイズ

折りたたみ自転車のタイヤサイズは、乗り心地やスピードに大きく影響するので注意が必要。小さなサイズのタイヤは漕ぎ出しが軽く力を必要としない一方、小さすぎると衝撃を吸収しにくくバランスが悪くなります。スピードも保ちにくいため、小さくても12インチ以上のモデルがおすすめです。

大きなタイヤを搭載したモデルは漕ぎ出しに力が必要なものの、スピードに乗れば快適に走行できます。乗り心地や運転しやすさを重視するなら、14〜20インチのモデルがおすすめです。ただし、タイヤが大きいほど重たく、折りたたみ時のサイズも大きくなるため注意しましょう。

ギア数

折りたたみ自転車の選び方 ギア数

ギア数が多く細かな切り替えができるモデルほど快適に走行できます。漕ぎ出しや上り坂では軽いギア、スピードに乗ったら重たいギアへ切り替えるなど、さまざまシーンに対応可能です。ギアの数字が小さいほどペダルが軽く、大きいほど重くなります。

本格的なモデルになるほど変速数が多く価格も高め。一般的な街乗り中心なら3〜6段の変速で問題ありません。ギア数は「4:2」など、フロントギア数をリアギア数で割ったギア比や、「48T-11T」のように最小ギア数と最大ギア数の表示で確認できます。

電動アシスト機能

折りたたみ自転車の選び方 電動アシスト機能

折りたたみ自転車には電動アシスト機能を搭載したモデルもあります。電力で足漕ぎをサポートし、上り坂もスイスイ登れるので女性や高齢者など、体力に自信がない方におすすめです。たくさんの荷物を運ぶ際にも活躍します。選ぶ際は一度の充電で何km走行できるのかをチェックしましょう。

ただ、電動アシスト機能付モデルはバッテリーを搭載しているため、通常のモデルより重たいのが特徴。価格も高く室内での保管が必須になるため、必要性と価格とのバランスが重要です。

その他ポイント

折りたたみ自転車の選び方 その他ポイント

利便性や安全性を高める装備品が付属していのるかのチェックも重要。買い物に便利なカゴや、夜間走行で安全性を確保するライトを装備しているモデルがあります。泥除けを搭載したモデルは、濡れた路面での泥はねを防げるため便利です。

駐輪場に停めることが多いのなら、標準で鍵がついているモデルが安心。別売のオプションも含めて、あらかじめ装着できるかを確認しましょう。

折りたたみ自転車の人気メーカー

ハマー(HUMMER)

折りたたみ自転車の人気メーカー ハマー(HUMMER)

「ゼネラルモーターズ」のSUVブランドの「ハマー」。折りたたみ自転車においては、SUVブランドのモデルらしいタイヤ径の太いタイプをラインナップ。路面との設置幅が広く、安全性とグリップ力に優れています。

フレームに耐久性の高いスチールを採用しているほか、大きな「HUMMER」のブランドロゴをあしらっているなど、迫力あるデザインも魅力です。

ジープ(Jeep)

折りたたみ自転車の人気メーカー ジープ(Jeep)

四輪駆動車のパイオニアと知られる「ジープ」の自転車ブランド。シンプルかつスタイリッシュで、ジープのロゴをメインフレーやハンドルグリップにあしらったモデルを販売しています。

表と裏のどちらからでも開錠できるディンプルキーや、明るさ約100ルーメンのハイパフォーマンスライトを搭載しているなど、標準装備も充実しています。

折りたたみ自転車のおすすめ

オオトモ「Raychell」FB-206R

オオトモ「Raychell」FB-206R

6段変速ギアを搭載した20インチの折りたたみ自転車です。シマノ製新型グリップの採用で直感的な変速操作が可能。グリップを手から離さずに操作できるほか、変速レベルをひと目で確認できる表示方式を採用しています。

買い物で荷物の持ち運びに便利なフロントバスケットや、雨の日の泥はねを防ぐ泥除けを搭載。夜間の走行時に安心なフロントライトや盗難対策に役立つシートポストワイヤー錠も備えているなど、豊富な標準装備が魅力のおすすめモデルです。

アサヒサイクル「ジオクロス206K」OVK206

アサヒサイクル「ジオクロス206K」OVK206

20インチのベーシックな折りたたみ自転車。買い物や通勤・通学に便利な小型バスケットをフロントに装備しています。盗難対策に役立つシリンダーリング錠や、夜間走行で活躍するブロックライトも標準装備しているなど、購入後に別途用意する必要がなく便利です。

フロントギアに少し大きめの44T中径ギアを搭載しており、余裕をもってペダルを漕ぎやすい仕様。6段変速ギアで状況に合わせて切り替えられるなど、街乗りにおすすめのモデルです。/p>

ヴァクセン「アングリフ」BA-100

ヴァクセン「アングリフ」BA-100

フレームに軽量なアルミニウムを採用した折りたたみ自転車です。小ぶりながらもシマノ製6段変速機を搭載しており、違和感のないギアチェンジが可能。

前方向にオフセットされた一体型フォールディングハンドルにより、大柄な男性でもゆとりをもって運転できます。レッドのブレーキワイヤーが黒のフレームに映えるデザインも魅力のおすすめモデルです。

ハマー FDB206FAT-BIKE

ハマー FDB206FAT-BIKE

マウンテンバイク風の折りたたみ自転車です。3.0インチ幅の極太タイヤを装着しているのが特徴。安定感があるため多少の段差なら難なく乗り越えられます。また、クッション性が高く快適な乗り心地も魅力です。

フロント、リアの両方に強力な制動力を有するVブレーキを採用。万が一の危険回避性が容易なだけでなく、長い下りが続くようなシチュエーションでも安心して乗ることが可能です。

ハマー「FDB206TANK-N」63225-07

ハマー「FDB206TANK-N」63225-07

20×2.25インチの太いタイヤを装備した折りたたみ自転車。路面との設置幅が広いため、安全性とグリップ力に優れています。人気SUVブランドならではの迫力ある見た目も魅力。スチール製フレームの採用で耐久性が高く丈夫なのもおすすめポイントです。

シマノ製6段階変速機を搭載しており、切り替えは手元のグリップシフターで簡単。泥除けになるフェンダーを前後に標準装備しているほか、フロントキャリアには別売りのバスケットを取り付けられます。

マルキン「ルネシック206-C」MK-21-024

マルキン「ルネシック206-C」MK-21-024

おしゃれな欧風フレームデザインが魅力の折りたたみ自転車です。20インチタイヤを装着しており、軽い漕ぎ出しが特徴。また、外装6段変速を搭載しているため、坂道もラクに走行できます。

折りたたみ時のサイズは幅490×高さ800×奥行840mmとコンパクト。車載や自宅内での保管がしやすいのが嬉しいポイントです。ペダリングで常時点灯するLEDライトや、盗難を防止するシリンダー錠も備わっています。

オオトモ「ENCOUNTER」BM-20E

オオトモ「ENCOUNTER」BM-20E

オフロードスポーツバイク「BMX」タイプの折りたたみ自転車です。悪路を走行するのに適した20×2.25インチの太いタイヤを採用。ハブ軸に強い衝撃性のスチール製を採用しているなど、BMX入門用としておすすめのモデルです。

ハンドルは立ち状態でハンドリングしやすい形状を採用。トリックの展開に欠かせないジャイロ機構ハンドルにより、ハンドルを360°回転させてもワイヤーが絡まずにブレーキを効かせられます。

ジープ JE-206G

ジープ JE-206G

通勤や通学など普段遣いにおすすめの折りたたみ自転車です。リング錠やドロヨケを装備しているなど日常の使い勝手は良好。6段変速ギアを搭載しているため、アップダウンのある道も軽快に走れます。

また、コンパクトに折りたため自宅内に保管ができるので安心です。バッテリー式のライトが付属。帰宅時など暗い夜道を走る際に重宝します。

フォルクスワーゲン「バイシクルズ」VW-206G

フォルクスワーゲン「バイシクルズ」VW-206G

20インチのタイヤを装着した、乗り心地のよい折りたたみ自転車です。フロントバスケットをはじめ、ドロヨケやリング錠など実用的なアイテムを搭載。近所の買い物から通勤、通学まで幅広い用途に使えるおすすめのモデルです。

夜間の走行に必要なバッテリーライトが付属しています。おしゃれなモデルを求める方にもぴったりなので、一度チェックしてみてください。

ルノー「PLATINUM MACH8」AL_FDB209_SV

ルノー「PLATINUM MACH8」AL_FDB209_SV

輪行におすすめの折りたたみ自転車です。アルミフレームを採用した本体は約8.9kgと非常に軽量。850×620×380mmとコンパクトに収納できるため、簡単に持ち運ぶことが可能です。シマノ製の9段変速機を搭載しており、アップダウンの多い道も軽快に駆け抜けられます。

バルブは仏式を採用。英式アダプターが付属しているため、一般的な自転車用の空気入れも使用できます。

ルノー「PLATINUM LIGHT6」AL140

ルノー「PLATINUM LIGHT6」AL140

本体重量が約6.8kgの非常に軽量なモデルです。14インチの小径タイヤを採用しており、収納寸法は650×560×380mmとコンパクト。携帯性を重視する方におすすめの折りたたみ自転車です。

便利なクイックリリース式のペダルも搭載しています。ギアはシングルシフト仕様なので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

ダホン 20SUV D6

ダホン 20SUV D6

折りたたみ自転車の専門メーカー「DAHON」が販売するモデルです。購入しやすい手頃な価格が魅力。本ブランド独自のテクノロジー「Deltec」を搭載しているのが特徴です。

ケーブルでメインチューブとボトムブラケットを繋ぐことで強度アップを図っています。柔軟なケーブルを使用しているため、折りたたみやすさはそのまま。非常に扱いやすいモデルです。

ダホン「Dash Altena L」

ダホン「Dash Altena L」

スマートなフォルムが印象的なスポーツタイプの折りたたみ自転車です。ポリッシュ加工の53/39Tクランクを採用し、オールシルバーのパーツ類がクラシカルな雰囲気のフレームデザインを引き立てています。

16段変速ギアを搭載しており、さまざま状況に対応して快適な走行をサポート。スポーティーな走りを楽しみたい方におすすめです。さらに、独自の折りたたみ機構「LOCK JAW Folding Technology」を採用しているのもポイント。6mmアーレンキー1本で簡単に折りたためます。

オオトモ「Raychell R-321N」R321N

オオトモ「Raychell R-321N」R321N

26インチの大型タイヤを装着している折りたたみ自転車です。釘が刺さっても走行できるノンパンク仕様で悪路でも安心。タイヤ内部には発泡ウレタンを充填しており、安定した乗り心地を重視したい方におすすめです。

大型タイヤ搭載モデルながら低床フォールディングフレームの採用により、女性や背の低い方が乗り降りしやすいのもおすすめポイント。盗難対策に役立つリアリングロックやフロントダイナモライトなどを標準装備しています。

TRANSMOBILLY「NEXT140」AL-FDB140E-N

TRANSMOBILLY「NEXT140」AL-FDB140E-N

持ち運びを前提に設計された最小・最軽量クラスの折りたたみ自転車です。電動アシスト機能を搭載しており、約3時間の充電で最大約24kmの走行が可能。坂道が多い地域を走行する機会が多い方や高齢者、体力に自信のない方におすすめのモデルです。

フレームの素材には軽量で耐久性に優れたアルミニウムを採用。濡れた路面でも優れた制動力を発揮するVブレーキを搭載しており、雨の日でも安心して走行できます。

折りたたみ自転車売れ筋ランキング

ックカメラ.comでの折りたたみ自転車の売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

折りたたみ自転車のランキングを見る

公共交通機関を利用するときは“輪行バッグ”を用意しよう

公共交通機関を利用するときは“輪行バッグ”を用意しよう

自転車の電車やバスなど公共交通機関への折りたたみ自転車の持ち込みには、規則があるので確認しておきましょう。鉄道会社によって、料金や持ち込みできるサイズの条件が異なるため、事前にホームぺージで確認すると安心です。

また、乗車時や移動中は周囲の状況を把握し、安全に持ち運ぶことが大切。輪行袋を降ろす際は、スペースを確保できる場所を選びましょう。利用する施設はもちろん、同乗している乗客への配慮が大切です。

すべての輪行バックを見る

担当者からひとこと

折りたたみ自転車は軽さ・サイズ・利便性・乗り心地など、モデルによってさまざま。本格的なモデルや気軽に街乗りを楽しめるモデル、輪行に便利なモデルなどライフスタイルに合ったタイプを選択することが重要です。使用するシーンを想定し、価格と機能性のバランスに優れた最適な1台を見つけてみてください。

すべての折りたたみ自転車を見る

おすすめの関連記事