スマートウォッチのおすすめ15選【2020】スマホに合わせた人気モデルをご紹介

更新日:2020.09.18

スマートウォッチのイメージ

スマートウォッチは時計タイプのウェアラブル端末で、ビジネスユース・プライベートユースに関わらず人気が高まっています。Apple Watchの発売以降から人気が広まったイメージがありますが、その他のメーカーもさまざまなデザインや用途に合わせたモデルをリリース。手元でのメッセージ確認やスマートフォンとの連動機能を強化して使用しやすくなっています。
そこで今回は、スマートウォッチの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

スマートウォッチとは

スマートウォッチとは

スマートウォッチとは、CPUが内蔵された腕時計のようなデザインの電子機器です。画面をタッチして操作することができるタッチパネル搭載のものや、アナログの文字盤の時計にメールや通話の通知、健康管理機能などを追加したものなど、多様なモデルがあります。スマートウォッチの機種によっては電子マネーのチップを内蔵しており、交通機関や店舗での商品代金の支払いが可能です。また、スマートフォンのように、アプリを追加することで機能を追加することもできます。

スマートウォッチでできること

手首をかざして決済できる「電子マネー」

スマートウォッチでできること 手首をかざして決済できる「電子マネー」

電子マネー機能を搭載したスマートウォッチは、読み取り機にスマートウォッチをかざすだけで支払いが可能です。サイフからカードや硬貨を出さずに支払いができるので、スムーズに会計ができます。
また、スマートウォッチの決済機能によって使用できる決済方法が異なるので、端末はもちろん、利用するお店がどの決済方法に対応しているかチェックしましょう。

スポーツや毎日の健康管理に「心拍計」

スマートウォッチでできること スポーツや毎日の健康管理に「心拍計」

スポーツの最中や普段の活動中の心拍数を計測したい方は、センサー内蔵のスマートウォッチがおすすめです。活動量計アプリの設定に入力した情報をもとに消費カロリーを計算して記録し、スマートフォンにデータを転送可能。毎日スマートウォッチをつけているだけで、健康維持に必要なデータを自動で収集することができます。

アプリの追加や画面表示のカスタマイズが可能

スマートフォンと同様に、スマートウォッチにもさまざまなアプリをインストールできます。文字盤をカスタマイズできるモデルもあり、アナログ時計のようなデザインや、健康管理のデータやスケジュールをケースに配置することが可能。
また、SONYのwenaのように、バンド部分にスマートウォッチとしての機能がついているタイプもあります。ラグの種類が合えば一般的な時計をセットできるので、古くから使っている思い入れのある時計をそのまま使いつつ、スマートウォッチ機能を楽しむことが可能です。

スマートウォッチの選び方

使っているスマートフォンと合わせたモデルを選ぼう

iPhoneと連動ができる「WatchOS」

スマートウォッチの選び方 使っているスマートフォンと合わせたモデルを選ぼう iPhoneと連動ができる「WatchOS」

WatchOSは、iPhoneやMacを販売しているAppleが開発した、Apple Watch用のOSです。iPhoneへの着信やメッセージの確認、Siriの音声アシスタントなども使えます。基本的にはiPhoneやiPadのiOSとスムーズな連携ができ、ヘルスケアアプリとのデータ連携の他に、アプリのプッシュ通知やメッセージの内容を手首で確認することが可能です。

Androidに対応する「wear OS by Google」(Android wear)

スマートウォッチの選び方 使っているスマートフォンと合わせたモデルを選ぼう Androidに対応する「wear OS by Google」(Android wear) 

wear OS by Google(旧Android wear)は、Androidスマートフォン用OSを提供しているGoogleが開発したスマートウォッチ用OSです。GoogleアシスタントやGoogleマップ、通話やメッセージ通知、Google Play Music、Google翻訳といった、さまざまな機能が搭載されています。多くのメーカーがwear OS by Googleに対応したスマートウォッチを販売しており、デザインや機能が豊富。ケースの形状も多様で、好みやファッションに合わせて選ぶことができます。また、一部機能が制限されることがありますが、専用アプリをインストールしたiPhoneと連動することが可能です。

Galaxyシリーズと連携が便利な「Tizen」

スマートウォッチの選び方 使っているスマートフォンと合わせたモデルを選ぼう Galaxyシリーズと連携が便利な「Tizen」

Tizenはサムスンから販売されているGearシリーズなどのスマートウォッチに搭載されているOSです。スマートフォンにGalaxy Wearableアプリをインストールすることで、Galaxy端末のアプリを管理することもできます。ほかにも、TIZEN STOREを通してさまざまな専用アプリを追加してカスタマイズが可能です。

見た目のデザインで選ぶ

ビジネスにも使える「時計型」

スマートウォッチの選び方 見た目のデザインで選ぶ ビジネスにも使える「時計型」

スマートフォンとデータ連携できる機能を搭載しているのが腕時計型のスマートウォッチです。ハイブリッド型とも呼ばれており、アナログ表示とデジタル表示があるので、ビジネスシーンやプライベートなどさまざまなシーンに合わせて選べます。大切な着信の通知や毎日の消費カロリーを記録して、スマートフォンとデータ連動が可能。全面液晶デジタルタイプよりもバッテリー消費が少ないメリットがあります。

スポーツや健康管理に便利な「リストバンド型」

スマートウォッチの選び方 見た目のデザインで選ぶ スポーツや健康管理に便利な「リストバンド型」

細身で縦長な形状をしたスマートウォッチが「リストバンド型」です。必要な情報だけをシンプルに表示させることができ、激しく動いても邪魔になりにくいため、スポーツ中の活動量をチェックするのにぴったり。そのスタイリッシュなデザインから、スマートバンドと呼ばれることもあります。

充電方法をチェック

スマートウォッチの充電方法はいくつかの種類があります。バッテリー充電タイプであれば、USBやマグネット、ワイヤレス方式があります。数日ごとに充電が必要なので、睡眠時などに外して充電しておくのがよいでしょう。ボタン電池で稼働するタイプでは、頻繁な充電は必要ありません。数カ月や1年単位で使うことができ、電池が無くなった際には時計店やメーカーなどで交換ができます。また、光で充電するソーラータイプは、普段から装着していれば充電の手間を減らすことが可能です。

iPhoneユーザーにおすすめのスマートウォッチ

Apple「Apple Watch Series 6 GPS + Cellular」

Apple「Apple Watch Series 6 GPS + Cellular」

血中酸素濃度を計測できるセンサーを搭載したスマートウォッチです。ウォーキングやランニングなどのワークアウト中の酸素レベルや心拍数を測定し、アプリと連動して健康管理の記録を付けられます。

また、液晶画面はいつでも時間や通知などが確認できる常時点灯に対応。文字盤をカスタマイズすると、天気やスケジュールなど必要な情報を手元で確認できます。

すべてのSeries 6モデルを見る

Apple「Apple Watch SE GPS」 

Apple「Apple Watch SE GPS」

高精細で美しい色を表現できるRetinaディスプレイを搭載したスマートウォッチ。ケースのサイズは40・44mmの2種類をラインナップしており、大きな画面で視認性が良好です。

GPSを搭載しているので、iPhoneが無くてもランニングや登山などのルートを記録可能。また、50mの耐水性能が備わっているため、プールや川、湖など水に濡れるようなシーンでも安心して使えます。

すべてのSEモデルを見る

Apple「Apple Watch Series 3 GPS」

Apple「Apple Watch Series 3 GPS」

第3世代のApple Watchは、iPhoneのカレンダーや電話、メッセージとの連携が快適なスマートウォッチです。iPhoneをカバンにしまっている状態でも、Apple Watchが振動して通知。緊急の要件や大切な相手からの着信、メッセージを確認することが可能です。


また、ワークアウトアプリを使用することで、ハイキングやインターバルトレーニングなど、さまざまなトレーニングを記録することができます。

すべてのSeries 3モデルを見る

Androidスマートフォンユーザーにおすすめのスマートウォッチ

Withings Withings Move Black & Yellow

Withings Withings Move Black & Yellow

アナログ腕時計さながらの本体に、最新のテクノロジーを詰め込んだスマートウォッチ。電池交換式バッテリーの寿命は最長18か月、電池切れを気にせずに使えます。

ウォーキング、ランニングといったあらゆるスポーツの自動記録機能はもちろん、ストップウォッチとGPSが連動して走行ルートと時間、距離、高度を記録する「トレーニングセッション」機能を搭載。睡眠時に着用すると、睡眠の深さを分析してスコアを表示します。

HUAWEI「WATCH GT2」WATCHGT246MMBR

HUAWEI「WATCH GT2」WATCHGT246MMBR

クラシカルなデザインの本体に、独自の機能を詰め込んだスマートウォッチ。省電力技術を採用したことで最長2週間の連続使用が可能です。

Bluetoothによる通話、最大500曲の音楽保存と再生、心拍数のモニタリングなどでユーザーをサポート。表面は水やホコリに強い「3Dガラススクリーン」で保護されており、スポーツ中の汗や跳ねた泥などに対して優れた耐久性を発揮します。

シチズン「エコ・ドライブ」BZ1034-52E

シチズン「エコ・ドライブ」BZ1034-52E

時計メーカーのシチズンがリリースしている、サファイアガラスの青い文字盤が美しいスマートウォッチです。電話やメール、メッセージアプリなどの着信を振動で通知。さらに、針の動きと音で重要な相手の電話を通知する「フィルタリング機能」も搭載しています。

時計はスマートフォンから世界316都市の時刻に修正可能なため、海外に行く機会が多い方におすすめ。また、太陽光で充電でき、フル充電で最大約1年間半は充電せずに使えます。ケーブルを繋いで充電するのが忘れがちな方にピッタリです。

FOSSIL FTW4025

FOSSIL FTW4025

44mmの大きなフェイスで時刻や通知が見やすいスマートウォッチ。AndroidやiOSを搭載したスマートフォンと自動で同期して、メールやアプリの通知を手首で確認できます。健康管理機能では歩数や距離、消費カロリーなどの情報を表示可能。健康管理アプリ「Google Fit」と連動すれば、目標の達成状況をスマートフォン上で確認できます。

また、「iTunes」や「Google play」などの音楽配信アプリの操作ができ、トレーニング中にスマホを使わずに音楽の再生や曲送りなどができます。

Fitbit「Versa」FB505RGPK-CJK

Fitbit「Versa」FB505RGPK-CJK

活動的な女性を連想させるピンク/ローズゴールドカラーをまとった全面ディスプレイタイプのスマートウォッチ。健康状態をチェックするアプリで、体調の記録や予測をしてくれます。

ほかにも、眠りの深さや消費カロリーなどの記録、ヨガやランニングなどのデータをリアルタイムで通知可能。定期的なワークアウトの管理も簡単に行えます。水深50mの耐水仕様で、プールに通っている方にもおすすめのスマートウォッチです。

SAMSUNG「Galaxy Watch」SM-R810NZDAXJP

SAMSUNG「Galaxy Watch」SM-R810NZDAXJP

ローズゴールドカラーでまとめた、かわいらしいデザインのスマートウォッチです。5気圧防水機能があり、炊事や洗濯をするときにもつけたまま行うことができます。4GBのメモリーを内蔵で、お気に入りの音楽を保存可能。ランニングや通勤のときなどに音楽を楽しむことができます。

さらに、ベゼルを回すことで簡単に機能の切り替えができることや、無線充電方式で対応充電器の上に置くだけで簡単に充電できる点も使いやすい特徴です。

スカーゲン「HOLST」SKT1306

スカーゲン「HOLST」SKT1306

トラディショナルなデザインと、最新のテクノロジーの融合によって生まれたスマートウォッチ。軽量で十分な耐久性を備えたチタンケースを採用しています。

スマートフォンアプリと接続することで、通話やメールなどを受信した際の通知機能を利用できます。正確な日付と時刻への自動更新や、電話の位置確認機能を搭載。比較的容易に入手できるCR2032電池で作動することも特徴です。

wena project「wena wrist leather」WC-22E0N

wena project「wena wrist leather」WC-22E0N

電子マネー機能搭載のカーフ革バンドです。シンプルで、ビジネスシーンでも使いやすいデザイン。バンド中腹部分にFelicaチップを内蔵し、スマートフォンと連動して電子マネー決済ができます。充電が不要なのでバッテリーを気にする必要もなく、お気に入りの時計に取り付けて使うことも可能です。

スポーツ・健康管理におすすめのスマートウォッチ

SUNTO「SUUNTO 9 G1」SS050142000

SUNTO「SUUNTO 9 G1」SS050142000

スポーツやトレーニングに特化した、GPS搭載スマートウォッチです。ランニングやサイクリング、スイミングをはじめとする80種類以上のスポーツモードが搭載されており、さまざまなトレーニングで計測やインターバルセットアップが可能。

最長120時間計測し続ける心拍計や、睡眠状況のモニタリング機能もついているので、日々の健康管理をしている方におすすめです。なお、トレーニングデータはスマートウォッチ本体に保存したり、スマートフォンに転送したりすることで記録を残すことができます。丸みを帯びたスタイリッシュなデザインがスポーツウェアとよく似合う逸品です。

Xiaomi「Amazfit Bip」HMI-AFB01BK

Xiaomi「Amazfit Bip」HMI-AFB01BK

スクエア型をしたウォッチフェイスのスマートウォッチです。液晶ディスプレイの表面は、周囲の光が強いほど画面がはっきり見える「反射型カラー液晶」を搭載。日差しが強い晴天や悪天候の雨の日でも視認性がよいのが特徴です。

本体はバンドを含めてわずか32gと軽量で、快適な装着感がポイント。バッテリーは、GPS機能をオンにした状態なら最大22時間、歩数と睡眠の記録だけにすれば最大45日間連続して動きます。

フォッシル「スポーツスマートウォッチ」FTW6022P

フォッシル「スポーツスマートウォッチ」FTW6022P

41mmと大きめなフェイスで画面の表示が見やすい、スポーツ向けスマートウォッチです。心拍や歩数、消費カロリーなどを計測して、日々のワークアウトをサポート。GPS機能搭載で、スマートフォンを持たずに走行距離の記録ができます。

計測したデータは自動でスマートフォンと同期するので、データ更新の手間がかかりません。お気に入りのアーティストの曲を保存すれば、好きな曲を聴きながらトレーニングに集中できます。

Fitbit「fitbit charge 3」FB410GMWT-CJK

Fitbit「fitbit charge 3」FB410GMWT-CJK

スタイリッシュなデザインでトレーニング管理に適した、リストバンドタイプのスマートウォッチです。ランニングや水泳などさまざまな運動を自動認識してくれる上に、エクササイズモードで全15種類の運動に目標を設定することができます。

スマートフォンと連携すれば、GPSを使用したランニングやサイクリングなどのペースチェックも可能。ジョギング感覚の方や、本格的なトレーニングをしている方にもぴったりです。自分で調整できる呼吸セッション機能がついているので、インターバルやトレーニング後の休憩時間にも役立ちます。

スマートウォッチの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのスマートウォッチの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

Apple Watchのランキングを見る

スマートウォッチのランキングを見る

担当者からひとこと

ひとくちにスマートウォッチといっても、さまざまな種類や特徴があります。よく使うシーンや、目的に合わせて選ぶことが大切です。通話やメールをよく利用する方は文字盤が大きい全面ディスプレイタイプのスマートウォッチを、ビジネスで使いたい方はアナログ時計のようなデザインのスマートウォッチを選ぶのがおすすめ。また、トレーニング目的であれば、自分がよく行うメニューに対応した機能を持つスマートウォッチを探すなど、最適なモデルを選びましょう。

すべてのスマートウォッチを見る

おすすめの関連記事