GoPro(ゴープロ)のおすすめ3選【2021】人気の高いアクセサリーもチェック

更新日:2021.11.15

GoProを使用しているイメージ

アクションカメラのなかでも高い人気を有している「GoPro(ゴープロ)」。防水性・耐久性が高く、旅行や街歩きなどの撮影はもちろん、過酷な環境や激しい動きをともなうシーンの撮影にも対応できるのが魅力です。そこで今回は、GoProのおすすめモデルをご紹介します。選び方や便利なアクセサリーについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

GoPro(ゴープロ)とは

GoPro(ゴープロ)とは

アクションカメラの代表的存在でもある「GoPro」。激しく動きながらの撮影はもちろん、防水性能も優れており、水中での撮影にもおすすめのカメラです。アタッチメントも充実しているので、スポーツウェアやバイク、自転車などに取り付けての使用も可能。幅広い用途で活躍します。

また、GoProシリーズは広角撮影ができるモデルが基本ですが、なかには撮影モードを切り替えて挟角撮影できる製品も存在。広角撮影ならではの、奥行きのある映像が撮影できるのもメリットです。

GoPro選びのポイント

きれいな写真・動画を残すなら“画質(解像度)”

 GoPro選びのポイント きれいな写真・動画を残すなら画質(解像度)

美しく精細な映像を記録したいのであれば、4Kや5Kに対応しているGoProがおすすめ。画質の高さを左右する解像度は、フルHDでは1920×1080ほどですが、4Kでは3840×2160、5Kでは5120×2880ほどです。

また、1秒間に処理できる映像の数を表す「フレームレート(FPS)」もチェックしておきたいところ。高フレームレートで撮影した映像であれば、スローモーションで再生した場合でも高画質な映像が楽しめます。滑らかな動画を求めている方は、フレームレート60に対応している製品がおすすめです。

ブレない映像を残すなら“安定化機能”

 GoPro選びのポイント ブレない映像を残すなら安定化機能

動きながらの撮影はもちろん、GoProを手持ちで撮影する場合にも重要な「安定化機能」。手ブレを補正できるモデルであれば、振動の影響を軽減でき、スムーズな映像を撮影できます。

HERO7 Blackシリーズ以降のモデルには、強力な電子式画像安定化機能である「HyperSmooth」を搭載。ジンバルを使っているような安定した映像が撮影できます。

おもしろい映像を残すなら“撮影機能”

 GoPro選びのポイント おもしろい映像を残すなら撮影機能

個性的で特徴のある映像を残したいのであれば、GoProの「撮影機能」にもこだわるのがおすすめ。低速度撮影や微速度撮影と呼ばれる、数秒に1コマずつ撮影したモノをつなげて再生できる「タイムラプス」動画に対応しているモデルであれば、コマ送りのような動画が楽しめます。

また、タイムラプス動画の夜景版である「ナイトラプス」と呼ばれるモードが備わっていれば、時間の経過にともなう星空の動きを撮影することも可能です。

撮影シーンに合わせて選ぶ

バイク・自転車などの走行シーンを撮る

撮影シーンに合わせて選ぶ バイク・自転車などの走行シーンを撮る

バイクや自転車の走行シーンを撮影したいのであれば、手ブレ補正機能は必須。画面の揺れを軽減し、スムーズな動画を撮影できます。

また、運転中は両手がふさがるので、GoProをヘルメットやハンドル、着用している服に固定して使用するのがおすすめ。ヘルメットマウントやネックマウント、ミラーマウントなど、多彩な専用アクセサリーが発売されているのもGoProのメリットです。

サーフィン・ボディボードなどの水辺で撮る

撮影シーンに合わせて選ぶ サーフィン・ボディボードなどの水辺で撮る

サーフィンやボディボードなどのマリンスポーツを楽しむ方には、防水機能を搭載したGoProがおすすめ。水深10mまで対応できるモデルであれば、ハウジングなしでもマリンスポーツ時に使用可能。ケースのつけ外しをする手間が省ける点も魅力です。

また、水中の動画を撮影する場合には、専用ハウジングの使用がおすすめ。シュノーケリングやダイビングでの撮影もできます。加えて、バッテリーの持ちがよい製品を選択しておくのもポイントです。

スノーボードやスキーなど滑るシーンを撮る

撮影シーンに合わせて選ぶ スノーボードやスキーなど滑るシーンを撮る

スノーボードやスキーなどのウィンタースポーツで使用するのであれば、音声操作に対応したGoProがおすすめ。手袋を使用している場合には、タッチパネルやボタンを操作しにくくなるので、声をかけるだけで操作できる製品が便利です。

また、胸部にGoProを取り付けられるチェストマウントの使用もおすすめ。両手をフリーに使えるので、安全にスノーボードやスキーの滑るシーンが撮影できます。

Vlog・動画配信用で撮る

撮影シーンに合わせて選ぶ Vlog・動画配信用で撮る

日記のように日常の出来事を記録するVlogや、動画配信用のカメラとしてもGoProはおすすめ。前面ディスプレイ対応のモデルであれば、自撮りする際に画角が確認できて便利です。

また、撮影した写真や動画をスマホに送って編集できる「QuikStories」対応製品も人気。HERO5シリーズ以降のGoProに搭載されている機能で、専用アプリをインストールして使用します。撮影した映像にテロップを入れたり、バックミュージックを追加したりと、簡単にVlogや動画配信用の映像が製作できます。

旅行先での思い出を撮る

撮影シーンに合わせて選ぶ 旅行先での思い出を撮る

GoProで旅行先の思い出を記録するのであれば、三脚付きのアクセサリーの使用がおすすめ。家族や友達、恋人との写真を撮影する際に便利です。また、伸縮式のアームがついたアクセサリーを使用すれば、複数人での自撮り撮影も簡単。折りたたみ式の製品であれば、コンパクトに持ち運べて便利です。

さらに、Wi-FiやBluetoothに対応したGoProを使えば、撮影した映像をスマホやタブレット、モバイルノートパソコンに旅行中でも簡単に送れます。加えて、操作をスムーズに行いたいのであれば、音声コントロール対応モデルもおすすめです。

GoProのおすすめモデルをご紹介

GoPro「HERO9 Black」CHDHX-901-FW

GoPro「HERO9 Black」CHDHX-901-FW

前面ディスプレイが搭載されているGoProです。自撮りする際の映像の確認が簡単にできて便利。記録する映像を見ながら撮影できるので、動画配信やVlogでの使用にもおすすめです。解像度は5Kに対応しているため、美しく鮮明な映像撮影が可能。4K・2.7K・1440p・1080pでの撮影もできます。

また、録画開始の時間を設定できる「スケジュールキャプチャー」や、録画する時間の長さを選択できる「デュレーションキャプチャー」など、便利なタイマー撮影機能が搭載されている点もおすすめです。

GoPro「HERO8 Black」CHDHX-801-FW

GoPro「HERO8 Black」CHDHX-801-FW

高い安定化機能を備えたGoProです。手ブレ補正機能「HyperSmooth 2.0」を搭載。激しく動きながらの撮影はもちろん、バイクや自転車を運転する際の映像記録にもおすすめです。

本製品に内蔵されているデジタルレンズは、撮影シーンにあわせて4つの視野角が選択可能。挟角、歪みのないリニア・広角・SuperViewを使い分けて、迫力のある映像を撮影できる点がおすすめです。

GoPro「MAX」CHDHZ-202-FX

GoPro「MAX」CHDHZ-202-FX

360度撮影が可能なGoProです。本体の前後にカメラが備わっているのが特徴。2つのカメラを使用した360度撮影はもちろん、片面だけの撮影も可能です。

安定化機能である「Max HyperSmooth」にも対応。アクションショットで活躍する、水平維持機構も搭載されています。また、6つの内蔵マイクが連動し、臨場感のある360度サウンドを記録できる点もおすすめです。

持ってると便利なGoProのおすすめアクセサリー

GoPro「3-Wayカメラグリップ」AFAEM-001

GoPro「3-Wayカメラグリップ」AFAEM-001

カメラグリップ・延長アーム・ミニ三脚と、3通りで使える便利なアクセサリーです。GoProの全カメラで使用可能。自撮りや追い撮りはもちろん、タイムラプスなど1つの場所に固定して撮影するようなシーンでも活躍します。

コンパクトに折りたためるので持ち運びも簡単です。また、アームは曲げる角度を自在に変えられるため、画面への写り込みを避けて撮影ができ、さまざまなアングルの撮影を楽しめます。

GoPro「ダイブハウジング」

GoPro「ダイブハウジング」

過酷な環境での撮影や深い水中での撮影をしたい方におすすめのアクセサリー。スキューバダイビングを楽しむ方には必須のアクセサリーです。ただし、モデルによって、対応できる水深と防水性能に違いがあるので、購入の際には注意しましょう。

また、飛んでくる泥やゴミからも保護できるため、オフロードレースなど過酷な環境でおこなわれる陸上のアクティビティでも活躍します。

GoPro「ショーティー」AFTTM-001

GoPro「ショーティー」AFTTM-001

延長アームが備わったミニ三脚です。自宅やちょっとしたお出かけ用に便利なアイテム。コンパクトで携帯性に優れており、気軽に持ち歩ける製品を探している方におすすめのモデルです。

カメラグリップとして使えるほか、自撮りや定点撮影などにも重宝します。アームは最大で22.7cmまで伸ばせるため、アングルを変えて撮ることも可能です。

GoPro「サーフボードマウント」ASURF-001

GoPro「サーフボードマウント」ASURF-001

サーフィンやスノーボードを楽しむ方におすすめのアクセサリーです。強力な粘着式のマウントになっており、平らな場所に取り付けられます。ほかにも、ボートのデッキやカヤックなど多様なギアに装着できるのが特徴。

水上での迫力あるシーンを撮影することが可能です。なお、マウントを取り外す際にはドライヤーなどであたためて剥がすことが推奨されているので、留意しておきましょう。

GoPro「ハンドルバーシートポストマウント」AGTSM-001

GoPro「ハンドルバーシートポストマウント」AGTSM-001

バイクや自転車のハンドルバー、シートバーのほか、スキーのストックなどにGoProを取り付けたいときに最適なアクセサリーです。ヒンジの付いた滑り止めデザインが採用されており、棒やパイプにしっかりと固定可能。激しい動きの撮影にもおすすめです。

GoProの取り外しは簡単におこなえるので、撮影シーンにあわせて手持ちにも簡単に変更できます。ベース部が360度回転するため、撮りたい角度で固定できるのもポイントです。

アクションカメラの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのアクションカメラの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

アクションカメラのランキングを見る

担当者からひとこと

今回はおすすめのGoProをご紹介しました。購入する際には悩んでしまいがちですが、各モデルの特徴を把握して撮影シーンに適したモデルを選択しましょう。滑らかで美しい映像が特徴のGoProシリーズ。コンパクトで使いやすいアクションカメラの導入におすすめのメーカーです。

すべてのGoProを見る

おすすめの関連記事