360度カメラのおすすめ11選 簡単に全方向の写真や動画を楽しめるアイテム

更新日:2021.08.20

360度カメラのイメージ

周囲360度すべてを撮影できる「360度カメラ」。より自由な画角で撮影できることから、VR映像や物件紹介のほか、SNSでも人気を集めています。

この記事では、おすすめのモデルや360度カメラの選び方を紹介。初心者でも使いやすいモデルや、コストパフォーマンスに優れたモデルなどもピックアップしています。

360度カメラとは

360度カメラとは

360度カメラとは、周囲360度の景色を写せるカメラです。上下と水平方向を360度写せる「全天球型」と、水平方向のみ360度写せる「半天球型」の2種類があります。

縦横比や向きなども自由に設定可能。一般的な写真サイズと同じ4:3で撮影できるほか、撮影者が惑星に立っているような、より独創的な画角を探して撮影できるのも魅力です。

360度カメラの選び方

撮影範囲で選ぶ

全天球型

360度カメラの選び方 撮影範囲で選ぶ 全天球型

全天球型の360度カメラは、水平方向に加えて上下方向も360度撮影できるのが特徴です。前と後ろに1つずつカメラを搭載。2つのカメラ映像を合わせる「ステッチ」により、1つの映像として撮影できます。

ただ、360度死角なく撮影できるので、そのまま撮ると撮影者や三脚などが映り込みます。景色だけ撮りたい場合などは、撮影者が映り込まないよう工夫されたモデルなどを選びましょう。

半天球型

360度カメラの選び方 撮影範囲で選ぶ 半天球型

半天球型の360度カメラは、水平方向を360度と上方向を写せるのが特徴です。ダイナミックなパノラマ映像を撮影できます。

カメラよりも下方向が撮影されないため、撮影者の映り込みを避けたいときにも便利です。なお、上方向の撮影範囲は機種によって角度が異なるため、撮影目的に合わせた角度に対応しているかあらかじめ確認しましょう。

画素数

360度カメラの選び方 画素数

高画質で撮影したい場合は、センサーの画素数に注目して選びましょう。360度カメラのなかには、4K以上に対応しているモデルもあります。4Kは約800万画素あり、フルHDの約4倍。細部まで鮮明に撮影できるので、VR映像などにも向いています。

さらに鮮明に撮影したい場合は、8Kの360度カメラがおすすめ。約3300万画素あり、4Kの約4倍の高解像度で撮影できます。ただし、画質が向上するほどデータが大きくなるため、ストレージの容量や編集するパソコンのスペックを考慮しながら選びましょう。

撮影枚数

360度カメラの選び方 撮影枚数

360度カメラで撮影できる枚数はストレージ容量の影響を受けます。内部ストレージのある360度カメラは、購入後すぐに使えるのが特徴です。しかし、容量が限られているため、長時間の撮影をする場合や、4Kなどの高画質で撮影したい場合は、SDカードに対応したモデルがおすすめです。

SDカード対応のモデルなら、自分の撮影したいモノに合わせて容量が選べます。また、容量が上限に達しても、SDカードを入れ替えれば引き続き撮影可能。特に高画質でたくさん撮影する場合は、大容量のSDカードに対応しているか確認しておきましょう。

動画の連続撮影時間

360度カメラの選び方 動画の連続撮影時間

360度カメラで動画を撮影する場合は、連続撮影時間にも注目して選びましょう。特に高画質で撮影する場合は、処理が大きく機器が熱を持ちやすくなるため、連続撮影時間に制限を設けているモノもあります。

リアルタイム配信など、動画撮影を中心にする場合は、撮影時間内に収まるかを確認しておくのがおすすめ。なお、長時間撮影する場合には、画素数を下げるのも負荷を減らす方法の1つです。

耐久性をチェック

360度カメラの選び方 耐久性をチェック

アウトドアシーンで360度カメラを使う場合は、耐久性も確認しておくのがポイントです。防水性能を備えたモデルなら、水や雨に濡れても使用可能。マリンスポーツなどでも迫力のある映像が撮れます。

また、防塵性能を備えたモデルなら、砂埃が舞う砂地でも撮影可能。アクティブなシーンを撮影しない場合も、落下に備えて耐衝撃性に優れたモデルを選ぶのがおすすめです。

スマホ連動機能

360度カメラの選び方 スマホ連動機能

360度カメラをヘルメットなどに取り付けたまま撮影したい場合は、スマホ連動機能に対応した製品がおすすめです。専用アプリを使えば、360度カメラから離れた場所でも、スマホでシャッターが切れます。

また、ステッチ処理やフィルターなどの機能に対応したモデルもあり、より自由に写真や動画の編集が可能。さらにSNSとの連携や動画サイトでのライブストリーミング機能に対応しているモデルなら、思い出を手軽に共有できるので便利です。

対応アクセサリーの豊富さで選ぶ

360度カメラの選び方 対応アクセサリーの豊富さで選ぶ

360度カメラに付けられる対応アクセサリーが豊富なほど、さまざまなシーンでの撮影できます。たとえば、ハンドグリップは街歩きなどでの撮影に便利。また、ヘルメットに搭載できるマウントがあれば、バイクでの走行映像などが撮影できます。

そのほかにも、サーフボードや車に設置できるマウント、より深い水深まで潜れる防水ケースなど、対応アクセサリーはモデルによってさまざま。使用目的に合わせたアクセサリーの有無も確認してみましょう。

360度カメラのおすすめメーカー

RICHO(リコー)

360度カメラの人気メーカー RICHO(リコー)

リコーは、一般的なデジタルカメラと同じような感覚で撮影できる360度カメラを、世界で初めて作ったメーカーです。360度カメラ以外にも、一眼カメラやコンパクトデジカメなど、さまざまなカメラを開発しています。

360度カメラでは、人気のある「THETA(シータ)」シリーズを展開。4K対応・軽量・コンパクト・スマホ連携対応など、さまざまなモデルをラインナップしています。

GoPro(ゴープロ)

360度カメラの人気メーカー GoPro(ゴープロ)

ゴープロはアクションカメラの老舗メーカーです。耐久性に優れているのが特徴。防水ケースなしでも水深5mまで潜れる「GoPro MAX」や、対応アクセサリーが豊富な「GoPro fusion」などをラインナップしています。

また、手ブレ補正に優れているのも特徴。5K対応のモデルもあり、高精細で迫力のある映像が撮影できます。さまざまなアクティビティにもおすすめのメーカーです。

360度カメラのおすすめ

リコー「THETA Z1」THETAZ151GB

リコー「THETA Z1」THETAZ151GB

高い性能と使いやすさを追求して設計された360度カメラです。約2000万画素のカメラを2基搭載しているのが特徴。感度が高いため、夜間や室内の光が届きにくい場所でも鮮明に撮影できます。

動画撮影は4K相当の高解像度に対応。フレームレートは29.97fpsあるため、滑らかな映像が撮影できます。また、4chマイクが搭載されているのもポイント。映像だけでなく音の方向もしっかりと記録できるので、VR動画制作にも適しています。

GoPro「GoPro MAX」CHDHZ-202-FX

GoPro「GoPro MAX」CHDHZ-202-FX

優れた耐久性と防水性を備えた360度カメラです。水深5mまでの防水性能を備えているだけでなく、さらに性能を高める保護レンズも付属。「HEROモード」を利用すれば、水平維持機構によって激しい運動時でも滑らかな映像が撮影可能になります。

また、ハードシェルケースやマイクロファイバーバッグなど、付属品が充実している点も魅力。「粘着性ベース マウント」もついているので、バイクや自転車を運転しながらの撮影にも対応できます。

KANDAO「QooCamLite」

KANDAO「QooCamLite」

スリムな全天球タイプの360度カメラです。4Kの高画質で撮影が可能。カメラ先端部を90度横倒しにセットすると、半天球型としても撮影できます。4K 60fpsにも対応しており、素早い被写体も、なめらかに撮影可能です。

自撮り棒を真っ直ぐに取り付けると、映像から自撮り棒を自動で消去する機能を搭載。より自然な写真が撮れます。手ぶれ補正も良好で、街歩きやスポーツシーンにもおすすめです。

リコー「RICOH THETA SC2」

リコー「RICOH THETA SC2」

約14GBのメモリを内蔵した、全天球型の360度カメラです。静止画なら、本体だけで約3000枚の撮影が可能。1400万画素の高画質で、夜景でもノイズを抑えて撮影できます。

また、4K画質のなめらかな動画撮影にも対応。最大3分間連続して撮影できます。さらに、専用アプリにも対応しており、動画の編集やSNSでの共有も簡単です。

Insta360「Insta360 ONE X2」CINOSXX/A

Insta360「Insta360 ONE X2」CINOSXX/A

ポケットサイズの360°カメラです。2つのカメラを搭載し、5.7Kの高解像度に対応しています。高性能な手ブレ補正機能を備えているので、スポーツなどの動きが激しいシーンの撮影にも最適です。

約80分の連続使用が可能な1630mAhの大容量バッテリーを搭載しているのも魅力のひとつ。また、IPX8の防水性能を備えているため、深さ10mまでの水中でも使用できます。雨の日の撮影やプールで撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

コダック「PIXPRO」SP360

コダック「PIXPRO」SP360

半天球型の360度カメラです。フルHDに対応しており、1638万画素で鮮明に撮影できます。1秒間に最大10枚まで連続撮影ができ、スポーツシーンの撮影にもおすすめです。

また、パソコンとのUSB接続が可能。専用ソフトを使えば、より凝った映像の編集もできます。スマホとのWi-Fi接続にも対応しており、GPS情報の記録も可能。リアルタイムでSNSにアップできるので、動画配信にも便利です。

カンダオ「Kandao Meeting」

カンダオ「Kandao Meeting」

オンライン会議に便利な360度カメラです。2つの魚眼レンズ、8つの無指向性マイクと2つの全二重スピーカーホンを搭載。AI技術を活用した「音声認識」と「顔認識」により、360度Webカメラが自動で発言者にフォーカスするのがポイントです。

8つの無指向性マイクは、4m以内の音声をキャッチ可能。レンズ自体も本体内に収納されるので、セキュリティ面でも安心して使えます。

360FLY「360fly 4K」FL364KZ111

360FLY「360fly 4K」FL364KZ111

半天球型のタフな360度カメラです。水深10mまでの防水仕様で、IP6Xの防塵や、1.5mの耐衝撃性能を搭載。直径約6cmとコンパクトなので持ち運びしやすく、さまざまなアクティビティで便利に使えます。

また、長時間の連続撮影にもおすすめ。4Kで45分間、HDで90分間の撮影が可能です。専用アプリを使えば、映像の編集やSNS共有がその場で簡単にできます。

Hacosco「PanoClip」PCLIP-78

Hacosco「PanoClip」PCLIP-78

iPhoneに取り付けて使用するタイプの360度カメラです。対応機種はiPhone7およびiPhone8のみですが、手軽に使用できるのが魅力。価格もリーズナブルなので、気軽に360度の静止画が撮影できます。

使用方法は、専用アプリをダウンロードしたあとに本機をiPhoneに取り付けるだけ。本製品を利用すれば、アニメーション効果やスタンプ、ビューティフィルターを使用して撮影した画像のカスタマイズも可能。SNSや動画サイトへのアップが簡単に行える点も魅力です。

コダック「PIXPRO」

コダック「PIXPRO」

3種類のレンズを搭載した360度カメラです。レンズを使い分けることで、全天球と半天球の撮影を楽しめるモデル。画角は360度・235度・197度の3種類から、シーンや好みなどに合わせて、撮影スタイルが決められます。

4K相当の高解像度で撮影でき、VR撮影にもおすすめ。スマホの専用アプリで、遠隔操作やSNS共有なども簡単にできます。パソコン用の画像編集ソフトで、より自由な編集を楽しみたい方にもおすすめです。

FOX「Vuze XR Dual」VUZE-XR-BLK

FOX「Vuze XR Dual」VUZE-XR-BLK

VR動画の撮影にも適した360度カメラです。全天球型と半天球型の両方に対応。5.7Kの高解像度で撮影できます。6軸ジャイロにより、安定感も良好。自動トラッキングなど多彩な機能を搭載しており、動く被写体の撮影にもおすすめです。

また、スマホ専用アプリで、編集・SNS共有・ライブ配信などが可能。パソコン用編集ソフトを使えば、より凝った編集もできます。

360度カメラの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの360度カメラの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

360度カメラのランキングを見る

担当者からひとこと

360度カメラを使えば、パノラマやスモールプラネットなど、より自由に写真や動画を撮影できます。リーズナブルなモデルでも、スマホのライブ配信や、パソコンでの高機能な編集に対応可能。主に業務用として広く使われてきた360度カメラですが、思い出をより臨場感あふれる形で残したい方にもおすすめです。

すべての360度カメラを見る

おすすめの関連記事