カテゴリから選ぶ

【2022年】360度カメラのおすすめ7選 ひと味違う動画や写真が撮れるアイテム

更新日:2022.05.12

360度カメラのイメージ

360度全方向を撮影できる「360度カメラ」。一般的なカメラでは撮影できない臨場感あふれる作品を残せます。ライブ配信やVR撮影をおこなえるモデルが発売されているのも魅力。また、アウトドアシーンやビジネスシーンでも活躍します。

そこで今回は、360度カメラのおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

360度カメラとは?

360度カメラとは?

「360度カメラ」とは、360度全方向を撮れるカメラです。180度以上撮影できる超広角レンズを2枚搭載しており、それぞれのレンズで撮影した画像を組み合わせて全方向をカバーします。

360度カメラの種類は、上下と水平方向に対応した「全天球型」と、上と水平方向に対応した「半天球型」の2つです。撮影したい構図に合わせて縦横比も設定できるため、単焦点カメラでは実現できない独創的な写真や動画を撮影できます。

360度カメラはどんなことに使えるの?

360度カメラとは? 360度カメラはどんなことに使えるの?

360度カメラは、大人数の集合写真や雄大な景色など、広範囲を撮影するときに便利なアイテムです。防水性や耐久性に優れたモデルは、旅行・登山・マリンスポーツのようなアウトドアシーンでも活用できます。

360度カメラは付属しているアクセサリーが豊富。バイクや自転車に付けて、迫力ある動画を撮影できるモデルがあるのも魅力です。また、Web会議で使えるモデルも発売されています。

360度カメラの選び方

「全天球型」と「半天球型」では撮影できる範囲が異なる

全天球型|上下と水平方向を360度

360度カメラの選び方 「全天球型」と「半天球型」では撮影できる範囲が異なる 全天球型|上下と水平方向を360度

全天球型の360度カメラは、水平方向に加えて上下方向も360度撮影できるのが特徴です。前と後ろに1つずつカメラを搭載。2つのカメラ映像を合わせる「ステッチ」により、1つの映像として撮影可能です。

ただ、360度死角なく撮影できるので、そのまま撮ると撮影者や三脚などが映り込んでしまいます。景色だけ撮りたい場合は、撮影者が映り込まないよう工夫されたモデルを選びましょう。

半天球型|上と水平方向を360度

360度カメラの選び方 「全天球型」と「半天球型」では撮影できる範囲が異なる 半天球型|上と水平方向を360度

半天球型の360度カメラは、上と水平方向を360度撮影できるカメラです。ドーム状に撮影できるため、全天球型とは違い、撮影者や三脚が映り込まないのが特徴。ダイナミックな風景の撮影やパノラマ撮影をするときにおすすめです。

全天球型と半天球型は写真や映像の仕上がりが異なります。それぞれの特徴を踏まえて選ぶことが大切です。

センサーの画素数をチェック

360度カメラの選び方 センサーの画素数をチェック

高画質で撮影したい場合は、センサーの画素数に注目して選びましょう。360度カメラのなかには、4K以上の画質に対応しているモデルもあります。4Kは画素数が約800万あり、フルHDの約4倍。細部まで鮮明に撮影できるので、VR映像にも向いています。

さらに鮮明に撮影したい場合は、8Kの360度カメラがおすすめ。約3300万画素あり、4Kの約4倍の高解像度で撮影できます。ただし、画質が向上するほどデータが大きくなるため、ストレージの容量や編集する機器のスペックを考慮しながら選びましょう。

手ブレ補正機能の有無

360度カメラの選び方 手ブレ補正機能の有無

映像の視認性を高めたい方は、手ブレ補正機能を搭載したモデルがおすすめ。手ブレ補正機能は、動きの速いシーンでも被写体や周囲の風景をきれいに撮れるのが特徴です。

自転車・バイク・スキーなどのアウトドアシーンでも活用できます。ジンバルや三脚を用意する必要がなく、少ない荷物で撮影に臨めるのも魅力です。

撮りたいのは写真?動画?それぞれの注目ポイント

360度カメラの選び方 撮りたいのは写真?動画?それぞれの注目ポイント

360度カメラは、用途に応じて注目ポイントが異なります。写真撮影が目的なら、microSDカードに対応した360度カメラがおすすめ。本体にデータを保存できるモデルは購入後すぐに使用できますが、容量が限られています。撮影可能枚数を確認し、必要ならmicroSDカードの購入を検討しましょう。

一方、動画撮影が目的なら、連続撮影時間やフレームレートに注目。動画撮影を中心にする場合は、連続撮影時間が自分の撮影したい時間分あるかを確認しておくのがおすすめです。フレームレートとは、1秒間の動画に何枚の静止画を表示するのかを示す単位のこと。数値が高いほど、滑らかな映像を撮影できます。

VR撮影対応かどうかをチェック

360度カメラの選び方 VR撮影対応かどうかをチェック

360度カメラのなかには、VR撮影をおこなえるモデルがあります。VR動画は、特定の視点から360度映像を視聴できるのが特徴。臨場感あふれる映像を撮影できます。

不動産物件の内見やストリートビューなど、さまざまなシーンで利用可能。360度VR映像を鮮明に映したいなら、4Kや8Kのような解像度が高い商品がおすすめです。

アウトドア用途で使うなら防水性や耐久性があると安心

360度カメラの選び方 アウトドア用途で使うなら防水性や耐久性があると安心

アウトドアシーンで360度カメラを使う場合は、耐久性も確認しておくのがポイントです。防水・防滴性能を備えたモデルなら、水や雨に濡れても使用可能。マリンスポーツ中に迫力のある映像が撮れます。

また、防塵性能を備えたモデルなら、砂ボコリが舞う場所でも撮影可能。アクティブなシーンを撮影しない場合も、落下に備えて耐衝撃性に優れたモデルを選ぶのがおすすめです。

スマホと連携できるかどうか

360度カメラの選び方 スマホと連携できるかどうか

360度カメラとスマホを連携できると、データの共有をスムーズにおこなえます。撮影した写真や動画を、その場でスマホに転送することで、リアルタイムでSNSにアップすることが可能。友達や家族にもデータを共有しやすく、使い勝手も良好です。

スマホとの連携方法は、主にスマホに直接接続するタイプと専用アプリを用いて接続するタイプの2通りあります。

対応アクセサリーの豊富さで選ぶ

360度カメラの選び方 対応アクセサリーの豊富さで選ぶ

360度カメラに対応しているアクセサリーが豊富なほど、さまざまなシーンで撮影できます。たとえば、ハンドグリップは街歩きのような撮影に便利。また、ヘルメットに付けられるマウントがあれば、バイクや自転車での走行映像が撮影可能です。

そのほかにも、サーフボードや車に設置できるマウント、より深いところまで潜って撮影できる防水ケースなど、対応アクセサリーはモデルによってさまざま。使用目的に合ったアクセサリーの有無も確認しておきましょう。

360度カメラの人気メーカー

GoPro(ゴープロ)

360度カメラの人気メーカー GoPro(ゴープロ)

ゴープロは、ウェアラブルカメラを取り扱うメーカーです。コンパクトかつ高機能なアクションカメラ「HERO」シリーズを手がけています。

ゴープロの360度カメラ「GoPro MAX」は、カメラの性能と耐久性に優れているのが特徴。防水ケースを装着せずに水深5mまで撮影可能です。また、手ブレ補正機能を搭載したモデルを発売しています。

Insta360(インスタ360)

360度カメラの人気メーカー Insta360(インスタ360)

インスタ360は、2015年に設立されたメーカーです。360度カメラだけでなく、アクションカメラやVRカメラなども手がけています。4Kを超える高解像度を実現したモデルもあり、高画質かつ臨場感あふれる作品を残せるのがポイントです。

インスタ360の360度カメラは、カメラの性能と利便性に優れているのが特徴。専用アプリをインストールすると、Wi-Fi経由で写真や動画などのデータを共有できます。また、遠隔操作に対応しているのも魅力です。

360度カメラのおすすめ

GoPro「GoPro MAX」CHDHZ-202-FX(全天球型)

GoPro「GoPro MAX」CHDHZ-202-FX(全天球型)

耐久性と防水性に優れている全天球型の360度カメラです。水深5mまでの防水性能を備えています。「HEROモード」を利用すれば、水平維持機構によって激しい運動時でも滑らかな映像が撮影可能です。

また、ハードシェルケースやマイクロファイバーバッグなど、付属品が充実している点も魅力。「粘着性ベース マウント」も付いているので、バイクや自転車を運転しながらの撮影に対応できます。

Insta360「Insta360 ONE X2」CINOSXX/A(全天球型)

Insta360「Insta360 ONE X2」CINOSXX/A(全天球型)

ポケットサイズの360度カメラです。2つのカメラを搭載し、5.7Kの高解像度に対応しています。高性能な手ブレ補正機能を備えているので、スポーツのような動きが激しいシーンの撮影にも最適です。

約80分の連続使用が可能な1630mAhの大容量バッテリーを搭載しているのも魅力のひとつ。また、IPX8の防水性能を備えているため、深さ10mまでの水中でも使用できます。雨の日の撮影やプールで撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

コダック「PIXPRO」SP360(半天球型)

コダック「PIXPRO」SP360(半天球型)

半天球型の360度カメラです。フルHDに対応しており、1638万画素で鮮明に撮影できます。1秒間に最大10枚まで連続撮影できるため、スポーツシーンの撮影にもおすすめです。

また、パソコンとのUSB接続が可能。専用ソフトを使えば、より凝った映像の編集ができます。スマホとのWi-Fi接続にも対応しており、GPS情報の記録が可能。リアルタイムでSNSにアップできるので、動画配信にも便利です。

KANDAO「QooCamLite」(全天球型)

KANDAO「QooCamLite」(全天球型)

スリムな全天球タイプの360度カメラです。4Kの高画質で撮影可能。カメラ先端部を90度横倒しにセットすると、半天球型としても撮影できます。4K 60fpsに対応しており、すばやい被写体も、滑らかに撮影可能です。

自撮り棒をまっすぐに取り付けると、映像から自撮り棒を自動で消去する機能を搭載。より自然な写真が撮れます。手ブレ補正も良好で、街歩きやスポーツシーンの撮影にもおすすめです。

コダック「PIXPRO」4KVR360(全天球型)

コダック「PIXPRO」4KVR360(全天球型)

3種類のレンズを搭載した360度カメラです。レンズを使い分けることで、全天球と半天球の撮影を楽しめるモデル。画角は360度・235度・197度の3種類から、シーンや好みなどに合わせて、撮影スタイルを決められます。

耐久性が高いのも魅力のひとつ。4K相当の高解像度で撮影できるため、VR撮影にもおすすめです。スマホの専用アプリで、遠隔操作やSNS共有なども簡単にできます。パソコン用の画像編集ソフトで、より自由な編集を楽しみたい方にもおすすめの360度カメラです。

KANDAO「QooCam 8K Enterprise」(全天球型)

KANDAO「QooCam 8K Enterprise」(全天球型)

8Kの映像をリアルタイムで配信できる、全天球型の360度カメラです。30fpsに対応しているので、動きの速い映像を滑らかに撮影できます。カメラを起動してから専用のケーブルを差し込むだけでライブ配信が可能。シンプルな操作性を実現しており、使いやすさが良好です。

ダイナミックレンジが広く、明るい場所から暗い場所までさまざまな環境で撮影をおこなえます。また、専用アプリをインストールするとスマホとの連携が可能。パラメーターの調整やプレビューなどをスマホから操作できます。

コダック「PIXPRO」SP360 4K(半天球型)

コダック「PIXPRO」SP360 4K(半天球型)

4K高画質撮影をおこなえる半天球型の360度カメラです。耐衝撃・防塵・耐低温性能を備えているのが特徴。別売りの防水ハウジングを装着すると、水中撮影も楽しめます。

さらに、「Webカメラモード」を搭載しているため、Skypeのようなビデオチャットでも利用可能です。

紹介したモデルの比較表を見る

360度カメラの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの360度カメラの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

360度カメラのランキングを見る

担当者からひとこと

360度カメラは、画角や構図に縛られることなく360度全方向を映せます。大人数の集合写真や雄大な風景を撮影するときにもおすすめです。全天球型と半天球型で仕上がりが異なるので、あらかじめ用途を明確にしておきましょう。選び方を参考にお気に入りのアイテムを見つけてみてください。

すべての360度カメラを見る

おすすめの関連記事