10/24・25限定! ダイソンPure Hot + Cool Linkが30,000円引き

デジタルフォトフレームのおすすめ10選 思い出を飾ろう

更新日:2020.10.7

デジタルフォトフレームのイメージ

楽しかった旅行の写真、思い出のワンシーンなどは常に身近に置いておき、いつでも眺めていたいものです。特に、お気に入りの写真がたくさんある方には、気分によって写真を簡単に変えることができる「デジタルフォトフレーム」がぴったり。写真や動画を再生できるだけでなく、おしゃれなインテリアとしても活躍するので、プレゼントとしてもおすすめです。

そこで今回は、デジタルフォトフレームを選ぶときにおさえておきたいポイントやおすすめの商品をご紹介します。

デジタルフォトフレームの選び方

置く場所に合わせて画面サイズを確認

デジタルフォトフレームの選び方 置く場所に合わせて画面サイズを確認

デジタルフォトフレームの画面サイズは、7〜8インチが主流です。ハガキ大のサイズで置き場所を選ばず、デスクや棚の上に置いて手元で眺めるのには十分な大きさがあります。

一方、リビングやダイニングなど広めの部屋に飾り、少し離れた場所からも楽しみたいのであれば、10〜15インチの大きめサイズがおすすめ。10インチでA5手帳くらい、15インチになるとノートパソコンと同等の大きさで、存在感があります。

きれいに表示するには解像度をチェック

デジタルフォトフレームの選び方 きれいに表示するには解像度をチェック

写真を美しく表示するには解像度が重要です。解像度は画像を構成するドットの密度で表されます。数値が高いほど、きめ細かく鮮明に写真の表示が可能。最近はスマホカメラの性能も上がっているため、最低でも800×480以上の解像度を備えたモデルがおすすめです。

15インチ以上の大画面で、近い距離でも鮮明な画像を見るためにはHD画質(1280×720)やフルHD画質(1920×1080)を検討しましょう。

画像の再生方法をチェック

メモリーカードなどの記憶媒体

デジタルフォトフレームの選び方 再生方法 メモリーカードなどの記憶媒体

デジタルフォトフレームは、SDカードなどの記憶媒体を本体に差し込んで写真を表示させるモノがほとんどです。製品によって使える記憶媒体は異なりますが、おもにSDカードやUSBメモリに対応しています。

SDカードには数種類あるため、自分が使用しているSDカードと互換性があるかどうかの確認が必要。また、USBメモリに対応しているモノは、パソコンに保存した写真をすぐに取り込めるので便利です。

内蔵メモリ

デジタルフォトフレームの選び方 再生方法 内蔵メモリ

デジタルフォトフレーム本体に内蔵メモリが搭載されているモデルもあります。内蔵メモリがあれば、カメラから直接画像を転送して保存しておけるので便利。SDカードをその都度差し込む手間が省け、手軽に画像が楽しめます。

内蔵メモリの容量は一般的に2GB程度あれば十分ですが、動画も楽しみたい方は8GBほどの大容量モデルもおすすめです。

Wi-Fiに対応していればネットにつなげて写真を映せる

デジタルフォトフレームの選び方 再生方法 Wi-Fi

最近はWi-Fiに対応したデジタルフォトフレームも販売されています。Wi-Fiに対応したモデルは、自宅に無線LAN環境があれば、スマホの写真を簡単にデジタルフォトフレームに表示できるので便利。

また、クラウドサービスにアップロードした写真を受信したり、離れた場所へ画像を送信して、デジタルフォトフレームに写真を表示させたりすることも可能です。

フォトフレーム以外の機能をチェック

デジタルフォトフレームの選び方 フォトフレーム以外の機能をチェック

フォトフレーム以外の付加機能にも注目しましょう。例えば、カレンダーやアラーム、ネット接続機能などです。カレンダーや時計機能が付いているモノは画像を表示しなくても日常的に活用でき、さらにアラーム機能があると、目覚まし時計としても使えます。

また、ネット接続機能を持った製品は、パソコンやタブレットに近い使い方ができるので便利です。ほかにも、人感センサーやリモコン付きなど、用途に合わせて選んでみてください。

デジタルフォトフレームのおすすめ

Google「Google Nest Hub」GA00516-JP(7 インチ)

Google「Google Nest Hub」GA00516-JP(7 インチ)

Wi-FiとBluetoothに対応し、ネットにつなげて使用できるデジタルフォトフレームです。Googleアシスタントを搭載しているため、音声操作で見たい写真の表示や地図や動画の検索が可能。フォトフレームとしてだけではなく、動画や音楽を楽しんだり、リマインダーとして使用したり、使い方はさまざまです。

画面サイズは7インチ。タッチ操作でき、据え置いたときに見やすい傾斜スタンドが付いています。

KEIAN KD71RD-WR3(7インチ)

KEIAN KD71RD-WR3(7インチ)

高解像度画面を備えた7インチのデジタルフォトフレームです。カレンダーや時計表示機能を搭載し、リモコンで遠隔操作が可能。リモコンは本体背面にマグネットで収納できるので、邪魔になりません。便利な機能を一般的なレベルで網羅したおすすめのモデルです。

離れた場所に住む祖父母に孫の写真を入れてプレゼントするのもおすすめ。画像再生のみのシンプル操作で、機械に疎い高齢者方でも簡単に扱えます。

ラドンナ BKDP01-80-GY(8インチ)

ラドンナ BKDP01-80-GY(8インチ)

スリムなデザインで置き場所を選ばない、8インチのデジタルフォトフレームです。カレンダーや時計表示に加えてアラーム機能が付いているため、目覚まし時計の代用ができます。

タイマーで電源オフを設定しておけば、外出時の切り忘れを予防。写真のスライド再生のほか、静止画やサムネイル表示ができます。パステルカラーのフレームも魅力のひとつ。グレージュ、ピンク、ブルーの3色から、部屋の雰囲気や好みで選べます。

KEIAN KDW8G(8インチ)

KEIAN KDW8G(8インチ)

Wi-Fi対応の8インチのデジタルフォトフレームです。スマホの写真をクラウドから転送でき、最大20台まで写真を表示できます。

音楽再生や時計、カレンダーなどの表示が可能。画面は、タッチパネル式を採用しており、直感的な操作ができます。明るさセンサーが周囲の明るさに合わせて最適な明度に調整してくれるので、電気代が気になる方にもおすすめです。

グリーンハウス GH-DF7UC-BK(7インチ)

グリーンハウス GH-DF7UC-BK(7インチ)

LEDバックライトを採用した省エネモデルのデジタルフォトフレーム。1日8時間で1ヶ月使用しても、約18円と経済的です。壁掛け穴が設けられているので、置いても掛けても使用が可能。SDカードとUSBメモリの両方に対応し、スライドショーを再生しながらBGMを流すなどの使い方も楽しめます。

シックでスタイリッシュなフレームは万人受けしやすく、結婚祝いや出産祝いなどのプレゼントにも最適です。

ドリームメーカー PT001-P(3.5インチ)

ドリームメーカー PT001-P(3.5インチ)

3.5インチのコンパクトサイズで、ポップなカラーがおしゃれなデジタルフォトフレームです。手のひらサイズで約90gと軽量のため、バッグに入れて旅行先や出張先にも簡単に持ち運べます。

机上に飾っても邪魔になりにくいので、会社や書斎のデスクに設置するのもおすすめ。電源アダプターのほかに、USBケーブルでパソコンから電源を取ることも可能です。スライドショーの間隔やパターンを変更する機能も備わっています。

KEIAN KDPF2152RTR2(21.5インチ)

KEIAN KDPF2152RTR2(21.5インチ)

21.5インチの大画面を備えたデジタルフォトフレームです。大きく映った画像が楽しめ、リビングにみんなで集まって鑑賞するのにもぴったり。AV入力やHDMI入力を搭載し、パソコンやDVDプレーヤーなど各種機器のモニターとしても利用できます。

タイマーで電源のオン・オフを設定でき、写真だけでなく動画や音楽の自動再生が可能。自宅で目覚ましとして使うほか、開店や閉店に合わせて事務所や店舗で使うのもおすすめです。

KEIAN KD10FR-W(10インチ)

KEIAN KD10FR-W(10インチ)

7〜8インチの画面ではやや小さいと感じる方におすすめの10インチのデジタルフォトフレームです。少し離れた距離からでもよく見えるので、リビングのテレビ台の上やカウンターなどに設置するモノとして最適。液晶前面に光沢パネルを使用し、画像をより美しく表示します。

時計やカレンダー表示とスライドショーを好みでカスタマイズすることも可能。おしゃれなアクリル加工のフレームは、ホワイトとブラックの2色展開です。

KEIAN KDPF1853RT(18.5インチ)

KEIAN KDPF1853RT(18.5インチ)

18.5インチで、据え置きと壁掛けの両方で使用できるデジタルフォトフレームです。据え置きするスペースが取れない方にもおすすめ。大画面なので、壁に掛けると離れた場所からもよく見え、親戚や友達が大勢集まって鑑賞する際にも活躍します。

AV入力とHDMI入力を搭載し、パソコンのサブモニターとしても使用可能。一般的なノートパソコンよりやや大きめのサイズで、見やすく便利に使えます。

アドバンストテクノロジー「デジグリカ」67001(1.44インチ)

アドバンストテクノロジー「デジグリカ」67001(1.44インチ)

1.44インチの液晶ディスプレイが付属した、グリーティングカード型デジタルフォトフレームです。USBミニB端子を製品に差し込むと内蔵ソフトウェアが起動するので、あとはパソコンで選んだ画像を取り込むだけ。60枚の画像が入れられ、カードを開くと自動で電源が入ってスライドショーが始まります。

付属の専用封筒を使って郵便で送付でき、2個のボタン電池で稼働。お祝いなどのサプライズギフトにおすすめです。

デジタルフォトフレームの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのデジタルフォトフレームの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

デジタルフォトフレームのランキングを見る

担当者からひとこと

デジタルフォトフレームは手軽に写真を再生でき、旅行の思い出に浸ったり、離れて住む家族を身近に感じたりできる便利なアイテム。選ぶ際には、サイズや解像度の高さ、使える外部メモリの確認などが必要です。記事を参考にして、用途や環境に合った最適なモデルを選んでみてください。

すべてのデジタルフォトフレームを見る

おすすめの関連記事