安いタブレットのおすすめ6選【2021】2万円以下で買える人気モデルを紹介

更新日:2021.08.07

タブレットを使っているイメージ

画面が大きく、動画や電子書籍の閲覧に便利な「タブレット」。スペックが控えめの安いタブレットであっても、Web閲覧や動画視聴などであれば快適に使用できます。

しかし、各メーカーから多くの製品が販売されているので、どれを購入すればよいかは迷いがち。そこで今回は、予算2万円程度で購入できるおすすめのタブレットをご紹介します。

安いタブレットの選び方

画面サイズをチェック

画面が見やすく操作しやすい10インチクラス

安いタブレットの選び方 画面サイズ 10インチクラス

タブレットが備えているディスプレイのサイズは、7〜10インチ程度が一般的。自宅での使用が主で、動画を快適に楽しみたい場合は、視認性の高い10インチクラスのモデルがおすすめです。 コンパクトなモデルに比べると携帯性は劣りますが、その分映像や画像が大きく映ります。ディスプレイ解像度が高いモデルが多いので、 美しいグラフィックを求める方にも最適。動画視聴や映画鑑賞にもおすすめです。

携帯性を重視するなら8インチ以下

安いタブレットの選び方 画面サイズ 8インチ以下

8インチ以下のディスプレイを備えたモデルは、コンパクトなボディサイズがメリット。外出時に携帯するタブレットとして最適です。 また、片手で持って操作することもできるので、通勤通学時の電車内でも快適に使用できます。

画面が小さいので、映画や動画を視聴する際の字幕やテロップは見えにくくなりますが、小説や漫画など、電子書籍の閲覧がメインの方にはおすすめです。

画面の解像度をチェック

安いタブレットの選び方 画面の解像度

解像度とは、液晶画面を構成するドット数を表すスペックです。ドットの数が多いほど、細かいグラフィック表示が可能になるので、解像度が高いタブレットでは、鮮明な映像が楽しめます。

動画視聴や、電子書籍で細かい字の書物や雑誌を読むのが主な使用目的であれば、フルHD(1920×1080)以上の画面解像度にこだわりたいところ。 10インチ以上のタブレットには、フルHD相当の高解像度モデルも数多く存在するのでチェックしてみましょう。

OSの種類をチェック

Android

安いタブレットの選び方 OSの種類 Android

Googleが開発し、オープンソースとして公開されているOSが「Android」です。無料で使用できるので、各メーカーが製造するタブレットに数多く採用されています。 スペックやサイズなど、豊富なラインナップから製品を選択できるのが魅力。また、Androidスマホを使用している方にとっては、使いやすいのもメリットです。 リーズナブルな価格で販売されているタブレットにも多数採用されています。

Windows

安いタブレットの選び方 OSの種類 Windows

「Windows」は、Microsoftが提供するパソコン向けに開発されたOSです。Windows PCを使用している方にとっては、お馴染みのOS。 WordやExcelなど、オフィスソフトを使用できることも特長です。キーボードやマウスを接続して、パソコンのように使いたいときにも便利。 ビジネスシーンで使用するタブレットを探している方におすすめです。

通信方法の"Wi-Fi"と"LTE"をチェック

安いタブレットの選び方 通信方法のWi-FiとLTEをチェック

タブレットの通信方法には、多く分けて2つの種類が存在します。LTE対応モデルとも呼ばれる「SIMフリーモデル」は、通信会社と契約し、本体にSIMカードを挿入して使用します。 Wi-Fiモデルよりも価格は高めですが、スマホのように場所を選ばずインターネットの利用ができます。

「Wi-Fi」モデルのタブレットは、Wi-Fi環境が整っている場所でのみインターネット利用ができるタイプ。自宅やオフィスなど、使用する場所が決まっている場合におすすめです。

データの保存容量をチェック

安いタブレットの選び方 データの保存容量をチェック

安いタブレットの「データ保存容量」は、8〜32GBが一般的。メールや文書ファイルのみの保存であれば、容量が少なくても大丈夫ですが、 動画ファイルの保存や電子書籍を大量に保存しておきたい場合には、容量の大きいモデルがおすすめです。

また、SDカードスロットを備えているタブレットであれば、ストレージ容量の拡張が可能。対応するSDカードの容量もチェックしておくと購入後のトラブルを防げます。

メモリ容量をチェック

安いタブレットの選び方 メモリ容量をチェック

タブレットの処理速度を左右する「メモリ」。安いタブレットの場合は1〜2GBのメモリを搭載したモデルが一般的ですが、快適な動作を求めるのであれば、2GB以上のモデルを選択しておきましょう。 ただし、電子書籍の閲覧がメインの場合には、1GBモデルでも問題ありません。

複数アプリの同時利用やゲームプレイには、メモリ容量の大きいモデルがおすすめ。とはいえ、容量が大きくなれば価格も高くなるので、使用目的と予算を考慮して選びましょう。

防水性能をチェック

安いタブレットの選び方 防水性能をチェック

キッチンや洗面所などでタブレットを使用する場合には、防水性能を備えたモデルがおすすめ。 タブレットの防水性能は、国際電気標準会議で定められた「International Protection(IP)」で表記するのが一般的です。

IPX3〜4のモデルが生活防水。完全防水を望むのであれば、IPX5以上が必要です。浴室でタブレットを使いたい方は、より防水性能が高いIPX7以上を選びましょう。

安いタブレットのおすすめ|10インチクラス

Amazon「Fire HD 10」B08F5Z3RK5

Amazon「Fire HD 10」B08F5Z3RK5

1920×1200の高解像度ディスプレイを備えた10.1インチのタブレットです。Dolbyオーディオステレオスピーカーを搭載しているので、 臨場感あふれるサウンド再生が可能。2GBのメモリと2.0GHzのクロック数を誇るCPUにより、快適に動画鑑賞が楽しめます。

音声アシスタントの「Alexa」にも対応しており、声をかけて簡単に操作できる点もおすすめです。

Amazon「Fire HD 10」B08F5NDBWV

Amazon「Fire HD 10」B08F5NDBWV

キッズモデルとして販売されている10インチサイズのタブレットです。絵本・学習まんが・児童書・子供向けアプリなどがセットになった 「Amazon Kids+」が1年間無料で使用可能。ペアレンタルコントロール機能を搭載しているので、1日の使用時間を15分単位で設定して使いすぎを防げます。

年齢フィルターを利用すれば、年齢にあった適切なコンテンツが自動で表示されるので、子供用タブレットとしておすすめです。

ファーウェイ「MediaPad T5 10」AGS2-W09

ファーウェイ「MediaPad T5 10」AGS2-W09

気軽に購入できる、大画面タブレットを探している方におすすめのモデルです。フルHD表示が可能な約10.1インチの液晶で、ネットサーフィンや動画が大きくきれいな画面で楽しめます。

キッズモードを搭載しているのが特徴です。使用できるアプリや、利用可能な時間を簡単に管理することが可能。子供が初めて使うタブレットとしても安心して持たせられます。

安いタブレットのおすすめ|8インチクラス

Lenovo「Lenovo Tab M8」ZA5G0084JP

Lenovo「Lenovo Tab M8」ZA5G0084JP

映像やサウンドにこだわった8インチサイズのタブレットです。ベゼル幅が狭く、鮮明な映像への没入感を高められる設計。 Dolbyオーディオに対応しているので、臨場感あふれるサウンドで動画や映画が楽しめます。

OSにはAndroid 9.0を採用しており、メモリは2GB搭載。最大約12時間のバッテリー駆動が可能なので、外出時に使用するタブレットとしてもおすすめです。

Amazon「Fire HD 8」B07WGJQMNN

Amazon「Fire HD 8」B07WGJQMNN

子供用に設計された8インチのタブレットです。年齢範囲や利用時間などさまざまな設定が可能。年齢に適したコンテンツのみを表示できるだけでなく、タブレットの使いすぎを防止できます。

タブレット本体をしっかりと保護するキッズカバーが付属。万が一落下してしまった場合でも、カバーが衝撃を軽減するので安心して使えます。1TBまでのmicroSDカードに対応しているので、写真や動画を多数保存しておきたい場合にもおすすめです。

ファーウェイ「MediaPad M5 lite 8」M5LITE8LTEGRAY

ファーウェイ「MediaPad M5 lite 8」M5LITE8LTEGRAY

約8インチの液晶を搭載したコンパクトなタブレットです。高精細なWUXGA(1920×1200ドット)表示ができます。動画を視聴したり電子書籍を読んだりするのにもおすすめです。

HUAWEIの独自CPU「Kirin710」と3GBのRAMを実装しており、さまざまなアプリが軽快に動作します。LTE通信に対応しているため外出先でもインターネットの利用が可能です。

タブレット売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのタブレットの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

タブレットのランキングを見る

担当者からひとこと

今回はおすすめの安いタブレットをご紹介しました。購入する際は、ディスプレイサイズや解像度・通信方法・メモリ容量・ストレージ容量などをチェックしておきましょう。使用目的にあうタブレットを格安で手に入れて、電子書籍や動画視聴を楽しんでください。

すべての2万円以下のタブレットを見る

おすすめの関連記事