ビックジャンボ!最大全額ポイントバック!

【2021】最新ノートパソコンのおすすめ15選 初心者や大学生など目的別に紹介

更新日:2021.06.18

ノートパソコンのイメージ

ビジネスシーンをはじめ、動画を視聴するなどプライベートでも活躍するのが「ノートパソコン」です。大学生の方はレポートの作成などにも重宝します。

そこで今回は、最新ノートパソコンのおすすめモデルを用途別にご紹介。選び方についても詳しく解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。


“OS”の種類で使い勝手が大きく変わる

普及率が高い「Windows OS」(Microsoft)

OSの種類で使い勝手が大きく変わる 普及率が高い「Windows OS」(Microsoft)

「Windows OS」はアメリカのMicrosoftが開発したOSです。多くのパソコンメーカーが採用しており、世界で最も高いシェアを誇ります。そのため対応するソフトや周辺機器の豊富さが魅力。企業や学校などさまざまな場所で使われています。

ビジネスソフトのなかにはWindows OSにしか対応していない製品もあるので、特にビジネス用途にはおすすめです。

クリエイティブなら「Mac OS」(Apple)

OSの種類で使い勝手が大きく変わる クリエイティブなら「Mac OS」(Apple)

「Mac OS」はAppleが開発した自社パソコン向けのOSです。直感的に操作できる洗練されたユーザーインターフェースを備えており、クリエイティブな作業にピッタリ。持ち運びやすく高性能なMacBookシリーズは、携帯性を重視するクリエイターの方におすすめです。

Apple製品間のデータ連携が容易なため、iPhoneやiPadを所有している方であればより便利に活用できます。

シンプルでお手頃な「Chrome OS」(Google)

OSの種類で使い勝手が大きく変わる シンプルでお手頃な「Chrome OS」(Google)

検索エンジンで有名な「Google」が開発したOSです。Androidスマホなどで馴染みのあるアプリを利用できるのが特徴。パソコンへの負荷が少なく、低価格モデルでも快適に動作します。また、データはクラウドに保存されるため、容量の大きなストレージが不要なのも特徴です。

使えるのはGoogleが提供するサービスのみですが、そのなかにはOfficeソフトの代わりになるアプリや、データ移行に便利なドライブ、セキュリティ対策などがあります。初めてパソコンに触れる方で、高度な機能は不要な場合に最適なOSです。

ノートパソコンの選び方

見やすい“画面サイズ”と“解像度”

ノートパソコンの選び方 見やすい画面サイズと解像度

画面の大きなノートパソコンは見やすいものの、重くなる傾向にあります。頻繁に持ち運ぶなら、視認性と携帯性のバランスがよい13インチ前後のモデルがおすすめ。一方で、据え置きで使うのであれば、13〜15インチの製品が適しています。ゲームや動画の視聴を思いっきり楽しみたい場合は15インチ以上の大画面モデルにするなど、用途に合ったサイズ選びが大切です。

また、画面の大きさだけでなく画質のきれいさを求める場合は解像度にも注目。なかには4K画質の高解像度モデルもあるので、映像作品を見たり、グラフィックの仕事やゲームに使用したりする場合はチェックしてみましょう。

持ち運ぶなら”軽いノートパソコン”を選ぶ

ノートパソコンの選び方 持ち運ぶなら軽いノートパソコンを選ぶ

ノートパソコンを持ち運ぶ機会が多い方は、重量もしっかりと確認しましょう。通勤・通学で使用するなら1.3kg以下の軽量モデルがおすすめ。なかには1kgを切るモデルもあり、腕や肩の負担になりにくく快適です。

スリムでスタイリッシュな製品が多いため、かばんやリュックの中もかさばりにくくなります。

外出先で使うなら“バッテリー駆動時間”

ノートパソコンの選び方 外出先で使うならバッテリー駆動時間

ノートパソコンを外出先で頻繁に使用する方にとって、バッテリー駆動時間の確認も大切なポイントです。電源のない場所で作業をする場合は、フル充電で8時間以上動作できることが1つの目安。カフェや図書館、公園などでコンセントがなくても電池残量を心配する必要がありません。

また、急速充電機能を搭載したモデルなら、短時間である程度の充電がおこなえるので重宝します。休憩時間にサッと充電できてすぐに出かけることが可能です。

スペックや価格に大きく影響する“CPU性能”

ノートパソコンの選び方 スペックや価格に大きく影響するCPU性能

CPUはノートパソコン全体の性能を左右する重要なパーツ。IntelのCore iシリーズが有名です。Core i3/i5/i7/i9と数字が大きくなるほど高性能。また、コスパのよさで人気があるAMDのRyzenシリーズも要注目です。

「Core i5-10310Y」「Ryzen 5 3500U」など末尾にYやUの付くモノが省電力タイプで、ノートパソコンによく搭載されています。また、Hと付くタイプだとパワーがあり、クリエイターやゲームをする方におすすめです。

サクサク動かすには大きな“メモリ容量”が大切

ノートパソコンの選び方 サクサク動かすには大きなメモリ容量が大切

メモリは、CPUを“仕事をする職人”に例えた場合、その職人の作業場所と同じ役割を果たします。容量が大きいほどスムーズに仕事ができるため、ノートパソコンの処理速度も向上。動画視聴や資料作成、画像編集など複数のことを同時にこなすことができます。

容量が大きいほど価格が上がる傾向があるため、予算と求める性能のバランスが重要。ネットサーフィンをするだけなら4GBでも問題ありませんが、より快適に使いたいなら8GBモデルがおすすめです。さらに、負荷のかかるゲームや動画編集といった使い方がメインの方は、16GB以上の大容量メモリ搭載モデルを選びましょう。

データを保存する“ストレージの種類”と容量

ノートパソコンの選び方 データを保存するストレージの種類と容量

ストレージの種類はおもにSSDとHDDの2つです。SSDはアクセス速度の速さが特徴で256GB前後の容量が主流。一方のHDDはSSDと比べ速度では劣るものの、1TB以上など大容量でも低コストなことが魅力です。

いずれのストレージも対応する「Optaneメモリ」と組み合わせることでアクセススピードが向上するため、より快適さを求める方はチェックしてみてください。

ビジネスソフト「Office」の有無

ノートパソコンの選び方 ビジネスソフト「Office」の有無

「Office」とはMicrosoftが提供するWord・Excel・PowerPointなどの便利なソフトです。報告書を作ったりプレゼン資料を作成したりと、ビジネスシーンには必須といっても過言ではありません。大学生の方でも、学校のレポート作成などで便利に使えます。

Officeソフトが同梱されているノートパソコンなら、購入後すぐに活用することが可能。現在は「Microsoft 365」という、クラウドストレージを使用できる年間契約サービスも提供されているので、用途や利便性で必要かどうかを判断してみてください。

数字入力に便利な“テンキー”

ノートパソコンの選び方 数字入力に便利なテンキー

Excelなどで数字を入力したり、計算したりする機会が多いのであれば、テンキーの有無についても確認しておきましょう。電卓のような配置で数字のキーが並んでいるので、入力作業が効率的におこなえます。財務ソフトを使用する方などにもおすすめです。

ただし、テンキー付きモデルはそのぶん本体サイズが大きくなります。携帯性を損なわず作業性を向上させたい方には、USB接続の外付けテンキーを購入する選択肢もあるのでチェックしてみてください。

ゲームや動画編集に重要な“グラフィック性能”

ノートパソコンの選び方 ゲームや動画編集に重要なグラフィック性能

ゲームや動画編集がメインの方には、“GPU”搭載モデルがおすすめです。GPUとはグラフィック処理を専門に実行するプロセッサで、CPUの負荷を軽減することもできます。

結果的にノートパソコンの処理能力が向上するため、動作が快適になり美しい3Dグラフィックもスムーズに描画できます。NVIDIAの「GeForceシリーズ」やAMDの「Radeonシリーズ」が人気なので、チェックしてみましょう。

初めてノートパソコンを選ぶときのチェックポイント

初めてノートパソコンを選ぶときのチェックポイント

初心者の方がノートパソコンを購入する際には、価格だけを気にするのではなく目的に合った製品を選ぶことが大切です。インターネットの調べ物をメインで行いたいのか、WordやExcelなどのビジネスソフトを使うのか、動画編集やゲームなどをしたいのかなど、用途で必要な性能が異なります。

高性能なモデルは多くの用途をカバーしますが価格が高くなりがち。一方で、安さだけでモデルを決めてしまうと、使用したいソフトや機能が性能不足で動かないということも起こります。まずは用途に合ったチェックポイントを把握して最適なスペックを把握しましょう。

使用者や目的・用途に合わせたチェックポイント

ネットサーフィン・動画再生中心

初めてノートパソコンを選ぶときのチェックポイント 使用者や目的・用途に合わせたチェックポイント ネットサーフィン・動画再生中心

ネットサーフィンや動画再生といった用途がメインなら、10万円以下の低価格モデルでも問題ありません。CPUはCeleronプロセッサ、メモリも最低4GBあれば大丈夫です。

ただし、より快適に使いたい場合は、ある程度のスペックを備えたモデルがおすすめ。Core i3以上のプロセッサや8GBのメモリを実装している製品であれば、ウェブサイトや動画データの読み込みもスムーズなうえに、いくつかの作業を並行してもサクサク動きます。

大学生などの学習用途

初めてノートパソコンを選ぶときのチェックポイント 使用者や目的・用途に合わせたチェックポイント 大学生などの学習用途

文系の学生は、レポートなど資料を作成する機会が多いので、Office付きのノートパソコンが便利です。CPUやメモリ容量など高スペックモデルは必要ありません。初心者用のモノと同様10万円以下のモデルで十分使用可能です。オンライン授業を快適にするなら画面が大きいモノ、持ち運ぶなら軽いモノに注目してみてください。

理系の方の場合、実験データの分析やプログラミングといった用途での使用が考えられるので、CPUはCore i5以上のプロセッサ、メモリは8GB以上のノートパソコンを選ぶのがおすすめ。ソフトウェアの動作環境が事前にわかる際は、条件を満たしているパソコンを購入しましょう。また、画面サイズは13インチ前後の製品が見やすくて持ち運びにも適しています。

ビジネス

初めてノートパソコンを選ぶときのチェックポイント 使用者や目的・用途に合わせたチェックポイント ビジネス

ビジネス用途に使用する方にもOffice付きモデルがおすすめです。報告書やプレゼン資料を作成したり、データを分析してグラフ化したりとさまざまなシーンで活躍。ディスプレイは携帯性と視認性に優れた、13〜15インチサイズが使いやすいので便利です。

リモートワークでWeb会議をしながら議事録作成や作業をする場合、HDMIやUSB Type-Cでサブディスプレイと接続できる製品なら効率的に作業が進められます。

ゲーム

初めてノートパソコンを選ぶときのチェックポイント 使用者や目的・用途に合わせたチェックポイント ゲーム

ゲームを快適に楽しむにはCPUとGPUの性能が大切です。CPUにはCore i7やRyzen 7以上がおすすめ。また、GPUは初心者なら「GeForce GTX 1650」、中上級者なら「GeForce RTX 2060」あたりを目安に選んでみてください。

1秒間の画面の更新回数を表す液晶のリフレッシュレートも重要です。144Hzなど高速なパネルを搭載していれば、映像を見やすく表示できるのでプレイに集中できます。

画像・動画編集など

初めてノートパソコンを選ぶときのチェックポイント 使用者や目的・用途に合わせたチェックポイント 画像・動画編集など

画像や動画編集に使用するノートパソコンの場合も、ゲーム用途と同様に高性能なCPUとGPUを選択する必要があります。さらにメモリは、16GB以上の大容量モデルがおすすめ。負荷のかかる処理もスピーディに実行できます。

また、液晶のサイズや解像度もポイントです。大型のほうが見やすいのはもちろん、高解像度タイプなら細かな箇所を確認しながら効率的に作業が進められます。

ノートパソコンの人気メーカーをチェック

Microsoft(マイクロソフト)|Surface

ノートパソコンの人気メーカーをチェック Microsoft(マイクロソフト)|Surface

「Windows OS」を開発・提供していることで有名なアメリカのソフトウェアメーカーです。パソコンは「Surface」ブランドでノートパソコンを中心に展開しています。いずれのモデルも高性能かつスリムでスタイリッシュなデザインが特徴。

なかには、スペックを抑え、お手頃な価格を実現した「Surface Laptop Go」といったモデルもあるので、初心者や大学生の方などは要チェックです。

Apple(アップル)|MacBook

ノートパソコンの人気メーカーをチェック Apple(アップル)|MacBook

革新的なデバイスが人気のメーカーです。iPhoneやiPadには「iOS/iPad OS」、パソコンには「MacOS」を採用するなど、ハードとソフト両方を自社開発しているのが特徴。

ノートパソコンはお手頃な価格の「MacBook Air」と、高性能を追求した「MacBook Pro」の2シリーズを展開しています。どちらも、スリムでスタイリッシュなデザインと洗練された使い心地が魅力です。

HP(ヒューレット・パッカード)|Pavilion/Spectre/ENVY

ノートパソコンの人気メーカーをチェック HP(ヒューレット・パッカード)|Pavilion/Spectre/ENVY

ヒューレットとパッカード、2人の創業者によって設立されたアメリカのメーカーです。日本のパソコン市場でもトップシェアを有する人気ブランド。ノートパソコンはHP・Pavilion・Spectreなどchromebookを含めた豊富なシリーズを展開しています。

初心者におすすめのエントリーモデルから、本格的なゲーミングマシンまで幅広い機種を取り扱っているため、目的に合ったベストな1台を見つけることが可能です。

DELL(デル)|Inspiron

ノートパソコンの人気メーカーをチェック DELL(デル)|Inspiron

1984年に設立されたアメリカのメーカー。パソコンや周辺機器などを取り扱っており、コスパのよさで人気のブランドです。

ノートパソコンはInspiron・XPS・Dell Gなどのシリーズに加えChromebookをラインナップ。お手頃な価格が魅力の「Inspiron」や、ゲーム・動画編集に活躍する「Dell G」など、用途や目的別にカテゴリー分けがされているので選びやすくなっています。

Lenovo(レノボ)|IdeaPad

ノートパソコンの人気メーカーをチェック Lenovo(レノボ)|IdeaPad

1984年に設立された中国のメーカーです。パソコン・タブレット・スマートフォンなどを販売するグローバル企業。ノートパソコンは「ThinkPad」や「IdeaPad」などのシリーズを展開しています。

各シリーズのなかに用途や目的に応じて異なるスペックのモデルを複数ラインナップするなど、初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応できるブランドです。

NEC(エヌイーシー)|LAVIE

ノートパソコンの人気メーカーをチェック NEC(エヌイーシー)|LAVIE

1899年に設立された日本を代表する電機メーカーです。1979年にはNEC初のパソコン「PC-8001」を発売するなど、国内におけるパソコンの老舗ブランドでもあります。

ノートパソコンは「LAVIE」シリーズとして多数のモデルを展開。非常に軽量で携帯性に優れたモノや、大画面を搭載した視認性の高い製品など、用途に応じて使い勝手のよいモデルが選択できます。

ノートパソコンのおすすめ

ノートパソコンのおすすめ|初心者向けの安いモデル

ASUS「E510MA」E510MA-EJ200T

ASUS「E510MA」E510MA-EJ200T

フルHD表示が可能な15.6インチ液晶を搭載したノートパソコンです。大きくきれいな画面で動画や映画を視聴したい方におすすめのモデル。ディスプレイにはノングレア処理が施されているため、光の映り込みに邪魔されず映像に集中できます。

大容量バッテリーを内蔵しており、約9.8時間の連続動作が可能です。ACアダプターを持ち歩く必要がなく、リビングやキッチンなど好きな場所で1日中使えます。

ACER「Chromebook 712」C871T-A38N

ACER「Chromebook 712」C871T-A38N

タフなボディが特徴のノートパソコン。約122cmの高さからの落下衝撃にも耐えられる頑丈な設計で、子供のオンライン授業などにも安心して活用できます。

また、最大で約12時間使えるロングライフバッテリーや、長文でも読みやすい比率3:2のディスプレイもポイント。シンプルな機能で、ネットサーフィンや動画視聴などに使いたい方におすすめの1台です。

Lenovo「IdeaPad L350」81Y300J5JP

Lenovo「IdeaPad L350」81Y300J5JP

インテルのCeleronプロセッサと4GBのメモリを搭載した、普段使いにおすすめのモデルです。お手頃な価格ながら256GBのSSDを採用しているのが特徴。OSやアプリの起動が速いため、快適に使用することが可能です。

HDカメラを内蔵しておりビデオ通話などでも活躍します。プライバシーシャッターを搭載しているのがポイント。カメラを物理的に覆えるので、自宅から参加する機会が多い方も安心です。

ノートパソコンのおすすめ|大学生向けのOffice付きモデル

Microsoft「Surface Laptop Go」1ZO-00020

Microsoft「Surface Laptop Go」1ZO-00020

ストレージに64GBのeMMCを採用した、比較的お手頃な価格のノートパソコンです。スリムでスタイリッシュなデザインが特徴。重さも約1.1kgと軽量なため、リュックに入れて手軽に持ち運ぶことが可能です。

Core i5プロセッサと4GBメモリを搭載しているので、ネットでの調べ物やレポート作成などの作業が快適におこなえます。

Lenovo「IdeaPad D330」82H0000BJP

Lenovo「IdeaPad D330」82H0000BJP

脱着式の液晶ディスプレイを採用した、2in1タイプのノートパソコンです。キーボードを取り外すと薄型のタブレットとして使用可能。重さが約600gと非常に軽量なため、キャンパスやカフェなど好きな場所へ持ち運んで使えます。

約17時間駆動するバッテリーを搭載しているので、1日中使っても電池残量を気にする必要がありません。大学生はもちろん、子供の学習用途などにもおすすめのモデルです。

HP「15s-fq1066TU-OHB」2Z190PA-AAAB

HP「15s-fq1066TU-OHB」2Z190PA-AAAB

視認性に優れた、フルHD表示が可能な15.6インチ液晶を搭載のノートパソコンです。Officeソフトが付属しているため、レポートやプレゼン資料の作成が可能。大学生はもちろん、社会人にもおすすめのモデルです。

テンキー付きのキーボードを採用しているため、数字の入力が快適におこなえます。Core i5プロセッサと8GBのメモリを搭載しており動作は軽快です。

ノートパソコンのおすすめ|ビジネス向けモデル

ASUS「VivoBook Flip 14 TM420IA」TM420IA-EC147TS

ASUS「VivoBook Flip 14 TM420IA」TM420IA-EC147TS

AMDのRyzen 7プロセッサと8GBメモリを搭載したノートパソコンです。ハードなビジネスシーンで活躍するパワフルなモデル。マルチタスクを多用するような環境でもストレスなく操作することが可能です。512GBの大容量SSDを搭載しており、膨大なファイルも余裕で保存できます。

また、指紋認証センサーを搭載しているのも本モデルの特徴。セキュリティ面で安心なうえ、ロックの解除もスマートにおこなえます。

dynabook「dynabook V8」P1V8PPBB

dynabook「dynabook V8」P1V8PPBB

ハイスペックなモバイルノートパソコンを求める方におすすめの1台です。Core i7プロセッサと16GBの大容量メモリを搭載した高性能モデル。出張や外回りなど、外出先でもデスクトップパソコン並みの処理をおこなうことが可能です。

バッテリーで約24時間駆動するため、コンセントのない環境でも電池残量を心配することはありません。さらに、約979gと非常に軽量なので持ち運びも容易です。

NEC「LAVIE N15シリーズ」PC-N1566AZL-2

NEC「LAVIE N15シリーズ」PC-N1566AZL-2

15.6インチ液晶を搭載したオフィスユースにおすすめのノートパソコンです。Ryzen 7プロセッサと8GBのメモリを実装しているため、多くのビジネスアプリが軽快に動作可能。Officeソフトが付属しており、購入後すぐに利用できるのも便利なポイントです。

性能は非常にパワフルですが約2.1kgと比較的重いので、持ち運ぶ機会よりも定位置で使用する機会のほうが多い方に向いています。

ノートパソコンのおすすめ|ゲーム向けのハイスペックモデル

DELL「New Dell G3 15」NG385-ANLCB

DELL「New Dell G3 15」NG385-ANLCB

インテルのCore i7プロセッサと16GBメモリを実装したノートパソコンです。NVIDIAの「GeForce GTX 1650Ti」を搭載しており、多くのゲームタイトルが軽快に動作可能。初めてのゲーミングモデルを検討している方をはじめ、ミドルクラスユーザーにもおすすめです。

リフレッシュレート144Hzのパネルを採用しているため、高速ゲームにもしっかりと対応できます。

Lenovo「IdeaPad Gaming 350i」81Y4004YWR

Lenovo「IdeaPad Gaming 350i」81Y4004YWR

比較的購入しやすい価格が特徴のゲーミングノートパソコンです。パソコンゲーム初心者の方におすすめのモデル。お手頃な価格ながらCore i7プロセッサと16GBメモリを実装するなど、しっかりとした基本性能を備えています。

256GBのSSDに加え、1TBのHDDを搭載しているのが特徴です。コストを抑えつつ、十分なストレージ容量を確保するための設計がなされています。

ASUS「TUF Gaming A15」FA506IH-R5G1650

ASUS「TUF Gaming A15」FA506IH-R5G1650

CPUに6コア12スレッドのAMD Ryzen 5 4600H プロセッサーを搭載しているゲーミングノートパソコン。8GBのメモリで、アクションゲームも快適に楽しめます。また、SSDは512GBあり、データロードの時間が短いのも魅力です。

グラフィックには「NVIDIA GeForce GTX 1650」を採用。フルHDのノングレア液晶ディスプレイ搭載で、あらゆるゲームが美麗な映像で楽しめます。さらに、リフレッシュレートは144Hzで、FPSや格闘ゲームのプレイにおすすめです。

ノートパソコンのおすすめ|動画編集向けのハイスペックモデル

LG「gram」16Z90P-KA55J1

LG「gram」16Z90P-KA55J1

高性能かつ携帯性に優れたノートパソコンを求める方におすすめのモデルです。Core i5ながら第11世代のプロセッサを採用。16GBの大容量メモリも実装しており、動画編集用途にしっかりと対応できます。

16インチの大きな液晶を搭載しているにも関わらず、重さは約1.190kgと軽量。厚さも16.8mmと薄型なので、カバンの中でかさばらず容易に持ち運べます。

Apple「MacBook Pro」MYD82J/A

Apple「MacBook Pro」MYD82J/A

M1チップを搭載した13インチのMacBook Proです。8コアのCPUと8コアのGPUを内蔵しており、負荷のかかる処理を高速でこなします。

消費電力が少ないため、ムービーの再生程度であれば最大20時間も動作可能。外出先や移動中に作業をおこなう機会が多い、クリエイターの方におすすめのノートパソコンです。動画編集をはじめ音楽やゲーム制作など、幅広いシーンで活躍します。

Microsoft「Surface Book3」SMV-00018

Microsoft「Surface Book3」SMV-00018

1TBのSSDを搭載したノートパソコンです。多くの大容量ファイルを保存したい方におすすめのモデル。Core i7プロセッサと32GBのメモリを実装しており、負荷のかかる作業がストレスなく実行できます。比較的高額ですが、クリエイティブな作業をおこなうプロ用途にピッタリです。

また、3240×2160ピクセル表示が可能な15インチ液晶を備えています。細かな編集作業にも対応できるなど使い勝手が良好です。

ノートパソコンの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのノートパソコンの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ノートパソコンのランキングを見る

担当者からひとこと

ノートパソコンを選ぶ際にはCPUの性能はもちろん、メモリやストレージの容量など確認すべき項目がたくさんあります。用途に応じたスペックを選択しないと、快適に使用できなかったりコスト高になってしまったりすることもあるので注意が必要。本記事も参考に、使い方に合った最適な1台を見つけてみてください。

すべてのノートパソコンを見る

おすすめの関連記事