カテゴリから選ぶ

オンラインセール、6/27(月)8:59まで

ブランデーのおすすめ11選 初心者向けから上級ランクの銘柄まで紹介

更新日:2022.06.06

ブランデーのイメージ

40%を超える高いアルコール度数のモノが多い「ブランデー」。ブランデーは、果物を原料として造られたお酒で、芳醇な香りとまろやかな味わいを楽しめます。また、ストレートやロックなど飲み方によって味わいや飲みやすさも変化するので、あまり馴染みがない方も自分の楽しみ方を見つけやすいのが魅力です。
今回は、ブランデーの選び方とおすすめの銘柄を紹介します。

ブランデーとは

ブランデーの原料

ブランデーのおすすめ11選 ブランデーとは ブランデーの原料

ブランデーは果実を主原料とし、蒸留して作られたお酒で、豊かな香りを楽しめるのが特徴。使用される原料はさまざまで、白ブドウ・洋ナシ・リンゴなどからも造られています。

果実によって味わいや香りの違いが大きく、呼び方も異なるのがブランデーの特徴。例えば、リンゴを使用したモノは「カルヴァドス」、特定品種のブドウを使用してフランス南部で造られたモノは「コニャック」や「アルマニャック」と呼ばれます。

ブランデーとウイスキーの違い

ブランデーのおすすめ11選 ブランデーとは ブランデーとウイスキーの違い

蒸留酒を樽で熟成させて造るブランデーとウイスキー。お互いに見た目が似ていますが、原料や製法が大きく異なります。ブランデーは、ブドウや洋ナシなどの果物を醸造した果実酒を蒸留し、樽で熟成させたお酒です。

対してウイスキーは、麦やトウモロコシなどの穀物を原料とし、製造過程で「糖化」という工程が必要です。ブランデーは原料の果物に糖分が含まれているので糖化しなくても製造可能。原料と製法により香りや味わいが異なったモノになります。

ブランデーの選び方

種類

コニャック

ブランデーのおすすめ11選 ブランデーの選び方 コニャック

フランスのコニャック地方で造られる高級ブランデーとして有名な「コニャック」。芳醇な味わいが特徴で、「ヘネシー」や「レミー マルタン」などの定番銘柄も揃っており、ブランデー初心者の方にもおすすめの銘酒の1つです。

コニャックは、「ユニ・ブラン」という品種のブドウを使用したモノがほとんど。2段階の蒸留を経て造られ、まろやかで上品な口当たりが特徴のブランデーです。

カルヴァドス

ブランデーのおすすめ11選 ブランデーの選び方 カルヴァドス

カルヴァドスは、リンゴを原料として造られるブランデーです。この名称がつけられるのはフランスの「カルヴァドス」で造られているモノに限られ、ほかの地域で造られたモノは「アップルブランデー」と区別されます。

カルヴァドスは、リンゴから発酵させたアップルワイン(シードル)を蒸留したお酒。樽で2年以上熟成させることでまろやかになり、芳醇な味わいと甘い口当たりで飲みやすいのが魅力のブランデーです。

アルマニャック

ブランデーのおすすめ11選 ブランデーの選び方 アルマニャック

フランス、ボルドー地方の南にある「アルマニャック地方」で造られているブランデー「アルマニャック」。コニャックと同様にユニ・ブランなどの品種のブドウを原料としているお酒です。

一般的には2回の蒸留を行うコニャックに対し、アルマニャックは1回の蒸留で造られています。しかし、中には2回蒸留を行うアルマニャックもあり、違いとしてはコニャックに比べて原料の風味が強く残り、荒々しい野性味あふれる味わいになることが挙げられるのが特徴です。

熟成年数を表す“ランク”

ブランデーのおすすめ11選 ブランデーの選び方 熟成年数を表す“ランク”

ブランデーは銘柄によって「ランク」があり、長期熟成のモノは飲みやすく高品質とされます。熟成年数が3〜4年のモノは「1つ星」、5〜6年「2つ星」、7〜10年「3つ星」、10〜15年熟成「VO」、16〜20年「VSO」、20〜30年「VSOP」といった基準です。

さらに、40年以上のモノは「VVSOP」、44〜45年「ナポレオンクラス(XOクラス)」・70年以上は「エクストラクラス」に分類。また、コニャックはフランスの事務局「BNIC」が定めた「コント」で表され、樽詰時点の「コント00」から3年目の熟成で「コント2」となります。

アルコール度数・飲み方

ブランデーのおすすめ11選 ブランデーの選び方 アルコール度数・飲み方

ブランデーはアルコール度数が高いので、ゆったりと香りを楽しみながら飲むのが基本です。香りを最大限に楽しむには「ストレート」で飲むのがおすすめ。樽で熟成された深い味わいと果物本来の芳醇な香りを楽しめます。

また、大きめの氷を入れてブランデーを注ぐ「オンザロック」もおすすめ。少しずつ氷が溶けてブランデーと混ざりあい、色合いや飲みやすさの変化などを五感で楽しめるのも魅力です。

産地

ブランデーのおすすめ11選 ブランデーの選び方 産地

ブランデーに用いられるブドウは、産地がワインの名産地とほぼ一致しているのが特徴です。ブドウの産地は土壌の質によりランク分けされ、最も良質な「グランド・シャンパーニュ」から「ボア・オルディネール」までの6段階に分類されます。

コニャック地方の特定地域にあるグランド・シャンパーニュ産のブドウは、高級ブランデーに使われる事でも有名。予算に応じ、ほかの土壌のブランデーを比べて楽しむのもおすすめです。

ブランデーのおすすめ

フランス「レミー マルタン VSOP」(コニャック)

ブランデーのおすすめ11選 フランス「レミー マルタン VSOP」(コニャック)

独特なコクのある味わいが特徴のコニャック、「レミー マルタン」。原料には、最上級の土壌であるグランド・シャンパーニュ、それに次ぐプティット・シャンパーニュの良質な畑から獲れたブドウのみを使用しています。

また、蒸留方法も独特で、底に沈殿したブドウのかす「リーズ」をろ過せずに蒸留しているのが特徴。豊富なアミノ酸を含んだ深い味わいと、バニラ、オーク、ヘーゼルナッツなどが複雑に織り成す香りが魅力です。

フランス「JPシェネ XO」(フレンチブランデー)

ブランデーのおすすめ11選 フランス「JPシェネ XO」(フレンチブランデー)

XOらしい、長期熟成による円熟感が魅力のフレンチブランデーです。やわらかくしみこむような甘さを堪能できます。独特な形状のボトルを採用し、高級感のある木製ラベルを備えているのが特徴。視覚的にも楽しめるのが魅力です。

味わいはなめらかで優しい印象があり、ほのかな甘さと柑橘類のような爽快感が共存。さらに、レーズンのように甘くほろ苦い熟成香も有しており、リッチな気分で楽しめます。本銘柄は、リーズナブルで入手しやすいのもポイント。気軽に本格的なブランデーを楽しめる、初心者の方にもおすすめの1本です。

フランス「ヘネシー V.S」(コニャック)

ブランデーのおすすめ11選 フランス「ヘネシー V.S」(コニャック)

エレガントで活き活きとした味わいが特徴のコニャック、「ヘネシー V.S」。世界中で愛されているコニャックの銘品で、芳醇なスパイスとフルーツの香りを思わせるアロマが魅力です。

味わいは、フルーティーな香りに繊細なバニラエッセンスの風味が調和し、滑らかで複雑。そのなかに心地よく力強い味わいを感じられ、コニャックの象徴ともいえるブランデーです。

フランス「シャボーXO クール」(アルマニャック)

ブランデーのおすすめ11選 フランス「シャボーXO クール」(アルマニャック)

25〜35年熟成酒をブレンドした、熟成感に富んだ味わいが魅力のアルマニャック。長期熟成による華やかな香りと、しっかりとしたボディーが魅力です。

また、かわいらしいハートを模したボトルはプレゼントにもおすすめ。飲み終わった後に部屋に飾っても素敵です。フランスにおいてトップクラスの輸出量を誇り、世界中から支持を得ています。

フランス「コルベール ナポレオン」(フレンチブランデー)

ブランデーのおすすめ11選 フランス「コルベール ナポレオン」(フレンチブランデー)

ワインやナッツのような香りが楽しめるフレンチブランデーです。酒名の「コルベール」は、ルイ14世時代に財務総監を務めたブルボン朝の政治家「ジャン・バチスト・コルベール」にちなんでいます。

コストパフォーマンスにも優れ、オンザロックやソーダ割りなどで食事中に楽しめるのもポイント。エレガントな風味のコニャックを適宜ブレンドして造られていて、飲みやすい辛口な味わいが特徴です。

サントリー「サントリー V.S.O.P デキャンタ」(国産ブランデー)

ブランデーのおすすめ11選 サントリー「サントリー V.S.O.P デキャンタ」(国産ブランデー)

キレのよい原酒とフルーティーさに富んだ原酒をブレンドした、芳醇で複雑な味わいが特徴。V.S.O.Pならではの優雅でゴージャスな気分が味わえるのも魅力の、日本を代表する高品質なブランデーです。

口に含むとまろやかな味わいとほどよい余韻が残るのも魅力。飲み方はストレートやオンザロック以外に、トニック割りやソーダ割りで楽しむのもおすすめです。

フランス「ヘネシー XO」(コニャック)

ブランデーのおすすめ11選 フランス「ヘネシー XO」(コニャック)

ふくよかなチョコレート絹のような滑らかさと、円熟した重厚な味わいが魅力のコニャックです。優れた品格と品質は世界的に根強い信頼を獲得しています。

コニャック地方の上位4地区より厳選されたブドウを原料とし、熟成させた原酒を100種類以上ブレンド。力強い芳醇な香りが五感を刺激し、エレガントさのなかに絡み合う複雑な感覚が楽しめる、おすすめのブランデーです。

フランス「フラパン VSOP」(コニャック)

ブランデーのおすすめ11選 フランス「フラパン VSOP」(コニャック)

V.S.O.P.では世界で唯一の、グランド・シャンパーニュ格付け品のコニャックです。16世紀より続く、グランド・シャンパーニュ地区の高品質なブドウのみを使用した伝統製法を採用。10年以上熟成させた原酒を蒸留した高品質なボディーも魅力です。

比較的お手頃な価格で入手でき、深くやさしい芳醇な味わいが特徴。コストパフォーマンスを求める方におすすめです。

フランス「ポム・ド・イヴ カルヴァドス」(カルヴァドス)

ブランデーのおすすめ11選 フランス「ポム・ド・イヴ カルヴァドス」(カルヴァドス)

フランス語で「リンゴ」をあらわす「ポム」の名の通り、瓶の中に丸ごとリンゴが入った独特の外観が特徴のカルヴァドス。本製品は、木の枝についたままのリンゴを瓶の中で育ててからカルヴァドスを3度にわたって注ぎ入れる独自の製造方法が特徴です。

多くの手間と技術を要する製法のため、流通量が限られます。ボディーは高品質なリンゴのみを使用し、ミネラルの風味が広がるフルーティーでマイルドな味わいが魅力です。

ドイツ「3−タンネン・ドイツキルシュ」(チェリーブランデー)

ブランデーのおすすめ11選 ドイツ「3−タンネン・ドイツキルシュ」(チェリーブランデー)

厳選された完熟チェリーを最大12kgも使用する、重厚で深い風味が特徴のチェリーブランデーです。グラスと共に冷やして飲むのがおすすめ。お菓子の風味づけにも適しています。

また、昔ながらの小さな銅製の蒸留器「スチル」で2度の蒸留を行う、ドイツの伝統的な製造法を継承しているのも特徴。高品質なチェリーブランデーを探している方におすすめの1本です。

フランス「カミュ XO エレガンス」(XO)

ブランデーのおすすめ11選 フランス「カミュ XO エレガンス」(XO)

薬草やスパイスを感じさせる余韻と、プラムやヘーゼルナッツの豊かな味わいが特徴の「カミュ XO エレガンス」。ボルドリー地区の良質のブドウなどで造られた蒸留酒「オー・ド・ヴィ」を使用し、独特のフローラルなアロマも魅力です。

バニラ・シトラス・リコリスなどのほのかな味わい、花の香りとドライフルーツが見事に調和しているのもポイント。上品で軽やかなコニャックを求める方におすすめです。

ブランデーの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのブランデーの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

ブランデーのランキングを見る

担当者からひとこと

銘柄によって産地や製法が大きく異なるブランデー。それぞれの香りや味わいに特徴があり、ストレートやオンザロックなど楽しみ方もさまざまです。自分の予算に応じた、お気に入りのブランデー探すのも楽しみの1つ。本記事を参考にぜひピッタリの1本を見つけてみてください。

すべてのブランデーを見る

おすすめの関連記事