カテゴリから選ぶ

ズバ得 insta360がお買い得

【2022年】一人暮らしにおすすめのテレビ15選 人気のサイズ別に紹介

更新日:2022.02.26

一人暮らし向けテレビのイメージ

大学生や社会人になるのをきっかけに一人暮らしを始める際、サイズや性能にこだわってテレビを購入したい方も多いかもしれません。テレビは機能や画質など、いくつかのポイントを押さえて選ぶことが大切です。そこで今回は、一人暮らしにおすすめのテレビや選び方をご紹介します。

一人暮らし向けのテレビの選び方

部屋の大きさに合った画面サイズを選ぶ

一人暮らし向けのテレビの選び方 部屋の大きさに合った画面サイズを選ぶ

テレビ画面の大きさは、部屋の畳数に合った最適なサイズのモノを選ぶことで快適に視聴できます。目安としては、4.5〜6畳には24〜32インチ、8〜10畳には32〜40インチ、12畳以上の場合には40インチ以上のモノがおすすめ。

また、最適な視聴距離もテレビのサイズによって変わるため、事前に確認しておくと安心です。視聴距離は画面の高さの約3倍とされています。例えば、32インチのテレビなら高さは約39cmなので、1.2mほど空けて視聴するのが適切です。

画質

一人暮らし向けのテレビの選び方 画質

より快適に視聴するためには、テレビの画質を確認することも大切です。高画質の映像を楽しめる4K対応のテレビは40インチ以上が主流のため、ワンルームの一人暮らしの方には大きすぎる場合があります。

また、32インチ以下だと最高画質はフルHDとなり、このタイプでも十分良い画質で視聴可能です。

バックライトの仕様

一人暮らし向けのテレビの選び方 バックライトの仕様

バックライトは、画面の見やすさにも関わる重要なポイントです。大きく分けて直下型とエッジ型があります。直下型は、液晶パネルの背面にLEDバックライトを敷き詰めているため、明るさのムラが少なく高精細であることが魅力。また、細かく部分駆動できるモノもあります。

一方、エッジ型は画面の端の部分にLEDバックライトを搭載したモノで、お手ごろな価格で気軽に選びやすいのが特徴です。

録画機能

一人暮らし向けのテレビの選び方 録画機能

録画には外付けHDDか、テレビに内蔵されたレコーダー機能が必要です。チューナーの数によって、同時録画や裏番組を録画できる番組数が変わってきます。

例えば、2チューナー搭載のモノであれば、2番組同時録画、もしくは1つの番組を視聴中に裏番組を1つ録画可能。録画する頻度などに合わせて選ぶのがおすすめです。

インターネット通信機能

一人暮らし向けのテレビの選び方 インターネット通信機能

インターネット通信機能が備わったテレビは、さまざまなサービスを利用できます。YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスを、スマートフォンやパソコンよりも大きな画面で見られるのが魅力です。

また、Wi-Fi対応モデルなら、自宅の無線LANルーターとも接続可能。映画やドラマなど楽しみ方の幅も広がります。

接続端子

一人暮らし向けのテレビの選び方 接続端子

接続端子の数や種類もよく確認しておきましょう。HDMI端子に関してはテレビと周辺機器を接続する際に使用するため、差し込みの数をチェックする必要があります。

また、レコーダーやゲーム機などを使用する場合は、HDMI端子が複数あるほうが使用するたびに付け替える必要がなく便利です。

一人暮らしにおすすめのテレビ|24インチ以下

東芝「REGZA(レグザ)」24V34(24V型)

東芝「REGZA(レグザ)」24V34(24V型)

動画配信サービスを存分に楽しめるテレビです。YouTubeやNetflix、Prime Videoなどの専用ボタンをリモコンの下部に配置。押すだけで、すぐに各サービスへアクセスできます。

また、高画質を実現する高性能エンジン「レグザエンジン Power Drive」を搭載。さらに、「ネット動画ビューティHD」により、ネット動画も高精細な映像で楽しめるのも魅力です。

ソニー「BRAVIA(ブラビア)」KJ-24W450E(24V型)

ソニー「BRAVIA(ブラビア)」KJ-24W450E(24V型)

ノイズが少ない自然な色合いを再現する「クリアレゾリューションエンハンサー」を搭載したテレビです。人の声を聞き取りやすくする「クリアボイス機能」は、ニュース番組やドラマを視聴するときに便利。

また、外付けHDDに対応しており、裏番組も録画可能。通常の1.3倍のスピードで番組を再生する「早見再生」にも対応しているため、時間がないときにサッと視聴できるのもポイントです。

パナソニック「VIERA(ビエラ)」TH-24J300(24V型)

パナソニック「VIERA(ビエラ)」TH-24J300(24V型)

2チューナー搭載で、裏番組の録画に対応したテレビです。例えば、生中継でサッカーの試合を観戦しながら、同じ時間に放送しているバラエティ番組を録画するといった使い方ができます。

また、HDMIケーブル1本だけでホームシアターと接続できる「ARC」にも対応。ライブ番組や映画などをよりダイナミックなサウンドで楽しみたい一人暮らしの方にもおすすめです。

シャープ「AQUOS(アクオス)」2T-C19DE(19V型)

シャープ「AQUOS(アクオス)」2T-C19DE(19V型)

クリアな音声を楽しめる薄型・コンパクト設計の19インチのテレビです。音を前面に届けるリフレクター構造を採用しているため、音声が聞き取りやすいのが特徴。

また、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基ずつ搭載しているのもポイントです。別売のUSB外付けHDDを購入すれば、視聴しながら同時刻の裏番組を録画することができます。さらに、HDMI入力端子を2系統備えており、ブルーレイレコーダーやゲーム機を接続できるのも魅力です。

ハイセンス 24A40G(24V型)

ハイセンス 24A40G(24V型)

さまざまなコンテンツを高画質で楽しめる液晶テレビです。ADSパネルを搭載し、広い視野角を実現しているのが特徴。斜めからでも色の変化が少なく、さまざまな位置から美しい映像を楽しめます。

また、ネット動画向けに設計された高画質処理機能も備わっており、コンテンツごとに適した美しい画質で視聴できるのもポイントです。

一人暮らしにおすすめのテレビ|32インチ

アイリスオーヤマ LT-32C320W(32V型)

アイリスオーヤマ LT-32C320W(32V型)

地上デジタル、BS・110度CSデジタルチューナーを各2基搭載しているテレビです。USB外付けHDDを別で購入すれば、1つの番組を見ながら、同じ時間帯に放送している別番組を録画できます。

また、メーカー独自のチューニング技術により、繊細かつ豊かな色彩を再現できるのも魅力。美しい白色のフレームで、おしゃれな部屋になじみやすいのもポイントです。

株式会社TCLジャパンエレクトロニクス 32S5200A(32V型)

株式会社TCLジャパンエレクトロニクス 32S5200A(32V型)

Androidシステムを搭載した液晶テレビです。YouTubeやPrime Video、Netflixなど幅広いネット動画サービスに対応しているのが特徴。Googleアシスタントにも対応しており、見たいコンテンツを簡単に検索できます。

クロームキャスト機能も内蔵しているため、スマートフォンで視聴している映像をテレビに映し出すことが可能。また、フルHDでありながら「HDR10/HLG」に対応しており、より自然で美しい映像を楽しめるのも魅力のひとつです。

ハイセンス 32A30G(32V型)

ハイセンス 32A30G(32V型)

「NEOエンジン2K」の高画質処理により、ノイズの少ないきれいな映像で視聴できるテレビです。映像モードを搭載しており、コンテンツに合わせて自分好みの映像を楽しめるのが魅力。

また、ゲームモードも備わっており、きれいな映像でゲームをプレイしたい一人暮らしの方にもおすすめです。遅延が少ないので、格闘やアクションゲームなども快適にプレイできます。さらに、ベゼルが狭く、映像に集中しやすいのもメリットです。

東芝「REGZA(レグザ)」32V34(32V型)

東芝「REGZA(レグザ)」32V34(32V型)

YouTubeやNetflixなどのさまざまなインターネット動画にワンボタンでアクセスできるテレビです。映画やドラマをたくさん見たい方におすすめ。

また、「おすすめ録画リスト」機能を搭載しているのもポイントです。リモコンにある「おまかせ録画」ボタンを押すと、今までに録画した番組が、ジャンルや出演者ごとに分かれて表示されます。録画機能やインターネット動画の再生機能に優れた1台です。

ソニー「BRAVIA(ブラビア)」KJ-32W730E(32V型)

ソニー「BRAVIA(ブラビア)」KJ-32W730E(32V型)

高画質なフルHDパネルを採用したテレビです。「X-Reality PRO」により、高精細で質感豊かな美しい映像を楽しめます。ブルーレイディスクの視聴だけでなく、テレビゲームをする一人暮らしの方にもおすすめです。

また、地上放送、BS・CSの2チューナーを搭載。別売の外付けHDDを購入すれば、裏番組も録画できます。インターネットに接続すれば、YouTubeやNetflixなどのネット動画が楽しめるのも魅力のひとつです。

一人暮らしにおすすめのテレビ|40インチ以上

ハイセンス 50A65G(50V型/4K対応)

ハイセンス 50A65G(50V型/4K対応)

ベゼルが狭くスッキリとしたデザインがおしゃれなテレビです。コンテンツやシーンごとに映像処理を行う「NEOエンジンLite」を搭載しており、高画質を実現しています。HDRにも対応し、鮮明で臨場感のある映像を楽しめるのも魅力。

また、4Kチューナーを内蔵しており、4K放送を視聴できるのもポイントです。インターネットに接続すれば、YouTubeやNetflixなどの豊富なネット動画も視聴できます。

ソニー「BRAVIA(ブラビア)」KJ-43X80J(43V型/4K対応)

ソニー「BRAVIA(ブラビア)」KJ-43X80J(43V型/4K対応)

高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載したテレビです。放送番組やネット動画を高コントラストかつ高精細な映像で楽しめます。Google TVも搭載しているため、YouTubeやPrime Videoなどでさまざまなコンテンツを楽しめるのも特徴です。

また、地上放送、BS・CS、BS4K・CS4Kの3チューナーが備わっているのもポイント。USB外付けHDDを別途購入すれば、番組を見ながら同じ時間帯の裏番組を2つ同時に録画できます。

シャープ「AQUOS(アクオス)」4T-C42DJ1(42V型/4K対応)

シャープ「AQUOS(アクオス)」4T-C42DJ1(42V型/4K対応)

低反射パネルを搭載し、照明や外光などの映り込みを軽減する4K対応のテレビ。明るい部屋でテレビを視聴したい一人暮らしの方におすすめです。また、4K画像処理エンジン「Medalist S2」の搭載により、4K放送もネット動画も美しい高精細な映像で楽しめます。

高音質設計のため、聞き取りやすいクリアな音声でテレビを視聴できるのもポイント。音楽ライブモードも搭載しており、臨場感豊かなサウンドでライブ映像を楽しめるのも魅力のひとつです。

LG 43UP8000PJB(43V型/4K対応)

LG 43UP8000PJB(43V型/4K対応)

映像レベルや解像度に合った高精細処理を行う「Quad Core Processor 4K」を搭載したテレビです。4K放送や地上デジタル放送だけでなく、YouTubeやNetflixなどのネット動画も臨場感あふれる映像で楽しめます。

また、AIサウンドも搭載しており、自動で音質を最適化。「ゲームオプティマイザ」機能も備わっているため、ゲームのジャンルに合った画質と音質で楽しめるのも特徴です。

パナソニック「VIERA(ビエラ)」TH-43JX850(43V型/4K対応)

パナソニック「VIERA(ビエラ)」TH-43JX850(43V型/4K対応)

「オートAI画質」を搭載した43インチの液晶テレビです。映像に合った画質で視聴できるため、映像の世界観を壊さず快適に視聴できるのが特徴。独自の「ヘキサクロマドライブ」を搭載しており、高コントラストかつ色彩豊かな映像を楽しめます。

また、豊富なVODサービスに対応しており、さまざまなネット動画を視聴できるのもメリット。一人暮らしで快適な視聴体験を実現したい方におすすめです。

液晶テレビの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでの液晶テレビの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

液晶テレビのランキングを見る

テレビ台もあわせてチェック

テレビ台もあわせてチェック

一人暮らし用のテレビを購入する際は、快適な視聴環境を整えるために、テレビ台もあわせて検討しましょう。テレビ台は、安全性やデザインを考慮しながら、テレビのサイズに合った製品を選ぶのがポイントです。

また、収納スペースがあるモノを選ぶと便利。録画機器やゲーム機などを中へ収められるので、テレビ周りをスッキリさせることができます。

担当者からひとこと

一人暮らし向けの一般的なテレビの大きさは24〜32インチですが、部屋の広さによっては、迫力のある映像を楽しめる40インチ以上のモデルもおすすめです。画質に関する技術や、搭載されている機能はメーカーによってさまざまなので、どのような用途で使用したいのかを明確にしてから検討してみましょう。今回ご紹介した選び方を参考に、ぜひお気に入りのモデルを見つけてみてください。

すべての液晶テレビを見る

おすすめの関連記事